Vosne Romanee 1er Cru Les Suchots Prieure Roch 2017

最初開けた時にそれほど香りがしなかったのでもう少し時間が必要かなと思ってそのまま置いといたけどあまり開かず。最初は少し硬い感じがしてタンニンも強かったが、飲んでるうちに柔らかくなってきて飲みやすい。

貧弱なアロマは違う銘柄のレ スショを飲んだ時も同じことを感じたのでもしかするとその畑の特徴かもしれない。

Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux Monts Jean Grivot 2015

やっぱりヴォーヌ・ロマネのワインが好き。

コルクを抜いた瞬間から広がるベリー系の香り、グラスに注ぐと甘くてエレガンスなアロマがテンションを上げる。もうこれは美味しいと直感で分かる。

まず一口、柔らかいけど濃厚な果実な感じが口の中で広がる。タンニンが柔らかいのにその存在感はしっかりある。酸味もエレガント。非常に飲みやすい。ただ、もう少しボリュームがほしい。

Nuits St Georges Emmanuel Rouget 2016

エマニュエル・ルジェ氏はブルゴーニュワインの神と言われたアンリ・ジャイエ氏の甥であり、彼の下の修業を積んだまさに真の後継者である。特にヴォーヌ・ロマネのプルミエ・クリュ「Cros Parantoux」が有名らしい。

このニュイ・サン・ジョルジュは村レベルのワインなのにエマニュエル・ルジェ氏のネームバリューのおかげで普通のプルミエ・クリュと値段的にはあまり変わらない。(というかむしろ高いくらい…)

少し甘い香りがフレッシュなアロマに最初に酸味がきて続いてタンニンがくるけどニュートラルな感じで飲みやすいが、深さや豊かさ、バラエティなどはあまり感じられなかった。やっぱり優れた作り手でも畑の限界はなかなか超えられないものなのかもしれない。

MOREY SAINT DENIS 1er CRU CLOS SORBE Francois Feuillet/David Duband 2017

モレ・サン・ドニのプルミエ・クリュを比較してみたくてMorey St Denis 1er “Clos de la Bussiere” Georges Roumierと一緒に購入した。何を先に飲むか少し悩んだが、比較的にコスパがいいこちらのコルクを抜いた。

実は、このワインはTRIGANO社のCEOで大富豪のフランソワ・フュエ氏のワイン愛で誕生したコスパ抜群のワインというキャッチコピーに惹かれて購入した。

紫が混じったフレッシュなルビー色で少し弱いけど高級ブルゴーニュワインでよく感じられるバニラ感があった。しかし、タンニンが強すぎて酸味は少し押され気味で少し硬くて鋭い感じのテイスト。全体的にフラットでのっぺりしてる。後、もう少しバランスと柔らかさがほしかったな。