ネオクラシックキャンプ2019

去年に続いて今年もネオクラシックキャンプがハートランド朝霧で開催された。天気にも恵まれて今年入って最高の天気だった。しかし、前日の飲み会で飲みすぎてしまって9時過ぎにやっと出発ができた。渋滞は覚悟してたけど思ったよりは混んでなくて横浜町田ICを過ぎてからは快適に流れた。

DSC04418

海老名SAは天気のせいもあってたくさんのバイクで混んでいた。二輪駐車場はほぼ空きがない状態。とにかくこの日はどこへ行ってもバイクが多かった。久しぶりのツーリング日和だったからね。

DSC04421

二日酔いはなかったけど汁があるものを食べたくて麺屋いろどり家で本辛 白胡麻担々麺を頼んだけど…

DSC04424

辛すぎて食べ切れなかった。前も同じことがあったのを思い出した。ちゃんと学習しないとね…

DSC04425

天気よくて桜もまだ落ちず満開!桜木の下をバイクで走るのもなかなか気持ちいい。

DSC04429

どうしても道志みちに行きたかったので少し遠回りして寄っていく。久しぶりの道志みちは相変わらず走って気持ちよくて行き来するライダーの皆さんも上機嫌でヤエーのオンパレード!まだ通行止めの区間が残ってるけどそこももうすぐ開通できそう。

道志みちもたくさんのバイクでいっぱい!形やモデルは違ってもこの春の道を楽しむ心は一緒かな。

DSC04430

久しぶりに鮎の塩焼きでも食べようかと思ったけどちょうど昼時だったので飯をしっかり食べることにした。朝、担々麺も残したしね…

DSC04438

Twitterでどなたかやっさんが紹介してた「よっちぇ場 おばぁの台所」が気になってたので行ってみた。道の駅どうしからも近かったのでちょうどいい。

DSC04436

この店も結構混んでいてバイクと車で駐車場がいっぱい。唯一空いてた奥のスペースにバイクを止めてたらお店の方が出てきてスタンド用に木の板をくれたので安心してバイクを止めることができたし、その心配りに感動。

DSC04446

頼んだのはほっこり肉きざみうどん。出汁もきいていて肉とゴボウも美味しい。優しい味にほっこりする。

DSC04454

今回はマックスバリュ富士宮万野原店で買い出し。ふもとっぱらキャンプ場に行くときによく使うスーパーだけどこの日はスーパーもすごく混んでいた。地元の方とキャンプや行楽客でいっぱい。買ったのは刺し身類と水を入れて沸かすだけの簡単レシピのもつ煮込みの材料。というのもメインのお酒に日本酒を用意したのでやっぱり魚が合うので。

DSC04460

寄り道して色々遊びすぎてしまってハートランド朝霧に着いたのが4時過ぎ!急いで設営をして色々セッティングをする。

DSC04461

お隣は前回に続き2年連続参加のnametake30(ma)さん。今回もまた色々お世話になってしまった。

DSC04464

こちらはBonneville Spirit乗りのやっさん。赤いテントがいいアクセントになっていてSpiritの青いタンクとのコントラストがカッコいい!

DSC04466

こちらは前回から連続参加のカルマイさん。色合いが渋くてカッコいい。まさにネオクラシックな感じ。

DSC04467

こちらは日帰り参加のドニエプル乗りのうんち!!さん。ドニエプルはウクライナ生まれのバイクでウラルと同じくBMW R71型を源流に作ったらしい。生で見るのは初めてだったけど渋いね!いつかはこういうサイドカーが付いてるバイクにも乗ってみたいな。

DSC04476

天気がよくて富士山も映えるね!防風林が少し低かったら最高なのにね。またこの日もこんな感じで一夜限りのネオクラシック村ができあがった。バイクもテントもギアも人もそれぞれ個性があってバラバラだけど全体をゆるく一つにまとめるテーマがあるのがこのイベントの楽しみ。

DSC04479

やっぱり富士山はいつ見ても綺麗でカッコいい。こんなにキレイに見えてくるとテンションが上がるね。

DSC04485DSC04487

それぞれのバイクを見ながらゆるくコミュニケーションを取りながら楽しむのがネオクラシックキャンプの楽しみ方の一つ。

DSC04496

左隣には前回から参加のストイックなヘコミさん。買い出しからの帰りかな?実は海老名SAでヘコミさんのスクランブラーを見かけたけどタイミングが合わず挨拶はできなかった。

DSC04488

腹が減っては戦は出来ぬ…全体の乾杯の前に早速宴会をスタートさせていただいた。基本魚が中心というか酒の肴ですな。

DSC04484

今回のお酒は獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分と

DSC04483

nametake30(ma)さんのBallantine’s30年!普通のBallantine’sも持ってきてくれて飲み比べもさせてもらったけどやっぱり30年というのは伊達ではなかった!

DSC04506

早速カルマイさんもきてくれて談笑しながらつまみ食いを^^

DSC04510

yuzerさんご夫婦にも来ていただいて日本酒を振る舞う。W800にタンデムでキャンプの荷物まで積んできたらしい。すごい!

