NH868

行きは朝一番早い便、帰りは一番遅い便で。韓国だとこれで一泊二日の出張でも十分働くことができる。しかし、ソウル周辺の夕方の渋滞は半端ないので少し余裕を持って動く必要がある。今回も少し余裕を持って出発したつもりだったが、途中渋滞にハマって空港に着いたのはいつもの時間だった。

DSC09817.jpg

日本と韓国は時差はないけど微妙に日の長さが違うんだよね。韓国だと8時でもこの明るさ。空の色がカラフルなのはB787の窓の特徴で航空機用電子カーテンの影響かもね。実はこの色味が結構好きだったりする。

DSC09818

ANAの最近の機内安全動画が和テイストでかなりイカしてる。ANA系列のスターフライヤーの影響かもしれないす、来年のオリンピックを控えての試しかもしれない。結構気に入ってる。

DSC09837

この日は雲も多くて気流が安定しないので機体が揺れるかもとアナウンスされたけどあまり揺れなくて快適なフライトだった。このB787系の飛行機に乗ってあまりひどい揺れを経験したことがなくて多分機体の飛行性能がかなりいいと思う。

DSC09827

帰りは「翔んで埼玉」を視聴。少し疲れたものあるし、軽いものでリラックスしたかったのでこの映画をチョイスした。原作も読んだことがなくてこの内容に触れるのはこれが初めてなんだけどすごいぶっ飛んでる映画で結構笑った。やっぱり日本ってこういう表現の自由があって好き。聖☆おにいさんを見ても全世界でブッダやイエスをそんなに自由に扱える国は日本以外はあまりないかもね。

DSC09847DSC09849

機内食は鶏肉の照り焼きだったけどあまり口に合わず…そういえば前回NH868を乗った時も鶏肉の料理だったね。

DSC09852

平日の夕方のフライトだと比較的に席に余裕があって隣の席も空いてたのでキャビンアテンダントの方がカバンを隣に置いてベルトで固定してくれた。やっぱりANAのサービスクオリティは世界一だと思う。

東京に着いたのは22時くらいで思ったより早く着いたけど一泊二日の出張は体に来るね。車を運転して家まで帰るのに工事による渋滞にハマってしまって1時間もかかってしまったけど家に着くとホッとする。やっぱり家がいいね。

NH861

先週に引き続き今週もまた韓国へ。全く別案件だけどね。1泊2日の日程なので行きは朝一で帰りは夜一番遅いフライトで予約した。朝5時半に起きて支度して羽田空港国際線ターミナルに着いたら朝7時。チェックインして保安検査場へ行ったら…

DSC09688.jpg

これはもう激混み。場外まで列ができていて人で溢れていた。月曜の朝早い時間だからか?羽田空港国際線もそろそろキャパシティオーバーかもな。来年のオリンピックまでに空港が拡張されるらしいけどもう少し快適になってほしいね。

DSC09708.jpg

保安検査場を通過するまで約15分。思ったよりはスムーズに進んだね。この日は空港のどこ行っても人でいっぱい。1時間半くらい余裕を持って空港に来たはずなのになぜかギリギリ。

DSC09710.jpg

ラウンジでもあまりゆっくりできず生ビール一杯とカレーを楽しんだ。まるでエアポート投稿おじさんだね(笑)。しかしこのカレーめちゃくちゃ旨い!なんだろう?この濃厚な感じ。カレーを味わいながら少しのんびりしたかったけど定時に搭乗開始のアナウンスが流れてきた。こういうときに限って遅れないんだね。

DSC09719.jpg

しかし、搭乗口でも結構並んだ。ボーイング787-8で全部で240席のはずだけどほぼ満員らしい。

DSC09726.jpg

ビジネスクラスもほぼ満席でチェックイン時に席を選ぼうとしてもできなかった。窓側が好きだけど今回は通廊側に。NH867便は184席レイアウトでより快適だったけど韓国ソウルまでくらいだったらこのレイアウトでも十分快適。

DSC09731.jpg

シートの調整モードはこの2つのモードしかないけど2時間くらいのフライトなのでこれで全然いいと思う。

DSC09724.jpg

今回の出張の秘密兵器はこのSONY WH-1000XM3 B!機内こそノイズキャンセリングが本領発揮できる最適な場所でその実力を試そう。

DSC09732.jpg

お!エンターテイメントプログラムの中にクリント・イーストウッド監督・主演の「運び屋」があるのではないか!クリント・イーストウッド監督もそうだけど山田洋次監督など達観した大御所の作品はどんな内容でも絶対見る価値があると思う。運び屋も素材の割にはあまり大きな事件などは起こらないけど人生や家族の意味をもう一回考えさせるいい作品だった。

