多仁本

先日は最近仕事でよくご一緒させていただいてる先輩とのサシ飲み。お店は最近勢いが止まらない「多仁本」さん。こう書いて“たにもと”と読むのを最近知った。洒落てるね。

お店は荒木町車力門通りの一番奥まったところの2階にあるけど近くまで行っても位置がよく分からなかったが、この行灯のような小さい置き看板がなかったらちょっと迷ったかもしれない。

予約時間通りにお店に着いてまずビールで乾杯!瓶ビールではあったが、ちゃんと冷えていてビール用の薄いグラスがちょうどいい感じでビールの泡がまろやか。しっかり管理されたサーバーの生ビールもいいけどこのような瓶ビールも安定していて美味しい。

先付がなんとうなぎ!一見重そうに見えるけどそこまで脂濃くもなく、どちらかというと爽やかに近い感じ。美味しい。

厨房は使い込まれてるけど清潔に管理されていて職人の仕事場という感じが素敵だった。ここで作られた料理は絶対美味しいだろうと食べなくても分かるような風景。

汁物はナスとタケノコ。なんだろう?普通のナスではないな。京野菜なのかな?タケノコも最上級な感じで柔らかくて美味しい。

ビールの後の日本酒はペアリングでお任せ。一番最初に出してもらったのが「伊予賀儀屋 純米無濾過 陽の光 カギヤサンシャイン」。結構長い名前のお酒でこれが初めてだったけどライトな感じで飲みやすかった。

このガラスのとっくりもお猪口も薄くて涼しさを感じる演出が気に入った。このお店のシグニチャーなのかもね。

マグロと山芋なのかな?他では味わったことのない。かなりインパクトがあった。

大将の谷本さん。食べログによると

谷本氏は鮨店や小料理屋で料理人のキャリアをスタート、20代から茶道を嗜む。当時京都の日本料理店で食事をし、供された料理の美しさを知ったことをきっかけに、日本料理の道へ。滋賀と東京にある茶懐石の名店「招福摟」で8年、南青山の懐石料理店「みな瀬(閉店)」では3年間料理長を務め、2017年4月に独立し、『多仁本』をオープンした。

と書いてあった。童顔で爽やかなイケメンで仕事をしてる姿がカッコいい!

刺し身の後は

お!大好きな加茂錦の荷札酒、それも山田錦50!いいね。なんだか久しぶりだな。やっぱり甘くて旨い!

ウニとホタテ、ずんだという奇抜な組み合わせ。谷本さんのクリエイティビティが光る。

見た目はサラダや和物っぽいけどワサビが効いてていいアクセントになってる。

鮎の塩焼き。まだ少し小さく骨も柔らかいので頭からそのまま食べられる。苦味もなく素材の美味しさと焼き加減、塩加減が絶妙な一品。

そばなのかな?と思うくらいコシがしっかりしていて少し違う食感を楽しめたそば。

鱧!やっぱり夏は鱧だよね。後、ネギも甘くて美味しい。

ここに来て〆のお酒として十四代が出てきた!強弱の付け方、コースの演出が素敵でドラマチック。

〆のご飯はとうもろこしご飯!これがまた絶品ですごい甘くて美味しかった。とうもろこしだけではなくてその味付けに秘密がありそう。ご飯でテンションがマックスに。

デザートは水羊羹と

抹茶で口直し。

多仁本さんの評判が上がってきてる理由がよくわかった。相当レベルが高くて大将の谷本さんの料理に対する情熱やクリエイティビティが半端ない。ずっと応援したい、定期的に訪問したいお店であった。

萬屋 おかげさん

6年間一緒に働いた後輩のための送別会。寂しい気持ちはあるけど次の会社も立派なグローバルコンパニーで自分がやりたいことを見つけての転職なのでこれはお祝いしないとね。その後輩が喜びそうなお店をリサーチしてたら見つけたのがこの四谷二丁目にある「萬屋 おかげさん」。なかなか人気店らしく予約が取れないらしいが、かなり前もって予約した甲斐があってちゃんと欲しい時期に予約が取れた。

お店は四谷二丁目の交差点にある雑居ビルの地下にあるけどなかなか探しにくい。表に看板などがあまり出てない。やっと探せて地下に降りたら雑居ビル特有の空気感が漂っていてお店もお世辞にもお洒落とは言えない。要するに少し小さめの味のある居酒屋な感じ。だって居酒屋だもんな。でもこの気取らない雰囲気落ち着くね。

基本コース料理(6,480円)とお酒、主に日本酒が頼めるけどストックしてる銘柄が多くて楽しい。季節限定の手に入らないお酒もあって味比べしたり、コースの料理も酒の肴にちょうどいい感じで酒が進む。後、スタッフさんもフレンドリーで気さくな方が多くて場の雰囲気を盛り上げてくれるね。

何より美味しかったのはあの塩むすび!ちょうどいい硬め具合で米粒の中に空気層があって食べやすいし、旨さが倍増される感じ。お新香や味噌汁も美味しくて〆としては最高!

