西伊豆、春のスラクストンまつり

前日夕方から降ってきた雨が夜中も続いて心配してたけど朝はちゃんと晴れて気温があがったおかげなのか路面もしっかり乾いてもうツーリング日和。

ナツさんと海老名SAで9時に待ち合わせだったので7時半くらいに家を出たけどこの日は三連休の初日ということもあって渋滞がひどかった。東名も川崎ICから乗ったらもうすでに渋滞中。いつもなら港北PAから渋滞して横浜町田IC辺りか大和トンネル辺りまで行くと渋滞が解消されるのにこの日は海老名SAまでずっと渋滞だった。ほんとバイクでよかった。

DSC03672.jpg

待ち合わせは奥のガソリンスタンド周辺。入ってすぐのところはいつもゴチャゴチャしてるので待ち合わせのときは奥の方がいい。この日はとにかく天気がよかったのでたくさんバイクで賑わっていた。バイクを止めて富士山の方を見ると完璧なくらいキレイに見えてテンションが上がる。これは最高のツーリング日和!

DSC03676.jpg

ナツさんがバッテリー系のトラブルにあって少し時間がかかりそうなので先に朝ごはんを食べることに。海老名SA(下り)のリニューアル工事が半分終わってオープン、今まで営業してた半分は交代して工事に入っていた。

結構お店が入れ替わってたのでどういうお店があるのかぐるっと回ってたら右奥に一面真っ赤で気になるお店が!

DSC03678.jpg

とにかく圧がすごい(笑)。

なんつッ亭、初めて知ったけど神奈川秦野市に本店があって川崎や東京、それにシンガポールまで展開してるらしい。焦がしニンニク油から作られた黒マー油が入った豚骨スープ。真っ黒なスープなのに意外とあっさり系とも評されるらしい。

調べると色々興味深いラーメン屋だが、とにかく大将の古谷さんのクセがすごい(笑)。

DSC03684.jpg

黒マー油豚骨が有名だけどそこをあえて赤マー油ラーメンを頼んだ。少し迷ったけどやっぱり赤が食欲を唆るね。鶏白湯をベースに赤マー油と山椒がいいアクセントになってるけどマイルドで食べやすかった。個人的にはもう少しパンチを効かせてもよかったかなと。

DSC03690.jpg

とにかく天気がよかったのでなんの変哲もないSAを背景に写真を撮っても映える。たぶん後ろのBMW R100RSのおかげかな。素敵にお兄様が乗ってらっしゃって、渋くてカッコよかった!

少しのんびりしてたらナツさんが到着していよいよ本格的な西伊豆ツーリングがスタート!一旦すのまま東名を走って沼津ICまで。この日を渋滞は凄まじくて海老名から沼津ICまで断続的に渋滞が続いた。

沼津ICから降りて最初の目的地、の一食堂へ。実は前回の西伊豆ツーリングの時に行ってみたかったけど時間が早すぎて食べれなかった。今回はちょうど昼時に着きそう。

沼津市内を抜けて静岡県道17号を走る。右側に海が広がってその向こうに富士山がどーんとキレイな姿を見せてくれていて走るのがめちゃくちゃ楽しい。ただ、ここも交通量が多い!海沿いからアップダウンが激しい山道に入ったら抜けてきた!適度なワインディングが楽しい。

DSC03707.jpg

富士山を背景に写真を撮りたかったけど見晴らしがいいところは時間関係なく一回止まるだけでも駐車料金を取っていたのパスして、ナツさんが事前に調べてくれた「富士山ビュースポット西浦江梨」で撮影休憩。写真にはあまりちゃんと写ってないけど崖の上から大瀬崎がキレイに見渡せて駿河湾の向こうに雪化粧の富士山が完璧な姿を見せてくれていた。もうテンションが上がりまくり!

