鮨 早川

先日以前アメリカでお世話になった二方が今日本に移住してると連絡をもらった。二人とも日本が大好きだったけどまさか日本に移住するとは思ってなかったのでビックリしたけど久しぶりにお愛したかったので食事会を開くことにした。

どの店がいいか悩んだ結果、アメリカ人が喜びそうな「鮨 早川」を予約した。

DSC06418

相変わらずの入り口。この扉の向こう側にあんな素敵な鮨やがあるとは思えないだろう。ずるいですよ、早川さん(笑)。

DSC06422

先に着いちゃったのでお先に生ビールをいただく。この日はカウンターの予約ができなくて個室にした。

二人から近くに着いたけどお店を探せないとの連絡があったので迎えに行く。でもまたそれが楽しいんだよね。隠れ家的な感じがアメリカ人にも響くらしい。

DSC06423

最初はビールにしようとしたら一人の方が最近ビールアレルギー(!?)が発症したらしくて、ビールを飲むと体がかゆくなるとのことだったので早速日本酒に!日本酒は問題ないらしい。辛口が好きということだったので店員さんに薦めてもらったのがこの金冠黒松 しぼりたて純米60。結構パンチがある感じ。

DSC06424

最初に出されたのがこの新銀杏。秋ですな。またこれが日本酒に合うね。

DSC06425

続いて刺身盛り合わせ。カツオとヒラメ&ホシガレイ。美味しい。

DSC06427

鮨 早川の嬉しいサービスの中の一つがこの英語の鮨カード!日本語や鮨に詳しくない方が今食べてる料理を理解するのにいいし、それを元にまた会話が弾むね。

DSC06429

いくら。淡白な味付けが最高な逸品。

DSC06431

日高見 弥助 芳醇辛口 純米吟醸。こちらも辛口。

DSC06433

秋刀魚。一切れは焼き、一切れは刺身と秋刀魚を存分に楽しむ。

DSC06435

茶碗蒸し。牡丹海老出しに人参を加えたらしく茶碗蒸しとしては濃い味が印象的。

DSC06439

正雪 特別純米 備前雄町。どんどん飲むスピードが早まる(笑)。美味しい料理と酒があるので当然盛り上がるよね。

DSC06437

アワビ。美味しそうすぎて写真を撮る前に一切れを食べてしまった。あちゃー…

DSC06441

メヒカリ。最近よく食べるけど脂が濃厚で肉厚で旨い。

DSC06443

手取川 酒魂 純米吟醸。辛口続きだったので少し甘口をお願いした。円やかで飲みやすい。甘い。

DSC06445

スミイカ。これで1杯らしい。弾力があって美味しい。

DSC06448

マグロの希少部位のタタキと白エビの握り。

DSC06449

日下無双。やっぱり旨い。

DSC06450

キンキ。藁の煙を閉じ込めた演出を見せてくれたけどやっぱりカウンターで見るほうがインパクトがあるね。味は申し分なく、風味もちゃんといきていた。

DSC06454

マグロの赤身と中トロ。最高!

DSC06456

雲丹とコハダ。先週末アジ丼を食べてからずっと光り物が食べたかった。コハダ旨い!雲丹は言うまでもない!

DSC06462

続いて田酒 純米大吟醸 短稈渡船。この酒は限定品らしくて、

「山田錦」は大正12年に兵庫県立農事試験場で「短稈渡船(たんかんわたりぶね)」を父とし「山田穂(やまだぼ)」を母として人口交配を行い、選抜固定の後「山渡50-7」の系統名をつけ、品種比較試験を行って昭和11年に誕生しました。

この酒は、その父親にあたる米の「短稈渡船」、母親にあたる「山田穂」を40%まで精米し、まったく同じ条件で低温によりじっくりと吟醸仕込みされ更に瓶詰め後、氷温により一年間熟成させたものです。

こういう背景を持ってるらしい。この日頂いたのは短稈渡船のみだったけど非常に円やかで甘くて旨かった。山田穂も飲んどいたほうがよかったね。

DSC06465

玉子焼き、車海老と穴子。この車海老は本当に肉厚で甘くて満足感がすごい。

DSC06468

いよおよ早川スペシャル巻きの時間。個室にその食材を持ってきて見せてくれる。トリュフにみんな興奮!

