キャンプツーリングのオススメ – 住居編

DSC04460

自分の趣味を押し付けてるようで申し訳ないけどバイクでのキャンプツーリングは楽しいだけではなくてまた旅の幅が広がるし、自由度が効いて、長期的には費用の節約にも繋がるのでぜひオススメしたい。(実はこのブログで一番人気がある記事が「初めてのソロキャンプツーリング」だったりする)

まずキャンプツーリングにおいて最低限の装備をオススメしたい。やっぱりバイクの積載量には限界があるので大きさや重さなど制限があるのでファミリーキャンプ用のグッズよりは山登り用のグッズのほうが向いてたりする。

テント

まずキャンプツーリングにおいて一番大事なのがテントである。雨や風を防いである程度の防寒性も持っていて携帯サイズが小さくて軽いテントが望ましいけど軽すぎると耐久性に問題があったり、軽くて耐久性まで持ってたりすると値段が高くなったりするのでバランスが大事。

MSR ELIXIR™ 2

1521474900.jpg

novotelさんが使ってるこの「MSR ELIXIR™ 2」、収納サイズ51cm X 17cm、重さ2,770g、価格35,000円+税でトータルで非常にバランスがいい。前室も広くて2箇所あるので荷物の収納も抜群。

MURACO BLACK BEAK 2P

img20181212131618827057.png

新生ブランドMuracoの2人用テント「BLACK BEAK 2P」。収納サイズ45cm X 17cm、重さ2,276g、価格36,500円+税。シンプルな構造でクールな格好良さを持っていてデザイン性に優れてる。ただ、前室が少し狭そうなのが気になる。

HILLEBERG ALLAK

AllakGrn-SVBackpack-BoHilleberg.jpg

最後は「HILLEBERG ALLAK」。収納サイズ57cm X 22cm、重さ3,300g、価格133,000円。機能性や設営のしやすさ、耐久性は世界最高レベル!価格も(汗)。私が使ってるのはSTAIKAだけどそれよりコンパクトで軽さを重視したのがこのALLAK。

寝袋

快適に寝るのに大事なのがこの寝袋。たくさんの種類があって選ぶのも大変だけどやっぱりどういう環境下に使うのかをちゃんと見極めて選ぶ必要がある。

モンベル ダウンハガー800 #3

dsc01220.jpgDSC04473

寝袋はこの「モンベル ダウンハガー800 #3」一択で問題ないと思う。仕様上ではリミット温度-2℃、コンフォート温度3℃となってるけど快適に使えるのは春と秋の10℃くらいかな。特に「スーパースパイラルストレッチ システム」が快適すぎる。

快適な睡眠のためにはちゃんとした枕を用意したほうがいい。

THERMAREST COMPRESSIBLE PILLOW

スクリーンショット 2019-05-18 20.12.20.png

THERMARESTの「COMPRESSIBLE PILLOW」は巻くと小さく携帯しやすくなるし、広げて置いとくと空気が中に入ってちょうどいいふわふわ具合でちゃんとした枕として機能してくれる。

マットレス&コット

快適な睡眠のために欠かせないのが床。特にキャンプ場やサイトによっては小石や砂利が多かったりするのでマットレスやコットの選びも大事。

THERMAREST Z-LITE SOL

 

スクリーンショット 2019-05-18 20.32.04.png

こちらもnovotelさん愛用の「THERMAREST Z-LITE SOL」。一番オーソドックスな形で空気入れ式よりは少し大きくなるけど空気を入れたり抜いたりする面倒がない。

THERMAREST ULTRALITE COT

スクリーンショット 2019-05-18 20.42.29.png

私が使ってる「THERMAREST ULTRALITE COT」。コンパクトに収納(Rが41cm×13cm、Lが43cm×13cm)できて軽い(Rが1195g、Lが1361g)し、寝心地がいい。ただ、耐久性には少し不安なところがあって使ってるとテンションがゆるくなってるような気がする。

GO-KOT

スクリーンショット 2019-05-18 20.50.54.png

こちらも私が使ってる「GO-KOT」。収納サイズが71cm×18cmで重さが3.85kg!携帯性はあまりよろしくないけど寝心地は最高レベル。もしかすると家のベッドよりいいかも。

椅子

テーブルがなくても椅子は必ず必要。

HELINOX チェア

DSC06843.jpg

もうキャンプツーリング用の椅子はHELINOXで統一されつつある。収納サイズや重さ、快適性のすべてにおいて最高レベル。デザインも豊富で好みに合うモデルが必ず見つかる!

