焼鳥 せきや

焼鳥 せきや、駒沢大学駅から徒歩1分。2019年11月にオープンした新しいお店で「やきとりshira」の姉妹店。クールでモダンな店内は落ち着いた大人な空間で、一人でふらっと寄れるくらいの気軽さもある。カウンターのみの15席。

この日は2回目の訪問で前回には食べれなかった特別なメニュー、鶏の刺し身があったので早速刺し身盛り合わせを注文。極めて新鮮で美味しい。

滋賀県淡海地鶏を使用していて鮮度が高くて脂が乗っていて美味しさそのもの。なのにおまかせ7本コースが2,100円!もう少し高くしても全然問題なさそう。また焼鳥の絶妙な焼き加減が素晴らしい。

お酒は日本州と焼酎、ワインなどが備えられていてクオリティとお値段のバランスが素晴らしい。きっとここの店長さんのセンスがいい。

緊急事態宣言が解除されてからは新規店舗より以前行って気に入ったお店のリピートが多い。安否確認も兼ねて応援したい気持ちが大きい。

DSC07188DSC07193DSC07196DSC07199DSC07203DSC07207DSC07210DSC07215DSC07216DSC07220DSC07224DSC07227DSC07231DSC07236DSC07240DSC07246DSC07249DSC07251DSC07254DSC07257DSC07260DSC07269DSC07270DSC07273DSC07276DSC07281DSC07283DSC07284

鳥さわ 麻布十番

なんかブログを書くのが久しぶりすぎて書き方も忘れたな。年末に近づくとやることは増えて週末の行事も増えてなかなかバイクにも乗れないし、あまり面白いこともやってないのでネタも少ない。それでも会食は毎日やり続けてる。まぁ、それが仕事でもあるけどね。

昨日は麻布十番にある「TORISAWA CA10AL」という洒落た焼き鳥屋に行ってきた。ああ書いて「トリサワカジュアル」と読むらしい。これはちょっと恥ずかしい(笑)。亀戸の有名焼き鳥屋「鳥さわ」の3号店だそう。(最近「鳥さわ 麻布十番」に改名したらしい)

お店は麻布十番駅のすぐ近くにある雑居ビルの8階にあってちゃんとした看板もなくビルの中のテナント案内表示だけなので少し迷ってしまった。エレベーターが8階に止まってドアが開くともうそこからお店!

カウンターのみで13席。お世辞でも広いとは言えないお店だが、白をベースにしたモダンな店内に期待が高まる。6時と8時の2回転らしくて8時に到着すると先客が帰って席の片付けが終わってから案内される。カウンターは光沢がある黒でお皿は石のような感触の磁器でセンスが溢れてる。

まず最初にきゅうりと大根の漬物がお通しとして出されて料理はどうするか聞かれるけどここはおまかせでいいだろう。後で聞いたらこの日用意されてるネタは20種類を超えるらしい。

一本目はかしわ(もも肉)。一口食べてみると…これは衝撃的な旨さ!今まで焼鳥をそんなに好んで食べたことはなかったけどそれはちゃんとした焼鳥を食べたことがなかったからだと分かった。質のいい備長炭の強火に絶妙に焼き上げた少しレア気味の焼鳥が口の中で溶けていく!

絶妙な焼きと塩加減、焼鳥ってこんなに美味しいんだ。もっとたくさん食べたいところだがもう腹がパンパン。お腹がいっぱいになったところで「ストップ」と伝えると止めてくれる。なかなか効率的なシステムだね。

お腹がいっぱいでも〆のご飯に卵かけご飯があると聞いたら急に胃袋のスペースが空いてきた(笑)。焼鳥がこんなに美味しかったら卵かけご飯も絶対美味しいはず!

何この卵!色からもうやばい。マイルドで甘くて美味しい。味見だけするつもりだったのに気が付いたらもう完食!

今まであまり焼鳥を調べて予約して食べにいったことはなかったけどこれからは積極的に探しに行こう。また新しい扉を開けてしまった。

鳥茂

2年前に会社を辞めた部下が遊びに来たので鳥茂に連れて行った。前から自分が行ってみたかったのもあったので。

前情報としては、昭和24年創業の老舗で、今は3代目の酒巻祐史さんが切り盛りしていて、焼き鳥なのに焼いてるのは鳥ではなく豚ということ。

さすが人気店だけあってすごく混んでいて7時30分予約で7時20分くらいにお店に着いたけど席に案内されたのは7時40分くらいだった。

DSC04749.jpg

後、働いてる店員さんの数が多くてまるで中国のお店のような感じが印象的だった。接客はすごく丁寧でフレンドリーなのが好感を持てる。常連さんは帰りの際に仲いい店員さんがいるところまで行って挨拶してから帰るのも印象的だった。いい店なのが滲み出る。

DSC04757

暑かったので久しぶりにビール。

DSC04760

お通しで出たのは豚耳のピリ辛和え。食感と辛さ、玉ねぎが絶妙に合わされて期待が高まる。

DSC04761

頼んだのは特選コース特上焼物6品/お刺身/雑炊。おまかせコースにしようとしたけど食事としては量が少ないと言われたので特選コースにした。まずレバーからスタート。少し炙ったくらいの焼き加減でその新鮮さがよく伝わってくる。

DSC04763

ビールはお腹がいっぱいになっちゃうので日本酒に変更。頼んだのは豊盃純米大吟醸48山田錦。お店がおすすめしてるのもあって頼んだけど美味しかった。そこまで主張が強い味じゃないので焼きとんによく合う。

DSC04767

こういうホルモン系の焼き物が非常に美味しい。柔らかくてタレの味がちゃんとしみていて辛子がいいアクセントになってる。

DSC04769

つくねも美味しかった。

DSC04770

ネギが甘い。

DSC04772

サーロイン寿司?みたいな感じで油が乗ってて美味しかった。米の量が少し多くてもいいかも。

DSC04773

ピマンの肉詰めを初めて作ったのはこの店らしい。それだけあって美味しかった。

DSC04774

この軟骨だけ食べきれなかった。軟骨が固くて普通の骨レベル…

DSC04776

初めて見る部位が入ってる刺し身の丼もの。これは正直味がよくわからなかった。慣れてないせいもあるかもね。

DSC04777

やっぱりこの店のタレは美味しい。長年受け継げられただけのことはあった。

DSC04779

締めの雑炊。あっさりしてて締めにちょうどいい感じ。コースのみ頼んだけどお腹いっぱい美味しくいただいた。次行ったら他の単品も頼んでみよう。

一つ残念だったのはお店が混んでたせいもあると思うけど料理が出される間がバラバラで最初はすごく遅かったり最後のほうになると2品、3品が同時に出たりとペースを合わせるのが大変だった。それなりの値段もするし、折角美味しい料理を作ってるのに少し残念だね。