曙橋 まる富

以前から気になって行ってみたかった曙橋のまる富の予約が運良く取れたので会社の同僚と行ってきた。まる富は食べログで4.13、ミシュランガイド東京2019でも一つ星を獲得してるお店。多分今年の運をこの店の予約を取るのに全部使っちゃったかも(汗)。

DSC01415

19時の予約だったけど直前の会議が長引いてお店に着くのが少し遅れたが、お店の佇まいが素敵すぎたので小雨の中カメラを構えて撮影開始。いいね!この和な感じ。

DSC01417

以前は違う名前のお店だったのかな?薄っすら写ってる違う名前の店名が気になるね。

DSC01420

カウンターが6席、テーブルが一つ(4席)なので一回転で入れるのはマックス10人。こんなに評判も高いので予約が取りづらいわけだ。厨房まで含めてもかなり狭い空間だけど落ち着く。また女将さんの接客が素晴らしいのも居心地をよくしてくれてるのかもね。

DSC01418

本日のお品書き。すごくきれいな字。日付まで入っていて毎日材料によって変えているのかもね。和食料理人になるためにはまず字をきれいに書く勉強から入らないといけないね。

DSC01422

まず最初の一杯はビールで。サントリープレモルの写真がなぜか神々しい(笑)。照明の真下においたからか?気に入った一枚。

DSC01424

料理は「蛤吸」からスタート。蛤のあっさりしたきれいな味でスッキリ!なんかこれでお酒がいくらでも飲めそうなプラシーボ効果が(笑)。

DSC01425

日本酒を頼もうとしたら女将さんから説明があって、自分が好きなものを頼んでもいいし、料理と相性がいい日本酒をペアリングでも提供できるとのことだったのでペアリングでお願いした。自分で選んじゃうといつものものしか飲まなくなるので。

一番最初に出てきたのは若波 純米吟醸。大正11年創業の福岡の蔵元でラベルのデザインが認証的だね。初めて飲む日本酒だけどきれいな味で甘くて旨い!蔵元の説明通りの味。

お酒のコンセプトは「味の押し波・余韻の引波」。
ぐっと押し寄せる味わい、すっと引き行く余韻が、
まるで穏やかな波に漂っているかのような心地に誘います。
お酒が主張し過ぎない食中酒として。

DSC01428

旬菜は唐墨大根、車海老、ふぐ煮こごり、はまぐり・ウルイ酢みそ、近江蒟蒻油煮。すごくレベルの高い上品な味でこれこそ和食な感じがした。美しくて美味しい。

DSC01430

続いて新政 純米酒 瑠璃 2018 美山錦。これもまた初めてのお酒で特別な旨さだった。女将さんのライナップ構成の腕が半端ない!隣のお客さんが而今を飲んでてつい頼みそうになったけど我慢してよかった。

DSC01432

椀は雲子玉地蒸し。 鱈の白子の形が雲に似てることから雲子というと女将さんが教えてくれた。雲子のクリーミーで甘い味に山葵の風味と辛さの上に海苔の磯の香りが加わってすごく奥行きのある美味しさ。

DSC01433

純米吟醸 惣邑。このお酒も今日が初めて。まだまだ自分が知らない世界がたくさんあるんだな。楽しみで仕方ない。口当たりがよくて優しい甘さの上品なお味。

DSC01434

大将の小野寺健一さんが包丁を握ったので急いでカメラを構えた。なかなか渋くて男前!系統でいうと渡辺謙かな。女将さんも美人でお似合いでございますな。

DSC01435

職人の包丁さばきにはやっぱり見とれちゃう魅力がある。

DSC01437

お造りは鮪と細魚、のれそれ。のれそれは穴子の稚魚だとまた女将さんが教えてくれた。鮪は少し厚切りだけど柔らかくてちょうど食感を楽しめる厚さだった。これより薄かったらすぐ口の中で溶けてしまうかもね。

DSC01440

鰆の焼き魚。脂が乗って美味しかったし、結構厚みがあったので食べごたえがあった。酒が進むね。

DSC01441

続いて澤の花 純米吟醸 生。華やかでフルーティー、なんか豊かな感じ。

DSC01443

揚げ物も絶品だったし、一つ一つそのレベルが高くて何一つ申し分ない。美味しすぎて酒がどんどん進むわけだ。

DSC01445

こちらは秋田のお酒、白瀑 純米吟醸 山本 ピュアブラック。なんか洒落たデザインで格好付けてるなと思ったけどお味は確かなものだった。美味しい。

DSC01447

いよいよメインの肉肴、いわて南牛ヒレ肉ロースト!確かに大将の小野寺さんが岩手出身。もうこのビジュアルで美味しくないはずがない!柔らかくて甘くて最高に美味しい。もう瞬殺でございます。

DSC01449

食事は南部どりの炊込ご飯。米一粒一粒生きていて本当に美味しい。自分のボキャブラリーの少なさが悔しいね。もうお腹一杯だったので残りは御土産として包んでもらって家に持って帰ったら奥様が美味しいと大喜びだった。今度連れて行こう!

DSC01450

最後のデザートまで完璧。これでスッキリしてちゃんと締まった感じ。

いや、ほんと美味しくて次はどういうのが出るかドキドキ・ワクワクの2時間半だった。美味しい料理に旨いお酒、未だに気持ちいい余韻が残る。次はいつ行けるかわからないけどまた行けるように頑張ろう!