KERMIT CHAIR

16252507_1414839585234377_7730602543702332466_o.jpg

オシャレキャンパー御用達の「KERMIT CHAIR」。正直HELINOXに比べると携帯性は落ちるけどこの風格、格好良さは次元が違う。ただ、椅子だけではなくて全体のバランスを整えるのはキャンプツーリングでは少し厳しいものがある。

ネオクラシックキャンプ2019

去年に続いて今年もネオクラシックキャンプがハートランド朝霧で開催された。天気にも恵まれて今年入って最高の天気だった。しかし、前日の飲み会で飲みすぎてしまって9時過ぎにやっと出発ができた。渋滞は覚悟してたけど思ったよりは混んでなくて横浜町田ICを過ぎてからは快適に流れた。

DSC04418

海老名SAは天気のせいもあってたくさんのバイクで混んでいた。二輪駐車場はほぼ空きがない状態。とにかくこの日はどこへ行ってもバイクが多かった。久しぶりのツーリング日和だったからね。

DSC04421

二日酔いはなかったけど汁があるものを食べたくて麺屋いろどり家で本辛 白胡麻担々麺を頼んだけど…

DSC04424

辛すぎて食べ切れなかった。前も同じことがあったのを思い出した。ちゃんと学習しないとね…

DSC04425

天気よくて桜もまだ落ちず満開!桜木の下をバイクで走るのもなかなか気持ちいい。

DSC04429

どうしても道志みちに行きたかったので少し遠回りして寄っていく。久しぶりの道志みちは相変わらず走って気持ちよくて行き来するライダーの皆さんも上機嫌でヤエーのオンパレード!まだ通行止めの区間が残ってるけどそこももうすぐ開通できそう。

道志みちもたくさんのバイクでいっぱい!形やモデルは違ってもこの春の道を楽しむ心は一緒かな。

DSC04430

久しぶりに鮎の塩焼きでも食べようかと思ったけどちょうど昼時だったので飯をしっかり食べることにした。朝、担々麺も残したしね…

DSC04438

Twitterでどなたかやっさんが紹介してた「よっちぇ場 おばぁの台所」が気になってたので行ってみた。道の駅どうしからも近かったのでちょうどいい。

DSC04436

この店も結構混んでいてバイクと車で駐車場がいっぱい。唯一空いてた奥のスペースにバイクを止めてたらお店の方が出てきてスタンド用に木の板をくれたので安心してバイクを止めることができたし、その心配りに感動。

DSC04446

頼んだのはほっこり肉きざみうどん。出汁もきいていて肉とゴボウも美味しい。優しい味にほっこりする。

DSC04454

今回はマックスバリュ富士宮万野原店で買い出し。ふもとっぱらキャンプ場に行くときによく使うスーパーだけどこの日はスーパーもすごく混んでいた。地元の方とキャンプや行楽客でいっぱい。買ったのは刺し身類と水を入れて沸かすだけの簡単レシピのもつ煮込みの材料。というのもメインのお酒に日本酒を用意したのでやっぱり魚が合うので。

DSC04460

寄り道して色々遊びすぎてしまってハートランド朝霧に着いたのが4時過ぎ!急いで設営をして色々セッティングをする。

DSC04461

お隣は前回に続き2年連続参加のnametake30(ma)さん。今回もまた色々お世話になってしまった。

DSC04464

こちらはBonneville Spirit乗りのやっさん。赤いテントがいいアクセントになっていてSpiritの青いタンクとのコントラストがカッコいい!

DSC04466

こちらは前回から連続参加のカルマイさん。色合いが渋くてカッコいい。まさにネオクラシックな感じ。

DSC04467

こちらは日帰り参加のドニエプル乗りのうんち!!さん。ドニエプルはウクライナ生まれのバイクでウラルと同じくBMW R71型を源流に作ったらしい。生で見るのは初めてだったけど渋いね!いつかはこういうサイドカーが付いてるバイクにも乗ってみたいな。

DSC04476

天気がよくて富士山も映えるね!防風林が少し低かったら最高なのにね。またこの日もこんな感じで一夜限りのネオクラシック村ができあがった。バイクもテントもギアも人もそれぞれ個性があってバラバラだけど全体をゆるく一つにまとめるテーマがあるのがこのイベントの楽しみ。

DSC04479

やっぱり富士山はいつ見ても綺麗でカッコいい。こんなにキレイに見えてくるとテンションが上がるね。

DSC04485DSC04487

それぞれのバイクを見ながらゆるくコミュニケーションを取りながら楽しむのがネオクラシックキャンプの楽しみ方の一つ。

DSC04496

左隣には前回から参加のストイックなヘコミさん。買い出しからの帰りかな?実は海老名SAでヘコミさんのスクランブラーを見かけたけどタイミングが合わず挨拶はできなかった。

DSC04488

腹が減っては戦は出来ぬ…全体の乾杯の前に早速宴会をスタートさせていただいた。基本魚が中心というか酒の肴ですな。

DSC04484

今回のお酒は獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分と

DSC04483

nametake30(ma)さんのBallantine’s30年!普通のBallantine’sも持ってきてくれて飲み比べもさせてもらったけどやっぱり30年というのは伊達ではなかった!

DSC04506

早速カルマイさんもきてくれて談笑しながらつまみ食いを^^

DSC04510

yuzerさんご夫婦にも来ていただいて日本酒を振る舞う。W800にタンデムでキャンプの荷物まで積んできたらしい。すごい!

