東京肉しゃぶ家

前回東京肉しゃぶ家を訪れた時に衝撃的な旨さに深く感銘を受けたのでいつもお世話になってる方を招待して食事会を行なった。予約は6時と8時半の二部制で受け取ってるので少し時間を遅らせて6時半からにしてもらった。8時半の予約客が多いときは席を譲る必要があったけどまぁ2時間あれば十分楽しめる。

DSC06557

なかなか新大久保では見かけられない渋い外観。逆に不思議に見える。

贅沢爛漫コースを頼もうとしたが、前日までにお店に言っておく必要があるらしい。シェフおまかせコース+シャトーブリアンをお願いした。

DSC06563

まず牛タンのローストビーフと

DSC06564

自家製 数の子が運ばれてきた。これは酒のお伴!一杯目は生ビールを頼んだが、急いで日本酒を頼む。

DSC06566

酔ってくると味がよくわからなくなるのでその前に十四代 吟撰 吟醸酒を頼む。やっぱり旨い!この甘い風味はたまらないね。

DSC06568

但馬牛サーロイン炙り 雲丹のせ。この組み合わせは反則だね。サーロインの脂と雲丹のクリーミーな甘さが絶妙に合う!二人で奇声を上げながら味を堪能する。

DSC06569

オックステールの煮付け。牛の尻尾骨を煮込んでるのに雑味や臭みがなく濃厚なのに後味はさっぱり!また九条ねぎの甘さでスープの深みを引き立つ。

DSC06573

続いて頼んだのが加茂錦 「荷札酒」純米大吟醸生原酒「雄町」鮨 ばんどで飲んですごく美味しかったのでまた頼んでみた。やっぱり美味しい!ただ、十四代の後だったのでインパクトが落ちるね。

DSC06576

続いて日高見 ひたかみ 中取り 大吟醸 ベネチアンボトル。年に一度出す限定品らしくオーナーの高忠伸(コ・チュンシン)さんのご好意で味わうことができた。旨い!

DSC06578

牛タンの焼き。牛タンの弾力にスパイスが効いて口の中にその風味が長く残る。

DSC06580

高さんとお酒の話に盛り上がったら、またメニューにも乗ってない秘蔵の大吟醸 喜和鳥を出してもらった。田酒の西田酒造店のプレミアムなお酒らしく、田酒とも似てるけどより澄んでる感じで上品。

DSC06583

こちらも牛テールのスープだけど骨まで砕いて煮込んだらしい。濃厚そのもの!

DSC06586

どんどん盛り上がってきて、高さんが十四代 白雲去来 純米大吟醸十四代 双虹 大吟十四代 龍月 純米大吟醸十四代 純米大吟醸 大極上諸白 龍泉を出してきた!これらは高いよりも手に入らないものばかり。

時価だと一杯ずつ味わっても何万円もかかるものだが、なんとお店で出してる普通の日本酒と同じ値段で出してもらった!おお!ありがとうございました!味は言うまでもなく最高に旨いのだが、それより貴重な経験をさせてもらった。

DSC06588

またこちらの十四代 七垂二十貫 純米大吟醸をすべての客に一杯ずつサービスしてくれた!なんと太っ腹!

DSC06590

こちらは鯨のベーコン。一緒に行った方が関西出身だけど東京ではなかなか食べられないけど地元では好きでよく食べてたらしくてすごく喜んだ。よかった。

DSC06591

自慢の牛肉を見せてもらってから

DSC06594

シャトーブリアンと

DSC06598

但馬太田牛サーロインと特選牛タンのしゃぶしゃぶ。シャトーブリアンは暑さがあるので30〜40秒くらいじっくりお湯につける必要があるけど柔らかくて脂があるのでレアな感じでも全然美味しい!

DSC06599

お酒の〆は醸し人九平次 純米大吟醸 彼の岸。いや、ほんとに色々贅沢させてもらった感がすごい。

DSC06600

もうお腹いっぱいと思ったところで一皿すき焼き!これはもう別腹!トリュフの風味がたまらない。美味しい!美味しすぎる!

