恒例の下田ツーリング、2日目

目が覚めたらまだ外は暗かった。水を飲んでも解消されない乾き、これは二日酔いだな。7時くらいまで起きられなくてゴロゴロ。しかし、下田まで来てこんな感じに時間を潰すのはもったいない。散歩に出かけよう。

DSC01649.jpg

ホテルを出たらバイク屋のように各種バイクがずらりと停まってあった。やっぱりこの季節、下田はツーリングに人気なんだね。

DSC01680.jpg

パイセンと私のバイクは一番贅沢な場所に空間もゆとりを持って駐車。これは早い者勝ち。

約1時間くらい下田の街をぶらりと歩いてきた。来る度に下田がますます魅力的に感じる。いつかは住んでみたい街でもある。

ホテルに戻って9時にはチェックアウト。

DSC01681.jpg

まずみんなでおにぎり屋「みち草」に向かった。

DSC01682

ここのおにぎりが美味しい。何にするか悩むね。そういうときは盛り合わせ的なおにぎり弁当だな。

DSC01686.jpg

最後まで悩む山本(仮)。

DSC01688.jpg

この日は天気が良すぎた。

DSC01693.jpg

いつもの「ひもの万宝」。去年までは「万宝商店」という看板が全部揃ってたのに今年は「店」の字がなくなってる!台風のせいなのかな?

DSC01703.jpg

いつもはおやじさんが焼いてくれるけど最近腱鞘炎でできなくなったらしく代わりにお兄さんが奥のほうで焼いてくれた。おやじさんのお喋りと一緒に目の前でやいてくれる姿を見ることができないのはすごく残念。

DSC01705.jpg

おにぎりとお茶をセッティングして魚が焼かれるのを待つ。この時間が一番楽しい。

DSC01711.jpgDSC01714.jpgDSC01730.jpgDSC01732.jpgDSC01738.jpg

この日頼んだのは太刀魚と金華サバ、カマス、メヒカリの4種。焼きたての魚はどれもホッカホカで脂が乗って美味しい。お兄さんが焼いてくれる魚もいつもの万宝の味で少し安心した。

また来年も行きます!

DSC01746.jpg

次の目的地はDHC赤沢温泉。ここももう定番化してるね。赤沢温泉から見える伊豆の海岸の風景が綺麗。やっぱりこの日の光は特別な綺麗さがあった。

DSC01751.jpgDSC01755.jpg

相模湾の海と伊豆の海岸線を目で楽しみながらインフィニティ露天風呂に浸かるのはかなり贅沢な経験。

十分温泉を楽しんだ後、山本(仮)夫婦と別れてバイク組は先に東京に向かう。道はかなり渋滞してたけどなんとか回避して順調に進んだ。

DSC01759.jpg

が、真鶴町の海にかかってる高架道路で渋滞にハマってしまった。道幅も狭いのですり抜けもできない。ただ、空も海も綺麗で風も気持ちいい。バイクの上から眺める相模湾は最高に綺麗だった。長くなる影から冬が近いのがわかる。

DSC01764.jpg

真鶴町を抜けるとその後は順調に進んで一気に海老名SAまで。土曜日の朝もそうだったけど日曜日の午後もツーリングから帰るバイクですごく混んでいた。

DSC01766.jpg

パイセンはこの後、海老名SAでKAWASAKI系のバイククラブのミーティングがあるそうだったので日もくれそうだしここで別れて家への道を急いだ。しかし、パイセン元気だね!

一泊二日の下田ツーリング、今年も変わらず楽しくて会いたかった方々も会えて嬉しかったし元気もいっぱいもらった。

恒例の下田ツーリング、1日目

いつからかこの時期になると自然と1泊2日の下田ツーリングが決まる。一昨年は3人、去年は4人、今年は5人とメンバーを入れ替えながら1年ことに一人ずつ増えてるね。今年の参加者はパイセンと山本(仮)夫婦、ニューカマーのKamachiさん。

