know by moto

新宿で旨い日本酒が飲めるとときち珈穂音などの少ないお店をヘビロテで回していたのでもう少しバラエティーがほしくて新たなレギュラーを探してたらひょんなことから「know by moto」というお店を見つけた。これは行ってみないと!北海道に行く前に予約を入れといた。戻ってきたらすぐ行けるように(笑)。

お店は新宿駅東口から歩いて5分くらいの距離の雑居ビルの地下1階にあって、なんとTSUTAYAとのコラボによるお店らしい。TSUTAYAさん、ほんと面白いことたくさんやってて羨ましい!

だから本と徳利、お猪口のオブジェが一緒に置いてあるんだ。謎はすべてとけた!!(笑)

こういうオシャレな待機スペースがあったり。この日の混み合い具合を見るとたぶん予約無しではなかなか入れないと思う。

入ってすぐのところに本棚があって(この本棚とインテリアのところをTSUTAYAとコラボしてるんだろうな)中央に火を囲む大きなテーブル、一番奥にテーブルが3つくらい。後、一面はバーカウンターになっていた。客層はなんと女性が7割以上!後、年齢層も2、30代がメインで低い。日本酒を専門に扱う居酒屋としては珍しいね。

やっぱりコンセプトでこれだけ変わってくるんだね。

バーカウンターには一面お酒用の冷蔵庫があって写真には映ってないところにも同じくらいサイズの冷蔵庫があってそこにも日本酒がいっぱい!期待もできるし、テンションも上がっちゃう!

早速日本酒を頼んじゃう!我々が座ったテーブルもまたタイルを活用したオシャレ仕様。これは映えるね!

結構好きな銘柄を揃えていて定番のものと季節や限定ものがバランスよく用意されていた。なのでまず一杯目は「而今 純米大吟醸」!味が分かる時に一番好きな酒を飲む主義なので(笑)。

後、酒の肴もバラエティーよく用意されていて頼む楽しさがあった。味も申し分ない。基本がしっかりしてるお店だね。

オシャレでサービスのクオリティが高くて楽しくてまた行きたいお店。

あ、ちなみに「読書ができる日本酒バー」がコンセプトだけど飲むのに忙しくて誰も本は読んでなかった(笑)。

鮨 あい澤

先日は「鮨 あい澤」さんを貸し切ってイベントを行ってきた。どこで開催しようか迷ったけどやっぱり一番信頼できてある程度融通も効く鮨 あい澤さんがよさそうだったのでお願いしたら快く引き受けてくれた。

さすがの腕前でつまみから握り、お酒まで参加された皆さんがすごく喜んで満足してくれてイベントは大成功。この日はいつもよりも特に美味しかったので相澤さんに聞いてみたら同じタイミングで全体のコースがスタートするとシャリの温度や状況をコントロールしやすく料理のクオリティにムラが生じにくいと教えてくれた。

DSC09502DSC09508DSC09515DSC09519DSC09526DSC09530DSC09534DSC09535DSC09539DSC09544DSC09546DSC09549DSC09550DSC09552DSC09553DSC09555DSC09557DSC09563DSC09565DSC09567DSC09569DSC09578DSC09583DSC09591DSC09592DSC09599

宇田津 鮨

子どもが修学旅行で一日自由時間(?)ができたので奥様から美味しい鮨とか寿司とかシースーとか食べたいとリクエストがあったので以前から気になっていた中目黒に今年の2月にできた「宇田津 鮨」を予約した。

宇田津 鮨は中目黒駅の線路沿いを祐天寺方面に歩いて7,8分の距離にあるリアルな隠れ家で、初めて行かれる方は必ずほど迷うので事前にGoogle Mapsのストリートビューなどを確認してから行ったほうがよさそう。

少し重めのグレーと木の扉がただものではない雰囲気を漂うファサードはただものではないことを教えてくれる。店内に入ると薄暗いなか、インパクトある絵がすぐ目に入る。後、少し大きめのJazzがBGMとして流れて普通の鮨屋ではないことをアピールしてくる。

