竹富島

折角石垣島に来たので二日目は竹富島に行ってみることにした。竹富島は石垣島から船で10~15分くらいかかるすごく近い距離にあるこじんまりした島。

IMG_5183.jpg

朝、石垣港離島ターミナルに着いたら真面目な顔の具志堅が迎えてくれた。具志堅と記念撮影して船に乗り込む。

IMG_5189.jpg

竹富島に行く船は一時間に何隻もあるのに船の中は観光客でいっぱい。台風が近づいてるらしく波が高くないか心配してたけどそんなことはなく快適だった。

IMG_5194.jpg

竹富島に着いたら予約してあったレンタルバイク屋の送迎バスに乗り込んで町の中へ。車で5分もかからない距離で歩いても全然問題ないレベル。あ、こういう壁と道、イメージ通りの町だった。

IMG_5195.jpg

自転車で島中を走り回る。

IMG_5209.jpg

最初の目的地はカイジ浜。星砂で有名なビーチでみんな必死に星砂を探す。

IMG_5206.jpg

星砂もいいけど景色が最高。

IMG_5232.jpg

カイジ浜から自転車で5分くらい走ってコンドイビーチへ向かう。ここは海水浴ができるので少し混んでたけどそれほど人が多くはない。

IMG_5236.jpg

この島ではほんとにのんびり過ごすことができるけど時間が過ぎるのは早い。

IMG_5254.jpg

海水浴の後は島が一望できるなごみの塔へ。

IMG_5256.jpg

しかし、なごみの塔は老朽化でもう登ることができなくなっていた。その代わりにとなりの民家の屋上に無理やり作った展望台があったので入場料の100円を払って3階建てくらいの高さの展望台に登る。

IMG_5262.jpg

3階建てくらいの高さがあれば島全体が一望できる。やっぱりキレイな島だなと改めて感心する。

IMG_5274.jpg

しかし、この日は暑かったな。水牛も汗で毛先がキラキラしてた。でも全然イヤじゃない。暑いけど日陰で冷たいオリオンビールを飲んだら最高に気持ちよかった。

次は竹富島でもっと過ごしてみたい。西表島や波照間島も行ってみたいしね。

石垣島

今年の夏休みは石垣島へ。初めての石垣島でワクワクする。ただ、ANAの直行便の時間が少し微妙で11時15分出発で14時15分着なので遅いと娘に急かされる。遊べる時間がなくなると…それでも少し余裕を持って8時半くらいに家を出る。

IMG_5082

荷物を全部詰め込んだらスーツケース二つがパンパンに。合わせると35Kgくらいで何がそんなに入ってるんだろう…たぶん自分の荷物は1Kgもないかも。

9時半くらいに空港に着いたけどどの駐車場もいっぱいいっぱいで2時間待ちとのこと。国際線ターミナルの駐車場は空いてるらしいのでとりあえず妻と娘を国内線第2ターミナルに降ろして手荷物の手続きをお願いして国際線ターミナルの駐車場に。ここも結構混んでいていつもなら3階以内で余裕で止められるが、この日は6階まで。

IMG_5087

石垣島行の直行便の機材は最新のB787でテンションが上がる。広い機内はもう人でいっぱい。石垣島もかなり人気なんだね。フライト時間は2時間50分、韓国のソウルに行くより遠くてほぼ台北に行くのとあまり変わらない。今までたくさんの飛行機に乗ってたけどその中でもB787はすごく安定的で飛行中の揺れが少ない。

IMG_5106.jpg

東京は曇っててあまりいい天気ではなかったけど石垣島はすごく晴れてて南の島そのもの。暑さと湿気もすごかったけどイヤじゃない。不思議だけど東京と違って全然不快ではない。気持ちの問題なのかもしれない。

IMG_5110.jpg

レンタカーの営業所も空港から車で30秒(!)くらいの距離であって必要な手続きもほぼネットで済ませてあるからすぐ鍵をもらってホテルへ向かう。ホテルも空港から車で20分もかからない。これが沖縄だとホテルまで着くのに2時間は軽く超えるので娘も文句言わず大人しくしてくれてる。

IMG_5111

今回はANAインターコンチネンタル石垣リゾート。派手なホテルではないが清潔感あって隅々までサービスが行き届いてるいいホテルだった。何より屋外プールも大きいし、プライベートビーチも水深が深くなく波もないので快適。多分ビーチ前方のほうのサンゴ礁が天然の防波堤の役割をしてくれてるのかも。

IMG_5122

部屋に入ったらすぐ着替えて海へ。娘には一分一秒がもったいない、常に早く早くと。

IMG_5144

海で遊んだ後はハンモックで少し休む。お父さんはあまり体力がないので子どもと同じペースでは動けない…

IMG_5165.jpg

その後も何回か海とプールを往復して夕方になってやっと解放。もう初日から濃密に楽しんだのでもうお父さんはヘトヘトです。家ではだいたい1時くらいに寝るけどこの日は10時くらいにテレビ見ながら寝落ち。