DSC04514

少し早め(?)にフライングスタートをさせていただいたけどいっちーさんの乾杯の挨拶から宴会が本格的にスタート!みんな来ているのか点呼をしたところ参加表明をした人数より一人多い!けど、まぁいいか(笑)。

DSC04528

ですよ。さんの初火起こしをみんなで暖かく見守ってやったり

DSC04495DSC04529

nametake30(ma)さんがマッシュルームアヒージョを作ってくれてみんなで美味しくいただく。私の辺は基本呑兵衛テーブルということでみんなで飲みまくる。

DSC04530

Beoplay P2を繋いで邪魔にならないくらいの音量でジャズを聞きながらウィスキーをいただく贅沢な時間。

DSC04531

また焚き火を楽しみながらもつ煮込みを作る。夕方になると気温が下がって焚き火がなかったら結構寒かったかもしれない。寒いときにはもつ煮込みが最高にうまい。

DSC04533

nametake30(ma)さんのエモさ溢れる灯油ランプが素敵。よくバイクにこういうタイプのランプが詰めるんだね。

DSC04536

あちこちから焚き火の煙が上がってくるとキャンプの素敵な空気感が漂う。日が暮れるこの時間帯が一番美しく感じる。

DSC04542

〆にカニの缶詰を載せたカニ風味の炊き込みメスティンご飯を作ったけど皆さんに配ろうと思って米の量を多めにしたらあまり出来がよくなかった。それでも皆さんが美味しそうに食べてくれたので嬉しかった。

最後残りを自分で食べたけどあまり美味しいといえるものではなかった。皆さんに悪いことしたな…

DSC04543

今回の新アイテムはKA2さんに教えてもらって他のところよりほぼ半額くらい安く購入できた「ストーンブリッジフォールディング キャンドルランタン」。ロウソクの柔らかい光が心地いい。

DSC04548DSC04556DSC04560

自分が作った料理やお酒を配ったり頂いたり集まるよりはそれぞれのスタイルで楽しんでまたゆるくつながっていく、まさにネオクラシックキャンプの宴会スタイルが心地よくて最高過ぎる。

DSC04473.jpg

夜はかなり冷え込んで寒かった。モンベル ダウンハガー800 #3にアルパイン ダウンハガー サーマルシーツを重ねて湯たんぽまで使ったのに夜中寒くて目が覚めてしまうくらい。ただ、日が登ってくると徐々に春の暖かさに。

DSC04566DSC04568

ハートランド朝霧名物の「日本一美しいソフトクリーム(自称)」をいただく。日本一かどうかは分からないけど普通に美味しい。

帰る前に皆さんの素敵なバイクの写真を撮っておいた。これだけのバイクが集まるのはなかなかない機会なので。

DSC04599

まずはカルマイさんのSR400。

DSC04571

ざたまんさんのBMW R60?(違ったらごめんなさい)

DSC04572

犬将軍さんのBMW R60。

DSC04573

コウヘイさんのCB1100。

DSC04574

小さなボスさんのTriumph Bonneville T100 black。

DSC04575

グッチ祐三さんのMotoguzzi V7 special。

DSC04576

ざっつさんのTriumph Bonneville T100。

DSC04578

watarukotaniさんのxsr900 カフェ。

DSC04579

たつみじさんMotoguzzi V7racer Record Limited Edition。

DSC04581

GKUさんのBMW R100RS。

DSC04584

すらくすさんのBMW R100RS。

DSC04585

СосенскийEidechseさんのBMW R100RS。

DSC04586

らうさんのTriumph Bonneville T100。

DSC04587

いっちーさんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04588

BlackbirdさんのTriumph Bonneville Bobber。

DSC04589

やっさんのTriumph Bonneville Spirit。

DSC04590

ですよ。さんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04592

@yuzerさんのKawasaki W800。

DSC04593

nametake30(ma)さんのKawasaki W650。

DSC04598

ストイックなヘコミさんのTriumph Street Scrambler。

DSC04600

山田さんのDUCATI SCRAMBLER。

DSC04610DSC04614DSC04624DSC04633DSC04650

解散の前にネオクラシックキャンプ専属カメラマンたつみじさんの指示に従ってバイクを移動させる。キャンプ場内をヘルメットなしで移動させるのも風を感じて気持ちいいね。みんな嬉しそう。

DSC04659

円形に並べて魚眼レンズでの記念撮影をしてから解散。

今回のネオクラシックキャンプも素敵だった。終わったばかりなのに既に来年のネオクラシックキャンプが楽しみで仕方ない。

主催のいっちーさん、お疲れ様でした。参加の皆さん、お会いできて嬉しかったし、お陰様ですごく楽しい時間を送ることができました。来年もまた会いましょう。

ネオクラシックキャンプ2018

Twitterでいっちーさんの呼びかけを見てすぐ参加を申し込んだ。まさにこういうキャンプがしたかった。TRICAMPもよかったけどもう少し狭めた会も面白そうだった。台風20号が少し心配だったけどうまい具合開催日の前に抜けてくれたし、後は楽しむだけ!

