おでん、その先。あざぶ 一期

2ヶ月半ぶりの2回目の訪問。前回後輩たちと行ったときにすごくよかったのでまた使おうと思ってたらすぐそのチャンスがきた。紹介してあげたいオシャレな二方がいて、その二人にふさわしい雰囲気の「あざぶ 一期」を一ヶ月前に予約して万全の体制で挑んだ。が、一人が風邪で参加できず、結局いつものメンバーでの会食になってしまった。

DSC02399

新宿から麻布十番までは大江戸線で行ったけど駅が深くて思ったより時間がかかってしまい、約束時間にギリギリ。また、あいにくの雨でテンパってしまって一回行ったお店なのに入り口を探せず迷ってしまった。それでも玄関の素敵なアプローチは写真に残さないとね。

約束時間ちょうどにお店に着いたら店長の是川さんが迎えてくれて濡れた傘も変わりに整理してくれた。結構面倒な形の折りたたみ傘だったので申し訳ない。傘も靴もグループことにまとめて保管してるらしい。やっぱりこういうホスピタリティは一流のお店の証だね。

DSC02402

店内は満席だったけど席の配置をある程度ゆとりをもたせてるのでそれほど狭い感じはない。どちらかというと快適。また、堀こたつの地面が床暖房で温かい。

DSC02409

着席したらすぐ飲み物のオーダーをもらってすぐおでんのメニューを持ってきてくれた。今日はおまかせコースで頼んだけどコースの中のおでんはこの中から一人5品を頼むらしい。相変わらず達筆で読めない字が多い(笑)。

DSC02412

お通し的にホタルイカや車海老、焼き魚などの盛り合わせが運ばれてきたのでとりあえずビールで乾杯!一品一品丁寧に作られていて上品な味付け。関西風の控えめな味加減というのかな。

DSC02414

乾杯を済ませたのでこれから本格的に日本酒へ。まず好みのお猪口を選んで。

DSC02416

飲みましょうか(笑)。最初に頼んだのは福井の黒龍。最近は完全黒龍フィーバーですな。最初の一杯は店長の是川さんが注いでくれた。ありがとうございます!

DSC02419

やっぱりこの徳利と木箱はいいね。家にも一つ欲しい。

DSC02427

その後は刺し身の盛り合わせ。ますます酒が進むね。この日の日本酒は黒龍と磯自慢。

DSC02437

コースの中にはすき焼きも入っていて刺し身を食べる間に調理していただいて刺し身を食べ終わったらちょうどすき焼きが食べごろに!さすがですな。

DSC02433

お肉も美味しかったけどこの玉子がまた絶品でたまらない。肉と絡めて食べると濃厚で甘くて美味しい。今度行ったらどこの玉子なのかちょっと聞いてみよう。

DSC02439

すき焼きの後は焼き魚。うまい!

その後はいよいよおでん。定番のおでんを3つ頼んで残り2つは少し変化球的なものを頼んでみた。

DSC02441

まずは大根。おでんに大根は欠かせない。しかしどうやったらおでんの大根にこんな深い味を出せるんだろ?上に乗ってる鰹節もただものではないね。大根は食べやすいように4つに切られてあった。

DSC02443

次はこのお店ののシグネチャーメニュー、一期玉子!このゆで卵には毎回感動するね。たぶんゆで卵の世界大会があったら十分優勝できるレベルだと思う。美味しい。

DSC02451

次に牛すじ。柔らかくて美味しい。上品な味付け。ここまでは定番のもので

DSC02455

変化球ははまぐりと新わかめを頼んでみた。はまぐりは身がしっかりして大きくて弾力もあって美味しい。汁はあっさりしてお酒との相性もいいね。新わかめは写真を失敗してアップできてないけど普通のわかめより柔らかい触感で春を感じる。美味しかった。

DSC02449

これは他の方が頼んだ竹の子。美味しそう!隣の芝生は青く見える(笑)。

DSC02457

こちらも他の方が頼んだものなんだけどなんだろうね?不思議な形。今度行ったら頼んでみよう。

〆はおでんの汁で作ったお茶漬け。とろろも少しかかっていておでんの風味が濃縮された感じで美味しかった。〆にふさわしい絶品。

DSC02463DSC02465

最後にデザートの杏仁豆腐とお茶をいただいてコースが終了。ごちそうさまでした!