DSC03710.jpg

その後は順調に進んで12時半くらいにの一食堂に到着。ちょうどお昼時というのもあって駐車場もほぼ満車で一区域しか空いてなかったので縦に2台を停めてバイクならその横に停められるように駐車。

DSC03713.jpgDSC03715.jpg

の一食堂は戸田漁港のすぐ近くにあって戸田漁港から上がった海鮮を中心に料理を提供してくれていて特に高足ガニが名物らしい。水槽の中に自慢の高足ガニがその巨体を披露していた。近くで見るとその迫力がすごい!

DSC03724.jpg

高足ガニが名物なので蟹料理の中で一番手軽に食べられるカニ海鮮丼を頼んだ。高足ガニだけではなくてマグロやタコ、エビなど新鮮な海鮮がたくさん乗っていてうまい!思ったよりボリュームもあって満足度が高い。

ナツさんは底引き定食。9月から5月までの限定メニューで戸田の底引き漁船が取ってきた駿河湾の深海魚をメインに使った定食でそのボリュームが半端ない!たぶん2人前くらいじゃないかな?ナツさんにちょうどいいボリューム(笑)。

DSC03743.jpg

ご飯の後は戸田港を散策しながら缶コーヒータイム。戸田港はこぢんまりしたキレイな漁港だった。のどかな漁村の風景に癒やされる。

腹も満たされてベストのコンディションで山道に臨む!ナツさんのリズミカルなリードに付いていくとますますワインディングが楽しくなる。

DSC03748.jpg

次の目的地は黄金岬。ここもナツさんのおかげで初めて知ったけどキレイな駿河湾の眺めとこの馬ロックという名前の岩が有名なスポット。ほんとに馬の頭の形をしていて見ればみるほど不思議な形だった。しかし風がすごくて崖の上まで飛沫が飛んでくる。

いよいよこの日のハイライト、西伊豆スカイラインへ!前回は霧であまり西伊豆スカイラインの全貌が分からなかったけど今回はこの晴天のおかげで西伊豆スカイラインを思う存分楽しむことができた。何この抜け!最高すぎる!

スカイラインという名前に相応しい見晴らし、ほんとにこの日に西伊豆スカイラインへ行ってよかった。走ってる途中向こうからまた富士山の素敵な姿が見えてきたときはもうテンションマックス!素敵すぎる!

DSC03750.jpg

富士山が見えるスポットで停まりたかったけどどこも人でいっぱい。やっと達磨山北側登山口の駐車場に少し空きがあったのでなんとか停めさせてもらった。最高の見晴らし!

DSC03752.jpgDSC03754.jpg

ただ傾斜が急だったので思うようにバイクを動かせず、とりあえず停まったところで別々に記念写真を残す。もうこれは言葉にできないくらい圧巻の眺めだった。

走るのが楽しすぎたのかガソリンが減ってるのも気付かなかった(汗)。修善寺のほうに降りてとりあえずガソリンスタンドへ。しかし、修善寺で渋滞にハマってしまってちょっと疲れてしまって後半に予定していたコースはキャンセルしてそのまま帰路へ。

この日のツーリングはこれ以上求められるものはないくらい充実したツーリングでもう一度スラクストンの魅力を再確認できたかな。全部ナツさんのおかげで色々勉強させてもらった。

オイル滲み

ツーリングから帰ってきてふっとエンジンのほうを見たらなんか濡れてる感じで黒くテカテカしてるのではないか!もしかしてエンジンオイルが漏れてる!?

