2021北海道ツーリング8日目:ニセコパノラマライン

昨夜はベッドに入ったら秒で意識がなくなって目が覚めたらもう朝6時だった。温泉のおかげなのか起きるとスッキリして体が軽い。いい宿に泊まった甲斐がある。

朝ごはんは7時半からなので散歩がてらに支笏湖を見に行く。

残念ながらまだ濃い雲がかかっている。少し明るいところもあるので晴れてくるとは思うが、多分すぐには厳しそう。それでも早朝の支笏湖は美しい。

支笏湖湖畔園地をぐるっと回って支笏湖展望台まで行ってみたかったが、山線鉄橋が再塗装作業で通行止めになっていたので諦めて支笏湖神社で参拝してきた。また支笏湖に来られますように。

宿に戻ると我がスラクストンが出迎えてくれる。もうすっかり馴染んでいていつもの正位置に停められてるように見える。やっぱり昨夜も雨が降ったらしいが、下屋のおかげで全く濡れてなかった。ありがたい。

いよいよ朝ごはんの時間。昨夜は暗くてあまり見えなかったが、レストランからの湖の眺めも素敵だった。ディナーも夏だったら支笏湖の夕暮れの絶景を堪能しながら食事ができるかもしれない。

ご飯は炊きたてで湯気だけでもう美味しい。実際食べてみると美味しすぎてびっくりした。ちょうどいい粘りと硬さ、甘くて美味しかった。初めて食べる感じだったのでスタッフさんに聞いたら「ほしのゆめ」という米だと教えてくれた。気に入った。

おかずも美味しくて気づいたらご飯もおかずも全部食べてしまった。いつもなら朝ごはんはそれほど食べないのに、美味しすぎた。

朝ごはんの後にもう一回温泉に入ってから支度をしてチェックアウト。本当にいい宿だった。また機会があったらぜひ泊まりたい。冬もいいかもしれない。

このまま支笏湖を離れるのは勿体ないのでとりあえずポロピナイへ。まだ朝早い時間だったのに人がいた。仲良し家族が微笑ましい。

支笏湖の水は本当にキレイ。晴れるともっと透明に近い青に輝く(なんだか村上龍っぽい…)。水質は2018年まで11年連続日本一だったらしい。

名残惜しくて国道453号を行ったり来たりとしながら2021年の最後の支笏湖を楽しむ。

支笏湖には癒しで溢れている。この道を走るだけでも色んなものが浄化されていく。行きたくないが、もう行かないと。

支笏湖から国道453号で洞爺湖を目指す。国道453号は美笛川に沿った形で作られてるので適度にワインディングがあって鬱蒼としてた森があって走ってると楽しい。美笛峠を超えながら支笏湖に最後の挨拶をした。また来年も来られますように。

洞爺湖に着いたのが10時半。洞爺湖に寄ったのはスープカリーが食べたかったから。ネットで調べると千歳空港内以外は洞爺湖の「soup curry mog mog」さんの評価が高かったので洞爺湖に決めた。

11時の営業開始時間に合わせてお店に入ると強面のサンドイッチマンのようなお兄さん二人が優しく迎えてくれた。この二人が切り盛りしているらしい。話してみるとすごく優しくてやっぱり人は見た目で判断してはいけない。店内も個性的で、綺麗に整理されていて、丁寧だった。

頼んだのは季節限定メニューのベーコンとキノコのスープカリーとラッシー。辛さを0から20まで選べられる。聞いてみると結構辛いらしいので2(ピリ辛)を選んだが、それでも辛かった。2でこんなに辛かったら20はどんな味だろう?少し辛いけどスパイスが絶妙なバランスで具材ともよく合って美味しかった。ボリュームもたっぷり。甘いラッシーがよく合う。ごちそうさまでした。

スープカリーの後は今日のハイライト、ニセコパノラマラインへ。

昨日と一昨日の天気の悪さを補うためなのか最高の空をプレゼントしてくれた。これだけ晴れたらどの道を走っても楽しそうなのに今走っているのは北海道一のワインディング・ロードのニセコパノラマライン!