DSC06471

待ってる間に獺祭純米大吟醸磨き二割三分を頼んだ。三割九分でも全然美味しいけどね。海外にも獺祭はかなり有名らしくてみんな知ってた。

DSC06474

いよいよ早川スペシャル巻き!鮨へトリュフは神の一手だと思う。どれかの勝ち負けではなくすべてが絶妙なバランスで旨い!

DSC06475

少し飲みたりなかったので梵 日本の翼 純米大吟醸という酒を頼んだ。かなりインパクトのある名前でみんなビックリ(笑)。甘くて旨い!

DSC06476

最後は抹茶とわらび餅で締める。

素晴らしい料理と酒にいい人達、最高の夜だった。ただ、個室ではなくてカウンターだったらもっとよかったけどね。それだったらみんなももっと喜んだと思うと近いうちにまたリベンジしないとね(笑)。

鮨 あい澤

久しぶりの「鮨 あい澤」。前回は3月?5月か6月辺りに行ったような気がするけどちゃんと記録を残さなかったので記憶が曖昧。

前回に大将が「写真を撮ってもいいですよ」と言ってくれた。実は5年くらいこの店を通っててずっと写真禁止のポリシーだったと思って写真を撮らなかったが、大将に直接聞いてみたら自分がそこまで強く写真がだめとは言ってないけど以前食べるより写真ばかり撮ってるお客さんがいて一回注意したことがあるらしくてそれが広がったらしいとのこと。

DSC05035

いよいよ「鮨 あい澤」の写真を撮る日が来た!一番好きな鮨屋なのですごく楽しみにしてた。

のれんをくぐってお店に入ると二人組もお客さんと三人組のお客さんがいてちょうどその間、大将の相澤さんが鮨を握る正面のカウンター席を確保。すると10分後くらいに他の二人組のお客さんが入ってきてすでにカウンター席は満席になった。最近より勢い付いてきたかもしれないね。

DSC05039

一杯目をビールにしようか日本酒にしようか迷ったけど日本酒オススメで。出てきたのが茨城の活性にごり酒 来福X。こう来たか!初球から変化球(笑)。

DSC05040

やっぱりプロの仕事ぶりを見るのは楽しい。

DSC05042

一番最初に出てきたのはたこの柔らか煮。先週末にテレビで稚内のたこしゃぶ料理を紹介する番組を見てたらたこが食べたくなったのですごくタイムリーで嬉しい。

DSC05043

次は藁焼き鰹。

DSC05046

藁の香りと風味が鰹の味をより立たせる。酒が進む!

DSC05047

次の酒は写楽 純米吟醸 播州愛山。甘くて美味しい。

DSC05048

さわら。

DSC05049

太刀魚のあんかけ。一緒に行った友人は元々太刀魚があまり好きじゃなかったらしいが、これはすごく美味しいとぺろりと食べてしまう。苦手だったらいくらでも変わりに食べてやるけどな。

DSC05050

穴子を鱧のように骨切り。タレは蜂蜜に漬けた梅干しにあい澤のオリジナルぽん酢を混ぜたもの。さすがの丁寧なお仕事で美味しくないはずがない。また酒が進んじゃう。

DSC05052

山形の東北泉 純米吟醸美山錦

DSC05055

いよいよ握りがスタート。一発目がなんと中トロ!おまかせや懐石料理などコース料理というのはその料理人の性格やクリエイティビティーを見せてくれる。相澤さんのこういう大胆な発想は結構好きで、だからファンになってると思う。この一発目のテンションを最後まで持っていけちゃうのもすごいし、またその強弱などのバランスの取り方がすごくうまい。

