道志みちから奥多摩へ

いつもなら土曜日がツーリングの日なんだが、今週は家族行事で日曜日にバイクに跨る。前日12Km以上歩いたおかげなのか夜中一回も起きずに朝6時半までぐっすり眠れてスッキリ。支度を終えて7時くらいに家を出たら思ったより道が空いてて快適だった。日曜日だからか?曇ってるからか?

走ってたら雨がポツポツと降ってきた。でもそれほど強くはなく普通に歩いたら傘も要らないレベル。東名川崎から高速に乗ってスピードを出したら雨も強く当たってくる。西の方は比較的に空が明るかったので雨はそれほど強くならなそう。

DSC08741.jpg

東名も空いていて順調に進んで一気に海老名SAまで。いつもの所に停めようとしたら屋根下はバイクがいっぱいで停められず反対側の二輪駐車場へ。そこもいっぱいだったが、しばらく待ってたら空きができてやっとバイクを停められた。

DSC08753.jpg

今日の朝ごはんは「こめらく」。海老名SA下りの工事はまだ終わってなくて「こめらく」も仮設のお店で営業を続けていた。頼んだのは、しらすと桜えびのかつおだし茶漬け。この辺に来ると東海の恵みを楽しみたい。やっぱり美味しい。

DSC08760.jpg

ご飯も食べたし出発しようか。相変わらず空模様が怪しい。

DSC08763.jpg

東名から圏央道に入って相模原ICから降りて宮ヶ瀬鳥居原駐車場まで。

実は伊豆辺りを走りたかったけど午後新宿での予定が入ってきたので予定を変更して道志みちから奥多摩へ行って中央道で新宿までのコースに変更した。このコースは慣れていてナビにもコースが登録されてるのでそれを呼び出して走ったら鳥居原駐車場まで行ってしまった。

せっかくなので宮ヶ瀬湖を写真に残す。雲と霧が不穏に見える。

県道64号から国道413号、道志みちへ。気温は20℃を下回って雨まで降ってるのでより下に感じる。やっとエンジンの熱が気にならない季節がやってきた。

この天気なので山梨方向に走ってるバイクはあまりなくて東京方向に走ってるバイクは多かった。みんな荷物をいっぱい積んでいてキャンプからの帰りのよう。道は空いていても路面の状況があまりよくないのでゆっくり走ってるけど道の鉄のつなぎ面に斜めに過ぎてしまってグリップを失って2回くらいヒヤッとする場雨があった。危ない!気をつけないと。

DSC08764.jpg

道志村役場を過ぎていつもの休憩ポイントで一服。

DSC08766.jpg

道志川から癒やしをいただく。道志川には他の川にはない特別な力があるようにみえる。

DSC08774.jpg

少し寒くてコーラを飲むかどうか迷ったけどコーラはここに来たときだけのご褒美なので少し無理して飲んだけど飲みきれず。もうすぐホットコーヒーが恋しくなる季節がきそう。空きがどんどん短くなってるような気がする。

DSC08779.jpg

道の駅どうしの手前で県道24号に入って山のほうに向かっていくとどんどん霧が濃くなる。霧の中にあのワインディング・ロードを走るのはちょっときついね。慣れてる道じゃなかったらもっとしんどかったかも。

都留に近づくと少し晴れてきて雲の間に青空が見えてきて嬉しくなる。バイクを停めて空の写真を撮りたくなるくらい嬉しい。

国道139号に入ったら偶然に松本からいらっしゃったKAWASAKI御一行の後ろについてしまった。KAWASAKI御一行は全部で10台くらいで私がその後ろについてまた私の後ろに2台がついて全部で13台のマスツーになってそのまま奥多摩まで。

DSC08783.jpg

奥多摩はまだ秋が訪れてなくて紅葉まではもう少し時間がかかりそう。一ヶ月後にまた行ってみよう。

DSC08791.jpg

お昼は昨日調べといた「Beer Cafe VERTERE」。奥多摩駅のすぐ近くにあるけど駐車場ところか人が二人通るのもやっとの路地裏なのでバイクは奥多摩街役場の前に停めといた。役場の方が停めてもいいよと言ってくださったのでお言葉に甘えて。

DSC08807.jpg

自家製ビールの専門店でたくさんの種類の美味しそうなビールがあったのだが、バイクなので我慢。まず席を決めてカウンターで注文をするPUBのような感じ。

DSC08817.jpg

古民家の風情をそのまま残して必要最低だけ直していて居心地がいい。京都の和モダンなリニュアルとも一味違うね。少し手抜きな感じがむしろ心に余裕を持たしてくれてるのかも。

DSC08822.jpg

頼んだのはスパイシーホットドッグとホットコーヒー。

DSC08829.jpg

実はキューバンピカディージョというカレーのようなものが食べたかったけどメニューになかったのでスパイシーホットドッグを頼んだけどこれが大正解だった!久しぶりにこのクオリティーのホットドッグを食べたような気がする。もしかすると今まで食べたホットドッグの中で一番美味しいのかもしれない。

DSC08835.jpg

非常に満足度の高いお店で今度はビールを飲みに行ってみたいけど家から奥多摩まで電車で移動するのは色々ハードルが高いね。いつかは!