まずつまみから出されて握りへ行くコースの順番はオーソドックスだけどその内容がクリエイティビティに溢れてただ慣性でやってるものが一つもなくて一つ一つ旬の食材をどうすればお客さんを喜ばせようかと工夫した宇田津さんの姿が見えるものだった。おまかせで出してもらった日本酒のレベルも非常に高くて初めて飲む日本酒が多かった。

まるでギャラリーの中でレベルの高い料理で食事をしてるような経験は他のどこでも体験できないだろう。またここにもう少し深みが加わるとなおレベルが高くなりそう!ますますこれからが楽しみの鮨屋。

珈穂音

新宿でとときち以外に美味しい日本酒が飲めるお店をリサーチしてたら「珈穂音(かぽね)」というお店を発見した。なんと創業55年!夜だけではなくランチも100種類くらいのメニューがあるらしい。気になるのでとりあえず行ってみた。

お店は新宿の靖国通り沿いにある三平本館という少し年季の入った雑居ビルの5階に位置している。一階はゲーセンがあってとにかくゴチャゴチャして新宿らしい雰囲気を出している。ビル内のお店の案内表示やチラシなどとりあえず空間があったら貼っちゃう感じでカオスそのもので、大丈夫かと少し不安になってきた。

エレベーターを乗って5階に降りると左側にお店があって、なんということでしょう~!1階とはまるっと変わって落ち着いた大人な空間が広がっていた。元々は紀伊國屋ビルの地下で営業していてこのビルに移転したのは去年の12月らしくて結構新しい感じだった。

店内は多くのお客さんで賑わっていて年齢層は結構高め、たぶん昔からの常連さんが多い印象だった。後、「和風レストラン」というサブタイトルがあるくらいで、お酒ではなく料理だけを食べに来てる方もいてちょっとびっくり。私はもちろん日本酒目当てですけど(笑)。壁に貼られてる日本酒の銘柄を見てるだけでテンションが上がる!

まず一杯目は大好きな而今純米大吟醸!ご主人(たぶん)の酒を注ぐスキルが半端なくて、表面張力を利用して一滴もこぼさずなみなみに入れてくれる!すごい!

まず頼んだのが揚げ出し豆腐。素朴な味で想像したままの感じ。やっぱり豆腐はいい。美味しい。

次はあじフライ!今が旬だから季節限定のメニューとしてあじ料理が多かった。人は5人だけど出てきたのは4切れ…ここは大人の対応で他の方に譲って味わえなかった。美味しそう!

安定の刺身盛り合わせ。マグロやカツオも美味しかったけどイカやタコもいい味だった。やっぱり日本酒には魚だね!

いんげんの生姜焼き。味は少し強めだけどヘルシーな感じ。白ごはんが欲しくなるね。

あじの叩き!やっとあじが食べれる。あ、美味しい。日本酒にも合うし、さっぱりした感じがいい。伊豆にアジ丼食べに行きたいね!早く梅雨が終わってほしいな…

続いては三重県の作 No name irodori 紺碧というオシャレな名前とボトルデザインの日本酒。作は好きでよく飲んでるけどこれは初めてだな。全部で4つのシリーズがあるらしい。みえのゆめという米の品種を使ったお酒らしいが、やっぱり自分は山田錦のほうが好きだな。

あさりのガリック焼き。にんにくの風味が聞いて美味しい。こういうのを食べると酒が進むわけ。ピンチが上がります!

出た!黒龍しずく!実はこの店、なんと石田屋もメニューに乗っていた!ただ、この日はカジュアルな飲み会だったのでこの辺で我慢したけどしずくも全然美味しいからね。

次は磯自慢 純米吟醸42。メニューに35と48があって48を注文したのに48が売り切れでメニューにない42しかないというので押し切って48の値段で42を出してもらった。かのように記憶してるけど実際会計はどうなってるのか分からない(笑)。

〆の酒は安定の鍋島 雫しぼり。実は十四代も結構ストックがあるらしくて悩んだけどなんとなく鍋島が飲みたかったのでこれで決定!美味しい!