DSC05064

すし職人のさすがの包丁捌き。プロの仕事は美しい。

DSC05057

中トロの後のコハダはあっさり感が増す。美味しい。

DSC05058

鮨 あい澤のもう一つの特徴はオリジナリティ溢れれる「しゃり」。米の硬さや大きさ、お酢の種類も違って、少し硬めのご飯に少し小さめの大きさに強めの味のお酢がネタとバランスよく絡んで美味しい。

DSC05060

牡丹海老。甘い。

DSC05062

金目鯛。さっぱりしてて美味しい。

DSC05063

マグロ漬け。少し濃い味。

DSC05066

秋刀魚。マグロ漬けの後だから秋刀魚のクセが柔がるのかもね。

DSC05067

佐賀の東一 山田錦純米酒。いつも佐賀と滋賀を間違えちゃう…長崎のとなりの佐賀ね。

DSC05069

イサキ。

DSC05071

春子鯛。

DSC05073

いくら。北海道を思い出す。

DSC05074

穴子。二回目の登場だが調理法が違うのでくどい感じは全くない。

DSC05075

玉子焼き。最初食べたときはカステラかと思うくらい甘くて美味しい玉子焼きは初めて。スイーツに近いね。

DSC05077

水菜の味噌汁。これもあい澤のシンボルみたいな感じかな。一連のコースの後の水菜の味噌汁がまた口をさっぱりとリフレッシュしてくれる。

DSC05078

またついついもう一品頼んでしまう。

DSC05081

大トロの巻物。うにかマグロか悩んだけどここは大トロで締めたい。

DSC05083

最後はお茶をいただく。

いや、またも大満足、こんな美味しいもの食べれて幸せ。一緒に行った友人もその余韻に浸かって今朝もまたLINEで鮨の話をしてきた。やっぱりこのように人を幸せにする料理を作ってくれる職人、料理人へ尊敬と感謝。

鮨 早川

昨日は恵比寿にある「鮨 早川」に行ってきた。恵比寿駅から近い雑居ビルの5階にあるけど外に看板など一切なくてエレベーターから降りても何も書いてない白いドアがあるだけ。合ってるのかどうか分からなくて躊躇しながらドアを開けてみるとそこはもう別世界だった。

DSC02408

和モダンというか黒を基調にしてライティングの演出が格好いい。あの盆栽もいいポイントになってるね。これは期待が高まる。

DSC02413

一番最初に出てきたのがこのとうもろこしをベースにしたプリンのようなもの。初めて食べる料理だが、この店のアイデンティを見せてくれる。

DSC02414

若布と海ぶどう、カレイが昼の暑い記憶を飛ばしてくれる。一杯目の生ビールが進む。

DSC02419

イワシのたたき。わさびがいいアクセントになってる。これは酒が進むね。

DSC02420

早速日本酒を頼む。澤屋まつもと。100%山田錦米を使ったらしい。少し辛口だが、非常に美味しい。

DSC02425

初めて見る大きさの巨大アワビ。福岡北九州若松産だそう。

DSC02427

適切な弾力があって噛みごたえは十分。甘みと香りも最高。こんなアワビを食べれるなんて幸せ。

DSC02433

焼き魚。脂が乗っていて口の中で溶ける。また酒が進んじゃう。

DSC02436

次に出してもらったのは鍋島。佐賀の銘酒らしい。もう言葉は要らない。美味しいの一言です。

DSC02438

うにの茶碗蒸し。これも新しいね。磯の香りが口中に広がる。一品一品ちゃんと工夫されてこの店だけのオリジナリティが溢れる。素敵。

DSC02441

タコにマスタード(!)を載せて食べたのは初めてだけどすごく合う!

