2021北海道ツーリング9日目:羊蹄山

いよいよこの旅の最終日。今日北海道を離れると思うと朝から変な気分だ。最後の最後までしっかり楽しまないとね。

まずは朝ごはんから。

夜の「アンワインドホテル&バー小樽」のレストランも素敵だったが、朝はそれとは違う魅力がある。大きい窓からの優しい光が気持ちよくて落ち着く。高い天井と太い柱、アーチ型のステンドグラス窓は1920年代のアール・デコの影響かな?素敵で気持ちいい空間。

朝ごはんは洋食でアフタヌーンティーの形でおかわりも自由だったが、写真があまりうまく撮れてないのでコーヒーの写真に差し替える。この空間によく合う朝食だった。

本当に素敵なホテルでまた泊まって次こそバーでウィスキーやワインを飲んでみたい。

チェックアウトを済ませて、まず毛無峠へ向かった。

毛無峠は小樽市内から目と鼻の先で峠まで連続してるヘアピンを走っていると地元のライダーに愛されているスポットなのがよく分かる。ここからの夜景も綺麗らしい。

毛無から増毛を望む。薄毛の方にはすごく縁起がいいとか。実は、毛無はアイヌ語の「ケナシ(山林)」から、増毛は「マシュケ(かもめの多い所)」から由来してるらしい。今日は晴天で増毛を綺麗に望めたのでいい薄毛対策になったかもしれない。

ケツが決まっているのであまり遠出はできない。小樽から羊蹄山を綺麗に眺められる「望羊の丘」が距離的にちょうど良さそうだったのでとりあえず望羊の丘へ向かったが、この国道393号が衝撃的にいい道だった。ツーリングが楽しい道、北海道ベスト3内に入るくらい(自分調べ)。直線、ヘアピン、ワインディング、高速ワインディングを美しい自然の中で楽しめる!

こんな素敵な道にすぐアクセスできる小樽のライダーたちが羨ましい。

望羊の丘までは1時間ちょっとで、国道276号から約4kmくらい農道を走るが、道幅は狭くてもちゃんと舗装されているのでゆっくり走れば問題ない。ただ、一部ナビが間違ったルートを案内する場合があるので事前にちゃんと確認しておいたほうがいい。ちなみにグーグル先生は正しいルートを教えてくれた。

望羊の丘から眺める羊蹄山は絶景そのもので、またススキが秋の色を演出してくれた。

実は京極町にはたくさんの羊蹄山のビューポイントがあってその中でこのひまわり畑からの眺めが一番気に入った。地図には何の表記もないところだが、普通にこういう絶景が広がっているのも北海道の魅力の一つ。

ひまわり畑のすぐ隣にあるペーペナイ川からの眺めも素敵で右側の民家だけなかったら原始時代の火山のような雰囲気がある。ギャートルズにでも出て来そう。

羊蹄山を思う存分満喫した後は来た道をそのまま戻って小樽へ。やっぱりこの国道393号は楽しい。ちなみに国道393号は別名「メープル街道393」と呼ばれていて10月には道沿いに並んでいるたくさんの楓が黄金色に染まるらしい。

お昼は小樽駅の隣にある三角市場で食べることにした。小樽駅前に無料でバイクを停められる駐車場があったのでそこにバイクを停めて三角市場へ。

市場は北海道の海鮮物を中心に扱ってるお店がずらりと並んでいてたくさんの人で賑わっていた。ちょっと歩きづらいくらい。でも久しぶりに活気着いている風景を見るとなんだか嬉しい。あ、早くお店に入らないと並びそう!

ギリギリ並ばずに入れた。カウンターに一席だけ残っていたのでもし二人だったら並んだかもしれない。北海道での最後の食事はやっぱりウニ・イクラ丼!美味しいのは美味しかったが、稚内や礼文島、知床で食べたウニ・イクラに比べると味が落ちる。観光地なので仕方ない。

ご飯の後はティータイムを持ちたくて調べてみたら、「北一ホール」というお店が素敵で良さそう。

早速行ってみると北一硝子の三号館という位置づけだった。お店に入る通路が石造りの空間を石油ランプが照らしていてまるで大正時代にタイムスリップでもしたかのよう。

昔の倉庫を改造した天井が高くて167個の石油ランプが優しく照らしてるその空間は幻想的で独特な雰囲気がある。またこの空間に似合うクラシック音楽が落ち着きを齎してくれる。14時からグランドピアノの生演奏も楽しめるらしいが、行った時間が早かったので聞くことはできなかった。残念。

