鮨 すが弥

麻布の赤羽橋駅のすぐ近くにある「鮨 すが弥」。菅谷大将は鮨あらい出身。高級鮨屋らしい品のある店内はインテリアデザイナーさとうこうじさんの設計だそう。

赤酢が効いた硬めのシャリが印象的。ネタもシャリに負けないような大きさ、味の濃さなど調整されていて非常にバランスがよくて食べごたえがある。鮨屋なので握りを楽しんでほしいということでつまみは4〜5品くらいの少なめで後は全部握り。繊細で几帳面な菅谷大将の拘りが全ての所から現れていて、それはもはやアート。

DSC06413.jpgIMG_2632IMG_2633IMG_2634IMG_2636IMG_2638IMG_2637IMG_2640IMG_2641IMG_2642IMG_2643IMG_2644IMG_2645IMG_2646IMG_2651IMG_2652IMG_2653IMG_2654IMG_2655IMG_2656IMG_2658IMG_2659IMG_2660IMG_2661IMG_2662IMG_2664IMG_2665IMG_2666IMG_2667IMG_2669IMG_2670IMG_2672IMG_2675IMG_2676IMG_2677IMG_2679IMG_2680IMG_2681

IMG_2684IMG_2686

IMG_2687IMG_2688

IMG_2689IMG_2690IMG_2691IMG_2693

鮨 はしもと

新富町駅から徒歩5分距離にある「鮨 はしもと」。8席を6席に減らして営業中。あの名店「すぎた」出身の橋本大将が切り盛りしてる。大将や女将、弟子の皆さんも物腰が柔らかく居心地がいい。

一品一品そのクオリティーが非常に高くて手間を惜しまない丁寧さがある。

酢飯には赤酢がかかってるけどそれほど味や酸味が強くなくネタとよく馴染む。どのネタもクオリティが高くてバランスがよく美味しい。

IMG_2534IMG_2535IMG_2536IMG_2537IMG_2538IMG_2539IMG_2540IMG_2542IMG_2543IMG_2544IMG_2545IMG_2546IMG_2547IMG_2548IMG_2549IMG_2550IMG_2551IMG_2552IMG_2553IMG_2554IMG_2555IMG_2556IMG_2557IMG_2558IMG_2559IMG_2560IMG_2561IMG_2562IMG_2563IMG_2564IMG_2565IMG_2566IMG_2567IMG_2568IMG_2569IMG_2570IMG_2571IMG_2572

鮨 なんば 日比谷

今日本で一番熱い鮨屋の一つ、鮨 なんば 日比谷。難波大将の鮨アーティストとしての哲学に基づいた徹底した温度管理は人を驚かさせる。

ちょうどいい硬さの赤酢が効いたシャリ、握りはエアサスと言っていいくらいの柔らかさで握って皿に鮨を置くと沈んでいくのが目に見えるくらい。ネタとシャリのバランスの良さは言わずともわかる。つまみも握りも究極まで突き進めた感じで感動すら覚えてしまう。

この時は2回目の訪問だったが、ずっと通いたい。ずっと難波大将の鮨が食べたい。

IMG_1745IMG_1747IMG_1748IMG_1750IMG_1752IMG_1753IMG_1755IMG_1756IMG_1758IMG_1760IMG_1760_1IMG_1761IMG_1763IMG_1765IMG_1766IMG_1767IMG_1768IMG_1769IMG_1770IMG_1771IMG_1772IMG_1774IMG_1775IMG_1776IMG_1779IMG_1780IMG_1781IMG_1783IMG_1784IMG_1785IMG_1786IMG_1787IMG_1789IMG_1791IMG_1793IMG_1794IMG_1795IMG_1796IMG_1797IMG_1799IMG_1800IMG_1802IMG_1804IMG_1806IMG_1808IMG_1810IMG_1811IMG_1812IMG_1813IMG_1814IMG_1816IMG_1817IMG_1819IMG_1820IMG_1821IMG_1822IMG_1823IMG_1825IMG_1826IMG_1827IMG_1829IMG_1831IMG_1832IMG_1833IMG_1834IMG_1835IMG_1836IMG_1838

白烏賊 36℃ / 19℃
鳥貝 36℃ / 16℃
平目 36℃ / 20℃
黒むつ 38℃ / 22℃
鰹 37℃ / 21℃
真梶木 36℃ / 19℃
北寄貝 36℃ / 15℃
春子 38℃ / 21℃
間八 38℃ / 22℃
鯖 37℃ / 20℃
雲丹 37℃ / 20℃
赤身 37℃ / 21℃
トロ 40℃ / 24℃
小鰭 37℃ / 20℃
虎河豚白子

富所

昨日は一ヶ月前から予約してある「富所」さんに行ってきた。最近インスタグラムでホットなお店で人気急上昇中らしいのでミーハーな気持ちでとりあえず予約を入れてみた。1ヶ月前でもギリギリで予約が取れたので最近の鮨ブームはすごいね。

DSC01390

お店は御成門駅から徒歩5、6分くらいの距離にあるけど隠れ家過ぎてなかなか探せない。またのれんもないので感覚で探すしかない(笑)。モダンなコンクリート打ちっぱなしのビルの1階にそれこそクールな佇まいの玄関が期待を膨らませる。

DSC01401

大将の佐藤さんは西麻布の「鮨 真」さんで修行を積んで今年に入って自分の店を構えるようになったらしい。まだ若いのにすごい。

食材もそうだしお酒も北海道ゆかりのものが多くて話を聞いてみたらなんと佐藤さんは北海道の帯広出身らしい!先週まで北海道にいた話と帯広の豚丼支笏湖で食べたチップ(ヒメマス)揚げの話に盛り上がった。佐藤さんは帯広出身でありながらぱんちょうさんには行ったことないらしい。やっぱり地元になるとそうなっちゃうよね。

この日のネタに珍しく支笏湖のヒメマスもあってたのでより嬉しかった。もちろん他のネタも一つ一つ丁寧に調理して何一つ美味しくないものはなかったが、このヒメマスは思い出と一緒に特別な美味しさだった。

富所さん、また行きたい鮨屋だった。

DSC01397DSC01399DSC01402DSC01403DSC01404DSC01408DSC01411DSC01412DSC01414DSC01415DSC01416DSC01417DSC01418DSC01419DSC01420DSC01422DSC01423DSC01425DSC01426DSC01427DSC01428DSC01429DSC01431DSC01432DSC01435DSC01436DSC01437DSC01438

鮨 あい澤

先日は「鮨 あい澤」さんを貸し切ってイベントを行ってきた。どこで開催しようか迷ったけどやっぱり一番信頼できてある程度融通も効く鮨 あい澤さんがよさそうだったのでお願いしたら快く引き受けてくれた。

さすがの腕前でつまみから握り、お酒まで参加された皆さんがすごく喜んで満足してくれてイベントは大成功。この日はいつもよりも特に美味しかったので相澤さんに聞いてみたら同じタイミングで全体のコースがスタートするとシャリの温度や状況をコントロールしやすく料理のクオリティにムラが生じにくいと教えてくれた。

DSC09502DSC09508DSC09515DSC09519DSC09526DSC09530DSC09534DSC09535DSC09539DSC09544DSC09546DSC09549DSC09550DSC09552DSC09553DSC09555DSC09557DSC09563DSC09565DSC09567DSC09569DSC09578DSC09583DSC09591DSC09592DSC09599