千葉ツーリング、鴨川のそば屋を目指して

朝7時、外の明るさに目が覚める。久しぶりに8時間くらい熟眠できて体が軽い。窓から入ってくる日差しも暖かく気持ちがいい。これはもうツーリング日和だね。ここ何週間天気やイベントなどでバイクに乗れなくてストレスがたまりまくってたのでこの天気が嬉しい。

シャワーを浴びてすぐツーリングの支度をする。前日よりは暖かいけど朝の気温は10℃を下回ってる。防寒対策はひだまりエベレストをベースにEDWIN 503 WILD FIREBelstaff CLASSIC TOURIST TROPHY 10oz JACKET。それにalpinestarsのネックウォーマーで完全防備。10℃くらいであれば十分イケるだろう。

バイクに跨ってキーを回したけどなんかディスプレイの表示がおかしい。エンジンをかけてみたらディスプレイの表示が正常に戻ってきたけどもしかするとバッテリーの性能が落ちてるのかもしれないね。そろそろ3年になるのでもう交換時期かも。

日曜日の午前というのもあって1時間もかからずアクアライン海ほたるPAに到着。少しスピードを出しても全然寒くなくむしろ海底トンネルでは少し暑いくらいだった。

海ほたるはたくさんのバイクで賑わっていた。皆考えることは同じで、この季節は暖かさを求めて千葉に向かうがち。またこんなに天気が良ければなおさら。

DSC04130.jpg

5階のフードコートでご飯を食べようとエスカレーターを登ったら、お!びっくりした!キレイな青空と海、東京と川崎、横浜を背景に白雪化粧の富士山がくっきり見える。また、その上を飛んでいく飛行機が素敵すぎる。冬の澄んだ空気が気持ちいいね。

フードコートに着いたのが8時50分。まだそば屋と前回失敗したASARI CAFEしか営業してない。波市が9時から営業開始なのでそれを待つことにした。

DSC04139.jpg

いつもはあさりとあおさの塩ラーメンだけどこの日はなぜか「炙り金目鯛の塩ラーメン」が目に入ってすごく美味しそうだったので頼んでみた。これは新メニューなのかな?前からあった?

DSC04145

お!この金目鯛、美味しい!プリプリと弾力があって甘みもあって期待を軽く超えてる。

「金目鯛」の切り身をバーナーで炙り、オリーブオイルで味のアクセントを付けました。

お店で自慢するだけあった。今度行ったらまた頼もう。

DSC04146

また金目鯛だけじゃなくてあさりやあおさ、海苔など千葉の幸がこれでもかと入っていて塩ベースのスープとよく合う。やっぱり波市、侮れない。

DSC04154.jpg

ご飯の後、フードコートを出て5階からの眺めをしばらく楽しむ。この複合的に絡み合う道路の機能美がたまらない。この日は少し広角で撮ってみた。

DSC04157.jpg

そろそろ行こうと駐車場に戻ったら自分のバイクが格好良すぎてつらい(笑)。少し走ってバッテリーが充電されたからか朝のような症状はなくすこぶる調子がいい。やっぱり素直でいい子。

次の目的地はいつものもみじロード。千葉に行ったら必ず行く楽しい道だけどこの日はすごく混んでいた。道の真ん中あたりの広い休憩スペースにもたくさんのバイクが集まっていてなにか集会でもあるような感じだったのでスルーしてそのまま走って行こうとしたけど車とバイクで道が大渋滞…

DSC04161.jpg

仕方なく途中駐車スペースが見えてバイクを止めたらまだ紅葉が残っていた。今年はあまり紅葉ツーリングできてないので地味に嬉しい。

この次は道の駅三芳村 鄙の里に寄ってから最終目的地の鴨川の山奥にあるそば屋「打墨庵 加瀬」に行くつもりだったけどそれだと到着時間は11時40分くらいになっちゃうので先にそば屋に行くことにした。打墨庵 加瀬の営業開始時間は11時半で行列ができるお店らしいのでどうしても一巡で入って空いてる室内の写真を撮りたかった。

DSC04177.jpg

もみじロードからダイレクトに行ったらあまり時間かからなくてお店に着いたら11時前。それでも先客が1組いた。この門構え、趣きがあって素敵。

DSC04200.jpg

時間があったのでこの店の看板ヤギ(?)メイちゃんと遊ぼうとしたけどそういう客が多いのかあまり反応してくれず草食べてからそのまま寝てしまった(汗)。お邪魔しました。