ソフトクリームとロイヤルミルクティーをいただく。この中では時間が優雅に流れる。

少し早かったが、あまりやることもなかったのでとりあえずフェリーターミナルへ。14時くらいだったのにもう結構待っている人が多かった。みんな充実した表情をしている。たぶん自分のそのように映っていると思う。

14時半くらいになると車とバイクの乗船のアナウンスが流れたのでバイクに戻るとワイルドに仕上がっているスラクストンがあった。素敵すぎてまた惚れ直す。もはやカフェレーサーよりはアドベンチャー・ツアラーのような風貌。

トラックの後にすぐ乗船ができたのですぐ風呂に入ってからデッキで小樽港を眺めながら北海道最後のサッポロクラシックを楽しむ。もうこの旅が終わることに少し寂しい気持ちはあるけどそれ以上に楽しい旅の想い出がたくさんある。

いよいよ船が出港して北海道を離れていく。最後の最後まで綺麗な夕焼けで見送ってくれた北海道にもう一度感謝の気持ちを送る。ありがとう!また来るからね!

船での晩ごはんは刺身定食と

八海山大吟醸。行く時も飲んだけど美味しかったのでついついリピート。やっぱり刺身と日本酒はよく合う。

一杯飲んだからか結構早い時間に寝てしまって起きたのは5時前。ぐっすり寢れたので体はすっきり。

予定時刻通りに船は新潟港に着いた。バイクの下船は最後だったのでみんなが降りるのを待ってやっとバイクの元へ。

これで2021年の北海道旅が幕を下ろした。本当に幸せな時間だったのでその余韻は長くて、まるで魂は北海道に残って体だけが戻ったような感覚が続いた。知れば知るほどますます北海道のことが好きになる。

来年も北海道に行けますように。

2019北海道ツーリング1日目:神威岬、神仙沼、ニセコパノラマ、羊蹄山

前日寝るのが早かったせいで1時半くらいに目が覚めてしまった。寝ようとしてもなかなか眠れず、時差ボケな感じ。寝てるのか、起きてるのか、夢を見てるのか、分からない状態でぱっと時計を見たら4時!しっかり寝れた感じはしないけど全く寝れないよりはマシだね。

DSC00130.jpg

4時だとまだ暗くて雨が降って風も冷たく雲も重そう。

DSC00133.jpg

もうすぐ小樽港。雨も止んで雲の間に空も見えてきた。なんとか持ち直してほしい。小樽港には予定より1時間遅い朝5時半くらいに着いたけどバイクは一番最後だったのでしばらく部屋で待機。

DSC00142.jpg

さらに30分を待つとやっとバイクの下船のアナウンスが流れた。バイクの数も多かったので降りるだけでも時間がかかる。路面は濡れてるけど雨が降らないだけでマシだ。

DSC00145.jpg

最初の目的地は小樽運河。この時間帯だと観光客がいないので快適。この撮影ポイントに行くとバイクの先客がいて、またその方の撮影が終わるのを待ってる方がもう一人!順番を待ってバイクを橋に止めてバイクも入れて写真を撮ってみたけどあまりいいアングルで撮れない。諦めて運河だけを写真に残した。

次の目的地は積丹の「食事処 鱗晃」で、同じ方向に向かうアドベンチャーツアラーのグループとマスツー状態に。実は私の後ろにはハーレーのグループが付いてきてた(笑)。こういうマスツーも北海道の道に慣れるのにちょうどいいかもね。皆さんは神威岬へ向かってるようだ。

DSC00176.jpg

途中マスツーの皆さんと別れて目的地の「食事処 鱗晃」に到着。ここは事前に神威岬近くに朝早くからやってる食堂を探してたら見つかった。朝7時から営業してるのでちょうどいい。

DSC00164.jpg

馬糞ウニと紫ウニの2色丼が食べたかったけどこの日は海がしけてウニの入荷が少ないらしく紫ウニの白ウニ丼のみでそれも並に限定されてた。残念。

DSC00166.jpg

でもこの白ウニ丼もすごく美味しくて食べごたえがあった。クリーミーで甘くて美味しい。やっぱりウニは産地で食べるのが一番美味しい!