もう最高すぎて言葉が出ない。思わず鼻歌が出てしまうほど。ニセコパノラマラインはこれが3回目で、1回目は記録的な強雨で死ぬかと思ったし、2回目は雨こそは降らなかったけど曇りだったが、3回目にやっとニセコパノラマラインの真骨頂を見たような気がする。

この道、楽しすぎる。

ニセコパノラマラインに来たら必ず寄るのがこの「神仙沼レストハウス」。3年前に土砂降りから助けていただいた御恩を忘れられない。建物も外観工事が綺麗に終わってより格好よくなっている。店長さんも元気そうで何より!

まだスープカリーでお腹がいっぱいだったのでデザートとして神仙ソフトクリームメロンを頼んだ。店長さんがメロンがまだ熟成してないと心配してたが、普通に全然美味しかった。

休憩の後は神威岬へ。これほど天気が良ければ念願の積丹ブルーも拝見できるかも。

ニセコパノラマラインを降りて共和町に入ったら遠くに海が見えてきたが、それがビックリするほど青くて綺麗だった。これが積丹ブルーなのか!期待に胸が高鳴る。

神威岬に向かって国道229号を走っていると左側に広がっている海が綺麗すぎて前に進めるのが難しいくらいだった。この二日間悪天候の中で頑張ったのをこの海が全て償ってくれているかのように感じた。

いよいよ神威岬!坂を登って行くとススキが広がっていた。しかし、雲が多くなって風も結構強い。これはもしかすると…

秋の神威岬は息を呑むほど美しくて素敵だったが、雲と風のせいなのか完璧な積丹ブルーは体験できず。でもこれでまた神威岬へ行く理由ができた。

神威岬の後は国道229号で小樽に向かったが、余市辺りから交通量が増えて道路工事もたくさんやっていたので小樽まで思ったより時間がかかってしまった。

やっとの思いで今日の宿「アンワインドホテル&バー小樽」に到着。このホテルは、歴史と伝統があるホテルが現代の感覚とデザインで洗練されたブティックホテルとして蘇ったのが小樽らしくて素敵だったので予約した。

北海道で初の外国人専用ホテルとして昭和6年(1931年)に建築された「旧越中屋ホテル」。戦時中は将校クラブとして陸軍に、戦後は米軍により接収された歴史を歩み、小樽市指定歴史的建造物、経産省「近代化産業遺産群33」にも指定された歴史的建造物が、数年の月日を経て再生。

このホテルのブランディングとデザインが思ったよりも素晴らしいものでファサードから心に訴えるものがあった。チェックインは必要な手続きのほとんどをウェブで済ませて対面接触は鍵の受け渡しくらいに最小限に減らしているのもよかった。

部屋もこのホテル全体のデザイン規則の中で綺麗にまとめられている。決して広くはないが、必要なものは全て揃えていて快適。

渋滞の中でかなり汗をかいたので先ずシャワーを浴びて着替えたら結構リフレッシュできた。元気が出たので小樽散歩へ出かける。

小樽はこれが3回目だが、ちゃんと見て回るのはこれが初めて。人が少なかったので小樽運河の魅力もゆっくり歩きながら満喫できた。こんなに贅沢(?)な小樽散歩ができるのも今年が最後なのかもしれない。

ホテルに戻るとエントランスホールにある素敵なバーが出迎えてくれる。バーカウンターで一杯飲みたいところだが、バーの営業やレストランでのアルコール類は提供してなかった。残念。

晩ごはんはどうしようか迷ったが、正直にまだ疲れも残ってたので外出せずホテルのレストランで済ませた。カジュアルなイタリアン・レストランでアペタイザー、メイン、デザートをそれぞれ頼んだ。料理は美味しかったが、ここにワインが一杯あったらより美味しかったかもしれない。

食事の後は部屋に戻ってサッポロクラシックと2021年北海道での最後の夜を楽しんだ。

2019北海道ツーリング7日目:樽前ガロー、味の大王、ウトナイ湖、支笏湖、苫小牧港

いよいよ最終日。いつも楽しい時間は過ぎるのが早いね。北海道での一週間はあっという間だな。最後の一日も目一杯楽しもう!