バイクで行くのはパイセンと私、山本(仮)夫婦は車、Kamachiさんは特急「スーパービュー踊り子」号で。もはや下田での飲み会に参加するような感じだね。

とりあえずパイセンとは海老名SA下りで朝9時の待ち合わせ。8時くらいに家を出るつもりだったのに朝6時に目が覚めてしまった。もう少し寝ようとしてもなかなか眠れずそのまま起きて支度をして出発。のんびりゆっくり行くつもりだったが、バイクに跨るとテンションが上がってしまって思うようにならず、結局気持ちよく走ってしまう。

海老名SAに着いたのは8時。約束よりも1時間も早い。天気は曇りで気温も10℃を少し超えるくらいなのでバイクで走ると少し寒い。が、海老名SAはバイクでごった返し。まぁ1年中数少ない気持ちよくバイクに乗れる季節だもんな。

奥のほうまで行ってみてもガソリンスタンドまでバイクがぎっしり停まっていた。仕方ないので照明灯の周りのデッドスペースに無理やりバイクを停める。

時間もたっぷりあるし、とりあえず朝飯だ。海老名SA下りの工事はまだ続いていてご飯を食べれる選択地があまり多くない。いつものこめらく贅沢で鮭といくらの親子茶漬けを頼む。鮭もいくらも新鮮でわさびがいいアクセントになって美味しいけど少し量が多いんだよね。

ご飯の後は時間を持て余してSA内をぶらぶら。海老名SAの屋台スポットはいつも賑やかで祭りな感じが好き。

一人で遊んでたらようやくパイセンが到着して一緒に下田に向かってレッツゴー!

ターンパイクと伊豆スカイラインをつなぐ県道20号が通行止めなので国道135号へ。海岸沿いは所々渋滞してたけどバイクの特性を生かして難なく進む。しかし、Goproで動画も撮ったけど交通量が多くて天気も曇りだったせいであまり気持ちいい動画が撮れてないので割愛。

お昼はリサーチ済みの伊豆高原駅の近くにある「本家鮪屋」。人気店なのは知ってたので開店時間の11時半までに行こうと思ったが、着いたのは11時40分。すでに人集りができたので急いでバイクを停めて店内に行ったらギリセーフで待たずに案内された。私たち以降は並んだのですごくラッキー!

私が頼んだのは「鮪炙づくし丼定食」。中トロいくら丼にしようか迷ったけど折角の「鮪屋」なのでマグロ尽くしに決定!鮪屋というだけあってさすがのお味。脂が半端なくて口に入れると溶けてしまうレベル。

パイセンは定番の「鮪屋定食」。マグロをしゃぶしゃぶして食べるのが印象深い。刺し身も美味しそう。わんぱくなパイセンは大盛りにおかわりまで!ワイルドすぎる(笑)。

ちなみに「金目鯛あら煮」が安かったので一緒に頼んだ。さすが伊豆の食事処、抜かりないね。

もし本家鮪屋へ行かれる方がいたら開店時間の11時半に合わせて行ったほうがいい。あっという間に行列ができてしまってお店を出るころには店の外まで行列ができてた。

バイクもお腹が空いたらしいのでガソリンを入れてから出発。パイセンのKAWASAKI KZ650は40才近いバイク(超えてる?)なのでガソリンをよく食うわんぱくバイクなんだ。パイセンと同じく。

パイセンはスマホのナビを付けない派なので他のところでは私のほうが先頭するけどこの伊豆辺りだと敵なしお庭のようなものなのでいつも先陣を切ってくれる。後ろから付いていって映画「イージーライダー」を思い出す。汚いおっさん二人がバイクに跨りグネグネ海岸沿いを走っていくのも楽しいもんだ。

次の目的地は千人風呂で有名な金谷旅館。このレトロな佇まいがたまらない。

中の設備も古いものと新しいものが共存していて味わい深い。特に窓の木枠が好き。ガラスも年代物が混じっていてそのさり気なさがいいね。

お風呂は千人風呂というだけあって大きくて広々してるけど千人は無理だな。せいぜい百人くらいかな。でも快適でいい風呂だし、いいお湯。長時間のライディングの疲れも取れてすっきりした。これからの飲み会に備えての体力作りはバッチリ!