前日寝れないと思ったら11時は寝落ち…しかし、3時くらいに目が覚めてまた寝たり起きたり…それ以上寝れなくて5時半くらいに起きて支度して出発!

DSC05087

東名はいつもの週末と同じく横浜町田まで渋滞してたけどそれを過ぎたら空いてきたし、天気もよくて最高。いつものように海老名SAで休憩。

DSC05089

朝ごはんは冷やし汁無し坦々麺。美味しかったが、食器返すときにもっと美味しそうな期間限定新メニュー発見!…

DSC05096

時間的に結構余裕があったので道志みちに寄り道。道志みちはいつ走っても気持ちいい。道の駅どうしで一休み。台風のおかげで空も雲もキレイ。

DSC05101

道志川はまだ結構荒れてたけどこんな激流になってるのにもかかわらず水がキレイ。いつかは道志川沿いに住んでみたい。

DSC05108

マックスバリュ 富士河口湖店で買い出し。こんな大きいマックスバリュは初めて。ステーキ用の肉を2枚、玉ねぎ、にんにく、パスタソース(ペペロンチーノ)とお酒を少し購入した。

DSC05111

富士山がよく見えて電柱がないところがあったのでバイクを駐めて写真を撮ってみた。富士山はいつ見ても素敵で、人を引き寄せる魅力がある。

DSC05117

そんなに急がずゆっくりのんびり走ったつもりだったけど一番乗りでハートランド朝霧に到着。ハートランド朝霧は初めてだが、いい意味でゆるくて自由なキャンプ場だった。

DSC05122

キャンプ場の管理人さん?監督さん?と色々やり取りしてたらNyakkiさんが来てくれて一緒に相談しながら設営場所を決める。Nyakkiさんとは以前MOTO NAVIの取材のときにお会いして今回が二回目。インドのバイク専門の代理店(?)を経営してるのでロイヤルエンフィールドに興味ある方はNyakkiさんに連絡ください。

DSC05123

主催者のいっちーさん登場!主催なだけあってさすがのルックス!

DSC05130

続いてアハマックさんが到着。ロケットカウルもカッコいいし、走る姿もカッコいい!

DSC05133

とりあえず4人集まったので

DSC05137

もう飲んじゃいますか!乾杯!お酒の種類も全員バラバラだけどなんかまとまってる感じがするね。

DSC05143

ペーターさん。すごい旅慣れしてる感じがカッコいい!やっぱりW800も自分好みだな。

DSC05152

笑顔が素敵なりゅうすけさん。若さっていいな!まぶしい!

DSC05160

Nyakkiさんとインドのバイク。ロイヤルエンフィールド渋いな。いつかはロイヤルエンフィールドに乗ってマーシミク峠パンゴンツォ湖に行ってみたい。

DSC05170

めがねこさん。ゆるいIDを裏腹にスタイル抜群のイケメンだった!バイクとファッション、スタイル、全体がよくまとまっててさらにカッコいい。

DSC05171

お昼は各自適当に食べる感じで北海道セイコーマートで買ったパスタ麺がまだ残ってたのでペペロンチーノ。なんだかんだペペロンチーノ食べるのは北海道以来だね。

DSC05175

たつみじさん。石川県から!自分ももしスラクストン買わなかったらMOTOGUZZI V7を買ったと思う。カッコいい。

DSC05176

へこみさんのストリートスクランブラー。へこみさんはその裏で設営中。やっぱりスクランブラーはカーキーだよな。

DSC05179

whiskeyさん。また渋いBonneville!ハンドル低くないか?でもセパハンは低いほうがカッコいいな。スラクストン1200の純正ハンドルはセパハンだけど走りやすさを重視して中途半端な高さなんだよね。まぁその分、体に優しいけど…

DSC05185

駐めただけなのに絵になる!

DSC05191

RnineT scramblerのkprascalさん。うん、やっぱりスクランブラーいいな。タイヤが自分と同じMETZELER TOURANCE NEXTだったのを密かに喜んた。

DSC05193

設営中のwhiskeyさん。皆さんキャンプ慣れしていて設営にはそんなに時間がかからない。

DSC05199

バイク話に花が咲く。

DSC05200

りゅうすけさんは尾崎豊似!今度一緒にカラオケ行きたいね(笑)。

いっちーさんがみんなのネームカードを作ってくれた。色々お疲れ様でした&ありがとうございました!

DSC05210

matsuさんとざっつさん。この二方とは以前TRICAMPでお会いしてる!焚き火を囲んでギーターを演奏してるのを写真撮っただけだが…こうやって再会すると嬉しい。

DSC05217

ゆるく、楽しく、素敵な会。タイムスケジュールなどなくてみんなが好きなように好きなことをしてキャンプを楽しむだけ。最高に楽しい。

DSC05218

ハートランド朝霧の名物監督さん。すごく愉快で面白くてフレンドリーで素敵な方。搾りたての牛乳を朝晩で何リットル頂いたのか、また薪も500円で使い放題!色々ありがとうございました!