海外フォーラムなどで調べてみたらトライアンフの2気筒モデルでよくある現象らしくて大体はOリングの劣化による問題らしい。オイルが滲むくらいなのでトライアンフ横浜港北店に予約を入れてツーリングの次の日に行くことにした。

当日トライアンフ横浜港北さんの営業開始時間の10時に合わせて行くはずだったけど思ったより道が空いていて9時45分くらいに着いてしまった。しかし、営業時間の前にも関わらず大澤さんが早速修理に取り掛かってくれた。修理にかかったのは約1時間、やっぱりギアシフトポジションセンサーのOリングの問題だったので新品のOリングに交換してもらった。

使用した部品名は「T3600267 O Ring, ID 26.65 x Dia 2.62」で価格は159円のものを2つ。

ターンパイク&伊豆スカイライン

金曜の夜の会食が思ったより長引いて結構遅い時間に寝たのに朝6時に目が覚める。もう少し寝たかったが、なかなか眠れずそのままツーリングの仕度を始めた。先月に会社の後輩たちとツーリングの約束をしたので一ヶ月ぶりの復活ツーリングは後輩たちと一緒に。

8時くらいに家を出てまずガソリンを入れてから川崎市内を走り始めると徐々にテンションが上がってくる。そう!こんな感じ、この一体感、たまらない。やっぱりバイクはいい。

東名はいつもの週末のように横浜青葉インターチェンジから横浜町田インターチェンジまで渋滞してたけどそこまで酷くはなく9時には待ち合わせ場所の海老名SAに到着。集合時間は10時なのにね(笑)。

DSC07631.jpg

奥のほうの二輪駐車場へ行ったらなんと白のMoto Guzzi V7があるのではないか!人気インスタグラマーのthedustycoyoteさんのバイクと同じモデルかな?カッコいい!

DSC07633.jpg

前回食べた「鶏とネギの朝ラーメン」が気に入ったので今日も頼んでしまった。

DSC07634.jpg

このあっさりしてる鶏スープが美味しい。

ラーメンの後はコーヒーを飲みながらのんびりしてたら一人ずつ着いてきたけど渋滞にハマった子もいて全員揃ったのは10時15分くらいだったのかな?いっぱい走りたいので急いで出発!

みんな中型免許を持っているけど何年かぶりにバイクに乗る人がほとんどだったのでできるだけみんなのペースに合わせてゆっくりめに走っていく。

DSC07651.jpg

小田原厚木道路はリニューアル工事で一部渋滞してたけど流れは悪くなかったので順調に進んでターンパイクへ到着。みんなターンパイクは初めてだったのでそのワクワク感がよく伝わってくる!実は久しぶりのツーリングに自分が一番ワクワクしてたり(笑)。

ターンパイクは自分のペースで走らせてもらって、少し楽しませてもらった。少しスピードを上げてターンパイクの適切にグニョグニョしてる道を曲げていくとどんどんバイクと一体化してるのが感じられる。これはアドレナリンが出まくって幸せな瞬間。やっぱりバイクはいい!

後、OHLINS FKS218フロントフォークの第一印象は「さすがOHLINS!」という感じだった。ターンパイクを走ってると途中に橋があってそこに段差があって表示板でも警告をしてるけど以前感じた段差を通過するときの衝撃とOHLINS FKS218を装着して通過するときの衝撃が全然違う。自分が想定してた衝撃の半分くらいしか来ない。ちょっとした段差は意識しないで通りすぎちゃうくらいだね。まさに上品な乗り心地。

また、これは自分の勘違いかもしれないけど何故かタイヤのグリップ力が上がったかのように感じた。もちもちというか。一ヶ月ぶりのバイクだったからかもしれないし、気温が上がったからかもしれないね。ただ、より楽しい走りができるということは間違いないね。

DSC07652.jpg

大観山頂上に近づくと霧が出ていた。これだと富士山は見れないね。残念。だが、この霧がかかった雰囲気嫌いじゃない。

DSC07674.jpg

こうやって真正面からマジマジ見てもカッコいい!霧もいい雰囲気を出してくれてる。

DSC07683.jpg

今回フロリアンが借りたKTMのDUKE、彼的には前回のDUCATIのScrambler Sixty2よりこっちのほうが全然気に入ってるらしい。虫のようなデザインが前衛的でカッコいい。

