銀座 大石

2019年銀座に新たにオープンしたフレンチの「銀座 大石」。その時から気になってたが、すぐさま予約困難の人気店になってしまった。そんな中ありがたく知人から予約が取れたとお誘いをいただいたので先日行ってきた。

銀座一丁目駅のすぐ近くにあるお店は外からはその位置がよく分からず、雑居ビルのテナント案内の看板のみなのでよく見ないと見つけることができない。実際私もGoogle Mapsを見ながらお店の前を2、3往復してやっと見つけられた。お店は2階にあるけどアクセスはエレベーターのみ。

コロナ対策のため、体温のチェックとアルコールによる手の消毒を済ませてからの入店。何台ものの空気清浄機を稼働してドアは開けっ放しで換気に気を付けてる。シェフやスタッフさん全員マスクを付けての接待。マスクを付けてるとキッチンでは火を使ってるので熱中症にかかるくらい暑いとのことだった。

オーナーシェフの大石義一さんは北九州のホテルで3年間勤務した後、四ツ谷のフレンチの名店「北島亭」で修業し、16年間に渡りスーシェフとして働いてからの独立したらしい。

店内は14席のカウンターのみだけど思ったより大きくてゆったりしてた。全体的にカウンターの木の印象が強くキッチンは少し控えめだけどそれがまた大石シェフの存在感を高めてくれる。

着席するとすぐさま大石シェフのトークが始まり、まるでディナーショーに来てるかのような感じ。いわゆる大石劇場のスタートだ。料理の腕前だけではなくて場の雰囲気を盛り上げてみんな楽しませてくれる真のエンタテイナーな感じ。何となく「銀座しのはら」の篠原大将とも似てると思ったら深いつながりがあるらしい。詳しくは聞いてないが…

コースは全部の14品。7品までは基本構成としてそのままいただいて、それ以降の7品は量の調整ができるけど折角なので全部そのままいただいた。そのまま食べるとかなりのボリュームだけど新鮮な高級材料を最高の腕前のシェフが渾身の力で作った料理を食べないわけにはいかない!どれも上品な感じで美味しくてクオリティが高い。

定期訪問確定だね。

DSC08263DSC08266DSC08267DSC08281DSC08287DSC08289DSC08299DSC08307DSC08311DSC08318DSC08322DSC08327DSC08332DSC08336DSC08339DSC08342DSC08347DSC08344DSC08363DSC08370DSC08373DSC08383DSC08390DSC08399DSC08409DSC08416DSC08423DSC08425DSC08428DSC08445DSC08461DSC08467DSC08470DSC08473DSC08476DSC08482DSC08490DSC08505DSC08513DSC08517DSC08542DSC08544DSC08552DSC08554DSC08568DSC08573DSC08578DSC08583DSC08591DSC08594DSC08598DSC08600DSC08609DSC08610DSC08635DSC08648DSC08654DSC08656DSC08658DSC08680DSC08690DSC08692DSC08695DSC08704DSC08709DSC08712DSC08716DSC08728DSC08740DSC08746DSC08758DSC08763DSC08765

鮨 石橋正和

久しぶりの「鮨 石橋正和」。大好きな石橋さんのお鮨が食べたくて先週予約を入れてからの訪問だったけど早く行きたくて予約日が待ち遠しかった。緊急事態宣言解除後は応援も含めて気に入ったお店を中心に回ってる。

DSC08083.jpg

新橋駅から歩いて5分くらいの距離にある銀座8丁目のかわばたビル、夜の街のど真ん中にあって他のテナントは接待を伴うお店がずらりと並んでるけど以前のような活気はなかった。

