無念

最近あまりバイクも乗れてなくてキャンプも行けてないのでストレスが溜まった頃にBlackbirdさんがキャンプツーリングに誘ってくれた!久しぶりのキャンプツーリングにテンションが上がってしまって目が覚めたのは夜中の3時…この小学生遠足症候群はなかなか治らないね(汗)。3時から寝たり起きたり…6時に起きてシャワーを浴びてから出発。

朝早い時間なのに川崎市内はすでに渋滞してたけど久しぶりのツーリングはそれでも楽しい。キャンプ用の荷物を積んでるのに身も軽くてバイクも軽くて気持ちいいと思ったら色々荷物を入れたリュックサックを持ってきてないのに気づいた!川崎ICの手前からまた20分かけて家に帰る。合計1時間のロス…でも大丈夫!まだ時間には余裕がある。

DSC05869.jpg

三連休ということもあって川崎ICから海老名SAまで長く渋滞してたけどバイクを特性をいかして難なく海老名SAに到着。やっぱりこの日は遠出のバイクも多かった。

DSC05880.jpg

海老名SAはまだ工事が終わってなくてあまり選択の幅がなくて最近のお気に入りの「そば処信濃」へ。そばよりほかのメニューが多くてそれがまたなかなかのクオリティーで美味しい。徳島風ラーメンが気になったので頼んだ。食べてみたら濃い味がしっかり徳島ラーメンだった。なのにあえて徳島「風」と控えめなところが素敵。ライスがほしいところだが、朝だし軽めにラーメンだけに。

また楽しみの一つの道志みちだったが、やっぱり混んでる。満足のいく走りはできなかったけど楽しいね。

DSC05899.jpg

いつもの休憩ポイントにバイクに停めて一休み。

DSC05890.jpg

ここで飲む瓶のコーラは特別な美味しさがある。

DSC05893.jpg

まだ鮎のシーズンが続いてるらしくて道志川で釣りを楽しむ方が結構いた。いつかは釣りにも挑戦してみたいな。その前にもう少し魚を触れるようにならないとね(汗)。

DSC05902.jpg

順調に進んで11時半にはいつものマックスバリュ富士河口町店に到着。やっぱりここも激混み。

DSC05905.jpg

刺し身とアジのたたき、静岡おでん、ステーキ用のヒレ肉、氷と水など昼から夜まで飲む気満々の献立(笑)。

買い物も終わったし、目的地の本栖湖キャンプ場へ!

あら、なんかバイクの動きが重い。もう少し進んだら真っ直ぐに走れない、カーブを曲がれない…これはただ事ではない。バイクを止めてみると…

DSC05911.jpg

うわっ!パンクしてた!マジか!キャンプ場まで後30分のところでパンクなんて。

一旦近くにバイクの修理が可能なお店をネットで探してみたらレッドバロンさんくらいしかなくてダメ元で電話してみたけどやっぱり自社で購入したバイクしか修理はできないと。

仕方なくまずトライアンフ横浜港北さんに連絡してからZuttoRideさんにレッカーを頼んだ。

DSC05914.jpg

その後、この悲報をBlackbirdさんに伝えて買い出しの食料を他の皆さんで食べてほしいと現場まできてもらった。申し訳ない。

DSC05923.jpg

その後、らうさんも現場に駆けつけてくれた。

DSC05934.jpg

3人で少し談笑してたけどZuttoRideさんから折り返しの電話がかかってこなくてもう一度電話してみたらこの日は出動の要請が多くてかなり時間がかかるとのこと。

二人とキャンプ場で待ってるざたまんさんに悪いので一旦食材を持ってキャンプ場に行ってもらった。皆さんには感謝と申し訳ない気持ちでいっぱい。

DSC05913.jpg

仕方ないのでもう飲んじゃう。やっぱりどんな状況でもビールはうまいね(笑)。

DSC05940.jpg

のんびりしてたらやっとZuttoRideさんから折り返しの電話がかかってきてレッカーの手配は5時から6時の間になると。まだ1時だったので何もないところで4、5時間待つのも地獄なので鍵だけ隠してバイクはそのまま置いて先に帰ることにした。