DSC04514

少し早め(?)にフライングスタートをさせていただいたけどいっちーさんの乾杯の挨拶から宴会が本格的にスタート!みんな来ているのか点呼をしたところ参加表明をした人数より一人多い!けど、まぁいいか(笑)。

DSC04528

ですよ。さんの初火起こしをみんなで暖かく見守ってやったり

DSC04495DSC04529

nametake30(ma)さんがマッシュルームアヒージョを作ってくれてみんなで美味しくいただく。私の辺は基本呑兵衛テーブルということでみんなで飲みまくる。

DSC04530

Beoplay P2を繋いで邪魔にならないくらいの音量でジャズを聞きながらウィスキーをいただく贅沢な時間。

DSC04531

また焚き火を楽しみながらもつ煮込みを作る。夕方になると気温が下がって焚き火がなかったら結構寒かったかもしれない。寒いときにはもつ煮込みが最高にうまい。

DSC04533

nametake30(ma)さんのエモさ溢れる灯油ランプが素敵。よくバイクにこういうタイプのランプが詰めるんだね。

DSC04536

あちこちから焚き火の煙が上がってくるとキャンプの素敵な空気感が漂う。日が暮れるこの時間帯が一番美しく感じる。

DSC04542

〆にカニの缶詰を載せたカニ風味の炊き込みメスティンご飯を作ったけど皆さんに配ろうと思って米の量を多めにしたらあまり出来がよくなかった。それでも皆さんが美味しそうに食べてくれたので嬉しかった。

最後残りを自分で食べたけどあまり美味しいといえるものではなかった。皆さんに悪いことしたな…

DSC04543

今回の新アイテムはKA2さんに教えてもらって他のところよりほぼ半額くらい安く購入できた「ストーンブリッジフォールディング キャンドルランタン」。ロウソクの柔らかい光が心地いい。

DSC04548DSC04556DSC04560

自分が作った料理やお酒を配ったり頂いたり集まるよりはそれぞれのスタイルで楽しんでまたゆるくつながっていく、まさにネオクラシックキャンプの宴会スタイルが心地よくて最高過ぎる。

DSC04473.jpg

夜はかなり冷え込んで寒かった。モンベル ダウンハガー800 #3にアルパイン ダウンハガー サーマルシーツを重ねて湯たんぽまで使ったのに夜中寒くて目が覚めてしまうくらい。ただ、日が登ってくると徐々に春の暖かさに。

DSC04566DSC04568

ハートランド朝霧名物の「日本一美しいソフトクリーム(自称)」をいただく。日本一かどうかは分からないけど普通に美味しい。

帰る前に皆さんの素敵なバイクの写真を撮っておいた。これだけのバイクが集まるのはなかなかない機会なので。

DSC04599

まずはカルマイさんのSR400。

DSC04571

ざたまんさんのBMW R60?(違ったらごめんなさい)

DSC04572

犬将軍さんのBMW R60。

DSC04573

コウヘイさんのCB1100。

DSC04574

小さなボスさんのTriumph Bonneville T100 black。

DSC04575

グッチ祐三さんのMotoguzzi V7 special。

DSC04576

ざっつさんのTriumph Bonneville T100。

DSC04578

watarukotaniさんのxsr900 カフェ。

DSC04579

たつみじさんMotoguzzi V7racer Record Limited Edition。

DSC04581

GKUさんのBMW R100RS。

DSC04584

すらくすさんのBMW R100RS。

DSC04585

СосенскийEidechseさんのBMW R100RS。

DSC04586

らうさんのTriumph Bonneville T100。

DSC04587

いっちーさんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04588

BlackbirdさんのTriumph Bonneville Bobber。

DSC04589

やっさんのTriumph Bonneville Spirit。

DSC04590

ですよ。さんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04592

@yuzerさんのKawasaki W800。

DSC04593

nametake30(ma)さんのKawasaki W650。

DSC04598

ストイックなヘコミさんのTriumph Street Scrambler。

DSC04600

山田さんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04610DSC04614DSC04624DSC04633DSC04650

解散の前にネオクラシックキャンプ専属カメラマンたつみじさんの指示に従ってバイクを移動させる。キャンプ場内をヘルメットなしで移動させるのも風を感じて気持ちいいね。みんな嬉しそう。

DSC04659

円形に並べて魚眼レンズでの記念撮影をしてから解散。

今回のネオクラシックキャンプも素敵だった。終わったばかりなのに既に来年のネオクラシックキャンプが楽しみで仕方ない。

主催のいっちーさん、お疲れ様でした。参加の皆さん、お会いできて嬉しかったし、お陰様ですごく楽しい時間を送ることができました。来年もまた会いましょう。

道志の森キャンプ場

先週は台風24号でバイク乗れなかったのに今週もまた台風25号!ただ、天気予報によるとギリギリ持ちそうだったので道志の森キャンプ場へのキャンプツーリングを強行した。今回の相棒novotelさんとは朝9時から9時半の間で鳥居原園地駐車場で待ち合わせ。

前日寝るのが早かったせいなのか夜中にもう朝だと思って目がパッと覚めたけど時計を見るとまだ2時くらいだった…よっぽど楽しみにしてたかもね。

もう一回寝て6時半くらいに起きてシャワー浴びて、7時には家を出る予定だったのが、新しいパニアケースのインストールに少し手こずって結局家を出たのが7時半過ぎ。

東名は東名川崎ICから横浜町田ICまで安定的な渋滞…三連休に事故などの影響もあり激混みだったけどそういうときこそ力を発揮するのがバイク!

