brembo

普段乗ってるときはそれほどThruxton1200の制動性能に不満がなかったけど北海道など荷物をたくさん載せてのロングツーリングやスピードが出てた時の急停止の際にはノーマルブレーキに少し心細さを感じたのは事実。最初からThruxton1200Rにすればよかったかもしれないけど無印のほうがどストライクだったので仕方ない。

バイクに乗れば乗るほどブレーキの重要性がよりわかってきて少しでも性能がいいものを付けて万が一の事態に備えたかった。色々調べてもThruxton1200のブレーキアップグレードに関する情報を探せなくて半分諦めてたところ、イタリアのFreeSpritsという会社からThruxton1200用のbrembo kit(Front, Rear)を製造販売してるとの情報を入手した。なんて変態な会社なんだ!(最高の褒め言葉)

早速トライアンフ横浜港北の大澤さんに相談してパーツの調べや入手をお願いして動いていただいたけどコロナの影響でイタリアからの荷物がなかなか日本に届かない。2月に注文して4月にやっと到着、ちょうど車検と同じタイミングだったので一緒にお願いした。

DSC05385.jpgDSC05329.jpgDSC05332.jpg

こちらがフロントの方。ノーマルの310mm径ツインディスク、2ピストンフローティングキャリパーを340mm径ツインディスク(NewFrenのフルフローティング)、brembo製4ピストンチタニウムキャリパーにアップグレード。

DSC05388.jpgDSC05334.jpgDSC05335.jpg

リアは、ノーマルの220mm径シングルディスク、 2ピストンフローティングキャリパーを300mm径フルフローティングブレーキローター、brembo製4ピストンチタニウムキャリパーにアップグレード。

念願叶ってこれ以上カスタムはもうないと思った矢先、フロントブレーキの感覚が想像したものと違う(汗)。ブレーキレバーの遊びが大きいというか全体を100にすると80くらいが遊びで残りの20くらいからブレーキが効いてくる感覚だった。より鋭いブレーキの効きを想像してたのでなんだか拍子抜け。

大澤さん曰く、ブレーキの容量が2ピストンから4ピストンと2倍になったのにマスターシリンダーの容量がそれに付いていけないから生じる問題らしい。これを改善するにはThruxton1200Rのマスターシリンダーに交換する方法があるけど1200と1200Rではハンドルの径が違うのでハンドル全体を交換する必要があるらしい…。とりあえず見積もりをお願いしといた。こうなったらハンドル周りを全部rizomaに変えてしまうのもあり?

車検

DSC05348.jpg

2017年4月末に納車されてから丸三年、いよいよ車検の時期が来た。整備はその都度やってきたし、24ヶ月点検の時にも色々ガッツリやっといたのでそれほど重たい整備はなかったけど以前諸々頼んだものが車検のタイミングに合わされたので費用が跳ね上がってしまった(汗)。まぁ、どの道払うものでもあるけどね。

実はゴールデンウィークの九州ツーリングに向けての整備したかったので2ヶ月前に車検の予約をしたけど九州ところか普通のツーリングにも行けないのが残念。早くコロナが落ち着きますように。

3年間の走行距離は28,366km、これからもよろしく!

西伊豆、春のスラクストンまつり

前日夕方から降ってきた雨が夜中も続いて心配してたけど朝はちゃんと晴れて気温があがったおかげなのか路面もしっかり乾いてもうツーリング日和。

ナツさんと海老名SAで9時に待ち合わせだったので7時半くらいに家を出たけどこの日は三連休の初日ということもあって渋滞がひどかった。東名も川崎ICから乗ったらもうすでに渋滞中。いつもなら港北PAから渋滞して横浜町田IC辺りか大和トンネル辺りまで行くと渋滞が解消されるのにこの日は海老名SAまでずっと渋滞だった。ほんとバイクでよかった。

DSC03672.jpg

待ち合わせは奥のガソリンスタンド周辺。入ってすぐのところはいつもゴチャゴチャしてるので待ち合わせのときは奥の方がいい。この日はとにかく天気がよかったのでたくさんバイクで賑わっていた。バイクを止めて富士山の方を見ると完璧なくらいキレイに見えてテンションが上がる。これは最高のツーリング日和!

DSC03676.jpg

ナツさんがバッテリー系のトラブルにあって少し時間がかかりそうなので先に朝ごはんを食べることに。海老名SA(下り)のリニューアル工事が半分終わってオープン、今まで営業してた半分は交代して工事に入っていた。

結構お店が入れ替わってたのでどういうお店があるのかぐるっと回ってたら右奥に一面真っ赤で気になるお店が!