DSC05222

少し早いが、ハイボール始めます!この日はMACALLAN12年。山崎が手に入らないから最近はもっぱらMACALLANだね。

DSC05225DSC05226

うん。こうやって人のバイクを眺めながら酒を飲むのも悪くないね。

DSC05228

こうやって写真を撮るのを撮ったり。

DSC05229

楽しく語り合うkprascalさんとアハマックさん。

DSC05231

やっぱりイケメンは何をやっても絵になりますね!

DSC05233

綺麗な雲と青空を背景にkprascalさん。私にはない爽やかさだな。

DSC05234

適度に雲があってそこまで暑くもなくて野遊びには最高の天気だった。

DSC05240

nametake30(shima)さん。この飾らないミリタリー感が素敵。そのカバンの中にはなんとウィスキーが2本も入っていた!

DSC05249

whiskeyさんのホルン。直接演奏してくれたり、皆さん楽器ができる方が多くて羨ましかった。

DSC05250

すらくすさん到着。たぶんこの日集まったバイクの中である意味一番キャラが濃かったかも。世界に一台だけのすらくすさんオリジナルカスタム!

DSC05257

BMWのボクサーエンジンには惹かれるものがあるね。いつかは。

DSC05260

Nyakkiさん、いい飲みっぷりだっ!まるで風呂の後に牛乳を飲んでるようだ。

DSC05262

自慢のイワシの形をしたフォークでオイルサーディン(イワシ)を摘むアハマックさん。本当にジェントルマンという言葉がよく似合う!

DSC05265

この間の缶詰ストックを大放出!自慢のコレクションです。

DSC05270

薪は使い放題だけど自分たちで割る必要があったけどいっちーさんとwhiskeyさんがやってくれた!これが若さか…

DSC05279

ピザを作るアハマックさん!実はキャンプでピザを食べるのは初めてだった。さすがですな。

DSC05282

ピザカッターも個性的でカッコいい。バイク乗りのジャスト!

DSC05286

ピザの出来上がり!ほんとにピザができるのか半信半疑したけどこれは紛れもなくピザだな。すごく美味しかった。今度自分もやってみよう。

DSC05290

少し遅れてカルマイさん登場!北斗の拳を思い出すと絡んてみたもののこの日集まったメンバーの中で一番イカツイのは自分だったのような気がする…

DSC05291

今まで自分のキャンプ人生において最高の出来!この焼き加減はヤバイと思ったが、少し酔っててその手加減をあまり覚えてない…

DSC05293

アハマックさんはピザを焼いたり、いっちーさんは自作のカレーを作ってくれたり、食べ物には困らなかった。またkprascalさんは燻製チーズに初挑戦!皆さんバイクで来てるのにどこに積んだのか食べ物や飲み物には困らなかった。あ、めがねこさんが追加で酒の買い出しに行ってくれた。ありがとうございましたmm

DSC05297

ステーキを焼いた後に残った極上の油がもったいなくて急遽キムチを焼いて肉をどなたかに提供してもらって作ったキムチ肉炒め!美味しい。みんなと一緒に食べるからもっと美味しい。

GlSUaJij

Photo by たつみじさん。こうやってみるとやっぱりこの爽やかでジェントルな方々の中で一番イカツイのは自分だった…フライパン、もう少し大きいと思ったけどこう見ると結構小さいね…

DSC05298DSC05300DSC05301DSC05304DSC05310DSC05312DSC05315

こうやってゆるく宴会を楽しんでたらいつの間にか暗くなってきた。昼間からちょこちょこ飲んでたのでもう出来上がり。

DSC05318DSC05327

やっぱり音楽はロマンがあっていいなぁ。自分も何か一つ楽器が演奏できたらいいなと常々思うけど音痴でリズム感ゼロなのでなかなか厳しいと思う。

DSC05335

いつ寝たのかも分からない。気がついたらテントの中だった。結構飲んだと思うけど二日酔いはまったくない。やっぱり楽しく飲むと次の日も調子がいいね。この日は言葉通りに雲ひとつない!晴天でございました。

DSC05339

キャンプの朝はこんな感じでゆるく始まる。すべてにおいて自分のペースで。ヒッピーの文化に詳しくはないけどきっとそんなに違わないような気がする。

DSC05342

また朝から楽しくバイク話。メーカーは違うけど同じスクランブラー乗りとして共通する話題も多いよね。

DSC05344

りゅうすけさんはやっぱり尾崎豊だな。バイクは盗んでないよね?(笑)

DSC05346

男は背中で語る、ざっつさん。たぶん自分のバイクが一番カッコいいと思ってるんだろうな。みんなそうやって自分のバイクが一番カッコいいと思ってるよね。

DSC05349

雲ひとつなく日差しが半端なかったな。日陰がない…

DSC05354

青と緑、オレンジのコントラストがいいね。

DSC05356DSC05359DSC05362DSC05365

こうやって話すだけでも楽しいんだよね。

DSC05367

お蝶がめがねこさんの指に止まったままどこにも行かない。モテる男は違いますね。

DSC05373

ほぼ片付いてきたのかな。暑すぎてソフトクリームを買いに行く。

DSC05374

行ったらすらくすさんがいた!