最後にこの日一番の衝撃はこのドライカレー!一緒に行った人がどうしてもカレーが食べたいと言って頼んだときは居酒屋でカレーなんか辞めとけと言ったが、一口分けてもらって食べてみたら衝撃的な美味しさだった!具もあまりなくカレー粉のみで作ったような感じだけどライスとのバランスもよくそんなに辛くもなく旨味も十分あってすべてバランスがいい。たぶん今まで食べたドライカレーの中で一番美味しかった。あ、もしかすると今までのカレーの中で一番美味しかったかも!日本酒は置いといてもこのカレーを食べにもう一回行きたいくらいだ。もちろん行ったら飲むけど(笑)。

多仁本

先日は最近仕事でよくご一緒させていただいてる先輩とのサシ飲み。お店は最近勢いが止まらない「多仁本」さん。こう書いて“たにもと”と読むのを最近知った。洒落てるね。

お店は荒木町車力門通りの一番奥まったところの2階にあるけど近くまで行っても位置がよく分からなかったが、この行灯のような小さい置き看板がなかったらちょっと迷ったかもしれない。

予約時間通りにお店に着いてまずビールで乾杯!瓶ビールではあったが、ちゃんと冷えていてビール用の薄いグラスがちょうどいい感じでビールの泡がまろやか。しっかり管理されたサーバーの生ビールもいいけどこのような瓶ビールも安定していて美味しい。

先付がなんとうなぎ!一見重そうに見えるけどそこまで脂濃くもなく、どちらかというと爽やかに近い感じ。美味しい。

厨房は使い込まれてるけど清潔に管理されていて職人の仕事場という感じが素敵だった。ここで作られた料理は絶対美味しいだろうと食べなくても分かるような風景。

汁物はナスとタケノコ。なんだろう?普通のナスではないな。京野菜なのかな?タケノコも最上級な感じで柔らかくて美味しい。

ビールの後の日本酒はペアリングでお任せ。一番最初に出してもらったのが「伊予賀儀屋 純米無濾過 陽の光 カギヤサンシャイン」。結構長い名前のお酒でこれが初めてだったけどライトな感じで飲みやすかった。

このガラスのとっくりもお猪口も薄くて涼しさを感じる演出が気に入った。このお店のシグニチャーなのかもね。

マグロと山芋なのかな?他では味わったことのない。かなりインパクトがあった。

大将の谷本さん。食べログによると

谷本氏は鮨店や小料理屋で料理人のキャリアをスタート、20代から茶道を嗜む。当時京都の日本料理店で食事をし、供された料理の美しさを知ったことをきっかけに、日本料理の道へ。滋賀と東京にある茶懐石の名店「招福摟」で8年、南青山の懐石料理店「みな瀬(閉店)」では3年間料理長を務め、2017年4月に独立し、『多仁本』をオープンした。

と書いてあった。童顔で爽やかなイケメンで仕事をしてる姿がカッコいい!

刺し身の後は

お!大好きな加茂錦の荷札酒、それも山田錦50!いいね。なんだか久しぶりだな。やっぱり甘くて旨い!

ウニとホタテ、ずんだという奇抜な組み合わせ。谷本さんのクリエイティビティが光る。

見た目はサラダや和物っぽいけどワサビが効いてていいアクセントになってる。

鮎の塩焼き。まだ少し小さく骨も柔らかいので頭からそのまま食べられる。苦味もなく素材の美味しさと焼き加減、塩加減が絶妙な一品。

そばなのかな?と思うくらいコシがしっかりしていて少し違う食感を楽しめたそば。

鱧!やっぱり夏は鱧だよね。後、ネギも甘くて美味しい。

ここに来て〆のお酒として十四代が出てきた!強弱の付け方、コースの演出が素敵でドラマチック。

〆のご飯はとうもろこしご飯!これがまた絶品ですごい甘くて美味しかった。とうもろこしだけではなくてその味付けに秘密がありそう。ご飯でテンションがマックスに。

デザートは水羊羹と

抹茶で口直し。

多仁本さんの評判が上がってきてる理由がよくわかった。相当レベルが高くて大将の谷本さんの料理に対する情熱やクリエイティビティが半端ない。ずっと応援したい、定期的に訪問したいお店であった。