映画を見始めるとすぐ食事の時間。羽田金浦路線はフライト時間が短いのでとにかく忙しいんだ。まぁ折角なので赤い飲み物(?)を一杯だけいただく。

その後すぐに機内食が運ばれてきた。昔は和食か洋食か、または肉か魚かで選べられたけど最近は一種類のみで選択の余地がない。羽田金浦路線は基本洋食で決められてるのかもね。

今回のメインディッシュはスズキとオマール海老のソテ、リゾット。ソースもオマール海老のカニ味噌が入っていて濃厚な味わい。スズキも脂が乗って美味しかった。

機内食を食べ終わって上映時間116分の映画をギリギリで見終わったらもうソウルに着いていた。やっぱり近い。

午後からはガッツリ予定が入ってるのでタクシーに乗ってソウル市内へ。ソウルは真夏日だった。東京も早く梅雨が終わってほしい。

NH868

いよいよ出張の全日程も終わって家に帰る日、韓国春川には結構な雪が降ってきた。積もりそうで交通機関にも影響が出てきそうだったので早めに出発したら予想よりスムーズに走れて金浦空港に着いたのが午後4時、飛行機は夜8時15分出発なので4時間も早く来ちゃった。

金浦空港のアシアナ航空のラウンジで約4時間くらい寛いだけど前回より人も少なく快適だった。しかし、食べ物はANAラウンジのとんこつラーメンのようなものはなくサンドイッチとカップラーメンくらいしかないのが残念。

DSC09487

予定通り搭乗手続きを済ませて飛行機に乗ってみると行きのNH867便ボーイング787-9 (789)のシートマップだったのに対してこのNH868便はボーイング787-8 (788)の240席のシートマップだった。やっぱり787-9のほうが快適だね。

DSC09490

帰りはフライト時間がもっと短いので乗ったらすぐ機内エンターテインメントシステムから映画を選択。「カメラを止めるな」が上映時間も短くて(96分)話題になってたのでそれを選んだ。すごいアイデアとテンションで、どちらかというと映画よりは演劇に近い感じがした。ただ、最後まで見るには結構エネルギーが必要で途中で疲れちゃったので映画をやめてNHKワールドニュースを視聴…

DSC09492

食事の前の飲み物。行きは赤ワインを楽しんだけど帰りは車を運転する必要があるのでコーラを頼んだ。レモンを入れてくれるのはたぶんANAとJALだけのような気がする。中東系のエミレーツやエティハド、カタール航空やヨロッパ系のルフトハンザ、フィンエアー、KLM、エールフランスなど乗ってみたが(アメリカ系は論外)やっぱり設備などではなくサービスにおいては日本のANAやJALのサービスは最高レベルで心のこもったおもてなしは他ではあまり経験できない。

DSC09493

離陸後すぐ機内食が運ばれてきた。行きと同じく洋食のメニューオンリ。

DSC09494

スモークサーモン ハーブ入りゴートチーズ添え。ワインと一緒だったらちょうどよさそうなメニューだけど残念ながらコーラだったのでサーモンだけ楽しむ。

DSC09495

マッシュルームデュクセルを包んだ鶏肉のロースト トマトソース。これは結構美味しくて気に入ったけど切れ目を右斜めに入れてあってトマトソースの邪魔で結構切りにくかった。最終敵はいらっとしてじゃがいもやきのこを全部左側にどかして右側でチキンの向きを変えてから切って食べた。小さいところだけどこういうのまで気配りができるとなおいいな。

DSC09497

スピナッチロール。中は緑で少し不思議なパンだったけど美味しかった。キレイに完食!