DSC05378

ハートランド朝霧のソフトクリーム、こちらも搾りたての牛乳で作ってるから甘くて美味しい!

DSC05380DSC05381DSC05384

楽しい朝の時間。

ヘコミさんのストリートスクランブラーのマフラの音を聞かせてもらった。純正でも十分素敵。ただ、パンツが溶けるくらいの熱を我慢して乗るヘコミさんは漢ですな。キャンプの後は富士の林道に行かれるそうだ。

DSC05390

こうやって並べると壮観だね!テンションが上がる!

DSC05397

またメーカーことにまとめて並べる。今回一番多かったトライアンフの皆さん。やっぱり自分のバイクが一番カッコいいと。

DSC05402

やっぱりカッコいいね!

DSC05406

ノンヘルのアハマックさん。大体のバイク乗りってヘルメットかぶったほうが何割かカッコよくなるけどアハマックさんはノンヘルのほうがカッコいい素のイケメン!

DSC05407

団体写真のため、各バイクの配置を指導しにいくたつみじさん。さすがですね。経験からくるアイデアの豊さに脱帽。

DSC05409

素敵だね。こうやって皆さんと一緒にネオクラシックキャンプを思う存分楽しんで現地解散。

いや、ほんと面白かったし、楽しかった。また来年のネオクラシックキャンプが待ち遠しい。来年もこのくらいゆるい感じのほうがいいね。最高のキャンプでした!

TRICAMP 2018

今週末は軽井沢のアースマイルビレッジで開かれたTRICAMP2018に行ってきた。トライアンフのイベントは去年のTriumph National Rally 2017に続いて2回目。実は去年のTRICAMPも行きたかったが、その時はまだギアが揃ってなかったので丹念した。なので今回のTRICAMPをすごく楽しみにしてた。

DSC01569

7時にトライアンフ横浜港北の皆さんと港北PAで集合。やっぱりモダンクラシック系よりはタイガーなどのマルチパーパス系が多い。一番前のスラクストン1200Rに方も一緒に行くと思って喜んだけど偶然PAに立ち寄っただけで違ったみたい。

DSC01574

いつものボリューム感。もうこの幅感にも慣れて高速でのすり抜けもある程度できるようになった。すり抜けできないと暑くて死んじゃうからね…

DSC01576

一回目の休憩は嵐山PA。港北PAから結構距離もあったし、圏央道も渋滞しててちょっとつらかったな。

DSC01582

2回目の休憩はおぎのや横川店。向かい側でポルシェのイベントもやってて結構賑わってた。

DSC01583

妙義山?緑が気持ちいい。

DSC01587

トライアンフのイベントがあるからか道のあっちこっちでトライアンフのバイクと遭遇。このボンネビルの色、いいね!素敵。

DSC01589

タイガーのさすがの積載量!やっぱりキャンプにはタイガーだよな。ここからアースマイルビレッジまでは個別行動。私は買い出しにツルヤ軽井沢店へ。

DSC01599

軽井沢に来たら絶対寄るスーパー、ツルヤ軽井沢。軽井沢らしいオシャレな食材がいっぱい、普通の東京のスーパーより興奮な品揃えでテンションが上がる!

DSC01602

夏っぽい天気で果物が食べたい。

DSC01604

選んだのはアメリカ産のラズベリー。

DSC01608

車で来てたら必ずボックスが買うりんごジュース。美味しいんだよね。今回はバイクなので諦める。

DSC01610

晩御飯用のオーストラリア産牛肉のシャトーブリアン。黒毛和牛のシャトーブリアンもあったが、それよりリズナブルなこちらで我慢。これでも十分高いけどね。キャンプ晩御飯のレパトリをもう少し増やしたいけどついついステーキにしちゃうね。次回は絶対違うメニューにしよう。

DSC01611

キャンプ場に到着したらなんどスラクストン900でいらっしゃってる方を発見してその隣に設営!

DSC01616

先日届いたハンマーが大活躍!軽いのによく打てられる。少しコツが要るけどすぐ慣れる。

DSC01621

今回の寝床はこんな感じ。もうあまり変わらないね。あのバリ辛のカレーは結局食べれずそのまま持ってきた。

DSC01626

最高の天気でキャンプ日和。

DSC01638

トライアンフの本部ブースはこんな感じ。

DSC01672

トライアンフの室井さんが焼いてくれる伝説のホットドッグ。トライアンフの皆さんはみんな美男美女でホスピタリティあふれて感動するレベル!