DSC07684.jpg

大観山のスカイラウンジで一服。君ら、カッコいいね!適当に撮ってもアー写みたい。新人ロック・バンドとマネージャーかな(笑)。

DSC07686.jpg

駐車場で偶然見つけたクラシックカー。カッコ良すぎ!どこの車だろう?LOTUSなのかな?ボディのラインが芸術的だね。

DSC07687.jpgDSC07688.jpg

あの窓もダッシュボードも後ろ姿もしびれるね。

DSC07692.jpg

伊豆スカイラインは曇りの中、晴れ。走るのにはちょうどいい天気だったけどみんな伊豆スカイラインが初めてだったのでできればキレイな景色も一緒に見せたかったな。

DSC07693.jpg

霞んでそんなに遠くまで見れなかったけどそれでも喜んでくれてよかった。緑が気持ちよく色んな鳥の鳴き声が気持ちいい。ずっと都内にいるのでたまにはこういう見晴らしのいいところで自然を楽しむのもいいね。

DSC07695.jpg

見事に皆バラバラで個性があっていいね。

DSC07697.jpg

伊豆スカイラインを走り抜いて向かった目的地は「伊豆味処 錦」。以前BikeJINの伊豆特集で見てメモしといた食堂で鯵のたたき丼が評判らしく大衆磯料理 磯辺のアジ丼と味比べをしてみたかったけど到着したのが少し遅かったのかアジ丼は売り切れ…残念。

DSC07699.jpg

店内はカウンター席と座敷が4テーブルあったけど我々が入って満席に。2時過ぎでこの混み合いはなかなか期待できる。日本酒も多くて…一杯やりたい気持ちは山々だったけどぐっと我慢。

DSC07701.jpg

まず運ばれてきたのは魚餃子!5個で一皿で二皿を頼んだけど残ったのが7個しかなくて一皿7個にしてもらった。お店を切り盛りしてるお母さんがすごく元気がよくてテキパキしていてその客さばきを見てると気持ちいいくらいだった。

DSC07702.jpg

餃子の形も独特だけど具に魚が入っていて不思議な味わい。外はパリッと揚げられていて中はジューシーで美味しい。

DSC07703.jpgDSC07710.jpgDSC07713.jpg

頼んだ料理もみんな見事にバラバラ。どれも美味しそう!

DSC07708.jpg

私が頼んだのは海の幸丼!海鮮全部乗せという感じでボリュームがたっぷりでそれぞれ味がしっかりしてるけど全体がまとまったハーモニー感がすごい。旨い!

帰りは国道135号で海岸沿いを気持ちよく走って伊豆を満喫できるようにしてあげたかったけどやっぱり海沿いは混むね…我慢できず宇佐美で左折して亀石峠ICから再び伊豆スカイラインに入った。

伊豆スカイラインは午前中より晴れてきて走る楽しさが増してきた。あわよくば前方に富士山が現れるのを期待してたけどやっぱりこの日は富士山を見ることはできなかった。残念。

DSC07721.jpg

途中、池の向駐車場で一休み。

DSC07723.jpg

伊豆スカイラインから見える諏訪湾と沼田の市街がキレイ。少し霞んでるけど夕焼けに光る海が幻想的だった。

DSC07719.jpg

近くでたくさんの方が空をのんびり飛んでいて気持ちよさそう。実はあまり高いところが得意ではないけどああいう感じだったら一回飛んでみたい。

DSC07724.jpg

美しい景色を楽しみながら少し寛ぎ、疲れを癒やす。

その後はまたターンパイクを走って帰ったけどみんな一日で腕が上がってきて一緒にターンパイクのワインディングを楽しんだ。みんなバイクの返却時間が迫ってるのでそれ以降はあまりのんびりできず小田原厚木道路の大磯PAで解散。

もし一人で走りに行ったら調子上げすぎちゃったかもしれないけどこうやってグループで行ったので適切にブレーキもかかって気持ちいい走りができたと思う。復活からのいいリハビリになった。

やっぱりバイクはいい!

rizoma エキセントリック ライダーペグアダプター

DSC07478.jpg

以前オーダーしていたrizomaのバックステップが届いてたので今回これも合わせて変えてもらった。こちらはナツさんのオススメで、なぜか分からないけどバックステップの窮屈な姿勢のほうが楽だったりするのとカーブを曲がるときに靴が地面とぶつかったりするので変えてみた。まだその効果は分からないけどさすがrizomaという感じでこの質感はたまらないね。

おかえり!