この日も朝5時には目が覚めてシャワー浴びて支度して宿を出たら6時。雲は多めだけど雨は降ってないし、暑くもないので走りにはちょうど良さそう。

美瑛にもちゃんと挨拶しようともう一回ジェットコースターの路へ。前日も行って動画を撮ったけど画面が暗すぎたのでこの日の動画だけをアップした。GoProって思ったよりレンズが暗めなのかもね。

ジェットコースターの路も好きだけどそれが終わって左に曲がって富良野へ行く道も好き。また、パノラマロード江花から雲に隠れてる十勝岳連峰を見ながら別れの挨拶をする。

まずは国道452号を走って富良野から夕張に向かう。適度なワインディングの山道が走ってて気持ちよかったけどなぜか交通量が多かった。土曜日だからか?

途中であまり休めるところがなくてノンストップで追分まできちゃった。道の駅の看板が見えたのでとりあえず寄ってみた。トイレも行きたいしね。ここは道の駅 あびらD51ステーションと言って今年の4月19日にオープンしたらしい。なかなか気合の入った道の駅でオシャレでキレイだった。

また蒸気機関車D51 320号機特急列車「キハ183系車両」などたくさんの鉄道関連の史料を展示していて関連グッズも販売していた。たぶん鉄道ファンには有名なところっぽい。

最後の目的地の樽前ガローは苫小牧市の真ん中の大通りを通って行く必要があったけど久しぶりの大都会の車の多さや信号の多さにびっくり!一気に現実に戻された気がした。途中気温も上がってきて(それでも20度を少し超えたくらいだったけどね)辞めようかと思ったけどこの機会じゃないと次いつ行けるか分からないので頑張って行ってみることにした。

やっとの思いで樽前ガローに着いたけど案内表示板がよく分からないように書いてあってとりあえず駐車場にバイクを停めてそれっぽいところまで歩いて行った。

着いたら崖の上からでしか見れなくて下へは危ないから降りられないと。苫小牧市の観光案内ページには降りることができると書いてるけどな…なんか行くところを間違えたのかな?残念。

気を取り直して念願の味の大王総本店へ!一番最初に味の大王に行ったのは室蘭のほうで行った日が定休日で食べれなかった。二回目は苫小牧の味の大王総本店へ行ったけど着いた時間が遅かったのかスープの売り切れで食べれなかった。三度目の正直!今回は絶対食べると気合を入れて11時40分くらいにお店に着いた。

もう駐車場は車でいっぱいで手袋やジャケットを脱いでる間にガンガン車が来て人たちが降りてお店の中へ。焦るね!急いで店内に入る。

入ってすぐ券売機でチケットを購入して受付の方にチケットを渡すと番号札をくれる。その番号札に書いてある数字が呼ばれたらカウンターに取りに行くシステムだった。サービスエリアによくあるようなシステムだけどたぶん来客数が多いのでこういうシステムで運営してるらしい。

頼んだのは定番のカレーラーメン!

スープはトロっとして結構カレーっぽい感じ。カレー6:ラーメンスープ4か、7:3くらいのトロトロ感。カレーのスパイシーも効いてラーメンのスープの出汁感も効いてバランスよく混じってすごく美味しい!これが苫小牧のカレーラーメンか!

濃厚なカレースープと縮れ麺がよく絡んでカレーと麺を一緒に食べる感じがいいね。置いていかない。これはまた行くしかないな。次回は辛口カレーラーメンと餃子を頼もう!

ご飯の後は近くにあった道の駅ウトナイ湖へ散歩がてらに寄ってみた。道の駅内にウトナイ湖を見渡せる展望台があったので登ってみる。

屋上まで登るとウトナイ湖全体が目に入る。思ったより少し小さい湖で鳥がたくさんいると聞いたけどこの日はあまり見れなかった。でもこうやって湖を見てると癒やされるね。

露店でメロンを売ってるおじさんが「甘いよ」と誘ってくるので一切れ頼んでみた。一切れ200円。そういえば北海道に来てからまだ一回もメロン食べてないな。目の前でおじさんが切ってくれるけどその素人感たっぷりの包丁さばきに逆に好感を持てるね。

メロンはちゃんと熟成されて甘くて美味しかった。やっぱり北海道のメロンはレベルが違う。

食べ終わってゴミを捨てようと露店のほうに行ったら買うかどうか迷ってる方たちがいたので大きめの声でおじさんに「すごく甘くて美味しかったです」とお礼を言ったらあの迷ってた方たちも「じゃ、私にも一切れください」と言ってくれた。ほんとに美味しかったからね。