DSC06789.jpg

今回初めてPack Animalの鞄を使ったが、カッコよさだけではなく機能性を追求してなるべき形を無駄なくデザインしてる気がしててとても気に入った。細部まで徹底的に拘って改良を重ねてる。Pack Animalさん、ほんとにいい仕事してますね。

DSC06790.jpg

いつもの海老名SAに入った途端、雨が結構な勢いで降り始めた。天気予報には曇りとなってたからそこまで長くは降らないと思ったが、時間がおしてたので少し焦った。

DSC06791.jpg

とりあえずnovotelさんに状況を報告してから軽めの朝ごはん。豚まん、美味しい。

DSC06798.jpg

ちょうど9時半に鳥居原園地駐車場に到着してnovotelさんと合流。結構待たしちゃって申し訳ない。

DSC06794.jpg

宮ヶ瀬ダムの付近は晴れてたらしいけど雲が増えてきた。天気が持つか持たないかギリギリだな。まぁ、最悪雨が降ってきても日曜日は晴れるらしいのでなんとかなるでしょうと成り行きでキャンプツーリングを楽しもう。

まず道志の森キャンプ場へ移動。道志みちはいつもの週末より空いてて車やバイクも少なくすごく快適だったし、晴れてきて最高と思ったら台風24号による土砂崩れで青根~青野原区間が通行止めだった。だから少なかったんだ。工事の関係者が迂回路を案内してくれたので県道76号で道志ダムを通って道志の森キャンプ場へ。

DSC06803.jpg

道志の森キャンプ場は三連休でもうあまりサイトが空いてない!また前日の雨のせいなのか場内の道が泥濘んでいて滑るのでちょっと怖い。サイトを探して坂を登っていたら奇跡的に川沿いに設営できるスペースを発見!たぶん車だったら厳しいスペースだったけどバイクだとちょうどいい感じに収まりそう。隣のサイトの方に了承を得てサイトを確保。

で、今回悪路で大活躍したのがMETZELER TOURANCE NEXTタイヤ!PIRELLI ANGEL GTより安定感が遥かに上な気がする!(もしかするとプラシーボ効果かもしれないが…)

DSC06802.jpg

サイトの隣をキレイな道志川が流れていてマイナスイオンに溢れてる感じ。爽快そのものだった。雨のせいなのか勢いは増してるけどいつものキレイな道志川だった。あ、自分の道志川が欲しい(笑)。

DSC06817.jpg

何故か私のスラクストンは都会よりは森の中で一番カッコいい気がする。ワイルドで素敵!

DSC06811.jpg

Pack Animalのパニアケースもよく似合うね。

DSC06821.jpg

こんな感じに小型テントが2棟、小型タープがすっぽり入る。ほんとに運が良かった!

DSC06826.jpg

設営が終わったら今日の日本酒を川で冷やす。獺祭 島耕作特別純米 まんさくの花 ひやおろし。いいね!

DSC06830.jpg

森と川、美しい自然の素敵すぎるキャンプ場。支笏湖の美笛キャンプ場も素敵だったけど道志の森キャンプ場もまた違う魅力があって最高!

DSC06848.jpg

設営を終えてまたバイクに乗って道志みちを走って小作山中湖店へ。晴れてきてこの道がまた楽しい!小作もいつものように混んでて7番目だったけど回転が早かったので10分くらいで中へ案内された。

DSC06857.jpgDSC06858.jpg

辛口カルビほうとうが美味しそうだったので頼んでみたらやっぱり美味しかった!単純に辛いだけではなくて深みもあって甘辛い。キムチチゲ鍋とほうとうの真ん中な感じかな。量も多くて食べ切ったらお腹いっぱい!

DSC06865.jpg

続いてオギノ山中湖で買い出し。メインのお酒が日本酒とウィスキーだったのでまず日本酒と合うおでん、鯵のたたき、鰹の刺身とウィスキーと合うステーキ用のヒレ肉、飲料水などを買ってキャンプ場に戻った。

DSC06867.jpg

早速新アイテムBang & Olufsen Beoplay P2を投入。90年代のロックベストヒッツを流す。Smells like teen spirit!

DSC06879.jpg

スーパーで買ってきた刺身をnovotelさんの木の皿に盛り付けたら、オシャレ!やっぱり木はいいね。さすがnovotelさん、分かってらっしゃる!乾杯はビールで。

DSC06889.jpg

で、早速日本酒へシフト。獺祭 島耕作、停電の被害を受けて旭酒造の思う獺祭としての品質基準には届かないと言ってたけど十分すぎるくらい旨い。さすがの獺祭。実は獺祭って磨き五割でも十分美味しいと思う。

DSC06894.jpg

飲んでテンションが上がってきたので試乗会(?)を開催!ライディングポジションを入念にチェック!ディーラー紹介しますよ(笑)。

DSC06898.jpg

続いてnovotelさんが持参してくれた特別純米 まんさくの花 ひやおろし。秋田のお酒で少し辛口で美味しい。やっぱり秋田、新潟、青森辺りの日本酒は旨い。

DSC06903.jpg

novotelさんの新しいピコグリルへの火入れを記念して名古屋味噌おでん!味噌を入れる前なのに十分濃い!結局八丁味噌は半分だけ入れた。

DSC06908.jpg

やっぱり日本酒とおでんはよく合う!美味しい。

DSC06913.jpgDSC06917.jpgDSC06922.jpg

続いて北海道産和牛ヒレ肉のステーキとウィスキー!ウィスキーは最近お気に入りのザ・バルヴェニー 15年 シェリーカスク シングルバレル。肉はミディアムレアな感じで柔らかくて甘みもあって美味しい。ウィスキーもシングルバレルということもあり濃い味だけどしつこくなく上品な旨さ。最高の組み合わせだね。

DSC06923.jpg

〆はnovotelさん特製のサンマご飯!