DSC02442

次はスーパーくどき上手。競馬の馬みたいな名前だが、すごく美味しい。

DSC02444

鱧。上品な味。鱧食べると京都行きたくなるね。

DSC02445

ここからは握りに入る。シンコの光沢が堪らない。

DSC02446

酢飯を2つ種類を分けて使ってる。普通の酢飯と赤酢の酢飯をネタに合わせて変えてるけどそれがまた絶妙にバランスを持ってる。

DSC02447

次は日下無双!以前知人に勧めてもらったけど飲むのはこれが初めて。知人が褒めただけのことはあった。

DSC02451

いよいよマグロかと思いきや

DSC02452

こんな演出が!これは料理を超えてエンターテイメントですな。

DSC02456

藁の香りが素敵。寿司の風味を豊かにしてくれる。

DSC02466

寿司の周りの白いのは塩だけど星空を見てるような錯覚まで引き起こす。これは寿司の宇宙だな。

DSC02475

クライマックスが近づいたので獺祭を頼んだ。磨き二割三分は初めて!あ、この甘くて純粋な感じはさすが獺祭!日本酒に詳しい知人からは獺祭批判(商社が入って全国の山田錦を買い占めて作ってるらしく、それでも地酒と呼べるのかという)も聞いたことがあるけどやっぱり美味しいのは美味しい。

DSC02476

素敵なとろ。もう口に入れて瞬間アイスのように溶けてしまった。

DSC02478

うにも最高!北海道産ではなくて佐賀県産のうにを使ってるらしい。

DSC02428

寿司を握ってる早川さん。職人の仕事をしてる姿は格好いい。

DSC02482

車海老握り。身がしっかりしててボリューム満点。

DSC02489

こういう演出、もう惚れちゃうね。

DSC02504

もうお腹いっぱいと思った時に登場した早川SP巻き!ビジュアルが最高だが、味も最高。口に入れた時から広がるトリュフの香りがずっと残っててマグロの脂とのアンサンブルがすごい。これ以上食べれないと思ってもこれなら食べられるね。これですべてのコースが終了。

いや、本当にいい仕事ぶりを見せてもらったな。料理でこんなに感動したのは久しぶり。また大将が職人気質の気難しい人ではなくてかなりフレンドリーで気さくな方なのもよかったね。この店はまた使おう!

鮨 あい澤

IMG_7835.jpg

昨日は久しぶりに渋谷の「鮨 あい澤」へ行ってきた。初めて行ったのはたぶん2013年の秋くらいだったのか?インドへの長い出張から戻ってきた時に先に日本に戻った会社の同僚が自分だけ先に帰っちゃって申し訳ないから美味しいのおごるよと連れていってくれたのがこの店だった。

カレーじゃなくて、日本の米であればなんでもよかったけどこのあい澤の寿司は特別だった。他の寿司屋と違う強い個性を持っていて一回食べると忘れられない。特にシャリにこだわりが少し小さく握る硬めの米がネタと絶妙なバランスを取ってくれる。なんて美味しい寿司なんだと感動したのが通い始めたきっかけである。他の素敵な寿司屋へ行って食べても美味しいとは思うものの記憶には美味しい以外はあまり残らないけどあい澤の寿司は忘れられない特別な魅力があって大好きだ。2〜3ヶ月に1回くらいは行ってるのかもね。

このあい澤の大将がまた変わった人でかなりストイックに寿司を追求するし、弟子にもかなり厳しいのですぐ辞めてしまう場合が多い。ある時は一人でお店を切り盛りした時期もあった。

今の弟子くんは結構長くいるなと思ったら昨日でもう2年になるらしくて初めてお客さんの前で寿司を握るらしい!これはめでたい!こんな素敵な日に偶然待ち合わせたのもこの店との縁かもしれない。元々お客さん同士で話し合ったり、大将と長く喋ったりしない雰囲気のお店だけど昨日はパーティーな感じでみんなでワイワイ弟子くんのデビューを祝った。大将もまだ若いので弟子が握るまで成長したのは初めてらしくて珍しくテンションが高かったし、よく喋ってたね。

昨日は完璧な鮨日和だった。

鮨 ます田

昔から世話になってるお客様が海外からいらっしゃったので少し背伸びして高級寿司屋に行ってきた。

青山学院大学のすぐ隣にある「鮨 ます田」。大将がすきやばし 次郎で修業を積んだらしく、一つ一つのネタが全部ハイクオリティで新鮮な材料を的確に調理した感じがした。これこそ日本の寿司という感じ。