金乃竹 塔ノ澤

今年の冬の家族旅行は箱根「金乃竹 塔ノ澤」。夏に予約したので時期や部屋などすべて希望通りの条件で取ることができた。金乃竹は塔之澤と仙石原の二箇所にあってその良さは前から聞いていたが、泊まるのは今回が初めてた。秋の北海道ツーリング以降はこの温泉旅行が一番の楽しみでもあった。

最近週末の高速道路の込み具合は知っていたので心の準備ができていたが、箱根湯本駅周辺の渋滞は予想を遥かに上回っていた。もうコロナ前の賑わいが戻りつつある。

箱根湯本駅を過ぎて国道1号線をそのまま約2kmくらい進むと右側に「金乃竹 塔ノ澤」の看板が見えてくる。周辺に他の施設がないので探しやすい。

旅館の敷地に入るには早川にかかってる橋を渡る必要がある。この橋がこの立地の利用を可能にしてくれているが、別世界へ渡っていくような演出にもなっているような気がする。

エントランスを入っていくと正面には石の壁にクリスマスのリースが飾られていて、左側にロビーにつながる巨大な自動ドアがあるが、それがドアなのかは動くまでは分からなかった。この演出もここが非日常的な空間ということを自覚させてくれる。

中へ入っていくとそこは3階ロビーであった。谷の地形をうまく利用して作られているのがよく分かる。チェックインはロビーでも部屋でも可能ということだったので部屋でのチェックインをお願いした。

今回泊まる部屋は4階クラブフロアの「空」という部屋。義母さんも含めて4人なので選択できる部屋が3つしかないのと久しぶりの家族旅行なので少し踏ん張ってクラブフロアを選んだ。

「空」は401号と405号の2つあって今回利用したのは405号室。ドアを開けて入っていくと玄関に花が飾られていて、そのセンスがいい。

こちらが寝室でハリウッドツインサイズ(幅240x長さ200cm)の巨大なベッドがあって後はBluetoothスピーカーがおいてあるだけ。贅沢な空間の使い方が素敵。

部屋の奥にはベランダでそこに露天風呂がある。

青森檜葉で作られた浴槽は少し小さめだが十分リラックスできる。

部屋の真ん中に洗面台がある珍しい作りでその洗面台が寝室とリビングを区切っている。区切られてはあるが、開放的で寝室とリビングが一つの空間に認識されるのでより広く感じる。

洗面台の上にはアメニティが人数分たっぷりおいてある。この旅館オリジナルのものらしいが、香りもよくて上品な感じがする。

洗面台の横にクロゼットのような空間があってその奥にシャワー室、またそこからベランダに出られて風呂に入れる。

リビングの奥は畳のスペースがあって和のテイストを演出している。素敵。

リビングは巨大なソファベッドと同じ形式のソファが一つ、テーブルが一つあるだけなので元々広い空間がより広く感じられる。部屋にテレビが置かれてないが、要請すれば設置してくれる。

冷蔵庫には飲料水とビールやワインなどお酒類が入っていてクラブフロアではこれがすべて無料。後、部屋へのお酒の持ち込みは無料だが、食事の時にダイニング(食堂)への持ち込みは3,500円と有料だった。