DSC05944.jpg

タクシー会社に電話したらやっぱり混んでるらしくて30分待ってやっと乗車。最寄りの富士河口湖駅まで送ってもらった。

DSC05947.jpg

富士河口湖駅から家まで直接帰る手段がなくてとりあえず新宿へ。チケット売り場も観光客で結構混んでたけど新宿までは結構配車されてるらしくて10分後に出発するバスのチケットを買うことができた。あ、この既視感

DSC05951.jpg

バスはそれほど混んでなくて快適だった。新宿までは約2時間半、また新宿から家までは約1時間…家に着いたらもう外は暗くて晩ごはんの時間だった。

キャンプはできなかったけど濃い、長い一日だったな。Blackbirdさんたちとまたリベンジキャンプツーリングやらないとね!


次の日にちゃんとトライアンフ横浜港北さんまで運ばれていつものように大澤さんが対応してくれて午後にはパンクの修理(チューブの交換)が終わって取りに行ってきた。

DSC06000.jpg

原因はこの釘。10円玉より少し長くて細い釘がタイヤに刺さったらしい。タイヤが固くて分厚いのにこんなに軟弱に見える釘でも刺さっちゃうんだ。やっぱり道の端っこは極力走らないほうがいいね。

2019四国九州ツーリング4日目:マシントラブル

スロットルを回してもエンジンが回らない、RPMが上がらない!いくら回しても時速20Kmを超えられない。計器盤にはTC(トラクションコントロール)のランプが点滅して、整備を要求するスパナーのアイコンが点滅してる!これはただ事ではないと直感した。

機械的なトラブルではなく電気回路かソフトエラー的な問題のような気がした。エンジンが回ろうとしてるところを何かが止めろと指示してるような感じ。

前日USBケーブルに少し問題があって新しいのに取り替えたけどそのときに他の回線を間違ってなんかしちゃったのかな?前触れもなくいきなりの症状だったのでテンパってしまう。

DSC06063

とりあえずシートを外してみた。スラクストンはあまりスペースがなくていろんな装置がびっしり詰め込まれてる。あの黒いコネクターが外れてあったのでとりあえず指してみた。それが原因であってほしい!でも症状は代わりがなかった…

トライアンフ横浜港北さんはまだ連休に入ってなかったので電話してみた。まだオープン前の忙しい時間なのに邪魔してしまった。大澤さんが電話に出てくれたのでいろいろ症状と対応策を相談してみた。大澤さんも現場にいるわけじゃないので原因までは把握できないけど現場でなんとかなる問題ではないということを教えてくれた。またそこから一番近いトライアンフ福岡さんで見てもらったほうがどうかと聞いてみたけど独自のカスタムも結構やってるのとすぐ直る問題かどうかもわからない、連休前なのですぐ対応が難しい可能性もあってもし駄目だっったらトライアンフ福岡から横浜まで送らないといけないのでいろいろ手間と費用が余計にかかってしまいそうということだったのでとりあえずここからトライアンフ横浜港北まで送ることにした。

今回の旅はここで無念のリタイア…他にバイクか車をレンタルして回ることも考えたけど相棒と一緒じゃないと意味がないし、そもそも普通の観光はあまり好きじゃない。相棒と一緒に走るからこそ楽しいし、目的地を決めることも楽しい。その途中の道のりが楽しいからね。とりあえずバイクはレッカーで送って自分は熊本空港に行って東京に戻ることにした。

その前にレッカーの手配。

まず任意加入保険の損保ジャパン日本興亜へ連絡してみた。この保険では最大150Kmの距離しか無料で運べないし、それ以降は有料になるらしい。阿蘇から横浜までだったら10万は軽く超えるらしい!また現場からはバイクのみで人は乗せてあげられないから自分で移動手段を手配してとのこと…あ、後、無料でレッカーサービスを利用できるのは2回のみらしい。なんか頼りないな…