DSC03678.jpg

とにかく圧がすごい(笑)。

なんつッ亭、初めて知ったけど神奈川秦野市に本店があって川崎や東京、それにシンガポールまで展開してるらしい。焦がしニンニク油から作られた黒マー油が入った豚骨スープ。真っ黒なスープなのに意外とあっさり系とも評されるらしい。

調べると色々興味深いラーメン屋だが、とにかく大将の古谷さんのクセがすごい(笑)。

DSC03684.jpg

黒マー油豚骨が有名だけどそこをあえて赤マー油ラーメンを頼んだ。少し迷ったけどやっぱり赤が食欲を唆るね。鶏白湯をベースに赤マー油と山椒がいいアクセントになってるけどマイルドで食べやすかった。個人的にはもう少しパンチを効かせてもよかったかなと。

DSC03690.jpg

とにかく天気がよかったのでなんの変哲もないSAを背景に写真を撮っても映える。たぶん後ろのBMW R100RSのおかげかな。素敵にお兄様が乗ってらっしゃって、渋くてカッコよかった!

少しのんびりしてたらナツさんが到着していよいよ本格的な西伊豆ツーリングがスタート!一旦すのまま東名を走って沼津ICまで。この日を渋滞は凄まじくて海老名から沼津ICまで断続的に渋滞が続いた。

沼津ICから降りて最初の目的地、の一食堂へ。実は前回の西伊豆ツーリングの時に行ってみたかったけど時間が早すぎて食べれなかった。今回はちょうど昼時に着きそう。

沼津市内を抜けて静岡県道17号を走る。右側に海が広がってその向こうに富士山がどーんとキレイな姿を見せてくれていて走るのがめちゃくちゃ楽しい。ただ、ここも交通量が多い!海沿いからアップダウンが激しい山道に入ったら抜けてきた!適度なワインディングが楽しい。

DSC03707.jpg

富士山を背景に写真を撮りたかったけど見晴らしがいいところは時間関係なく一回止まるだけでも駐車料金を取っていたのパスして、ナツさんが事前に調べてくれた「富士山ビュースポット西浦江梨」で撮影休憩。写真にはあまりちゃんと写ってないけど崖の上から大瀬崎がキレイに見渡せて駿河湾の向こうに雪化粧の富士山が完璧な姿を見せてくれていた。もうテンションが上がりまくり!

DSC03710.jpg

その後は順調に進んで12時半くらいにの一食堂に到着。ちょうどお昼時というのもあって駐車場もほぼ満車で一区域しか空いてなかったので縦に2台を停めてバイクならその横に停められるように駐車。

DSC03713.jpgDSC03715.jpg

の一食堂は戸田漁港のすぐ近くにあって戸田漁港から上がった海鮮を中心に料理を提供してくれていて特に高足ガニが名物らしい。水槽の中に自慢の高足ガニがその巨体を披露していた。近くで見るとその迫力がすごい!

DSC03724.jpg

高足ガニが名物なので蟹料理の中で一番手軽に食べられるカニ海鮮丼を頼んだ。高足ガニだけではなくてマグロやタコ、エビなど新鮮な海鮮がたくさん乗っていてうまい!思ったよりボリュームもあって満足度が高い。

ナツさんは底引き定食。9月から5月までの限定メニューで戸田の底引き漁船が取ってきた駿河湾の深海魚をメインに使った定食でそのボリュームが半端ない!たぶん2人前くらいじゃないかな?ナツさんにちょうどいいボリューム(笑)。

DSC03743.jpg

ご飯の後は戸田港を散策しながら缶コーヒータイム。戸田港はこぢんまりしたキレイな漁港だった。のどかな漁村の風景に癒やされる。

腹も満たされてベストのコンディションで山道に臨む!ナツさんのリズミカルなリードに付いていくとますますワインディングが楽しくなる。

DSC03748.jpg

次の目的地は黄金岬。ここもナツさんのおかげで初めて知ったけどキレイな駿河湾の眺めとこの馬ロックという名前の岩が有名なスポット。ほんとに馬の頭の形をしていて見ればみるほど不思議な形だった。しかし風がすごくて崖の上まで飛沫が飛んでくる。

いよいよこの日のハイライト、西伊豆スカイラインへ!前回は霧であまり西伊豆スカイラインの全貌が分からなかったけど今回はこの晴天のおかげで西伊豆スカイラインを思う存分楽しむことができた。何この抜け!最高すぎる!

スカイラインという名前に相応しい見晴らし、ほんとにこの日に西伊豆スカイラインへ行ってよかった。走ってる途中向こうからまた富士山の素敵な姿が見えてきたときはもうテンションマックス!素敵すぎる!