DSC01635

熱々の鉄板にソーセージを焼いて

DSC01637

パンに挟んでトマトケチャップとマスタードなどは自分の好みで。

DSC01645

とりあえず自分のスペースはこんな感じ。

DSC01649

タイガーとMSR、よく合うね。冒険の匂いがぷんぷん。

DSC01653

男のギアって感じ!Tent Markの炎幕かな?渋い。

DSC01654

コンパクトによくまとめられて快適そう。

DSC01657

MSRのパビリオン!

DSC01704

鮮やかな色のバランスがいいね。

DSC01662

あの黄色のテントもいいね!薪ストーブも揃えてる。やっぱりトライアンフに乗られてる方々は個性が強くてテントもほとんど被らない。テントには結構詳しいと自負してたけどこの日初めて見るテントが結構あった。

DSC01683

噂のゲレンデライディング!間近で見ると結構迫力あるね。乗られてる方は風間晋之介さんかな。

DSC01695

楽しそうだけどさすがにスラクストンでは厳しそう。

DSC01727

スクランブラー乗りの方。カッコいい!あのマットグリーンもいいね。

DSC01718

少し疲れてきたので休憩タイム。ハイボールとラズベリー。ラズベリーは思ったより甘くなく、スイーツよりは酒のつまみにいい感じだった。

DSC01733

早速焚き火スタート。火をつけるのに少し苦戦したけど一回火が付いたら勢いが止まらない。家から持っていった缶詰を温める。

DSC01701

この日スラクストンで参加された方は私を含めて4名。向かい側のスラクストン1200Rさん、やっぱりカッコいい!

DSC01752

こちらはとなりのshibutakuさんのスラクストン900。

DSC01707

こちらは私のスラクストン1200。

DSC01735

向かい側の方々のバイクがきれいに並んでる。バラエティがあっていいね。

DSC01736

やっぱりタイガーは自然が似合う。

DSC01742

天気もよくて広い敷地をトライアンフイベント参加者のみで贅沢に使う。

DSC01659

トライアンフだけじゃなくて他のバイクもちらほら。R1200GS、やっぱり迫力あるね。

DSC01660

こちらはR1100S。カスタムカラーリングがかわいい。

DSC01755

三好礼子さんとShibutakuさん。初めて三好さんとお会いしたけど気さくで素敵な方だった。

DSC01765

恒例のじゃんけん大会。いつもと同じく負けっぱなしで収穫なし^^;

DSC01769

じゃんけん大会の後は晩御飯の支度。まずにんにくと玉ねぎを炒めてから

DSC01771

肉を焼く!これは絶対美味しい!美味しすぎてこの後の写真がない。

DSC01783

バイクをバックに、焚き火とギター、素敵すぎる。

DSC01785

やっぱりキャンプファイヤがないと締まらない。

DSC01806

朝はさっさと荷物をまとめて9時にはもう帰宅の道に出る。軽井沢の山道も素敵で写真撮りたいポイントが結構あったけど止めるには危なかったので代わりにおぎのや 軽井沢インター店の駐車場で高岩を背景にワンショット!

トライアンフ・ジャパンの皆さん、素敵なイベントをありがとうございました!

日光まなかの森キャンプ場

先週末の4月21日に一泊二日で日光まなかの森キャンプ場へ行ってきた。今回は始めてのグループキャンプツーリング!天気も最高に良くてこれこそバイク日和な感じ。

朝8時に同じく川崎に住んでるアンパンさんと海老名SAで待ち合わせの約束をしたので少し余裕を持って6時過ぎくらいに家を出た。キャンプの荷物もいっぱい積んでるのですり抜けなど怖くてできないから渋滞を見込んで早めに出たけど思ったより渋滞してなくて7時過ぎくらいに海老名SAに着いってしまった…

DSC00561

しかし、海老名SAはツーリングに出かけるバイクでいっぱい、やっと空いてるところを探して止められた。バイクだけではなくて車もいっぱい、人もいっぱい!とりあえずフードコートで朝ご飯を食べてのんびりしてたらあっという間に8時。

DSC00564

約束時間ビッタリにアンパンさんが来てくれたけどやっぱり止めるスペースがなくて少し待機。

日光までは圏央道に乗って東京の外郭をぐるっと回って東北道で行く。去年秩父に行くときに環八で渋滞にハマって東京から離れるのに2時間以上かかったのがトラウマで週末の午前中には東京に入りたくなかった。少し遠回りはしたけど渋滞もなく快適に走って11時にはもう日光に着いた。

キャンプ場のチェックインが12時だったので少し寄り道して日光例幣使街道へ。

DSC00565

しかし、例幣使街道は杉並木の保護のために通行止めになってた。こうやって見ると自分の荷物の多さにビックリ。もう少し荷物を減らしてミニマルな感じにしたほうがいいのかな?自分としては何一つ余計なものはないけどね。

DSC00570

杉並木はキレイでその中を走ると気持ちよさそう。(実は花粉症で杉アレルギーだけど今の時期だともう大丈夫だった)