バイクに乗ろうと支度をしていたらFW1の水を使わない洗車&ワックス剤の販促をしてるおねえさんがやってきて「ミラーとスクリーンをこの水を使わない洗車&ワックス剤で拭いてあげるイベントをやってますが、拭いてもいいですか?」と言うのでぜひぜひとお願いした。雨や埃、虫の残骸ですごく汚かったのですごくありがたい。

その水を使わない洗車&ワックス剤の性能はすごくよくてほんとにそれだけですごくキレイになった!ありがとうございます!その後、おねえさんから「一本いかがでしょう?」と本題が出てきた。単純にPRだと思ったら販売が目的だったらしい。

ごめんね。買ってあげたいけど荷物がこれだからちょっと買えないね…

道の駅ウトナイ湖を出てこの日の最後の目的地の支笏湖へ!

苫小牧と支笏湖を繋ぐ国道276号は緑に囲まれた直線道路が走ってて気持ちいい。また晴れてきて楽しさも2倍!

あまりにも気持ちよくて道がキレイだったので写真に残したくて途中でバイクを停めて記念写真を撮った。実は道以外なにもないところだけどそれがいい。

いよいよ国道453号!以前selenさんのブログで見ていつかは必ず走ってみたかった道をこうやって走ることができて嬉しい!大好きな支笏湖を見ながら湖畔のワインディング・ロードを楽しむ。贅沢。

適当に国道453号の支笏湖区間が終わる支笏湖観光センターを目的地にしたけど優雅でいいところだった。ここから釣り船を借りて支笏湖で釣りもできるらしい。釣りはあまり得意ではないけど支笏湖でなら一回やってみたいね。

ここにもバイクがたくさん停まってたけど北海道の方がほとんどだった。地域の方に愛されてるスポットなんだね。

風不死岳に雲がかかってその素敵な姿が見れないのが残念。また風も強くて鏡のような水面はこの日はお預けのようだ。

それでも支笏湖の水はキレイだった。冷たいかな?手を入れてみたらそんなに冷たくない。もう夏なんだね。

立て看板に大きく「チップ揚げ販売開始!」と書いてあるのが気になるね。チップってなんだろうと調べてみたら

アイヌ語で「薄い魚」を意味するカパチェプ(kapacep)のうちの魚を意味するチェプ(cep)が訛った「チップ」の名でも呼ばれている。

らしいね。チップもヒメマスも(同じだけど)食べたことがなかったので折角だし頼んでみた。お味は鮭のような感じで、脂が多くて美味しかった。

帰りの国道453号も精一杯楽しむ!名残惜しいが、支笏湖も十分楽しんだので苫小牧港へ。

苫小牧港に着いたのが14時40分、バイクを停めて受付カウンターで並んだらちょうど15時に受付が開始されたのですぐ手続きを済ませた。

その後は2階の待合スペースでデータの整理とブログの更新。今回の北海道の旅はより濃すぎてリアルタイム更新がなかなか難しかった。でもブログを書いてたくさんの人が読んでくれて楽しんでくれるのが何よりうれしくてそのいう方たちと一緒に旅をしてる感じが好き。

17時が過ぎたら乗船開始!乗るのはバイクが一番先だけど降りるのは一番最後。

さんふらわあ さっぽろの客室「コンポート」。小さい空間だけどちゃんと設計されて快適に過ごすことができる。今回はお客さんがそれほど多くないらしく隣の室が空いてたのでそこにもヘルメットなど荷物を置かせてもらった。ジグザグに人が入って空いて人が入って空いての感じだった。

とりあえず荷物を置いといてリラックスできる服に着替えたらすぐお風呂へ。お風呂は混む前に済ませたほうがいいね。

お風呂の後はすぐ夕飯。今回も夕食券と朝食券をセットで購入したけど夕食のシステムが変わってた。前回はビュッフェスタイルだったのに今回はA、B、C、Dの中からメインディッシュを選ぶ形式に。Aは日替わりシェフオススメだけどそれが何なのかはヒントもないし分からない。Bはハンバーグで無難だったのでBのハンバーグにした。