DSC06932.jpg

素敵な森と川の自然に囲まれ、飲んで食べてすごく贅沢なキャンプだった。

朝起きて川の水で顔を洗う。やっぱり道志川は最高!

DSC06934.jpg

道志川の水で淹れたnovotelさん特製のドリップコーヒー。これがまた贅沢な美味しさでキャンプの朝にピッタリな味だった。

DSC06946.jpg

来たときと同じようにキレイに片付けて帰りにつく。10月ではありえないくらいの暑さで大変だったけど雨よりはマシ。東名は空いてて快適だった。

ソロキャンプもいいけどこのように気の合う仲間とのキャンプも最高だね!novotelさん、お疲れ様でした。また行きましょう!

ネオクラシックキャンプ2018

Twitterでいっちーさんの呼びかけを見てすぐ参加を申し込んだ。まさにこういうキャンプがしたかった。TRICAMPもよかったけどもう少し狭めた会も面白そうだった。台風20号が少し心配だったけどうまい具合開催日の前に抜けてくれたし、後は楽しむだけ!

前日寝れないと思ったら11時は寝落ち…しかし、3時くらいに目が覚めてまた寝たり起きたり…それ以上寝れなくて5時半くらいに起きて支度して出発!

DSC05087

東名はいつもの週末と同じく横浜町田まで渋滞してたけどそれを過ぎたら空いてきたし、天気もよくて最高。いつものように海老名SAで休憩。

DSC05089

朝ごはんは冷やし汁無し坦々麺。美味しかったが、食器返すときにもっと美味しそうな期間限定新メニュー発見!…

DSC05096

時間的に結構余裕があったので道志みちに寄り道。道志みちはいつ走っても気持ちいい。道の駅どうしで一休み。台風のおかげで空も雲もキレイ。

DSC05101

道志川はまだ結構荒れてたけどこんな激流になってるのにもかかわらず水がキレイ。いつかは道志川沿いに住んでみたい。

DSC05108

マックスバリュ 富士河口湖店で買い出し。こんな大きいマックスバリュは初めて。ステーキ用の肉を2枚、玉ねぎ、にんにく、パスタソース(ペペロンチーノ)とお酒を少し購入した。

DSC05111

富士山がよく見えて電柱がないところがあったのでバイクを駐めて写真を撮ってみた。富士山はいつ見ても素敵で、人を引き寄せる魅力がある。

DSC05117

そんなに急がずゆっくりのんびり走ったつもりだったけど一番乗りでハートランド朝霧に到着。ハートランド朝霧は初めてだが、いい意味でゆるくて自由なキャンプ場だった。

DSC05122

キャンプ場の管理人さん?監督さん?と色々やり取りしてたらNyakkiさんが来てくれて一緒に相談しながら設営場所を決める。Nyakkiさんとは以前MOTO NAVIの取材のときにお会いして今回が二回目。インドのバイク専門の代理店(?)を経営してるのでロイヤルエンフィールドに興味ある方はNyakkiさんに連絡ください。

DSC05123

主催者のいっちーさん登場!主催なだけあってさすがのルックス!

DSC05130

続いてアハマックさんが到着。ロケットカウルもカッコいいし、走る姿もカッコいい!

DSC05133

とりあえず4人集まったので

DSC05137

もう飲んじゃいますか!乾杯!お酒の種類も全員バラバラだけどなんかまとまってる感じがするね。

DSC05143

ペーターさん。すごい旅慣れしてる感じがカッコいい!やっぱりW800も自分好みだな。

DSC05152

笑顔が素敵なりゅうすけさん。若さっていいな!まぶしい!

DSC05160

Nyakkiさんとインドのバイク。ロイヤルエンフィールド渋いな。いつかはロイヤルエンフィールドに乗ってマーシミク峠パンゴンツォ湖に行ってみたい。

DSC05170

めがねこさん。ゆるいIDを裏腹にスタイル抜群のイケメンだった!バイクとファッション、スタイル、全体がよくまとまっててさらにカッコいい。

DSC05171

お昼は各自適当に食べる感じで北海道セイコーマートで買ったパスタ麺がまだ残ってたのでペペロンチーノ。なんだかんだペペロンチーノ食べるのは北海道以来だね。

DSC05175

たつみじさん。石川県から!自分ももしスラクストン買わなかったらMOTOGUZZI V7を買ったと思う。カッコいい。

DSC05176

へこみさんのストリートスクランブラー。へこみさんはその裏で設営中。やっぱりスクランブラーはカーキーだよな。

DSC05179

whiskeyさん。また渋いBonneville!ハンドル低くないか?でもセパハンは低いほうがカッコいいな。スラクストン1200の純正ハンドルはセパハンだけど走りやすさを重視して中途半端な高さなんだよね。まぁその分、体に優しいけど…

DSC05185

駐めただけなのに絵になる!