新宿飯店

DSC01091

久しぶりに韓国式中華料理を食べに新大久保へ行ってきた。最近はもっぱら肉&麺だったけど今回は久しぶりに新宿飯店へ。韓国式中華料理屋としてはこの辺で一番長い歴史を持つ老舗で手打ち麺が売りのお店だ。

DSC01093

後輩たちと19時の待ち合わせの予定だったけど一番乗り。店の中は空いていてちょっと心配になる。一番忙しいときのはずなのにね。最近周りに肉&麺を含めて韓国式中華料理屋が増えて競争が激しくなったのもあるかもね。まぁ頑張ってほしい。

DSC01095

みんな揃ったので注文をする。まず干烹鸡(カンプンギ、鶏のから揚げを甘酢醤油に浸けたもの)を頼んでビールをいただく。

DSC01097

韓国式酢豚も美味しいけどこれもうまいんだよね。酒が進む!

DSC01100

メインディッシュのジャージャー麺!ソースと麺が別々になっていて食べる直前にかける方式だ。出前で頼む場合が多いから麺が伸びないようにとこうしてるんだと思う。多分…

DSC01107

このテカテカするシズル感がたまらない。中国の北京で食べたジャージャー麺とも日本の横浜で食べたジャージャー麺とも全く違う、これはもはや別の料理だね。甘さが特徴的だけどキャラメルソースで味とシズル感を出すらしい。

DSC01110

麺とソースがよく絡むように万遍なくマゼマゼして

DSC01113

麺がこうなったら食べ頃!一口食べると次へ次へとあっという間に食べ終わっちゃう。うん、美味しい。一番オーソドックスで昔ながらのジャージャー麺だけどこれこそがクセになる味。また行こう!

再び、馳走 風々

京都から戻って新幹線品川駅に降りてすぐこの日の会食場所の新宿の「馳走 風々」へ移動。一泊二日の出張なんかへっちゃらだと思って会食をセッティングしたけど歳のせいなのかちょっと疲れがたまる感じ。もしかすると新幹線で寝てしまってダルく感じたかもしれないね。

でも、馳走 風々に入ってカウンター席に座ったら元気が出てきた。2回目だけど大将に覚えてもらって色々声掛けてくれて嬉しかったな。メニューにはない日本酒もおすすめしてくれたりね。料理も期待以上に美味しくて感動!

やっぱり良い料理とお酒は最高だね。会食もすごくいい感じで胸の奥にある話まで語り合うことができたし、最高の夜だった。

dsc00633
dsc00632dsc00634dsc00635dsc00637dsc00638dsc00640dsc00641dsc00643dsc00644dsc00645dsc00649dsc00650dsc00652

かに道楽

DSC00147-2.jpg

なにげに「かに道楽」はこれが初めて。大阪のイメージがあるけど全国にお店があるらしいね。新宿にも会社から結構近いところにあってびっくり。いつも通りながらも意識しなかったんだね。

dsc00150

お店の中はなんというか、観光客のがイメージする日本っぽいテイスト。ただ、どこか安っぽいテーマパーク感が漂ってる。スタッフさんもすごく親切だが、どこか独特なテンション。

dsc00155

この日頼んだコースの品書き。構成はかなりシンプルでカニのみを極める。

dsc00157dsc00160dsc00162dsc00164dsc00166

コスパも、味もよくカジュアルな会食などにちょうどいいかもね。美味しくいただきました。

昼の今半万窯

夜の会食だけでは間に合わずお昼も新宿今半万窯で忘年会。16人の大人数だったけど個室で仲居さんが3人かかりで面倒をみてくれてとても快適に食事を楽しむことができた。夜の今半は素敵だけど昼も悪くないね。

DSC09548

まずアペタイザー的なゆばが運ばれてきた。さっぱりして美味しい。

DSC09551

その後早速すき焼き用の野菜が運ばれてきて(キレイ!)

DSC09553

その後牛肉!この日は群馬産らしい。

DSC09557

息を呑むくらい美しい。

DSC09561

仲居さんが手際よく卵を溶いてくれる。私のテーブルを担当してくれた仲居さんは前回と同じ方だった。なぜか嬉しい。

DSC09567

牛肉を投入!

DSC09575

1、2、3枚、この鍋で三人分の調理を行う。

DSC09578

出来上がってきた!

DSC09582

まず1枚目はシンプルに牛肉だけ。旨い!

DSC09589

2枚目はネギを揃えて。ネイがとても甘くて牛肉の味を引き立たせてくれる。とても美味しい。

DSC09591

今半のシグネチャーの特製のお麩。

DSC09592

漬物も上品な味で美味しい。

DSC09594

3枚目はシイタケとネギ、牛肉のコンビネーション。シイタケがすき焼きのタレをしっかり吸って甘くて美味しい。

DSC09595

その後は豆腐と人参などの野菜だけ。

DSC09597DSC09602DSC09610DSC09612DSC09617

仲居さんが手際よく〆の食事を作ってくれる。ずっと見ていても飽きない。

DSC09621

ふわふわしてオムレツのような食感だけどより濃厚で旨い!パンチのある牛肉の後でも全然負けない。

DSC09623

デザートはシャーベット。甘豆がいいアクセントになってるし、和の風味を感じさせるね。

コンパクトに1時間でコースを出してもらったけど十分すぎるくらいすき焼きを楽しめた。さすが今半。次はステーキを食べてみたいね。