美味しそうには見えたけど作り置きのハンバーグを温めたような感じで冷凍食品っぽくてあまり美味しくない。夕食に関しては新日本海フェリーの勝ちだな。これなら去年のビュッフェスタイルがよかった。

フェリーはまだ苫小牧港内にあったので窓から苫小牧港を見ながら夕飯を食べる。来年もまた北海道に行けますように。

夕食の後は安定のサッポロクラシック。サッポロクラシックも今年はこれが最後だと思うと名残惜しいね。なので4本くらい飲んじゃった(笑)。

帰りの日も天気はあまりよろしくなくて台風5号の影響なのか知らないけど風が結構強くて船も横に結構揺れた。意外と揺れたおかげでよく寝れた!まるでゆりかごに入ってるよう。

朝ごはんは以前と同じくビュッフェスタイルだった。やっぱりこっちのほうが全然美味しい。商船三井フェリーさんは厨房の設備やシステムなども含めてビュッフェのほうが向いてるのかもね。

船内で寛いでたらバイクの方も車両デッキに移動してくださいとアナウンスがあったので急いで車両デッキに移動する。隣にバイクを停めといた方は同じ川崎からいらっしゃった方で以前野付半島ネイチャーセンターの駐車場でお会いして挨拶した方で

あの前方の黄色いバイクの方も和琴半島湖畔キャンプ場で隣だった。他の方々も知らないうちに結構すれ違ったりどこかで会ったような気がする。北海道は広いけど狭い。みんなバイクで行くところがそれほど変わらないからね。

無事大洗港の上陸!大洗港から家までは約140km。家に帰るまでが遠足!気を引き締めて出発。

途中以前ゆるツーの皆さんとの安住神社ツーリングの帰りに寄ったオシャレな守谷SAで一休み。

お昼を食べてないからか糖分が足りない感じだったのでバナナを一本。元気が出た!

東京のほうに向かうと曇ってるのに気温がぐんぐん上がるのが分かる。このジメジメ感、久しぶり。(北海道に帰りたい…)

無事家に着いてメーターを見ると2516.8Km。最後まで故障もなくちゃんと走ってくれた相棒に感謝しながらカバーをかける。今すぐ洗車やメンテナンスをしてあげたいけど天気と体力的に厳しい。来週末にしっかりやってあげるからね。

今回の北海道ツーリングは天気にはそれほど恵まれてないけどたくさんのいい人に恵まれて素敵な旅だった。来年も北海道に行けるようにまた一年頑張ろう!

2018北海道ツーリング11日目:登別地獄谷、チキウ岬、支笏湖

いよいよ帰る日を除いたら今回の北海道旅の最終日がきてしまった。旭川から少し距離はあるけど初日に行けなかった登別地獄谷とチキう岬へ行くことにした。宿は苫小牧近くの旅館やホテルを取ることも考えたが、やっぱりキャンプで締めたくて美笛キャンプ場に決めたけどこの判断が吉と出るか凶と出るか。

旭川のドーミーインホテルから朝6時半くらいに出発。高速道路で登別まで移動したけど周りの速度に合わせて走ってたら、なんかちょっとおかしいと思って速度メーターを見てたらかなりのスピードで走ってた。北海道の皆さん、結構走ってますね。

途中で少し札幌によったけどこれはこれは…もう大都会で走るのは大変。すぐ道央自動車道に逃げてまっすぐ登別まで行きたいところだったが、またもガソリンが危なかったので白老ICで降りてとりあえずガソリンを給油。

この道は北海道の上陸した初日に緊張しながら走った道だけどこうやってまた走ると感慨深い。

登別地獄谷へ行く道はちゃんと管理されていて走りやすい。新しい道路も多くて快適だった。

DSC04014DSC04019DSC04021

やっぱり登別地獄谷は観光客でいっぱいだった。あの硫黄の匂いを嗅いでると温泉卵が食べたくなるね。箱根大涌谷の黒たまごみたいなのが食べたい。

地元の人にチキウ岬よりトッカリショのほうがオススメという話を聞いたのでまずトッカリショのほうへ向かう。

DSC04027

人も少なくて快適。景色もキレイ。霧がない晴れてる岬はいつぶりだろう?遠くまで見えて気持ちいい。

DSC04026

昼は結構暑かった(たぶん25度くらい?)ので海にでも入りたかった。海もキレイ。

チキウ岬へ移動。距離はそんな離れてないのですぐ着いた。

DSC04035

やっぱりここには観光客でいっぱい。白い灯台がかわいいね。

DSC04036

地球にちなんだモニュメント。皆さんこの中に入って写真を撮って楽しんでた。

チキウ岬から降りていく道は南国を連想させる。まるで沖縄辺りの道にも見えちゃうね。オホーツク海沿いと比べるとここはもう南国だね。北海道って本当に大きいと改めて実感。