DSC06067.jpg

もう一つはZuttoRide。よく知らなかったけどスラクストンを買う時にトライアンフ横浜港北の店長の佐々木さんに勧められて入ったけどあまり使うことなかったし、保険でも無料レッカーサービス入ってるから辞めようかなと思ってたが、なんと有効期限が2019年4月30日までだったので今回は4月28日なので呼べる!ツイてるね!佐々木さんに改めて感謝!このサービスではトラブル時に全国どこからでも無料(年会費は9800円かかる)で希望の場所まで送ってもらえるし、人も近い交通手段を使えるところまでは送ってくれるらしい。それが人のなさけじゃ。

DSC06072

ということでZuttoRideさんにお願いをしたら3〜40分後に(有)総合自動車坂梨の坂梨さんが来てくれた。すごい丁寧な方で手続きを済ませてから早速レッカーにバイクを載せてくれた。

DSC06074

手際よくバイクの固定作業をしてくださってる横をたくさんのバイクが走っていく。みんなすごい視線を送りながら通っていく。みんな見るなw恥ずかしさもあり、羨ましさもあり、複雑な気分。嗚呼。

DSC06077

坂梨さん、ありがとうございました。ゴールデンウィーク中にもかかわらずこうやって世話をしてくださる方々がいるからこそ今回も助かった。やっぱりこの世の中は誰かの犠牲の上に成り立ってると思う。

DSC06083

どんどん阿蘇山に近づいていく。近くで見るとより迫力があるね。あの噴火口からの煙もなかなかの迫力だった。

DSC06086

阿蘇駅でスラクストンとはさようなら。

しばしのお別れだ。横浜に連れにいくからその時までにきれいに直ってね。

DSC06087

阿蘇駅は思ったより小さくてびっくり。その名前の有名さからすると結構大きい駅舎をイメージしてしまった。でもきれいでおしゃれな駅で可愛かった。ここから熊本空港まではバスで約1時間。運良くすぐ出発するバスがあったのでそれに乗った。

DSC06092

熊本空港も新しい感じで小さいけどキレイ。鯉のぼりもいいね。

DSC06094

朝からかなり多くのことがあってまだ12時が少し過ぎた時間だったのに疲れてしまった。こういうときは一杯飲んだほうがいいな(笑)。熊本空港の3階にある「りんどう」というお店で昼食を取りながらビールを一杯。

DSC06098

頼んだのは溶岩焼き膳!

DSC06101

あか牛天草大王の焼き肉はうまい!今度行ったらもっとしっかり食べよう。

DSC06105

後、熊本名物の馬刺し!これは酒を呼ぶ味だね。

DSC06104

大吟蔵 木槽搾り。銘柄を教えてくれなかったけど非常に美味しかった。

最後の最後で少しでも熊本を満喫できてよかった。次来るときはいっぱい楽しんでやる!

DSC06107

東京までは初めてのソラシドエア。ANAとの共同運航便らしくて機内も清潔だし、サービスも申し分ない。ゴールデンウィークの日曜日ということもあり、ほぼ満席で一人だったから予約が取れたかも。16時半出発で東京には18時過ぎに着いた。バイクで行ったら一日中運転してもつくかどうか分からない距離でも飛行機ではあっという間。まぁ便利さと楽しさは全然別物だからね。家に着いて家族に慰めてもらいながらみんなで夕食のカレーを食べた。これはこれでまた最高に幸せな時間だけどね。

今回の旅は不本意な形で無念に終わってしまったけど旅というのはトラブルが付き物。計画の半分くらいで終わってしまったけど阿蘇の良さを確認したので来年再チャレンジする!来年は阿蘇をベースに九州を一周しようかな?よし!計画を練ろう。

あ、その前に夏の北海道もあるのでそのときは同じことが起こらないように万全の準備をしよう!