DSC03750.jpg

富士山が見えるスポットで停まりたかったけどどこも人でいっぱい。やっと達磨山北側登山口の駐車場に少し空きがあったのでなんとか停めさせてもらった。最高の見晴らし!

DSC03752.jpgDSC03754.jpg

ただ傾斜が急だったので思うようにバイクを動かせず、とりあえず停まったところで別々に記念写真を残す。もうこれは言葉にできないくらい圧巻の眺めだった。

走るのが楽しすぎたのかガソリンが減ってるのも気付かなかった(汗)。修善寺のほうに降りてとりあえずガソリンスタンドへ。しかし、修善寺で渋滞にハマってしまってちょっと疲れてしまって後半に予定していたコースはキャンセルしてそのまま帰路へ。

この日のツーリングはこれ以上求められるものはないくらい充実したツーリングでもう一度スラクストンの魅力を再確認できたかな。全部ナツさんのおかげで色々勉強させてもらった。

オイル滲み

ツーリングから帰ってきてふっとエンジンのほうを見たらなんか濡れてる感じで黒くテカテカしてるのではないか!もしかしてエンジンオイルが漏れてる!?

海外フォーラムなどで調べてみたらトライアンフの2気筒モデルでよくある現象らしくて大体はOリングの劣化による問題らしい。オイルが滲むくらいなのでトライアンフ横浜港北店に予約を入れてツーリングの次の日に行くことにした。

当日トライアンフ横浜港北さんの営業開始時間の10時に合わせて行くはずだったけど思ったより道が空いていて9時45分くらいに着いてしまった。しかし、営業時間の前にも関わらず大澤さんが早速修理に取り掛かってくれた。修理にかかったのは約1時間、やっぱりギアシフトポジションセンサーのOリングの問題だったので新品のOリングに交換してもらった。

使用した部品名は「T3600267 O Ring, ID 26.65 x Dia 2.62」で価格は159円のものを2つ。

ターンパイク&伊豆スカイライン

金曜の夜の会食が思ったより長引いて結構遅い時間に寝たのに朝6時に目が覚める。もう少し寝たかったが、なかなか眠れずそのままツーリングの仕度を始めた。先月に会社の後輩たちとツーリングの約束をしたので一ヶ月ぶりの復活ツーリングは後輩たちと一緒に。

8時くらいに家を出てまずガソリンを入れてから川崎市内を走り始めると徐々にテンションが上がってくる。そう!こんな感じ、この一体感、たまらない。やっぱりバイクはいい。

東名はいつもの週末のように横浜青葉インターチェンジから横浜町田インターチェンジまで渋滞してたけどそこまで酷くはなく9時には待ち合わせ場所の海老名SAに到着。集合時間は10時なのにね(笑)。

DSC07631.jpg

奥のほうの二輪駐車場へ行ったらなんと白のMoto Guzzi V7があるのではないか!人気インスタグラマーのthedustycoyoteさんのバイクと同じモデルかな?カッコいい!

DSC07633.jpg

前回食べた「鶏とネギの朝ラーメン」が気に入ったので今日も頼んでしまった。

DSC07634.jpg

このあっさりしてる鶏スープが美味しい。

ラーメンの後はコーヒーを飲みながらのんびりしてたら一人ずつ着いてきたけど渋滞にハマった子もいて全員揃ったのは10時15分くらいだったのかな?いっぱい走りたいので急いで出発!

みんな中型免許を持っているけど何年かぶりにバイクに乗る人がほとんどだったのでできるだけみんなのペースに合わせてゆっくりめに走っていく。

DSC07651.jpg

小田原厚木道路はリニューアル工事で一部渋滞してたけど流れは悪くなかったので順調に進んでターンパイクへ到着。みんなターンパイクは初めてだったのでそのワクワク感がよく伝わってくる!実は久しぶりのツーリングに自分が一番ワクワクしてたり(笑)。

ターンパイクは自分のペースで走らせてもらって、少し楽しませてもらった。少しスピードを上げてターンパイクの適切にグニョグニョしてる道を曲げていくとどんどんバイクと一体化してるのが感じられる。これはアドレナリンが出まくって幸せな瞬間。やっぱりバイクはいい!