いつもこのビルのエレベーターの前に立つとこの昭和ノスタルジックな風貌から妻夫木聡が出演してるビールCMの大人エレベーターを思い出す。いい味してるね。

DSC08087DSC08100DSC08091DSC08093

相変わらず元気な姿の石橋さんを見るとホッとする。バイクのマフラに足を火傷したらしいけどもう大丈夫らしい。

今は二輪中型免許を持ってるけど大型を取ってハーレーに乗りたいと。連れが時間を間違って30分くらい遅れてたので石橋さんとバイク話に花を咲かせる。

普通の新品よりは90年代くらいのハーレーを買って自分好みにカスタムしたいとか。私のブログもよく見ていてやっぱりnovotelさんのバイクが気になるらしい。今度novotelさんを招待して一緒にお店に行くのでとりあえず大型免許を取っといてと言っといた。novotelさんが絶対いいアドバイスをしてくれるはず。

ハーレーを手に入れたらみんなでツーリングに行きましょう!

DSC08097

先ずはビール。この薄いグラスはお気に入りでこのグラスで冷えたビールを飲むと格段美味しく感じる。

DSC08110DSC08115DSC08118

この季節限定のひと夏の恋、いつもはハートがグッついてるけど今年だけ離れてるらしい。ソーシャルディスタンス。

DSC08122DSC08124DSC08126DSC08131DSC08133DSC08146DSC08150DSC08154DSC08157

相変わらず高いクオリティーのおつまみ。ひとつひとつ手を込んだ料理に心が躍る。お酒だって何杯でもいける。

DSC08161DSC08164DSC08168DSC08171DSC08173DSC08175DSC08179DSC08181DSC08182DSC08187DSC08190DSC08195DSC08197DSC08199DSC08203DSC08210DSC08211DSC08214DSC08217DSC08223DSC08227DSC08229

お鮨はユニークでクリエイティビティ溢れる高いクオリティーのものばかりだったけどその中でものどぐろの巻き鮨と鮎の塩焼きの鮨には度肝を抜かれた。美味しすぎる。鮎の塩焼きは大好物なので特に嬉しかった。来るたびに進化を感じる石橋さんのお鮨は感動そのもの。

あ、女将さんチョイスの日本酒も絶妙でまたユニークでありながら料理との相性も抜群でこれこそ真のペアリング。

ずっと通いたいお鮨屋。

焼鳥 せきや

焼鳥 せきや、駒沢大学駅から徒歩1分。2019年11月にオープンした新しいお店で「やきとりshira」の姉妹店。クールでモダンな店内は落ち着いた大人な空間で、一人でふらっと寄れるくらいの気軽さもある。カウンターのみの15席。

この日は2回目の訪問で前回には食べれなかった特別なメニュー、鶏の刺し身があったので早速刺し身盛り合わせを注文。極めて新鮮で美味しい。

滋賀県淡海地鶏を使用していて鮮度が高くて脂が乗っていて美味しさそのもの。なのにおまかせ7本コースが2,100円!もう少し高くしても全然問題なさそう。また焼鳥の絶妙な焼き加減が素晴らしい。

お酒は日本州と焼酎、ワインなどが備えられていてクオリティとお値段のバランスが素晴らしい。きっとここの店長さんのセンスがいい。

緊急事態宣言が解除されてからは新規店舗より以前行って気に入ったお店のリピートが多い。安否確認も兼ねて応援したい気持ちが大きい。

DSC07188DSC07193DSC07196DSC07199DSC07203DSC07207DSC07210DSC07215DSC07216DSC07220DSC07224DSC07227DSC07231DSC07236DSC07240DSC07246DSC07249DSC07251DSC07254DSC07257DSC07260DSC07269DSC07270DSC07273DSC07276DSC07281DSC07283DSC07284

虎ノ門 虓

いつもお世話になってる方から虎ノ門の虓さんの食事会に招待いただいた。実は虓さんは大好きなレストランの一つで最後に訪れたのが半年前の去年の年末。行きたくてもふらっと行けるところではないのでどうしようか悩んでたときにちょうどいいタイミングでのお誘いだったのですごく嬉しかった。