DSC06602

〆は塩ラーメン。あっさりして美味しい。

最高の料理にこれ以上ないライナップの日本酒!最高すぎる夜だった。またお世話になってる方に少しでも恩返しができたようでなにより嬉しい。高さんのホスピタリティーには感激、また行きたい、定期的に訪れたいお店だ。

東京肉しゃぶ家

昨日は台風12号が関東に接近したせいで、会社から交通の乱れが出る前に各自早めに帰るようにとアナウンスがあった。新宿駅前も各メディアの報道陣が帰宅難民になった市民を捉えようと待機してたしね。

他の会社でも似たような指示があったらしくて皆慌てて帰宅を急いでたけどこれってもしかしてチャンスじゃない?と思って、行きたかったけどあまり予約が取れず行けなかった店、東京肉しゃぶ家に電話をしてみた。

当日なのになんと予約ができるとのことだったのでとりあえず席を確保して友人2人を誘って早速お店へ。

DSC04683

やっぱり台風のせいで激しい雨と風で外を歩く人も少ない。タクシーもかなりの列ができていたので歩いて行こうと思って明治通りのほうに行ったら普通に空いてるタクシーが来てたので捕まえて職安通りのドン・キホーテ方面に。道も結構混んでたけど運転手さんが新宿の道は慣れてるらしくて歌舞伎町の裏のホテル街を通って予約時間にピッタリ合わせて到着。

お店はドン・キホーテのすぐ隣にあって、新大久保の騒がしい雰囲気や匂いの真ん中にあるにも関わらず風情ある佇まい。これは期待が高まる。調べてみたら最近外観をリニューアルしたらしいね。

DSC04701

お店はカウンターの12席のみで小さいけど清潔感があって木を中心にしたインテリアが落ち付く。また壁には十四代の幻の銘酒がずらり並んでいてさらに期待が高まる!たぶん空き瓶な気がするけどこの店が目指してる方向性が見えてきた。

DSC04699

まず席にコンロと鍋が来てドキドキが止まらない。

DSC04692

頼んだお酒がきた!いつもは一杯目は生ビールから始めるけど

DSC04695

棚に置かれてる十四代に釣られて、十四代吟撰吟醸酒を頼んだ。美味しすぎて言葉が出ない。いつもはがぶがぶ飲む友人らも少しずつ一滴一滴味わうかのように味を楽しむ。

DSC04697

メインで頼んだのは《シャトーブリアン&但馬太田牛サーロイン》しゃぶしゃぶミックスセット。まずお通しのタンのローストビーフ サマートリュフが出て

DSC04702

セットのしゃぶしゃぶ用の野菜と

DSC04704

但馬太田牛サーロインの大判2枚と、品書きにはシャトーブリアン極厚1枚と書いてあったけど薄切りのが2枚がきた。これは美味しくないはずがない。

ただ、これだけのお肉であればどの店に行ってもさほど味は変わらないと思ってしまって、この店のオリジナリティはどこにあるかなと考えてしまう。お酒?

DSC04710

友人が辛口が飲みたいというので東洋美人大辛口純米吟醸を頼んだ。期待通りの安定的な味。メリハリを付けてくれるね。

DSC04714

その後は房島屋純米火入熟成酒。たぶんお店おすすめだったのかな?

DSC04715

セットのお肉だけでは正直に量が足りない。すごく美味しいけどね。

メニューを見てたら、「しゃぶしゃぶの後に一皿すき焼きはいかがですか?」とお誘いの文言にそのまま釣られて一皿すき焼きを頼んでみたが、これが大正解だった!すき焼きのタレの上に泡を立たせた玉子!その上にサーロインの肉、またその上にトリュフ!何この贅沢で見たことのないすき焼きの斬新な解釈。これこそこの店のクリエイティビティでオリジナリティだと思った。

感動の渦巻きの中で食べるような味。違う景色を見させてもらった。

DSC04720

セットの締めはラーメンだったけどまたこれがしゃぶしゃぶの汁をベースにあっさりした味わいで、締めよりは口直しな感じ。

DSC04717

もうこうなったら知らない。大好きな獺祭磨き二割三分を頼んでしまう。

DSC04722

酒の肴としてオックステールの煮つけを頼んでみた。肉は柔らかく味は少し濃いが、濃すぎない、酒に合う。

DSC04723

極上炙り明太子。これは言うまでもなくお酒の大親友。

DSC04734

田酒特別純米を頼んだが、またこれが美味しい。

DSC04727

サーロイン雲丹。これは説明が要らないと思う。このビジュアル通りの極上の味わい。

DSC04735DSC04736

締めは紀土大吟醸山田錦35%。この店の日本酒コレクションはどれを頼んでも失敗がない。素晴らしい。

DSC04738

感動に沈みながらの帰宅。なんかすごく幸せな気分だった。もし自分がもっと若いときにこのような料理の奥深さを知ってたら料理人を目指したかもしれないね。