DSC00573

走れなかったのでこうやって記念撮影もしながら少し遊んでお昼を食べに行った。調べてみても大したお店はなさそうだったのでとりあえずキャンプ場まで走って途中で見つけたお店に入ることにした。

DSC00579

ちょうどよさそうな手打ちそばのお店があったので入ってみるとおばあちゃんが一人で切り盛りしてるお店で田舎のおばあちゃん家に行ったようなアットホームな感じだった。値段も安くて中々いいお店だった。

DSC00581

野菜天ぷらのそばを頼んだけど弾力があって素朴な感じがまたいい。ただ、ここで別々のメニューを頼んじゃって料理が出るまでかなり時間がかかっちゃった。同じメニューにしとけばよかった…

食べ終わったらもう時間がチェックインの12時を過ぎてキャンプ場で待ち合わせ予定のベストさんとJohnさんがもう着いてるとの連絡が入ったので急いでキャンプ場に向かった。

IMG_7971

やっぱり急ぐといいことがない…道を間違ってUターンしようとしたら右に立ちごけ!立ちごけ対策は色々やってたのでダメージを受けたのはブレーキレバー(折れてしまった…)のみでよかった。後、やっぱり荷物が重すぎるのかな…

日曜に別件でトライアンフ横浜港北さんに行く予定だったのでブレーキレバーも用意してもらうことにした。

DSC00593

キャンプ場でみなさんと合流してチェックインを済ませたらスタッフの方が山の上のサイトが見晴らしもよくてオススメというので行ってみたけど完全にオフロードですごいヘアピンカーブ…立ちごけしたばっかりだったので余計に怖い!滑りながらなんとか頂上まで。また降りていくのは大変そうなのでとりあえず山の上に設営を済ませた。

(もしまなかの森キャンプ場に行かれる方がいたら下のほうの管理棟の近くのサイトがオススメです。温泉も管理棟のすぐ横にあるのでその近くか楽ですし、好きな時間に温泉に入れます。)

DSC00591

苦労して登った甲斐があって山の上からの景色は最高だった。緑に囲まれて心が穏やかになるね。

DSC00586

気温がかなり高かったので急いで設営を済ませた。このテントにも慣れてかんたんに設営できるようになった。使えば使うほどやっぱりいいテントだと改めて感心する。

DSC00585

幕内はこんな感じ。毛布も床に一枚だけでシュラフもモンベルダウンハガー800 #3だけで全然大丈夫!

IMG_7976

最後にパコバさんが巨大なKawasakiのツアラーで登場!アメリカ専用のモデルで逆輸入らしい。みんなで急いでパコバさんのテントを設営してすぐ日光ツーリングに出かけた。

日光に詳しいパコバさんが先頭に立って総5人でのツーリング。まずはキャンプ場から近い今市ダムへ。バイクも機種も排気量もみんなバラバラだけど一緒に走ってると楽しい!ダムまでの道は適度にグニョグニョしてて走ってて気持ちいい!

IMG_7980

ダムに着いてどういうダムなのかパコバさんの説明を聞きながら見物。時間がもう4時近くになってスーパーへ行って買い物して帰るか、もう少し走って大笹牧場へ行ってからスーパーへ行くか迷ったけど日光まで中々行けないのでできるだけ満喫したかったので少し無理してても大笹牧場へ!

大笹牧場までの道は今市ダムまでの道より細くて舗装状態があまりよくなかったけど森の中を走っていくのは気持ちよかった。

IMG_7995

ギリギリ営業時間に間に合って大笹牧場人気No.1のソフトクリームを食べることができた。やっぱり美味しい!

IMG_7999

帰りは六方沢橋へ寄ったけどフェンスのせいで景観が台無し。調べてみたら自殺防止のためのフェンスらしいね。こんな山奥の橋から飛び降りる勇気があるんだったら十分生きていく力があると思うが…

IMG_8005

買い物してキャンプ場に戻ったらまず温泉へ!キャンプ場に併設された温泉なのでそんなに期待はしてなかったけどしっかりした露天風呂だった。バイクでの肩こりが全部とける感じ。サイトをもう少し温泉に近いところに決めたらよかったのにな。(ちなみに男性用の風呂は外から丸見え)

IMG_8014

風呂の後は宴会!牛肉、豚肉、鶏肉、にんにく、野菜、キムチ、とりあえず焼きまくった。人が5人もいたのでいろんな種類の食べ物を作ってみんなで食べる。一人だとせいぜい1品か2品くらいかめいいっぱいだけどグループだとたくさん作れるので楽しいね。お酒もビール、ワイン、ハイボール、ウィスキー、梅酒などなどそれぞれ持ってきたお酒を楽しんだ。どう終わってどう寝たのか記憶が曖昧だけどすごく楽しかったのだけよく覚えてる。

一人では一人での楽しみ方があるけどたまにはこういうグループでのキャンプツーリングも悪くないね。ほんとうに充実した一日だった。