虓さんは虎ノ門の雑居ビルの地下1階に位置してるけど外には看板もなく周りの雰囲気からはこういうお店があるかは想像もできない。住所や電話番号も非公開で本当の隠れ家である。

営業は夜の一回転のみで19時に一斉スタートなんだけど予約者全員が揃わないと始まらない。何しろシェフの佐藤慶さんが直接お店の外でお客さんを案内してるから始めたくても始められない。

この佐藤慶さんは天才シェフとしてその名が高いのに謙虚で物腰柔らかくてホスピタリティが溢れてる方でお客さんをすぐファンにさせてしまう。その佐藤さんが作る料理は○○料理と定義するのが難しい。イタリアンからスタートして、フレンチ、和食に焼き鳥まで経験してそれを元に素材の美味しさを最大限引き出してみんなが知ってる料理を何次元も美味しくバージョンアップさせて食べる人を驚かさせる。特に自分が苦手としてる食材を克服するために研究を重なってこの世にここでしか食べれない料理を作ってしまう。それをよく表してるのがバターとパン。一回食べると虜になるのは間違いなし。夢に出てくるくらい。

後、その料理に合わせてペアリングで提供されるお酒がまた抜群で、これもまたジャンルに拘らず料理に合うものが選ばれて出てくる。すべてが緻密に計算された美味しさの究極。

シェフの佐藤さんと魚を扱う板場や炊飯を担当する竹田さん、去年は焼き場を担当してたけど今回は揚げ物や煮物を担当する神谷さん、焼き場を担当する楠さん(背中に指してるうちわがかわいい)、サービスを担当する澤田さんの完璧なチームワークを見てると楽しさを超えて感動すら覚えてしまうくらい。いい仕事してる!

なんでこんな長々書いてるのかというと去年まではSNSやウェブでの写真の掲載がNGだったのが今年に入ってから解禁になったのでそれを記念して記事を作成してみた。

img_2865IMG_2867IMG_2868IMG_2869IMG_2871IMG_2872IMG_2874IMG_2875IMG_2876IMG_2877IMG_2878IMG_2879IMG_2880IMG_2881IMG_2882IMG_2883IMG_2884IMG_2885IMG_2886IMG_2887IMG_2888IMG_2889IMG_2890IMG_2891IMG_2892IMG_2893IMG_2894IMG_2895IMG_2896IMG_2898IMG_2899IMG_2900IMG_2901IMG_2902IMG_2903IMG_2904IMG_2905IMG_2906IMG_2907IMG_2908IMG_2909IMG_2910IMG_2911IMG_2912IMG_2913IMG_2914IMG_2915IMG_2916IMG_2917IMG_2918IMG_2919IMG_2920IMG_2921IMG_2922IMG_2923

Deus Ex Machina Asakusa

千葉ツーリングのついで(?)に原宿から浅草に移転したDeus Ex Machinaさんへ。

千葉からでも首都高に乗るとあっという間で1時間もかからなかった。ただ、近くまで行ってどうやってお店まで行けばいいのか分からなくてその近くをグルグルしてたけど歩行者専用となってる道をエンジンを切って手押しで行けばいいだけのことだった。原森橋を渡って三ツ目通りからアプローチしたほうが近い。

原宿の時もオシャレでステキだったけど浅草さらに洗練された感じでより落ち着く。

DSC06845.jpgDSC06849DSC06850DSC06853DSC06856DSC06857DSC06859DSC06861DSC06863DSC06864DSC06868DSC06875DSC06877DSC06880DSC06889DSC06893DSC06899DSC06914

今ネオクラ界(?)では一番ホットなお店だからか偶然すらくすさんともお会いできた。そのままお店にずっといたら他の方にもお会いできたかもしれない。

そういえばサイズが合うTシャツがあったら買うつもりだったのにご飯食べてお腹いっぱいになったら満足してそのまま帰ってしまった(汗)。今度また行こう!