ご飯を食べ終わって少しのんびりしたらもう着陸態勢に入ったけどこの日も気流があまりよくなかったのかかなり揺れたし、いつもの東京湾を千葉方面からくるりと回るコースからずいぶん太平洋側にはみ出る形で回っての着陸だった。

東京は雨で韓国に出発した日より結構冷え込んだけど韓国に比べるとかなり暖かくて着込んだせいもあって暑かった。

駐車場から自分の車に乗って環八を走ってるとやっと日本に帰ってきた実感が湧いてホッとする。

NH867

家族旅行の後は韓国出張。修善寺から戻ってからが忙しくて、ペットホテルにワンちゃん迎えに行ってその後スーパー行って一週間分の食材の買い出し、その後すぐ羽田空港へ。実はジム行ってから行きたかったけど時間が微妙だったのでジムは諦めた。あ、家族旅行で食べ過ぎた罪悪感(?)を抱いたまま韓国へ…

DSC09441

羽田国際空港は2020年のオリンピックに向けて拡張工事が絶賛進行中で道路も行く度に変わってる。道路が結構狭くなってるところがあってちょっと危ない。空港内はいつもよりは空いてて快適だった。日曜日の夜だったからかもしれない。前からこういうライティングされてたけ?

とりあえず発券してもらって韓国用のWifi端末を借りてからセキュリティチェックを受けてパスポートコントロールを通過してすぐANAラウンジへ。

DSC09443

ANAラウンジの最愛アイテム、とんこつラーメン!前回も食べたので今回は山菜うどん食べるか迷ったけどついついとんこつのほうに手が伸びてしまう。やっぱり美味しい。サイズが小さいからか、いつももっと食べたい気持ちと満たされてない感じが残る。

DSC09444

これから飛行機に乗ると機内食を食べるのにまた新メニューの麻婆豆腐を見つけてしまって少し味見。たぶん焼きそばからのチェンジかもね。もう少しパンチがほしい感じはあったが、これはこれで甘口で美味しかった。

DSC09447

ANAのヘッドホンはPanasonic。JALがBOSEだったけ?ノイズキャンセリングが付いてるから飛行機エンジンの騒音もカットしてくれてよかったけどこちらは普通のヘッドホン。でもしっかりしていいヘッドホンだった。

DSC09454

食事の前に飲み物とおつまみ。韓国ではタクシーに乗る予定だったので赤ワインを頼んで存分に楽しむ。

向かい風が強すぎて飛行機も結構揺れたし、高度も低くスピードもあまり出せなかったので遅れが出てしまったけど東京からソウルまでのフライト時間が短すぎるので逆に遅れてちょうどいい感じだった。

飛行機が揺れても787の安定感がすごくいいので安心して乗れる。上の写真も揺れてるのでワインが溢れるんじゃないか心配だったけどちょうど溢れないくらいに揺れた。

DSC09456

今回の旅のお供は是枝監督の「万引き家族」。なぜか飛行機で是枝監督の作品を観る機会が多いね。久しぶりに観る樹木希林さん、やっぱりいい役者だな。これは彼女にしかできない演技だと思う。安藤サクラさんの演技もすごくよかったし、この映画に出てくる皆さん、端役さえそのメンツが半端ない!「誰も知らない」でもそうだったが、直視するのが辛い。ワインのせいなのか涙もろい…

DSC09464.jpg

いよいよ機内食。揺れのせいで開始が遅れたけどその分フライト時間が増えたので問題なし。羽田・金浦路線は短いせいなのかメニューは一択のみ。一択だったら個人的には和食が欲しかったけど洋食だった。

DSC09462

ローストビーフとスパイス風味の野菜のマリネ。アピタイザーなのに結構な量でこれがメインディッシュかと思えるくらいだった。

DSC09465

ビーフハンバーグ リヨネーズソース。安定的な美味しさだったけどハンバーグよりステーキだったらもっとよかったかも。

DSC09463

チャバッタ。いつものANAのパンって感じ。

美味しかったけどやっぱりもう少し長距離の路線に乗りたいね。機内で食べるANAの一風堂ラーメンや九条葱うどんは格別で久しぶりに食べたいね。

こうやって映画と機内食を楽しんだらあっという間にソウルに着いてしまった。

DSC09468

金浦空港から外に出たらマイナス10度で(東京もこの日寒くなって10度だったのに…)命の危機を感じるレベルだった。上下ユニクロの超極暖を着てたけど寒いのは寒い。タクシーに乗っても暖房が弱いのかまだ寒い。

次の日の朝起きたら気温がもっと下がっってる。今回の出張はソウルから2時間くらい距離の春川というところまで行かないといけないのにそこはもっと寒い。

さぁ、家に生きて帰れるか!