引き出しの中にはコーヒーカプセルやワイングラス、オプナーなどが用意されていてそのまとめ方が綺麗だった。こういう所から高級感が演出されると思う。

チェックインの手続きを済ませるとウェルカムドリンクとお菓子、おしぼりを持ってきてくれた。小さい皿やスプーン一つも品がいい。

まずは部屋の露天風呂に浸かりながら家から持っていったワインを楽しむ。これは贅沢そのもの。

部屋の風呂を楽しんだ後は1階にある大浴場へ。すべての部屋には露天風呂が付いているので大浴場には人がいなくてほぼ貸し切り。

晩ごはんの前に3階のロビーで少しくつろぐ。ロビーにはバーがあってウィスキーやワインなどがあって有名ワインもグラスで飲める。お値段は少し高い。

この日の晩酌は家から持ち込んだ最近のお気に入りのデュジャックのヴォーヌ・ロマネ オー・マルコンソール。後は日本酒を少々。

晩ごはんは会席料理でそのレベルがかなり高い。食材も箱根やその周辺の特産物をたくさん使っていてそれがまた嬉しい。

美味しすぎて酒も進んでしまって少し早めに寝てしまった。ベッドの寝心地も良すぎ。

朝ごはんは和食か洋食かが選べられて和食はまたご飯かお粥かが選べられる。朝にちょうどいいバランスの構成で特に鯵の焼き魚が美味しかった。

チェックアウトはクラブフロアは11時半でかなりゆとりがあって最後までお風呂を楽しんでリラックスできた。チェックアウトも部屋でできるのがまたいい。

入る瞬間から帰るまで最上級の特別な経験ができる素晴らしい旅館だった。機会があったらまた行きたい。

箱根ツーリング&いろり家

なんかすっきりしない天気だったけどなんとか持ちそうだったのでツーリングに出かけた。千葉へ勝浦担々麺を食べに行きたかったけど千葉は雨らしかったので予定を箱根に変更してターンパイクと芦ノ湖スカイラインを走って孤独のグルメで有名な箱根「いろり家」でランチして箱根神社に寄って帰る計画を立てた。

DSC07125

東名はいつものように東名川崎ICから横浜町田ICまで渋滞。もうかなり涼しくなってバイクのエンジンの熱が気持ちよく感じられる。先週までは暑かったのに急だね。まぁ、時期的には先週のほうがおかしかったけどね。お日様だけ出てくれてたら最高だったにね。それでも海老名SAはバイクでいっぱい。空が今にでも雨が降ってきそう。

DSC07126

昨日紹興酒を少し飲みすぎたので胃に優しそうな鶏雑炊。さっぱりした味で美味しくて食べ終わったら元気が出た!

DSC07137

先週のキャンプの記事Pack AnimalJennyさんに送ったらすごく喜んでくれてまたマウントのインストールの仕方をアドバイスしてくれたので少し直してみた。形はいい感じになってるけど実際どうかは来月のキャンプツーリングで試そう!

DSC07141

小田原厚木道路を走って一気にターンパイクまで。途中覆面に捕まった車があって折角の週末が台無しになって可哀想と思ったけど自分もスピード出しすぎないように気をつけないとね。

DSC07142

天気のせいなのかターンパイクは結構空いてた。これは走り甲斐がある!もう少し距離があってもよさそうなのに気持ちいいと思ったらすぐ終わってしまう。

DSC07144

大観山スカイラウンジからの芦ノ湖。向こうに富士山があるはずだけどこんな天気なのでさすが見えない。しかし、ポツンポツンと雨が降ってきたので急いで出発!

DSC07152

何気に芦ノ湖スカイラインはこれが初めて!いい景色で適度のカーブが結構面白い道だったけどカーブに減速帯がありすぎて逆に危ない気がした。

山のほうは結構気温が低くて10度切ってたかもしれない。オホーツク海沿いを思い出すね。次からはもう少し厚着しよう。

DSC07165

芦ノ湖スカイラインからの沼津市。やっぱりキレイな街だね。特にあの海岸線がいい。

箱根のほうは結構交通量があって混んでて少し焦ったけど「いろり家」のオープン5分前に着いた。ちなみにお店のオープンは11時半。

DSC07180-2.jpg

お店は細い路地裏にあって車は入れない。バイクでも厳しいね。着いた時に並んだのは2組。思ったより少なくてよかった。たぶん天気のせいなのかな。その中の一組は中国からの観光客!中国でも孤独のグルメが人気があるのか。

DSC07175

写真取るのに気が取られて紙に名前を書かなかったけど後から来た人に先に書かれてしまった。しかも3人組。店がオープンしてあの3人組まで店の中に案内されてさらに30分くらい待たされることに…結構イライラしたけど自分のミスなのでグッと我慢。