先週トライアンフ横浜港北さんから連絡をいただいて今週金曜日の午前中の引き渡しでスケジュールを組んでもらった。昨日連絡して確認したら問題なく渡せると返事をもらったので今日朝一で行ってきた。

トライアンフ横浜港北さんに着いたらお店の一番前のほうに止められてあって感動の再会を果たしたけど心配してたことがリアルに現れていて少し心が傷んだ。

DSC07471.jpg

ZuttoRideさんは全国どこでも距離無制限のロードサービスを提供してくれるけどレッカーで運送できない距離は連携先のBASのバイク輸送を利用するらしい。このサービスは基本屋根がないデポでの保管らしくて雨ざらしになってしまう。今回はゴールデンウィーク期間も入って、また物量が多かったのか、移動までに25日くらいかかってしまってその期間中、ずっと野ざらしになっていて、雨も結構降ってたので色々大変なことになっていた。

ゴムパーツには水垢みたいのができてたし、旅の汚れの上に砂埃をいっぱい被ってしまっていた。ああ。

とりあえず家に持って帰って、12時までには会社に行かないといけなかったけどこのままでは行けなくて、急いで洗車をした。しかし、ゴムパーツにできた水垢(?)は洗剤ではあまり落ちなくて爪で削ってみたら落ちてきた。あまり時間がないのでとりあえずできる範囲までやって、後はチェーンメンテナンス。

前回変えてもらった「DIDチェーン525ZVM-X GOLD」のゴールドコーティングがいい働きをしてくれて一切錆もなくキレイに保っていたのでそれは嬉しかった。チェーンクリーナーでキレイに吹いてからチェーンルブを塗った。今回はTRIUMPH9772さんがオススメしてくれたVipro’s グレサージュを使ってみた。

DSC07485.jpg

後、今回の故障の原因のABSのケーブル。ほぼ半分くらいちぎれていてこれはもうしょうがないね。

DSC07487.jpg

このハンドルストッパーに挟まったらしいが、ケーブル類を固定する止め具が何かの理由で取れてしまったのが原因らしい。新しいABSケーブルに交換してもらってしっかり固定してもらったので大丈夫そう。大澤さんもこういうケースはあまり見たことがないらしい。挟まったのがABSケーブルでよかった。ブレーキとか駆動系のより直接なものが挟まったらもっと大変なことになってたかもね。

で、家まで30分くらいの距離を久しぶりにバイクで走ったけどそのバイクと一体化する感覚と体に当たる風、匂い、エンジンからの熱気までが、全てが懐かしくて気持ちいいものだった。もっと走りたかったけど仕事があるので仕方なく出社。明日はとことん付き合おう!

阿蘇からの帰還、第一報

4月28日に阿蘇で離れ離れになったスラクストンがやっと横浜のディーラーまで戻ってきた。長かった!まだ手元に届いたわけではないけど近くにあるだけで一安心。とりあえずトライアンフ横浜港北の大澤さんが故障原因を特定して教えてくれた。

DSC05663.jpg

故障の原因は、フロントのABSセンサーが、ハンドルストッパーに挟まり、傷ついたことにより、車体コンピューターがフロントの車速を計測できなくなったことにより、トラクションコントロールの警告灯がつき、走行が正常にできなくなっていたようです。

ABSセンサーはメーカー保証で交換してくれるとのことで部品の手配に1週間くらいかかるので来週末くらいには渡せるとのことだった。後、もう少しの辛抱だな。

しかし、どうやってABSのセンサーがハンドルストッパーに挟まったのかが不思議だよね。来週取りに行ったら詳しく聞いてみよう!