いや、ほんといいお店で、そのおかげで楽しい送別会?お祝い会ができた。「おかげさん」なだけにね(笑)。

はらまさ

四谷四丁目の交差点のマンションの地下1階に位置してるけど入り口を探せなくてマンション周辺をぐるぐる回りながら迷ってしまった。お店に電話して案内してもらったらなんと自分たちが立てるところの真後ろにお店への入り口があった。看板はすごく控えめでライティングもされてないような感じで完璧に気配を消してる。いわゆる隠れ家名店。おそるおそる地下に降りると突然お店の玄関が出てきて一安心。

中へ入ると女将さんが出向いてくれていてカウンターまで案内してくれた。中は綺麗で高級感あふれる和の空間。個室が2つ、カウンターが8席だけどちゃんと空間の余裕をもたせてるので狭く感じない。

大将の原正太郎さんが上着とカバンを受け取ってくれた。弟子や女将さんにまかせてもよさそうなのにその接客の姿勢にまた恐れ入った。

全体のコース、味、お店での経験、全てを包めて、それは「感動」と言えるレベルのものだった。トリュフご飯が有名と聞いていたが、それだけではない。もちろんトリュフご飯がクライマックスではあるけどそこまで持っていく演出やひとつひとつ最高の食材に手間をかけた逸品料理の品々。また接客も超一流のものでお客さんがこの店でどういう経験をするのか綿密に設計されてる。食器や箸、爪楊枝までも手抜きがない!

是非また行きたい、定期的に行きたいお店だった。また行こう!

DSC03219DSC03223DSC03231DSC03233DSC03235DSC03236DSC03238DSC03239DSC03241DSC03242DSC03243DSC03248DSC03250DSC03251DSC03252DSC03256DSC03258DSC03263DSC03264DSC03270DSC03272DSC03274DSC03278DSC03283DSC03284DSC03286DSC03288DSC03290DSC03296DSC03297DSC03298

鮨 臥龍

四谷三丁目駅のすぐ近くにある「鮨 臥龍」。何もなさそうなところにポツンとお店があるので少し迷った。営業は19時かららしくて店の看板のライトも19時からなので暗くて探しにくかったのもあった。少し早く着いてしまったので店の外で20分くらい待機。

カウンターのみで全部で9人が座れるけど前日一人追加できるか確認したら少し詰めて座ってくれると可能ですと快く受けてくれた。感謝。それでお客さんは全部で10人。一回転のみだった。

先ずつまみからスタート。食べログのレビュー通りにつまみが結構よかった。酒が進む!フグもよかったけど何より北海道増毛産のボタンエビがよかった。甘くて美味しい!後、巨大太刀魚も脂が乗ってすごく美味しかった。年に1回か2回取れるレベルの大きさらしい。

握りは至ってオーソドックスな感じ。何一つ変わったことはないがクオリティは高い。穴子で一通りコースが終了。最後にお味噌汁かデザートがあるかと思いきや何もなくて全部別で頼む必要があるらしい。お茶でも頼んだらよかったけど何か出てくるものだと思って待ってしまったら会計を済ませてお店を出た。

口にまだ魚の脂や日本酒の味が残っていたので帰りにコンビニに寄ってお茶を買って口直しに飲んだ。お茶を飲みながら、結構いい店なのに一つ心配りやおもてなしが少し足りない気がして残念だった。

DSC01956DSC01954DSC01957DSC01958DSC01962DSC01963DSC01965DSC01967DSC01968DSC01969DSC01975DSC01979DSC01981DSC01982DSC01984DSC01991DSC01983DSC02002DSC02003DSC02008DSC02009DSC02012DSC02013DSC02014DSC02015DSC02019DSC02020DSC02021DSC02022DSC02023DSC02026DSC02033DSC02034

四谷・荒木町散歩

最初は四谷のおでんやdenで会社の同僚とサシ飲みだった。いい店なので紹介してあげたかったのもあったし、なんか気分的にこういう落ち着いた空間でのんびり飲みたかったのもあったしね。

DSC08178.jpg

飲みながら話をしてるとどうも四谷三丁目近くの荒木町の話がすごい魅力的に聞こえてまだ時間も早かったので荒木町でもう一杯飲むことになった。最近はだいたい一次会で終わらせてるけど荒木町に行ってみたい気持ちが抑えられなかったので同僚にガイド?案内してもらった。同僚は十何年くらい荒木町に通ってるらしくて相当詳しかった。

DSC08186-2.jpg

路地裏がそうとう複雑に絡み合って自然発生的な町並みが素敵だった。それぞれのお店もどれも個性的で異様な魅力を発散してるけど少し入りづらい感じだけど一回入ってみて慣れるとすごく居心地のいい空間だろうな。

DSC08191-2.jpg

気になるお店ばかりで入ってみたいところがたくさんあったけど今日は既に一軒回ってるのでとっておきのお店に案内してもらった。その前に荒木町の路地裏をぐるぐる廻る。面白い街。

DSC08193.jpg

二軒目はこの日本ワイン中村。女将さん一人で切り盛りするお店で、日本ワインのみを専門にする珍しいお店。女将さんは人当たりがよくて非常に面白い方だった。色々日本ワインのうんちくを教えてもらいながらおすすめのワインを飲み干す。

DSC08199.jpg

日本のワインって今まであまり飲んだことなかったけどかなり個性的でいろんな種類があるんだね。美味しい。ゆったり時間が流れる素敵なお店、また行きたいね。それと荒木町の他の気になるお店を一軒一軒全部回ってみたい。