天冨良 よこ田

前日は帰りが少し遅かったのでこの日は早く帰ろうとしたらボスからの呼び出しがあり、2日連続麻布十番へ。

この日のお店は「天冨良 よこ田」。この麻布十番でのれんを揚げて39年の歴史を持つ老舗の天ぷら屋。大将の横田さんは70代の高齢にも関わらず、一人ですべての客を捌いてた。またユーモラスでホスピタリティーが溢れる方で美味しい料理だけではなくて温かいサービスも一流の天ぷら屋だった。

旬の素材をふんだんに使ったコースが絶品で、衣の厚さも絶妙で、また揚げ加減がすごくて、最高のバランスを取っていた。天ぷらなのに全く油っこくなく、むしろさっぱりしてるような感覚。旨い!

またリーズナブルな価格も嬉しい。しかし、現金のみなのでそこは要注意。

天一

DSC06301

帰ろうと車を駐めてある並木通りに戻ったけど用事は全部済ませたのに何か物足りない。色々やったのに何もやってない感じだったのでご飯でも食べて帰るかと思ったところで

DSC06302

目に入ったのが天一本店。よし、天ぷらでも食べて帰ろうか。ランチには少し早い時間だったけどそれが逆にチャンスだと思って予約なしで入ったらすんなりと案内された。

さすがに銀座に構えてる高級老舗だけあって敷居は高かったけど飛び入りの客にも丁寧なおもてなしを見せてくれた。

DSC06304

カウンターの真正面に案内された。やった!天ぷらを揚げる姿が一番よく見える。少し早い時間だったので客は自分一人だったけど12時を回ったら予約の方で席がほぼ埋まった。さすが人気店。

DSC06307

カウンター越しに見える今日使う予定の手入れされた食材も新鮮そのものでテンションがあがる!それだけでもヨダレが出るね。

DSC06311

まずはお通しでサラダが出てきた。気休めにサラダを食べてるとジュワジュワと天ぷらを揚げてる音が聞こえてくると同時に期待も高まる!

DSC06314

一番最初に出されたのがエビ!揚げたてのエビ!一口噛んだらジュワッと湯気が立つ。熱々で外はサクサク、中はフワフワ。甘い!塩だけで十分美味しい。

DSC06315

続いてキス。小さいけど脂が乗っていて身も厚くて美味しい。衣もちょうどいいね。厚くもなく薄くもなくバランスがいい!食感もいい!

DSC06317

さすがプロ!どこで判断するのかな?音かな?色?どちらかは分からないけどちょうどいいタイミングで揚げてくる。

DSC06319

続いて蓮。揚げ物なのにさっぱりして水気も多くて油気を中和してくれる。

DSC06321

アスパラ。サクサク美味しい。

DSC06322

アオリイカ。一口噛んだときのジュワッと出てくる湯気を撮りたかったけど一人だとちょっと厳しい。揚げたて、揚げた直後の天ぷらってこんなに美味しいんだと改めて実感した。

DSC06323

伏見とうがらし。少し辛いかなと思ったけど全然甘くて美味しい。

DSC06326

穴子。身がしっかりして脂も乗っていて最高!

DSC06328

締めはエビのかき揚げが乗った小天丼。これがまた絶品!エビの甘さとタレの甘さが絶妙に合う。あさりの赤だしとお新香も最高のバランスだった。あれだけ食べた後の天丼だったのにぺろりと。

今回は車だったので全然飲めなかったけど今度は夜行ってお酒も一緒に飲みたいね。

新宿つな八、夜

今日も会食なので昨日は休肝日として早めにあがる予定だったが、連携プロジェクトを進めてるメンバーからの誘いを受けてまた飲み会に行ってきた。急だったので予約が取りやすい「新宿つな八 新宿高島屋店」へ。総本店のほうはいつも観光客で行列ができていて入れないけど新宿高島屋店は比較的予約が取りやすくて穴場。お昼の天丼も美味しいけど夜の天ぷらも美味しい。

DSC02545

先ずは漬け物盛り合わせと生ビールを頼んだ。シャキシャキして美味しい。浅漬けのライトな感じが生ビールとよく合う。

DSC02546

天ぷらが出る前につな八名物の4種類の塩(普通の塩、わさび塩、しそ塩。昆布塩)が運ばれてくる。

DSC02548

その前にお店オリジナルの蔵出し生酒(つな八ラベル)と刺身盛り合わせを食べる。刺身盛り合わせは量や種類がもう少し多いといいね。すぐなくなっちゃう。

DSC02549

メインディッシュの天ぷら盛り合わせ出た!やっぱり天ぷらは天ぷら専門店で食べたほうが美味しい。

DSC02552

このエビが特に美味しかった。足や尻尾もパサパサして美味しい。

DSC02553

お代わりの日本酒。適当にオススメを頼んだので中身がなんだったのかは覚えてないけど甘くて飲みやすい上品な味だった。それよりこのやかんは南部鉄器なのかな?家にも一個ほしいね。

DSC02554

いつも締めで頼むのは

DSC02558

鯛茶漬け。濃厚な鯛の味とお茶がよく合う。量も締めで食べるのにちょうどいい感じで重くない。

こんな感じでみんなと美味しい料理とお酒を適度に楽しんだ。一緒に仕事をする上でいつも意見が合うわけでもなくてたまには揉めたり、感情的になったりするけどこういう息抜きの場があるとお互いをより理解し合えるようになってより円滑に進めることができるようになる。

しかし、最近このブログのグルメ化の勢いが半端ないね。食べ物の写真を撮るのが楽しいというのもあるけど。