この旅館の休憩所もまた味があっていい。何気なく花瓶が置かれていてよく道端で見る野花が刺さってあるけどそれがまたいい。木枠の窓から入ってくる光もどこか柔らかくて癒やされる。昼寝でもしてから行きたいところだが、折角の下田、早く飲みたい(笑)。

ホテルの前にいつものQUALITY & TASTY FOODSのスーパーAOKIに寄って買い物。まといの予約は7時半でまだ3時過ぎなので4時間を凌げるくらいのお酒とつまみを買うつもりだったが…

ちょっと買いすぎちゃったらしい。いつも静岡に行くと単純なのでだいたい静岡麦酒を頼むけど初めてちゃんと表記を読んでみたらなんと東京で製造されたものだった!今年一番のショック。地元の酒蔵、富士高砂酒造の日本酒を買ってきたけどこれも山口産山田錦100%のやつ(汗)。まぁ、美味しいからいいか。

パイセンと部屋で飲んで少し休んでたらこの日の勇者たちが全員集まって夜の下田の街を歩いてまといへ。去年も同じようなことを言っていたようだが、初めて参加するKamachiさんに浅い街案内をする。ここが下田のメインストリートね。

またまといのおやじさんに会えて嬉しい。変わらず元気そうで何より!この日は5人ということで個室へ案内された。おやじさんとも話ながら飲みたかったのに残念。

料理もお酒も美味しくて話も弾む下田の夜。やっぱり楽しい。

〆のラーメンは残念なことにいつものさきちさんが店を畳んでしまったのでパイセンが新しく開拓した「下田中華南京亭」へ。下田で夜遅くまでやってるラーメン屋はこの店しかないらしい。パイセンは以前行ったときに「自分より柄の悪いやつがいっぱいいた!」というがよくも人のことが言えるね。

紹興酒に土用干し(?)の梅干しを入れる独特な飲み方。この飲み方も気になるけどあのかわいい狸の徳利も気になるね。梅干し、すっぱいものが苦手なので一杯で十分(汗)。

ホルモン焼きにレバニラ炒め、ラーメンに炒飯まで!ダイエットのことは忘れて体が欲しがるまま炭水化物を食ってしまった。実は後半は何を食べて何を飲んだのか…ホテルにどうやって帰ったのかも覚えてないまま下田の夜が終わってしまった。

みんなで楽しく飲んで美味しく食べたのも残ってるのは満足感だけ!やっぱり下田の夜は楽しいね。

冬の下田ツーリング:1日目

先週末はバイクパイセンと後輩の山本(仮)カップルの4人で下田へ行ってきた。前回の飲み会のときに急遽決まったもののやっぱりみんなで行くツーリングは楽しいね(山本カップルは車での参加なので下田現地集合)。

DSC08735

パイセンとは9時半に海老名SAでの待ち合わせの予定だったが、少し余裕を持って家を7時半に出たら珍しく東名が全く混んでなくて8時半に海老名SAに着いちゃった(汗)。

駐車場にDUCATIのカッコいいバイクがあったのでその隣に止めて記念写真を一枚。スポーツ1000なのかな?しびれる格好良さがあった。やっぱりクラシックっていいよね!

DSC08738

いつもの麺屋いろどり家で黒胡麻担々麺を頼んでペロリ。やっぱり朝食べるラーメンは格別だね。旨い!ラーメンの後はコーヒーを飲みながらのんびりしてたら9時にバイクパイセンが到着。早めに来てくれたんだ。

まず海老名SAのENEOSでガソリンを入れてから出発!とテンションが上がりっぱなしだったが、ガソリンを入れてくれてたスタッフさんが「後ろのタイヤ空気が少なそうですね。入れましょうか?」と聞いてくれてお礼を言って空気入れをお願いした。しかし、空気が入らない(空気圧が増えない?)らしくて少し前のほうに移動するように言われて動かしたら「あら、釘が刺さってますね」。なんと!見てみたらほんとに小さい釘が刺さっていた。釘が穴を塞いでいたのでいわゆるスローパンクチャーの状態だった。(ENEOSのスタッフさん、ありがとうございました。今度手土産でも持っていきます。)

幸いにまだ走れる状態だったのでパイセンと相談して近くにあったナップス伊勢原店まで行ってみることにした。さっきまではマックスハイテンションだったのにこの落ち込みっぷり…。

DSC08749

東名厚木ICから降りて渋滞してる246を走り抜けてナップス伊勢原店へ。ちょうど10時のオープン時間にお店に着いてすぐスタッフさんに相談したらチューブの在庫を調べてくれた。もし在庫がなかったら対応が難しいとのことだったので、最悪の場合はパイセンを先に下田に行ってもらって私はトライアンフ横浜港北へ行って修理してもらってから下田に行くことも想定してた。

途方に暮れてるとスタッフさんがチューブの在庫を見つけて持ってきてくれた!早速修理をお願いしたら終わるまで30分くらいかかるとのこと。お!そんなに早く対応してくれるってマジ神!