メイちゃんは品があって堂々として素敵なヤギだった。

DSC04185.jpg

お庭のあちらこちらにこのように風情のあるオブジェが置かれてあってそれを探すのも楽しい。手作り感と素朴な味わいがこの豊かな自然の中に溶け込んでる気がする。

DSC04183.jpg

お店の玄関もすごい趣き。重厚な感じだけどその中にもまた素朴な手作り感があって落ち着く。11時半になったら中からお店の方が出てきて案内をするけど実はこの店ランチの予約を受け取っててまず予約者から中へ案内された。もしグループで行くのであれば事前に予約しといたほうがいいかもしれない。中に個室もあるので。

後、行列ができても回転が早いのでそれほど待たない気がする。

DSC04211.jpg

中に案内されたらお茶と玉子豆腐(!)、おしぼりがメニューと一緒に運ばれてくる。玉子豆腐のお通しを見るとちょっと飲みたくなるね(笑)。すごく洗練されてる感じとは違って独特な味わいがあって落ち着く。

DSC04223.jpg

店内にもヤギのかわいいイラストがあった。やっぱりこの店はヤギ押し!他にもお庭にあったようなかわいい置物や独特な絵が飾ってあって素敵な雰囲気。また古民家をリノベして作ったらしくて天井が高くて開放感がある。

DSC04219.jpg

頼んだのはそばがきと

DSC04224.jpg

日替わりで国内産大豆を使って作った自家製とうふ、

DSC04227.jpg

スタッフさんオススメのなめこせいろ。

どれも素朴で素材本来の味に充実した感じが素敵な逸品だった。3つも頼んだけどそれぞれ量はそれほど多くないので大丈夫、というかこのくらい頼まないとお腹いっぱいにならないかも。

DSC04237.jpg

そばはコシがしっかりしてのどごしもよく、また少し濃い目のつゆともよく合って美味しかった。この店も今度夜行って日本酒と一緒にそばと天ぷらを食べてみたい。呑兵衛は仕方ない。

そば屋を出て県道89号を走って道の駅三芳村 鄙の里へ。県道89号は楽しい!もしかするともみじロードより楽しいかも。

道の駅三芳村 鄙の里もたくさんのバイクで賑わっていていつもは観光バスなど大型バスが止まるスペースがバイクの臨時駐車場になっていた!ビンゴバーガーもすごい行列!

DSC04248.jpg

デザートとして普通にバニラのソフトクリームを食べるつもりだったが、ソフトクリームの上に黒蜜がかかってその上にきなこと餅が載ってる「きなこちゃん」をみたらもう気分はきなこちゃん。日差しが気持ちいいテラスのテーブルできなこちゃんを食べながら日曜日の午後を満喫した。もう最高の週末だね。

これからの季節はもう千葉一択だね。

九つ井 玉川店

来週が娘の誕生日なのでそのプレゼントを買いに家族みんなで玉川高島屋へ。着いたのがちょうど昼時だったので先にご飯食べることにした。そういえば今まで数え切れないほど通り過ぎたのに何故か一回も行ったことがなかった九つ井が気になったので行ってみた。

DSC05571DSC05572DSC05577

広い空間を贅沢に使っていて風情があってふんだんに使われて木の温かい感じが素敵だった。和を感じれる素敵な空間。後で調べたら鎌倉の築百年を超える古民家をそのまま移築したらしい。なるほどね。

DSC05578

娘は鴨せいろそば、奥様は牛煮込みうどん、私はそば御膳を頼んだ。食前のお茶も美味しい。

DSC05583

娘がマグロ刺身が食べたいというので誕生日だし、頼んであげたらすごく上品なマグロが出てきた。味も上品!