萬屋 おかげさん

6年間一緒に働いた後輩のための送別会。寂しい気持ちはあるけど次の会社も立派なグローバルコンパニーで自分がやりたいことを見つけての転職なのでこれはお祝いしないとね。その後輩が喜びそうなお店をリサーチしてたら見つけたのがこの四谷二丁目にある「萬屋 おかげさん」。なかなか人気店らしく予約が取れないらしいが、かなり前もって予約した甲斐があってちゃんと欲しい時期に予約が取れた。

お店は四谷二丁目の交差点にある雑居ビルの地下にあるけどなかなか探しにくい。表に看板などがあまり出てない。やっと探せて地下に降りたら雑居ビル特有の空気感が漂っていてお店もお世辞にもお洒落とは言えない。要するに少し小さめの味のある居酒屋な感じ。だって居酒屋だもんな。でもこの気取らない雰囲気落ち着くね。

基本コース料理(6,480円)とお酒、主に日本酒が頼めるけどストックしてる銘柄が多くて楽しい。季節限定の手に入らないお酒もあって味比べしたり、コースの料理も酒の肴にちょうどいい感じで酒が進む。後、スタッフさんもフレンドリーで気さくな方が多くて場の雰囲気を盛り上げてくれるね。

何より美味しかったのはあの塩むすび!ちょうどいい硬め具合で米粒の中に空気層があって食べやすいし、旨さが倍増される感じ。お新香や味噌汁も美味しくて〆としては最高!

いや、ほんといいお店で、そのおかげで楽しい送別会?お祝い会ができた。「おかげさん」なだけにね(笑)。

串揚げはやし

連休明け早々の会食。まだみんなぼーっとしていてリハビリが必要な時期に一発目に会社のグルメパイセンとの会食で今回は初めて私の方からお店を決めさせていただいた。この間のお勉強(?)の成果を見せるときがきたね。

色々悩んだ末、少し変化球ではあるけど神楽坂の「串揚げはやし」という串揚げ屋。一日三組のみしか予約を取らないので予め1ヶ月前に予約しといた。

DSC06539

19時からの予約だったので18時55分くらいにお店に着いたらまだ準備中ということで外でしばらく待機。

DSC06541

外観は全体的に木を利用して黒く落ち着いているけどあの赤いのれんがいいアクセントになっていて中の別世界な雰囲気をにじみ出せてる。

DSC06542

時間になって中に入るとテンポのいい和太鼓と三味線の音楽が流れていて赤色をふんだんにつかったなかなか派手な空間が広がっていた。全8席のカウンターのみのお店だけど一人辺りのスペースには余裕があってゆったりできる。

DSC06545

赤の上にアクセントには金色!なかなかセンスのいい。

DSC06546

たくさんの皿やコップがあってデザインは全部微妙に違うけど全体的に統一感があって一つにまとまってる。

DSC06550

醤油や塩などそれぞれ料理に合わせて使う所を分けてるのとそれぞれの皿や場所には決まったルールがあった。

この「串揚げはやし」の大将の林さんは福岡出身らしく、東京であれだけ福岡弁を使う人は初めてみた(笑)。なかなかいいキャラしてる!すごい個性的でやんちゃなところもあるけどすごく話しやすいし気が合う。ただ、好き嫌いは分かれるだろうな。後、料理もどこかで修行したわけでもなく全部独学だそう。独学であれだけのレベルの料理を作れるってすごいね!

DSC06552

最初の乾杯は生ビールで!ここの生ビール、どこのブランドかは分からなかったけど独特な風味を持ってるし、マイルドでうまい!泡の作り方も絶妙でクリーミィ。後、コップをぶつけての乾杯は禁止ね(笑)。割れる可能性があるかららしい。

この後出てくる料理もお酒も全部おまかせで、林さんの演出にそのまま乗って感動しながらあるときは笑いながら、感心しながら2時間を思う存分楽しんだ。基本お酒のつまみとして作ってるということもあって味付けは強めでお酒と一緒じゃないとバランスが崩れると思うのでやっぱり酒飲みじゃないとちょっときついかもしれない。

DSC06553DSC06554DSC06555DSC06559DSC06563DSC06564DSC06565DSC06567DSC06568DSC06570DSC06571DSC06572DSC06576DSC06579DSC06580DSC06582DSC06583DSC06586