SHOEI Z-7用GoPro顎マウント

今までGoProをバックパックのショルダーストラップに付けてたけどやっぱり自分が見てる目線とズレがあってツーリングの時に抑えたかった動画が撮れないのをもどかしかった。GoProをヘルメットに付けたらより目線に近くなると思って色々調べたらハヤさんのブログを見つけて早速ShapewaysからZ-7(海外名:RF-1200)用のマウントをポチった。

マウントの値段は28ドルなのに送料が29.99ドル!配送のオプションがなくて仕方ないのでそのまま注文。UPSを通じて一週間くらいで家に届いた。

やっぱりテープは貼られてなかったのでAmazonから超強力両面テープを注文した。ヘルメットに付着する前に色々シミュレーションしてみたら純正のマウント用バックルでは撮影角度が得られないことが判明してまたAmazonでHSUのJ-フックバックルというのを購入した。なんだかんだお金も面倒もかかるね…

J-フックバックルにGoPro HERO5 Sessionを付けるとこういう感じになって角度調整のために逆さまでマウントすることになる。GoProは逆さまに撮ってもちゃんと上下を直して記録してくれるので安心だけど録画ボタンを下から押さなきゃいけなくて少し慣れが必要だった。

こちらがヘルメットにZ-7用のマウントを付着したイメージ。ヘルメットのシェープに合わせて少しの隙間もなくバッチリ取り付けられる。

カメラを付けるとこんな感じに。

最初はこの角度で試してみたけど下向き過ぎて地面しか映らなかった(汗)。色々試してベストポジションは探せたけど結構前に出てきてしまうのであまりバイクは映らない。カメラオプションを広角にすれば映るようになるのかな?北海道へ行く前にちゃんとベストな状況を作りたい。

このマウントシステムで撮った動画はこちらの記事から。

SHOEI Z-7 TERMINUS TC-9

一番最初に購入したヘルメットはSHOEIのJ・Oだった。軽くて使い勝手がよくてすごく気に入ってるけど冬の寒さや高速で走行には少し難があったのでフルフェイスが欲しかった。

いろいろ調べたけどやっぱりカッコよさだけで買ってしまったのがBELLのBullitt Helmet。しかし、いくら頑張ってもいかにもモンゴリアンの特徴をしっかり持ってるアジアンフィットな私の頭には合わなくて手放すことになった。理想と現実のギャップは大きかった…

その後、利便性だけ考えて買ったのがSHOEIのNEOTEC。システムヘルメットの利便性はすごく気に入ったけどやっぱりその重さ(1,789g)は渋滞の中を走ったり長距離を走るときに首や肩へ負担が大きくてまた軽いヘルメットを訪ねて三千里。

イギリスのVeldtBiltwellのGringo Sのヘルメットなどを試してみてもやっぱり頭の形が合わない。もうこういうクラシックな西洋系のものは諦めるしかない。

その中でやっとBELLのM5XJ CARBON BLACKという重さ1,350gのヘルメットと巡り合うことができた。軽くていくら走っても疲れないし、高速での安定感も今まで使ったヘルメットの中では抜群の実力を発揮してくれた。しかし、品質の問題や使えば使うほどデザインが自分が追求してるものとの乖離があってまた新しいヘルメットがほしくなってしまった。

最近発売されたARAIのラパイド ネオがすごくよさそうだったので発売直後にラフアンドロードに何回も行ったけど在庫がLまでしかなくてXLがなかったので試着できず…ARAIの他の似たような系統のヘルメットのXLサイズで試してみたら…やっぱり自分の頭の形にはARAIのヘルメットは合わないね。

せっかくなのでラフアンドロードでいろいろ試着してみたらやっぱり自分にはSHOEIのヘルメットが一番しっくりくる。その中でも軽いZ-7が一番気に入った。あのスラトン夫婦が使ってることで馴染みもあったしね。

DSC03065.jpg

Z-7に決めたのはいいけどデザインが豊富なので色々悩んでしまう。TERMINUS TC-9RECOUNTER TC-10に候補を狭めるまではできたものの最後の最後まで悩ましい。自分の趣味で言えばRECOUNTERのほうだけどスラクストンや普段バイク乗るときの格好など色々シミュレーションしてみたらTERMINUSのほうが合う。

昨日届いて色々セッティングして今日2〜30Kmくらい軽く走ってきた。軽くてコンパクトなのであまり体への負担がなくてまた思ったより風に影響されず風切り音も小さくて快適!後、ユーザーの細かい心配りがいろんなところにあって感動しちゃうね。さすが、SHOEIさん!好き。

これでフルフェイスヘルメット探しの放浪は終わりなのかな?!