24ヶ月点検

今朝前日のツーリングで汚れたバイクを洗車してからトライアンフ横浜港北へ。2017年4月30日に納車されてまだ2年にはなってないけど来月は四国・九州・山陰ツーリングを計画してるし、エンジンオイルの交換時期も少し過ぎてしまったので少し早めに24ヶ月点検をお願いした。

朝一で預けて台車のStreet Tripleに乗って家まで帰ったけどやっぱり自分のスラクストンの良さを再認識した。自分のじゃないと運転が楽しくないんだよね。

夕方6時くらいに大澤さんから整備が終わったと電話をいただいたのでStreet Tripleに跨ってエンジンをかけようとしたらセルが回らない!何回やってもビクッともしない。バッテリーが上がっちゃったな。急いで大澤さんに連絡をしたら東京モーターサイクルショーへ参加して帰り中の大越さんに連絡してトラックですぐ自宅へ向かうように手配をしてくれた。感謝!

とりあえずStreet Tripleの引き取りは大越さんにお願いをして自分は車で奥様、娘と一緒にトライアンフ横浜港北さんへ向かった。私を降ろして二人はそのまま車で先に戻って私はバイクでその後を追った。(大越さん、モーターショーで疲れてるのに対応していただいてありがとうございました!)

で、今回やってもらったのは

  • 24ヶ月定期点検整備一式
    • 車体ネジトルク締付
    • 前後サスペンション点検・掃除
    • 前後ブレーキ点検・掃除
    • 前後ブレーキパット・フルード点検
    • 前後ホイル・ホイルベアリング点検・給油
    • 前後タイヤ摩耗点検・空気圧調整
    • チェーン・スプロケット点検・掃除・調整・給油
    • スロットルボディ点検・掃除・調整
    • 電気系点検
    • エンジン点検
    • ワイヤー類点検・給油・調整
    • 診断機検査
    • 試乗点検
    • コンピュータ診断
    • 油脂類
  • エンジンオイル・フィルター取替
  • チェーン・スプロケット交換
  • ヘッドライトガード(Grille Headlight)取付
  • スパークプラグ交換 LMAR8A-9
  • クーラント交換
  • HUGHES TEE-L(うん?)

今回の24ヶ月点検に合わせてチェーンとスプロケットの交換を依頼した。

S__7929872.jpg

北海道で雨に降られて以来いくらチェーンメンテナンスをしても錆がよく出るようになったのと約1万8千キロくらい走行していてまぁ交換周期だったので錆びにくいチェーンでの交換を依頼したらしっかりしたものに変えてくれたらしい。後、スプロケットはチェーン変えるときに合わせて変えたほうがいいらしいので合わせての交換。

DSC03526.jpg

ヘッドライトガードは以前から付けたかったもののスラクストンのアクセサリーリストには載ってなくて純正ではないのかなと思ったけど聞いてみたらスラクストンにも付けられるとのことだったので早速依頼して付けてもらった。

もうこれで一通り自分が理想と思ってるバイクの形になったと思う。思ったよりカッコよくなって最高。

後、トライアンフ横浜港北の大澤さんに上記にない掃除やメンテナンスも合わせてやっていただいて、メンテナンスの写真までプリントしてどういう作業をしたのか丁寧に説明をしてくれた。こういう信頼できるディーラーさんが近くにいてよかった。(トライアンフのバイクをご購入を検討している皆さん、トライアンフ横浜港北さんがオススメです)

点検が終わって帰り道、バイクがより軽くなったかのような感じでエンジンの吹き上げが気持ちよくて、またマフラから出てくる野太いサウンドに胸が躍る。相棒と一緒なら世界どこでも行けそうな気がしてきた。