DSC05191

RnineT scramblerのkprascalさん。うん、やっぱりスクランブラーいいな。タイヤが自分と同じMETZELER TOURANCE NEXTだったのを密かに喜んた。

DSC05193

設営中のwhiskeyさん。皆さんキャンプ慣れしていて設営にはそんなに時間がかからない。

DSC05199

バイク話に花が咲く。

DSC05200

りゅうすけさんは尾崎豊似!今度一緒にカラオケ行きたいね(笑)。

いっちーさんがみんなのネームカードを作ってくれた。色々お疲れ様でした&ありがとうございました!

DSC05210

matsuさんとざっつさん。この二方とは以前TRICAMPでお会いしてる!焚き火を囲んでギーターを演奏してるのを写真撮っただけだが…こうやって再会すると嬉しい。

DSC05217

ゆるく、楽しく、素敵な会。タイムスケジュールなどなくてみんなが好きなように好きなことをしてキャンプを楽しむだけ。最高に楽しい。

DSC05218

ハートランド朝霧の名物監督さん。すごく愉快で面白くてフレンドリーで素敵な方。搾りたての牛乳を朝晩で何リットル頂いたのか、また薪も500円で使い放題!色々ありがとうございました!

DSC05222

少し早いが、ハイボール始めます!この日はMACALLAN12年。山崎が手に入らないから最近はもっぱらMACALLANだね。

DSC05225DSC05226

うん。こうやって人のバイクを眺めながら酒を飲むのも悪くないね。

DSC05228

こうやって写真を撮るのを撮ったり。

DSC05229

楽しく語り合うkprascalさんとアハマックさん。

DSC05231

やっぱりイケメンは何をやっても絵になりますね!

DSC05233

綺麗な雲と青空を背景にkprascalさん。私にはない爽やかさだな。

DSC05234

適度に雲があってそこまで暑くもなくて野遊びには最高の天気だった。

DSC05240

nametake30(shima)さん。この飾らないミリタリー感が素敵。そのカバンの中にはなんとウィスキーが2本も入っていた!

DSC05249

whiskeyさんのホルン。直接演奏してくれたり、皆さん楽器ができる方が多くて羨ましかった。

DSC05250

すらくすさん到着。たぶんこの日集まったバイクの中である意味一番キャラが濃かったかも。世界に一台だけのすらくすさんオリジナルカスタム!

DSC05257

BMWのボクサーエンジンには惹かれるものがあるね。いつかは。

DSC05260

Nyakkiさん、いい飲みっぷりだっ!まるで風呂の後に牛乳を飲んでるようだ。

DSC05262

自慢のイワシの形をしたフォークでオイルサーディン(イワシ)を摘むアハマックさん。本当にジェントルマンという言葉がよく似合う!

DSC05265

この間の缶詰ストックを大放出!自慢のコレクションです。

DSC05270

薪は使い放題だけど自分たちで割る必要があったけどいっちーさんとwhiskeyさんがやってくれた!これが若さか…

DSC05279

ピザを作るアハマックさん!実はキャンプでピザを食べるのは初めてだった。さすがですな。

DSC05282

ピザカッターも個性的でカッコいい。バイク乗りのジャスト!

DSC05286

ピザの出来上がり!ほんとにピザができるのか半信半疑したけどこれは紛れもなくピザだな。すごく美味しかった。今度自分もやってみよう。

DSC05290

少し遅れてカルマイさん登場!北斗の拳を思い出すと絡んてみたもののこの日集まったメンバーの中で一番イカツイのは自分だったのような気がする…

DSC05291

今まで自分のキャンプ人生において最高の出来!この焼き加減はヤバイと思ったが、少し酔っててその手加減をあまり覚えてない…

DSC05293

アハマックさんはピザを焼いたり、いっちーさんは自作のカレーを作ってくれたり、食べ物には困らなかった。またkprascalさんは燻製チーズに初挑戦!皆さんバイクで来てるのにどこに積んだのか食べ物や飲み物には困らなかった。あ、めがねこさんが追加で酒の買い出しに行ってくれた。ありがとうございましたmm

DSC05297

ステーキを焼いた後に残った極上の油がもったいなくて急遽キムチを焼いて肉をどなたかに提供してもらって作ったキムチ肉炒め!美味しい。みんなと一緒に食べるからもっと美味しい。

GlSUaJij

Photo by たつみじさん。こうやってみるとやっぱりこの爽やかでジェントルな方々の中で一番イカツイのは自分だった…フライパン、もう少し大きいと思ったけどこう見ると結構小さいね…

DSC05298DSC05300DSC05301DSC05304DSC05310DSC05312DSC05315

こうやってゆるく宴会を楽しんでたらいつの間にか暗くなってきた。昼間からちょこちょこ飲んでたのでもう出来上がり。

DSC05318DSC05327

やっぱり音楽はロマンがあっていいなぁ。自分も何か一つ楽器が演奏できたらいいなと常々思うけど音痴でリズム感ゼロなのでなかなか厳しいと思う。

DSC05335

いつ寝たのかも分からない。気がついたらテントの中だった。結構飲んだと思うけど二日酔いはまったくない。やっぱり楽しく飲むと次の日も調子がいいね。この日は言葉通りに雲ひとつない!晴天でございました。