やっぱり美味しいものは人を幸せにしてくれるね。最後に店長から姉妹店の串揚げのあもんも紹介してもらったので今度行ってみよう。

DSC02468

食事が終わって外に出てみたら、麻布十番の真ん中に桜が咲いていた!既に雨も止んでいてこの絶景をみんなで楽しんだ。早咲きの品種なのかな。こうやって桜も見ることができてなお嬉しい。

あざぶ 一期

たぶん今年最後の麻布十番でのおでんだったかも。前回の「すぎ乃 麻布十番」と「麻布 秀」に続いておそらく一番レベルが高い(値段も…)と思われる「あざぶ 一期」へ行ってきた。かわいい後輩たちとの忘年会。

実はこの店に行く前に外勤で訪れたお店でそのつもりではなかったのに飲み会になっちゃっていい感じになってからの二次会になってしまった。

地下1階に位置していて看板も控えめなので探すのが少しむずかしい。店内に入ると少し薄暗くて大人な空間が広がっていた。落ち着く。

DSC09707

皆揃ったらお通しが運ばれてきたけどこれはかなりレベルが高い!後輩たちも嬉しそうに料理を見てるのを見るとこの店にしてよかったと改めて思う。

DSC09705

もうすっかり出来上がってしまってたのでさり気なく日本酒を注文した。これはたぶん黒龍大吟醸だと思う。氷が積まれてる箱に徳利が入ってる演出がいい。

DSC09703

お猪口もガラス製の品のいいものの中から好みで選ぶ。

DSC09710

メニューというかお品書きが達筆すぎて読みづらいのもあるけどオシャレだね。コースメニューからでもアラカルトで頼めるのが嬉しい。

DSC09712

刺し身の盛り合わせと

DSC09715

のどぐろの焼き魚。素材もいいし、その料理のクオリティもかなり高い。皆「美味しい!美味しい!」を連発しながら料理を楽しむ。お酒も進むね!

DSC09714

いよいよおでんの時間!一番最初に定番の大根と

DSC09717

ゆで卵!これは見るたけでもクオリティが高いのが分かる。尋常ではないレベルのおでんだ!素材一つ一つがやばいくらいいいものを使ってる。おでんでここまでできるのか!

DSC09718

最後は牛すじ。牛すじなのにすごく柔らかくて美味しかった。すごい!

一次会でラム肉を食べてしまってお腹いっぱいになってしまってのでこれしか食べれなかったのが残念。次回はコースを頼んでみよう。

麻布 秀

前日に続いてまた麻布十番でおでんを食べてきた。なんでこうなったか分からないけど今日もまた麻布十番なので三連ちゃんの予定。この日のお店は「麻布 秀」。

DSC07758

麻布十番の繁華街とは少し離れたところにあってお店はどこだろう?と思ったときに目の前に黒い板の壁がドーンと現れた。そんなに大きくはないけど色や素材から結構な存在感がある。いい演出だね。看板も素敵な感じ。

DSC07761

中に入って予約者名を伝えるとカウンターの席に案内されたけどもう満席だった。カウンターが14席、小上がりに4〜6人が入れるらしい。この珊瑚の箸置きと箸と前掛けの組み合わせがかわいい。

DSC07762DSC07763

お通しに煮物と人参のサラダのようなものが出されたけどどれもさっぱりして美味しい。お店は大将と女将さん(たぶん)、弟子さんの3人で切り盛りしてた。3人で手際よく動いていて見てて気持ちいいね。

DSC07764

メニューは本日のおすすめと定番の2種類があって、おまかせでお願いしたかったけど予約時に伝えないとダメらしくてアラカルトで頼んだ。

一品目はカキ南蛮漬け。お酢が効いていて適切な酸味がバランスを取ってくれて美味しい。

DSC07767

次はお造り盛り。この日はフグがメインで(たぶん今年初フグかな)コリコリして旨い。これはもう日本酒だな。この店は日本酒よりはワインがメインらしいけど日本酒のストックもある程度あった。

やっぱり麻布十番だけあって和食にオシャレなワインを飲むのが流行ってるのかもしれないけど自分の中ではおでんとワインの組み合わせはあまりないな。ワインも好きだけどね。

DSC07769

頼んだのは獺祭。なんか久しぶりだな。

DSC07771

目ひかり天ぷら。やっぱり脂が半端ない。口の中で脂が溶ける美味しさ。

DSC07774

いよいよおでんの登場!最初はゆで卵と大根。前日の「すぎ乃」と同じく関西風おでんらしいが、汁により深みがあるというかパンチがあるね。自分の好みはこっちだね。

DSC07775

えいひれバター焼。軟骨がコリコリっ、身も魚よりは豚の柔らかい角煮のような食感で新しい。バターやにんにくの風味も効いて旨い。

DSC07777

この店のオリジナルおでんのアジつみれ。魚感はすごいけど鯵の味はそこまで強くなく、言われないと分からないかも。

DSC07779

定番の厚揚げとちくわぶ。定番なだけに安定的に美味しい。おでん食べてる感じがするね。

DSC07781

がんもと

DSC07783

豆腐でひとどおり終了。〆の炊き込みご飯も頼もうかと思ったけどぐっと我慢。やっぱりおでんに出汁は一番重要なポイントかもね。この深みは結構気に入った。後、小さい店のカウンター席っていいよね。