DSC05582

最初にこういう紙に包まれた不思議な形の皿が出てきたのでどういう仕組があるのかと見てみると

DSC05585-2

紙の裏にそば御膳の品書きがあった!これは面白いね。

DSC05584

そば三味盛り。まずそばを利用した前菜を楽しむ。同じ素材で作ったのにそれぞれ違う味や食感が面白い。味は違っても全体的にさっぱりして美味しい。

DSC05592

旬やさいのスープ。和食と洋食の真ん中にあるような味わい。体に優しい感じ。

DSC05591

一つ一つ品がある。格好つけず素材の美味しさを引き出してる。丁寧な感じが素敵。

DSC05601

メインの十割蕎麦、少し細めでのど越しがよくて美味しい。

DSC05602

薩摩芋、ししとう、茄子の揚げ物。そばと一緒に食べるとバランスがいい。

DSC05603

最後に甘味。揚げてるので外はパサパサして中はあんこが入っていて甘くて美味しい。和食のデザートとしてちょうどいい感じだった。

今回はランチだったけど夜も行ってみたいね。他の料理も食べてみたい。

雷庵

なんの集まりかよく分からないけどお誘いを受けたのでとりあえず会食に行ってきた。場所は渋谷宮益坂にある「雷庵」。もう入り口からとにかくオシャレ!男(おっさん)4人の会食には少し合わない感じもしたが、そこは強いメンタルで乗り切った(笑)。主にデートにちょうど良さそう。宮益坂というのもセンスがいいね。

DSC05433

オープンキッチンスタイルで和と洋がバランスよく融合されてる感じでテーブルよりはカウンターのほうがより楽しめるかも。ただ、カウンターに座れるのはカップルじゃないとちょうど気まずい感じ。

DSC05430

最初に頼んだのはクラフトビール。あの東京湾の有名レストラン「T.Y.HARBOR」が作ったビールらしい。そこまでクセもなく飲みやすいエールビール。一杯目にちょうどいい。

DSC05436

料理の注文はこの日、この店に決めてくれたYさんが全部頼んでくれた。Yさんはかなりのグルメ通なので変に間に入るよりは任せとけば問題ない。最初に頼んでくれたのがこのししとうの素揚げ山椒ごま醤油掛け。ししとうも美味しかったけどこの山椒ごま醤油が特に美味しかった。まるで味噌のような独特な風味があった。さっぱりしてお通しに最適。

DSC05437

続いて桜海老とパクチーのサラダ!桜海老とパクチーがこんなに合うとは思ってなかったが、ざくろがまたいいポイントになってる。ざくろ食べたのも超ひさしぶり。

DSC05438

だし巻き玉子は一般的な味。

DSC05441

ビールの次はこの店が自慢してる変わった日本酒のコレクションから、新政 No.6 X-type 2017を選んだ。最近日本酒のニューウェーブでワインのような格好をさせるというのが流行ってるらしくてその中からのチョイス。泡ではないのにスパークリングな感じでシャンパンに近い味がした。

DSC05442

アボカドのお浸し イクラとずわい蟹のせ。意外な組み合わせだけどそれが不思議とよく合う!美味しい。

DSC05444DSC05448

次に頼んだ酒がまたすごい。手取川 古酒 梅舞花 1994ヴィンテージ!日本酒にもこういうのがあるんだね!もう20年以上前の酒なのでその時に自分が何してたがで話が盛り上がる。みんないい歳のおっさであった…。

DSC05446

色もそうだけど味も日本酒の枠を超えてる!?離れてるね。たぶん紹興酒だと言ったら信じちゃうかも。珍しいお酒を飲んだということで満足。

DSC05450

刺し身の盛り合わせ。オシャレ。

DSC05451

鮎の天ぷら。思ったより鮎が小さかったけどその分柔らかくて美味しい。

DSC05455

鶴齢 特別純米酒 山田錦55% ひやおろし。山田錦のお酒が欲しかったので頼んでみた。

DSC05457

秋刀魚、脂が乗って美味しかった。やっぱり旬な食材は強い!

DSC05459

次に頼んだのが自然郷 オーク樽熟成 CUVEE18!本当にオークの香りがする!しかし、オークの香りを楽しむんだったらウィスキーでよくない?と思っちゃったり…

DSC05460

岩中豚ローうステーキ150g。そこまで脂濃くなく、マスタードともよく合う。

DSC05466

CUVEE18を最後にしようと思ったけどなんかこの日飲んだお酒が全部クセがすごかったので普通の甘い純米大吟醸で締めたかった。店員さんに相談したらメニューになかったこの飛露喜 純米大吟醸を持ってきてくれた。あ、安心するわこの味。

DSC05467

酒を追加しちゃったのでつまみも追加。とうもろこしと金時芋と新しょうがパラパラ揚げ。とうもろこしの甘さの上にしょうががすごい効いてる!

DSC05469

締めはせいろそば。ホッとする。

そばと和食を中心に独創的な料理とクセのあるお酒を思う存分楽しめた。しかし、個人的に日本酒は普通のものが一番美味しいね。