DSC00168.jpg

お店の近くに島武意海岸展望台があったので折角なので行ってみた。このトンネルを抜けると島武意海岸展望台だけど天井が低くて頭ぶつかるのではないか心配になるくらい。

DSC00173.jpg

島武意海岸、素敵だったけどやっぱり晴れたほうが積丹ブルーが鮮明に出てより美しくなりそう。

ウニ丼も島武意海岸も楽しんだので次の目的地の神威岬へ!偶然とアドベンチャー乗りのお兄さんと一緒に神威岬へ向かった。この道をバイクで走ってる人はほぼ神威岬に向かってると思う。神威岬の駐車場に着いたら朝一緒に走ったアドベンチャーツアラーグループの皆さんにも再会したしね。

DSC00182.jpg

神威岬、去年は大雨で諦めたので今年は何があっても見てみたかった。

実はこの門までも結構登る必要があってこの時点でもう息が上がって汗がビショビショ。とりあえずここにライダースジャケットを脱いでベンチにかけといた。厚くて重いから仕方ない…

DSC00189.jpg

思ったより歩くね。また道がアップダウンが激しく結構険しいので天気が悪いと危なくて行けない。天気がなんとか保ってくれたことに感謝。

DSC00194.jpg

神威岬のこの灯台、昔は常駐する職員たちがいて大正元年(1912年)10月の天皇誕生日にお祝いの章句品を買い出しに行った灯台長婦人と三歳の次男、補助員の奥さんの3人が大波に飲み込まれて行方不明になったらしい。村人たちはそれに心を痛めてみんなで協力してトンネルを作ったらしい。当時の灯台の職員たちと村人のことを思うと気が重い。

今は灯台までの道もある程度整備されてるし、無人化されてるので昔のようなことはないだろうけど今もその昔のようにみんなのために黙々と働いてる方々によってこの社会が維持されてると思う。

DSC00196.jpg

積丹ブルーを見れなかったのが少し残念だけどここまで来れただけでもラッキーだったと思う。来年は積丹ブルーが見れるかな(笑)。

DSC00197.jpg

一番先のほうにみんなが賽銭(?)をしてたのでそれに便乗して来年また北海道に行けるようにと祈ってきた。

DSC00202.jpg

来た道をまた戻るのだけど逆方向から見ると道の険しさがよく分かる。これはちょっとした登山だね。

神威岬の後はニセコパノラマライン、去年は土砂降りというか集中豪雨の中を走ってよく分からなかったけどこれは走ってて楽しい道!カーブも伊豆スカイラインのように大きめである程度スピードとワインディングを一緒に楽しめてまた白樺や北海道らしい植物や景色も堪能できる。

DSC00211.jpg

途中神仙沼に寄った。こういう自然の中を木道で歩いて行くけど

DSC00214.jpg

どんどん道が細くなって木々がジャングルのように絡んでくる!そもそも自然があってそこへ人間がお邪魔するのがよく分かる。

DSC00238.jpg

そういう木々の中を1Kmくらい歩いていくと急にこのように開けた場所が出てくる。神仙沼という名前がよく似合う感じで非現実的な雰囲気でほんとに神仙がいてもおかしくない感じ。

DSC00218.jpg

小さい池を過ぎてどんどん歩いて行くと

DSC00232.jpg

神仙沼が現れた。ちょうどいい大きさで水がキレイで鏡のように景色を移す。晴れてたら空を反射して青く光るんだろうな。

神仙沼を十分楽しんで来た道を戻って神仙沼レストハウスへ。

DSC00247.jpg

外観は工事をやっていて足場が設置されてたのが少し残念だったけど中は去年と同じで変わってなかった。

DSC00246.jpg

去年はあのヒーターを付けてくれて濡れた服を乾かせてくれた。その店長さんも相変わらずいらっしゃってほっとした。元気そうで何よりです。

DSC00252.jpg

コーヒーを飲みすぎたのでまっちゃラテを頼んだ。甘くて美味しい。

神仙沼レストハウスを出てニセコ方面に走っていくと、あっ!羊蹄山が出てきた!曇ってて見れないだろうと諦めてたところだったのでより嬉しい。頂上のほうには雲がかかってたけどありがたい!

DSC00258.jpg

途中適当なところでバイクを止めて羊蹄山と記念撮影。嬉しい。

次の目的地の白老に向かって出発!