DSC05339

キャンプの朝はこんな感じでゆるく始まる。すべてにおいて自分のペースで。ヒッピーの文化に詳しくはないけどきっとそんなに違わないような気がする。

DSC05342

また朝から楽しくバイク話。メーカーは違うけど同じスクランブラー乗りとして共通する話題も多いよね。

DSC05344

りゅうすけさんはやっぱり尾崎豊だな。バイクは盗んでないよね?(笑)

DSC05346

男は背中で語る、ざっつさん。たぶん自分のバイクが一番カッコいいと思ってるんだろうな。みんなそうやって自分のバイクが一番カッコいいと思ってるよね。

DSC05349

雲ひとつなく日差しが半端なかったな。日陰がない…

DSC05354

青と緑、オレンジのコントラストがいいね。

DSC05356DSC05359DSC05362DSC05365

こうやって話すだけでも楽しいんだよね。

DSC05367

お蝶がめがねこさんの指に止まったままどこにも行かない。モテる男は違いますね。

DSC05373

ほぼ片付いてきたのかな。暑すぎてソフトクリームを買いに行く。

DSC05374

行ったらすらくすさんがいた!

DSC05378

ハートランド朝霧のソフトクリーム、こちらも搾りたての牛乳で作ってるから甘くて美味しい!

DSC05380DSC05381DSC05384

楽しい朝の時間。

ヘコミさんのストリートスクランブラーのマフラの音を聞かせてもらった。純正でも十分素敵。ただ、パンツが溶けるくらいの熱を我慢して乗るヘコミさんは漢ですな。キャンプの後は富士の林道に行かれるそうだ。

DSC05390

こうやって並べると壮観だね!テンションが上がる!

DSC05397

またメーカーことにまとめて並べる。今回一番多かったトライアンフの皆さん。やっぱり自分のバイクが一番カッコいいと。

DSC05402

やっぱりカッコいいね!

DSC05406

ノンヘルのアハマックさん。大体のバイク乗りってヘルメットかぶったほうが何割かカッコよくなるけどアハマックさんはノンヘルのほうがカッコいい素のイケメン!

DSC05407

団体写真のため、各バイクの配置を指導しにいくたつみじさん。さすがですね。経験からくるアイデアの豊さに脱帽。

DSC05409

素敵だね。こうやって皆さんと一緒にネオクラシックキャンプを思う存分楽しんで現地解散。

いや、ほんと面白かったし、楽しかった。また来年のネオクラシックキャンプが待ち遠しい。来年もこのくらいゆるい感じのほうがいいね。最高のキャンプでした!

2018北海道ツーリング11日目:登別地獄谷、チキウ岬、支笏湖

いよいよ帰る日を除いたら今回の北海道旅の最終日がきてしまった。旭川から少し距離はあるけど初日に行けなかった登別地獄谷とチキう岬へ行くことにした。宿は苫小牧近くの旅館やホテルを取ることも考えたが、やっぱりキャンプで締めたくて美笛キャンプ場に決めたけどこの判断が吉と出るか凶と出るか。

旭川のドーミーインホテルから朝6時半くらいに出発。高速道路で登別まで移動したけど周りの速度に合わせて走ってたら、なんかちょっとおかしいと思って速度メーターを見てたらかなりのスピードで走ってた。北海道の皆さん、結構走ってますね。

途中で少し札幌によったけどこれはこれは…もう大都会で走るのは大変。すぐ道央自動車道に逃げてまっすぐ登別まで行きたいところだったが、またもガソリンが危なかったので白老ICで降りてとりあえずガソリンを給油。

この道は北海道の上陸した初日に緊張しながら走った道だけどこうやってまた走ると感慨深い。

登別地獄谷へ行く道はちゃんと管理されていて走りやすい。新しい道路も多くて快適だった。

DSC04014DSC04019DSC04021

やっぱり登別地獄谷は観光客でいっぱいだった。あの硫黄の匂いを嗅いでると温泉卵が食べたくなるね。箱根大涌谷の黒たまごみたいなのが食べたい。

地元の人にチキウ岬よりトッカリショのほうがオススメという話を聞いたのでまずトッカリショのほうへ向かう。

DSC04027

人も少なくて快適。景色もキレイ。霧がない晴れてる岬はいつぶりだろう?遠くまで見えて気持ちいい。

DSC04026

昼は結構暑かった(たぶん25度くらい?)ので海にでも入りたかった。海もキレイ。

チキウ岬へ移動。距離はそんな離れてないのですぐ着いた。

DSC04035

やっぱりここには観光客でいっぱい。白い灯台がかわいいね。

DSC04036

地球にちなんだモニュメント。皆さんこの中に入って写真を撮って楽しんでた。

チキウ岬から降りていく道は南国を連想させる。まるで沖縄辺りの道にも見えちゃうね。オホーツク海沿いと比べるとここはもう南国だね。北海道って本当に大きいと改めて実感。

DSC04037

お昼を食べようと寄った味の大王室蘭本店。またも定休日…ちゃんと確認すればよかったもののもう曜日とか分からなくなっちゃってるので見ても分からなかったかも。

待ってても仕方ないので次に向かう。お昼は途中で見つかったら食べよう。とりあえず白鳥大橋を渡る。

国道453号。天気もよくて最高だったけどなんか見覚えがある!この道も初日に洞爺湖まで移動するときに走ってた。なんか懐かしい。

DSC04038

途中伊達辺りで和楽来(ワラク)という店を発見してここでお昼を取る。とりあえず見つけたら食べるしかないね。この次、店があるかどうか分からないしね。

DSC04041

頼んだのは奥洞爺和牛ランプステーキ丼!