後、OHLINS FKS218フロントフォークの第一印象は「さすがOHLINS!」という感じだった。ターンパイクを走ってると途中に橋があってそこに段差があって表示板でも警告をしてるけど以前感じた段差を通過するときの衝撃とOHLINS FKS218を装着して通過するときの衝撃が全然違う。自分が想定してた衝撃の半分くらいしか来ない。ちょっとした段差は意識しないで通りすぎちゃうくらいだね。まさに上品な乗り心地。

また、これは自分の勘違いかもしれないけど何故かタイヤのグリップ力が上がったかのように感じた。もちもちというか。一ヶ月ぶりのバイクだったからかもしれないし、気温が上がったからかもしれないね。ただ、より楽しい走りができるということは間違いないね。

DSC07652.jpg

大観山頂上に近づくと霧が出ていた。これだと富士山は見れないね。残念。だが、この霧がかかった雰囲気嫌いじゃない。

DSC07674.jpg

こうやって真正面からマジマジ見てもカッコいい!霧もいい雰囲気を出してくれてる。

DSC07683.jpg

今回フロリアンが借りたKTMのDUKE、彼的には前回のDUCATIのScrambler Sixty2よりこっちのほうが全然気に入ってるらしい。虫のようなデザインが前衛的でカッコいい。

DSC07684.jpg

大観山のスカイラウンジで一服。君ら、カッコいいね!適当に撮ってもアー写みたい。新人ロック・バンドとマネージャーかな(笑)。

DSC07686.jpg

駐車場で偶然見つけたクラシックカー。カッコ良すぎ!どこの車だろう?LOTUSなのかな?ボディのラインが芸術的だね。

DSC07687.jpgDSC07688.jpg

あの窓もダッシュボードも後ろ姿もしびれるね。

DSC07692.jpg

伊豆スカイラインは曇りの中、晴れ。走るのにはちょうどいい天気だったけどみんな伊豆スカイラインが初めてだったのでできればキレイな景色も一緒に見せたかったな。

DSC07693.jpg

霞んでそんなに遠くまで見れなかったけどそれでも喜んでくれてよかった。緑が気持ちよく色んな鳥の鳴き声が気持ちいい。ずっと都内にいるのでたまにはこういう見晴らしのいいところで自然を楽しむのもいいね。

DSC07695.jpg

見事に皆バラバラで個性があっていいね。

DSC07697.jpg

伊豆スカイラインを走り抜いて向かった目的地は「伊豆味処 錦」。以前BikeJINの伊豆特集で見てメモしといた食堂で鯵のたたき丼が評判らしく大衆磯料理 磯辺のアジ丼と味比べをしてみたかったけど到着したのが少し遅かったのかアジ丼は売り切れ…残念。

DSC07699.jpg

店内はカウンター席と座敷が4テーブルあったけど我々が入って満席に。2時過ぎでこの混み合いはなかなか期待できる。日本酒も多くて…一杯やりたい気持ちは山々だったけどぐっと我慢。

DSC07701.jpg

まず運ばれてきたのは魚餃子!5個で一皿で二皿を頼んだけど残ったのが7個しかなくて一皿7個にしてもらった。お店を切り盛りしてるお母さんがすごく元気がよくてテキパキしていてその客さばきを見てると気持ちいいくらいだった。

DSC07702.jpg

餃子の形も独特だけど具に魚が入っていて不思議な味わい。外はパリッと揚げられていて中はジューシーで美味しい。

DSC07703.jpgDSC07710.jpgDSC07713.jpg

頼んだ料理もみんな見事にバラバラ。どれも美味しそう!

DSC07708.jpg

私が頼んだのは海の幸丼!海鮮全部乗せという感じでボリュームがたっぷりでそれぞれ味がしっかりしてるけど全体がまとまったハーモニー感がすごい。旨い!

帰りは国道135号で海岸沿いを気持ちよく走って伊豆を満喫できるようにしてあげたかったけどやっぱり海沿いは混むね…我慢できず宇佐美で左折して亀石峠ICから再び伊豆スカイラインに入った。

伊豆スカイラインは午前中より晴れてきて走る楽しさが増してきた。あわよくば前方に富士山が現れるのを期待してたけどやっぱりこの日は富士山を見ることはできなかった。残念。

DSC07721.jpg

途中、池の向駐車場で一休み。

DSC07723.jpg

伊豆スカイラインから見える諏訪湾と沼田の市街がキレイ。少し霞んでるけど夕焼けに光る海が幻想的だった。

DSC07719.jpg

近くでたくさんの方が空をのんびり飛んでいて気持ちよさそう。実はあまり高いところが得意ではないけどああいう感じだったら一回飛んでみたい。

DSC07724.jpg

美しい景色を楽しみながら少し寛ぎ、疲れを癒やす。

その後はまたターンパイクを走って帰ったけどみんな一日で腕が上がってきて一緒にターンパイクのワインディングを楽しんだ。みんなバイクの返却時間が迫ってるのでそれ以降はあまりのんびりできず小田原厚木道路の大磯PAで解散。

もし一人で走りに行ったら調子上げすぎちゃったかもしれないけどこうやってグループで行ったので適切にブレーキもかかって気持ちいい走りができたと思う。復活からのいいリハビリになった。

やっぱりバイクはいい!