12時くらいに呼ばれてお店の中へ。時間的にはちょうどいいかもね。店の中は大きめのテーブルが一つと小上がりに4人用のテーブルが2つ。注文は紙に名前を書く時にステーキ丼なのかアワビ丼なのか選択する(二択のみ)。一人だったので大きめのテーブルでカップルと相席。

DSC07188

座って少し待ってたらステーキ丼が運ばれてきた。赤身が印象的ですでに少し味付けがされてる模様。わさびを付けて一口食べたらさっぱりした赤身から旨味が口の中に広がる。柔すぎず硬すぎずちょうどいい感じ。これはいくらでも食べられるな。美味しかった。

DSC07196

ご飯の後、箱根神社に寄って芦ノ湖を見ながらゆっくりしようとしたが、すごい数の観光客にビックリして缶コーヒーだけ一杯飲んですぐ帰ることにした。

小田原厚木道路の上りでも覆面に捕まった車があった。シルバーのクラウンには気をつけないとね。家までは渋滞もなく快適に帰れた。

箱根ターンパイク&椿ライン

出張でバイクに乗ってるフランス人をたくさん見てたら自分もバイクに乗りたくて体がうずうずしてた。土曜日にはバイクに乗ると決めたけど天気予報が微妙だったので心配してたらやっぱり朝は雨だった。霧雨くらいのレベルで午後は晴れる気がしたのでとりあえずバイクで出かけることにした。

前から気になってた箱根のターンパイクに行くか奥多摩に行くか迷ったけど天気が心配だったので家から近いターンパイクに決めた。とりあえず東名に。

IMG_4694.jpg

今日も海老名SAで一休み。天気のせい?おかげ?で車もバイクも少なめ。道も空いてて快適だった。海老名SAを出て小田原厚木道路へ。この道は車では何回も行ったことがあるけどバイクでは初めて。

IMG_4701.jpg

いよいよターンパイク!入り口に着いたら料金を払う車で渋滞してたのでバイクを止めて一服。バイクも何台かあったけど車の数が圧倒的に多かった。ドキドキ。

頂上に近くなるにつれて霧が濃くなる。霧の中のバイクはちょっと怖いね。また路面が濡れてるせいなのかカーブでリアが滑る感じ?がしたのでできるだけ速力出さず安全運転に努める!登りきったらターンパイクはあっという間に終わっちゃった。思ったより緩やかで走りやすかったけどなんか不完全燃焼気味。ターンパイクラウンジを過ぎて左折して椿ラインに。

IMG_4705.jpg

IMG_4704.jpg

IMG_4706.jpg

IMG_4708.jpg

途中椿台で一休み。椿台からの景色が気持ちいい。かながわの景勝50選の一つらしい。今度はしとどの窟まで行ってみよう。

ターンパイクより椿ラインのほうが走ってて楽しいね。ところどころの落ち葉や枝には要注意。

湯河原のほうでご飯を食べるつもりだったが、あまりいい店を見つけられず来た道をまた戻った。実は戻るつもりはなかったけどソロツーなので気がいくまま行ったら来た道に戻っちゃった。下りより上りのほうが楽だね。正直に下りはまだ怖い。

IMG_4713.jpg

IMG_4714.jpg

ターンパイクラウンジのほうに戻ったらまだここは霧の中。走り屋の皆さんがどの道で走るか作戦会議中だった。

IMG_4726.jpg

ターンパイクラウンジで遅めのランチ。つけ麺と焼きおにぎりを頼んだ。麺はもう少し太麺のほうがよかったけど腹が減ったのできれいに完食。美味しくいただきました。

来た道でそのまま戻る。高速は空いてて気持ちよく走れた。先日取り付けたスクリーンスクリーンが結構いい感じに風を整理してくれて快適。東名川崎から降りてからの下道は結構混んでいて急に暑さを感じる。フランスで買ってきたパンチングレザージャケットも走ってるときは風が通って気持ちいいけどやっぱりバイクが動かないとダメだね。元々そういうもんだから仕方ないか。

IMG_47302.jpg

今日の走行距離は206.5Km。次は奥多摩だな。