DSC04042

肉も柔らかく脂が乗ってて美味しかったけどそのタレと下に敷かれてたキノコが美味しかった!この辺は和牛とキノコが特産品なのかな?

峠を乗り越えて美笛まで。走ってて楽しい道だった。天気もいいのでなおさら!

DSC04154

美笛キャンプ場の入口の案内板を発見して左折して入ると

ジャングルみたいな原始林の中のオフロードを走っていく。これ道間違ったんじゃないかなと心配になるくらい走って行くと開けたところが出てキャンプ場が出てきた!よかった。

DSC04058

センターハウスでチェックインを済ませてサイト内に入ると

DSC04045DSC04044DSC04043

すごく素敵な湖が目の前に広がってるのではないか!自分が北海道でイメージしてた絵に描いたような景色!もうテンションが上がりまくり。最後の最後まで北海道は驚きと感動を与えてくれる。もう素敵すぎて体が震えるくらいだった。

キャンプ場は観光客よりも地元の人々に愛されてる感じだった。バイクで来てたのは私を含めて2組のみ。

DSC04046

子どもたちが水遊びではしゃぐ声が幸せを感じさせる。

DSC04050

設営はいつもと同じ感じなんだけど景色が違うともっと格好良く見える。

DSC04053

湖沿いだけではなくて林のほうにもサイトがあってどこに設営しても大丈夫。こちらのほうにはRVカーでいらっしゃった方が多かった。

DSC04055

まずはサッポロクラシック。今日は飲もう!

DSC04059

富士山ではないけど松竹のタイトル・ロールみたいな感じだ。

DSC04062

水辺ということもあって虫が多かったけどそれほど気になるレベルではなかった。蚊がいるかもしれないので念のために。

DSC04066

ヨロッパからいらっしゃった家族だったけど子どもとパパの仲いい姿が羨ましくて一枚。家族に会いたいね。

DSC04068DSC04069DSC04074DSC04075DSC04078

キレイ過ぎて何もしないで景色を見てるだけで幸せ。

DSC04082

稚内で見た月は三日月だったけどもう結構大きくなってる。北海道に来てもう11日目だもんな。

DSC04084DSC04086DSC04095

美しい。私が一番好きな湖は支笏湖になりました!

DSC04102

この日の晩ごはんは

DSC04103

初日と同じくペペロンチーノ。これは簡単だし、失敗しようがない。美味しかった。

DSC04108

北海道での初めての焚き火。キレイな湖と焚き火、サッポロクラシックがあってもう文句のいうところがない。完璧だ。完璧すぎる。

DSC04118

夜中2時にくらいに目が覚めて外を見るとそこにはまた美しい湖と山、星空が広がってた。なんて素敵なんだ!

美笛キャンプ場は世界最高レベルも美しいキャンプ場だと思う。なんでもっと大きい声で言わないんだろう。北海道まできて知らないまま通り過ぎたらそれは本当にもったいない。

皆さんも機会があったらぜひ行ってみてください。オススメです!

2018北海道ツーリング8日目:再び霧多布岬、釧路市湿原展望台、百人浜オートキャンプ場

普段オフィスで仕事をしていると天気がそこまで関係することってあまりない。大雨でも、大雪でも、台風がきても、暑くても、寒くても…オフィス内は快適に仕事ができるようになってる。なので毎日そこまで天気を気にすることなく生活してきてた。駅から家まで歩くときに雨が降るかくらいを気にしてたね。

このようにバイクで北海道を回るような旅をしてると天気が人間に与える影響を精神と体の両方で実感する。北海道の大自然を前に人間って本当小さい存在なんだと改めて実感する。

DSC03594.jpg

北海道に来てから朝がもっと早くなってきた。4時くらいでも明るくなってきちゃうので体も自然にそれに反応して遅くても5時は起きちゃう。この日も朝一番風呂の贅沢を味わう。旅館くりもとの風呂も標津のホテル川畑と似たような構造をしてる。北海道ではこういうのが一般的かもね。

DSC03597

こちらが旅館くりもとの朝食。一つ一つ丁寧作ってとても美味しかった。全体のバランスもすごくいい。

DSC03598

和食の朝ご飯に牛乳が出るのは北海道ならではの。牛乳は標津のほうが美味しかった。

DSC03600

こちらもご飯は北海道産のゆめぴりか!ここ半年、体重を管理しながらご飯を一度もお変わりしたことがないのにこの日それを破ってしまった。ゆめぴりかが美味しすぎる。

先代から山形の農家と契約してコシヒカリを定期的に送ってもらってるけどそれをゆめぴりかに変えようか真剣に考えてる。

DSC03601

旅館くりもとのロビー。

DSC03603

基本キレイさを保ってるけど、実は旅館よりは飯がうまいビジネスホテルに近いかな。2階の客室フロアは全体的にカーペットが敷かれてるけどなんか廊下で変な匂いがするんだよね。部屋はそんなことないけど…匂いに敏感な方は避けたほうがいいかも。でも料理はすごく美味しくてコスパもかなり高いと思う。個人的にはかなり好きな宿だけどね。

霧が弱くなってきてたので昨日失敗した霧多布岬へ再チャレンジ!