また行きたいお店であった。

すぎ乃 麻布十番

季節のせいなのかな最近おでんが食べたい率が結構高くて昨日は麻布十番にある「すぎ乃」というお店に行ってきた。元々は奈良の有名店で2016年に東京へ出店したらしい。奈良料理、奈良おでんというのはあまり自分の中ではイメージがなくて漠然と京都に近い感じかなというのと関西風の薄味かなと予測。

DSC07726.jpg

お店は麻布十番駅から歩いて5分もかからないくらいのところにあって白を基調にした壁がおしゃれで印象的だった。窓のサイズも色々考え抜いての結果に見えるし、玄関とのバランスもいいね。

店内は思ったより広くて1階だけではなくて2階もあった。できればカウンターに座りたかったけど2階の一番奥のテーブルに案内された。店内も木をベースに落ち着いた空間だったけど隣の席が近い。どっちにも振り切れてない葛藤が感じられるね。

DSC07731

まず飲み物。日本酒が自慢のお店らしくてメニューを見たら好きな銘柄がいっぱいあってテンションが上る!とりあえず大好きな加茂錦荷札酒の黄水仙しぼりたて瓶火入れを頼んだ。やっぱり甘くて美味しい。みんなにも進めて味見してもらった。美味しいだろう?

DSC07733

お通しはしじみ汁。あっさりして体に良さそうな味。これ飲んで調子整いていっぱい飲んでくださいとのことかな(笑)。

DSC07734

注文はおでんのおまかせ5種と単品を少々頼んだ。一番最初に出てきたのがいくら載せゆで卵。いくらがいいアクセントになって美味しい。汁はやっぱり薄い味だったけど京都な感じでもなかったね。でも美味しい。

DSC07737

大根と

DSC07739

もつの煮込み、酒が進むね!

DSC07742DSC07744

続いて十四代 本丸 秘伝玉返し。他の日本酒と同じ値段だったので飲まない理由がない!加茂錦も美味しいけどやっぱり十四代も美味しいね。

DSC07745

単品で頼んだフルーツトマト。小さいけど糖分が高くてフルーツよりフルーツっぽい!

DSC07747

さつま揚げと

DSC07748

れんこんの揚げ物。これでおでんの5種盛り合わせが終了。この店の美味しかったけど個人的には四ツ谷の「おでんやden」のほうが好みに合う。

DSC07750

続いて単品で頼んだのどぐろ!脂が乗っててすごく美味しかった!しかし、結構なお値段だったのに出てきたのは半身だけ…美味しかったからこそ残念だった。

DSC07754

続いて紀土 純米大吟醸でお酒は〆る。

DSC07755

酒の肴でつぶ貝の刺身と

DSC07756

銀杏を頼んだ。どれも絶品で美味しい。日本酒によく合うね。

おしゃれでいい雰囲気のお店だった。接待よりはカジュアルな会食に使えそう。

おでんやden

昨日は長年一緒に働いた同僚の送別会だった。仲の良かった数人でのプライベート(?)な送別会。何が食べたいのか聞いたらおでんが食べたいと言うので美味しいおでん屋を調べたら四ツ谷の「おでんやden」が評判がよかったので予約を入れといた。前回の「かいのみ」もそうだし、四ツ谷に渋くていいお店がたくさんあるような気がする。後、街そのものが落ち着くんだよね。結構気に入ってる。

DSC06688

信号の向こうにしんみち通りの看板が見えてくるとテンションが上がってくるね。四ツ谷は今回が2回めなのにね。

DSC06691

やっぱりこの雰囲気が結構好き。

DSC06698

お店は地下1階に位置してるけど外には小さい立て看板しかなくて少し迷った。かなり控えめな店構え。

DSC06702

お店は結構狭くて鍋を囲む形でコの字に椅子が12〜3個並んでるけどぶっちゃけスペースの余裕がなくて結構くっつく感じ。小さいけど清潔感があってちゃんとまとめられてるお店だった。

DSC06707

おでんの鍋は2つ。注文は紙に品目を書いて渡す形でするけど壁に書いてある品書きを見ながら書いたけど最近あまり手で書かないので見ないと書けないものが多い(汗)。でもそれもまた珍しくて面白かったね。紙を渡すとご主人が注文の品を皿に盛り付けてくれる。またこの店のご主人が渋くて感じのいい方だった。

DSC06711

半分以上頼んで食べたけど一つ一つ美味しくないものがない。ベースの汁は淡白で少し薄い感じだけど深みがあっていくら食べても飽きない。牛タンも蛸もしっかり煮込んでてすごく柔らかくて箸でも切れる。やっぱり美味しい。

DSC06712

特に印象的だったのがこのカマンベールチーズ!チーズもおでんの具になるんだとビックリしたけど食べてみるとこれがまた汁とすごく合う!

美味しくてすごく感じのいい素敵なお店だった。また行こう。

親しい同僚が会社を辞めるのは寂しいけどこうやって飲むとそういう気持ちも和らぐね。まぁ心があればいつでもこうやって一緒に酒が飲めるしね。またどこかの美味しいお店で飲もう!