DSC04037

お昼を食べようと寄った味の大王室蘭本店。またも定休日…ちゃんと確認すればよかったもののもう曜日とか分からなくなっちゃってるので見ても分からなかったかも。

待ってても仕方ないので次に向かう。お昼は途中で見つかったら食べよう。とりあえず白鳥大橋を渡る。

国道453号。天気もよくて最高だったけどなんか見覚えがある!この道も初日に洞爺湖まで移動するときに走ってた。なんか懐かしい。

DSC04038

途中伊達辺りで和楽来(ワラク)という店を発見してここでお昼を取る。とりあえず見つけたら食べるしかないね。この次、店があるかどうか分からないしね。

DSC04041

頼んだのは奥洞爺和牛ランプステーキ丼!

DSC04042

肉も柔らかく脂が乗ってて美味しかったけどそのタレと下に敷かれてたキノコが美味しかった!この辺は和牛とキノコが特産品なのかな?

峠を乗り越えて美笛まで。走ってて楽しい道だった。天気もいいのでなおさら!

DSC04154

美笛キャンプ場の入口の案内板を発見して左折して入ると

ジャングルみたいな原始林の中のオフロードを走っていく。これ道間違ったんじゃないかなと心配になるくらい走って行くと開けたところが出てキャンプ場が出てきた!よかった。

DSC04058

センターハウスでチェックインを済ませてサイト内に入ると

DSC04045DSC04044DSC04043

すごく素敵な湖が目の前に広がってるのではないか!自分が北海道でイメージしてた絵に描いたような景色!もうテンションが上がりまくり。最後の最後まで北海道は驚きと感動を与えてくれる。もう素敵すぎて体が震えるくらいだった。

キャンプ場は観光客よりも地元の人々に愛されてる感じだった。バイクで来てたのは私を含めて2組のみ。

DSC04046

子どもたちが水遊びではしゃぐ声が幸せを感じさせる。

DSC04050

設営はいつもと同じ感じなんだけど景色が違うともっと格好良く見える。

DSC04053

湖沿いだけではなくて林のほうにもサイトがあってどこに設営しても大丈夫。こちらのほうにはRVカーでいらっしゃった方が多かった。

DSC04055

まずはサッポロクラシック。今日は飲もう!

DSC04059

富士山ではないけど松竹のタイトル・ロールみたいな感じだ。

DSC04062

水辺ということもあって虫が多かったけどそれほど気になるレベルではなかった。蚊がいるかもしれないので念のために。

DSC04066

ヨロッパからいらっしゃった家族だったけど子どもとパパの仲いい姿が羨ましくて一枚。家族に会いたいね。

DSC04068DSC04069DSC04074DSC04075DSC04078

キレイ過ぎて何もしないで景色を見てるだけで幸せ。

DSC04082

稚内で見た月は三日月だったけどもう結構大きくなってる。北海道に来てもう11日目だもんな。

DSC04084DSC04086DSC04095

美しい。私が一番好きな湖は支笏湖になりました!

DSC04102

この日の晩ごはんは

DSC04103

初日と同じくペペロンチーノ。これは簡単だし、失敗しようがない。美味しかった。

DSC04108

北海道での初めての焚き火。キレイな湖と焚き火、サッポロクラシックがあってもう文句のいうところがない。完璧だ。完璧すぎる。

DSC04118

夜中2時にくらいに目が覚めて外を見るとそこにはまた美しい湖と山、星空が広がってた。なんて素敵なんだ!

美笛キャンプ場は世界最高レベルも美しいキャンプ場だと思う。なんでもっと大きい声で言わないんだろう。北海道まできて知らないまま通り過ぎたらそれは本当にもったいない。

皆さんも機会があったらぜひ行ってみてください。オススメです!