DSC03609

お!今日はその姿を見せてくれるんだね。

DSC03614

やっぱり素敵だね。諦めてそのまま出発したら損するところだった。

DSC03615

キレイ。

DSC03616

なんかいいね。癒やされる。

DSC03617

徐々に霧がなくなってより鮮明に見えてきた。なんか霧多布岬が私に気を許してくれるような。嬉しい。

DSC03621

次の目的地の釧路湿原に向かって出発するも海の向こうの霧多布と小島の素敵な姿でまたバイクを止める。

DSC03623

後で調べたら小島というらしいが、本当に小島という名前が似合う島だった。素敵。

DSC03624

こちらは嶮暮帰島というらしいが、地図では分からない。横から見るとこんな可愛らしい姿をしてるのを。

DSC03639DSC03636

少し進んでまたバイクを止めざる得ない。なんて素敵なんだ。琵琶瀬展望台から見た霧多布湿原。

DSC03642

ほたてラーメン、食べてみたかったが、朝ごはんをしっかり食べすぎて今は食べれない。オホーツク海沿いを走るときに匂ったホタテを焼く香ばしい匂いを思い出す。

DSC03643

少し走ると何だこりゃ!もう素敵すぎるじゃないか!ああ。

DSC03644DSC03645

ちょうどいいところにパーキングエリアがあってバイクを止めて写真を撮ったが、このペースだと今日中にえりも町に着かないかもね(汗)

DSC03654

釧路市の手前、別保辺りのパーキングエリア。今朝飲もうと缶コーヒーを旅館の冷蔵庫に入れたのを思い出したけどもう遅い。コーヒーが飲みたかったところで自販機を見つけてバイクを止めた。またこのときに虫の残骸処理用のタオルがなくなったのも発覚。

北海道でこの一週間で多分何千匹くらいの虫を殺してきたかもしれない。本意ではないけど走ってると虫が勝手にぶつかってくる…そのときに役に立つのが濡れたタオル。この一週間苦楽を共にしたタオルをなくして心が痛む。

DSC03656

釧路市湿原展望台に到着。なんか自己主張が強い建物だと思ったら地元の有名建築家が設計したらしい。

DSC03658

展望台に登るのは有料だったが、展望台からはあまりよく見えない。湿原よりは釧路市のほうがよく見えたかも。

DSC03665

展望台から出て木道を歩いて森の中を進む。

DSC03666

吊橋を渡って

DSC03677

30分くらい歩くとサテライト展望台が出るか、この展望台が本物だった。地平線まで広がってる釧路湿原の全体姿を見ることができる!なんて大きさなんだ!日本よりはアフリカの草原のようだ。

えりも町に向かって走ってると徐々に晴れてきて

走ってて最高に気持ちいい。

伊豆スカイラインを思い出す高速ワインディングの山道も走ったりしてると

DSC03681

また、素敵な景色でバイクを止める。

DSC03684

北海道の空と雲はなんか特別な感じがする。この透明感はなんだろう。

晴れの日の国道336号は最高。

素敵な雲、空、こういう道を走れて幸せ。

ただ、人も店も何もない道がずっと続くのでガソリンは336号に入る前にちゃんと入れといたほうがいいかも。

えりも町に入ってからトンネルが結構あるのだが、トンネル内は濡れていてミストで充満してすごく寒かった。山手トンネルみたいに真夏日だとミストを発生する装置でもあるのか見て回ってもそのようなものは見当たらなくて…自然的に発生してるのかな?とにかく寒かった。トンネルから出るとメガネもシールドもGoproもみんな気温差で曇ってしまう。

DSC03689

今日は百人浜オートキャンプ場。土曜日なのでファミリーキャンプの人が多いかなと思いきや、ライダーさんのほうが全然多かった。バイクでフリーサイトだと一泊310円!本当それで運営ができるのか?心配になる。310円でも必要なものは全部揃えていて何一つ不便なことはなかった。

DSC03691

今日の寝床。芝生がきもちいい。

DSC03693

静岡からR1200GSでいらっしゃったぽんさんと横浜からいらっしゃったW650乗りの方。

DSC03696

買い出しにキャンプ場から15Kmくらい離れたえりも町まで行ったが、目当てのスーパーが潰れてた…仕方ないのでセイコーマートで買い出し。北海道に着いて間もないときは記念にとセイコーマートへ行ったが、今はセイコーマートがないと困るね。

DSC03698

洗濯物が溜まってたのでコインランドリーで洗濯。乾燥機から出した直後のこの暖かさが気持ちいい。

DSC03700

サッポロクラシックを飲みながら晩ごはんの支度をする。

DSC03697

このセイコーマートの塩漬けきゅうりがお気に入り。行くと必ず買う。

DSC03703

ご飯を炊いて

DSC03711

セイコーマートで買ってきたラム肉とカット野菜でジンギスカンを作って

DSC03715

ご飯に載せて食べると最高にうまい!実はまたもご飯が水気が多くて若干失敗気味だったけどジンギスカンの旨さがそれをカバーしてくれてる。

ご飯と酒を飲みながらぽんさんと話し込む。ぽんさんも今回が初めての北海道でなんと今日着いたらしい!小樽から洞爺湖に寄ってえりも町まで!さすがR1200GS。バイク話に盛り上がったり、明日からのコースを一緒に考えたり、オススメしたり、すごく楽しかった。こういう仲間たちが一緒にいると酒も進むね。

やっぱり北海道は楽しい!