ナップス伊勢原さん、この度は本当にありがとうございました。助かりました!

DSC08764

ノンストップで下田まで行きたいところだが、十国峠レストハウスでトイレ休憩。

DSC08757-2

この日も富士山さんくっきり見えて素敵。スラトン夫婦は富士山方面にツーリングだったらしいけどここまで晴れて綺麗に富士山が見える日はそこまで多くないと思う。やっぱり日頃の行いだよね。

バイクも直ったし、天気もよく車の少ない伊豆スカイラインは素晴らしいそのもの。気持ちよく走れて大満悦!意外と冬の伊豆スカイラインがちょうどいいかもしれないね。楽しく走るには。

DSC08780.jpg

あっという間に伊豆スカイラインが終わってここからは静岡県道111号と国道135号を走って下田まで。お腹も空いて急ぎたかったが、国道135号で車が横転される大事故があったらしくて通行止めになってた。迂回路の旧道の山道に入ったけど道も狭く車も多かったのでなかなかの渋滞。

実はこの日はナツさんおすすめのEdwinWildfire防風デニム(1週間前に注文するときは6,000円くらいだったのに今は9,632円になってるね!)とスラトン夫婦おすすめのひだまり エベレストで万全の防寒対策で12月初日のツーリングに臨んだが、寒いところが汗をかいちゃって…途中からライディングジャケットのジッパーを半分下ろしてワイルドに山道を走る!

DSC08785

昼飯は磯辺さんでアジ丼を食べると決めてたので迷いはなかったけど着いたのが3時を過ぎてしまって腹ペコで死にそう。

DSC08782

さすがにこの時期、この時間だとお客さんが少なくて快適だった。アジ丼は変わらずすごく美味しい。アジフライなども頼みたかったが、7時にまといを予約してあるのでアジ丼だけで我慢!

DSC08787

ホテルはいつものホテルウラガ。すごく施設がいいとか飯がうまいとか…とっておきのものはないけど清潔で安くて使い勝手のいいホテル。

DSC08815

何よりビル内にバイクを止められるのが一番の長所かな。いたずらされる心配もなく雨でも安心。

チェックインしてから近所のスーパーで買ってきた缶ビールでとりあえず乾杯!ここまでの一日は長かったけど楽しかった。これからまた夜の後半戦。山本カップルも下田デートから戻ってきたのでいよいよまといへ。

DSC08798

あの少し降ろされたシャッターとフレームさえなかったら風情ある割烹料理屋に見えなくもないけど、まぁそういうのも含めてまといの魅力かな。

DSC08809

他のお客さんもいたので親父さんとはあまりおしゃべりできなかったけど親父さんと女将さんは変わらず元気そうで何より。

DSC08802

サザエの刺し身盛り合わせと

DSC08805

金目鯛の煮物に

DSC08810

海老と野菜の天ぷら、

DSC08808

サザエのつぼ焼きまで。どれも美味しくて酒を呼ぶつまみたち。ビールから日本酒に最後は焼酎まで。飲んだね。普通に全部記憶してると思ったけど次の日にみんなから送られた飲み会の写真や動画を見ると記憶にないものが結構あった…

DSC08812

〆はさきちのあんかけラーメン!もちろん強制的に4人揃っての注文。やっぱり旨いね。ダイエットのために汁は残そうと思ったけど手が止まらない。結局4人とも全部飲み干して大満悦。

色々アクシデントもあったけど天気に恵まれて楽しく走れたし、美味しいものもいっぱい食べて仲間とワイワイ飲んで最高の夜ですな。やっぱり下田はいい!