その後は中央道を走って新宿まで。

雨や霧、曇の中のツーリングだったけど走ってると気持ちよくなっちゃうんだよね。頭の中がスッキリしてまた一週間頑張れる気がする。

京都

今年はなんだかんだ京都出張が多いね。行けば行くほどその魅力にどんどん虜になっていく感じ。次は出張じゃなくて旅行で行きたいな。

新幹線に乗って約2時間40分。旅を楽しみながら飽きないちょうどいいくらいの移動時間だと思う。京都まで運んでくれた新幹線に挨拶。いつ見ても素敵だね。

遠い北のほうで台風が通り過ぎていて風が強く雲の動きも早い。太陽を真正面から受けている京都タワーが真っ白に輝いてカッコいい。京都タワーもいつかは一回登ってみたい。

実は予定より少し早めに出発していてお昼を「近又」というお店で食べることにした。江戸時代享和元年(1801年)創業の老舗で一泊三組限定の宿も一緒にやってるらしい。「国の登録有形文化財」に登録されてる建物からはいかにも京都らしい風情が漂う。

今回利用したのは今年の4月にリニューアルされたカウンター席で。以前はここにテーブル席があったらしい。

コースが始まる前にお茶が出てきただけなのにもう気分がぐーんと上がる!もうこの京都らしい雰囲気に酔ってきた。

京料理の割に味が濃くてなんでだろうと思ったらその濃さは味付けではなく素材から滲み出る本来の旨さだった。美味しい。いいものを見せてもらった。

帰りに久しぶりにキレイな夕焼けを見た。素敵。

バスキア展 メイド・イン・ジャパン

天気予報では午前中は雨と言ってたのに少し曇った程度で全然いい天気だった。最近は結構天気予報に踊らされる場合が多いね。気を取り直して奥様が以前から気になると言っていた「バスキア展 メイド・イン・ジャパン」に家族で行ってきた。

そういえば車で都内を走るのは久しぶりだけどこの日は道が空いていて快適。ただ六本木ヒルズの駐車場は少し分かりづらくて少し迷ってしまった。それでも機械式駐車場に入れない車にまでちゃんと配慮してるところは素晴らしい。

DSC08325.jpg

バスキア展が開かれてる森アートセンターギャラリーの52階からの眺めは素晴らしい。同じ52階の展望台(窓側)のほうは別料金を払わないと入れないようになっていたけどギャラリー側の少し見えてくる窓からの眺めでも十分足りるよね。

DSC08324.jpg

バスキア展はかなりの人で混んでいた。色々話題を持っているアーティストだし、今回は特に日本にゆかりのある作品が多々展示されてるのもその人気の理由かもね。受信機による音声ガイドはなんと吉岡里帆さんが担当してその聞き取りやすい声が作品への理解を深めさせてくれた。

たくさんの作品が展示されてカメラのアイコンがある作品のみに撮影が許可されていたけどインパクトがある作品はほぼ撮影OKだった。色々見てもやっぱりZOZOの前澤さんが123億円で購入したこの下のUntitleという作品が一番インパクトがあってクオリティーが高いような気がする。ニュースによる先入観などもあると思うけどね。

アンディ・ウォーホルもそうだけどバスキアも芸術とは何なのかを考えさせられる。

DSC08330.jpg

Untitled, 1982
oilstick, acrylic, spray paint on canvas / 183.2 x 173 cm / Yusaku Maezawa Collection, Chiba

DSC08328.jpg

Fooey , 1982
acrylic and oilstick on canvas / 178 x 355.6 cm / The Museum of Art, Kochi

DSC08333.jpg

Napoleon, 1982
acrylic and oilstick on canvas mounted on tied wood supports /121.9 x 121.9cm /Private Collection

DSC08335.jpg

Onion Gum, 1983
acrylic and oilstick on canvas / 198.1 x 203.2 x 5cm /Courtesy Van de Weghe Fine Art, New York

DSC08345.jpg

Carbon / Oxygen, 1984
acrylic, oilstick and silkscreen on canvas / 224 x 196 cm / Hall Collection / Photo: Raul Valverde / onwhitewall.com

箱根、御殿場、道志みちツーリング

珍しくスラトン2号さんからのLINEでツーリングのお誘いをいただいたので即参加すると返事したら、スラトン1号さんが神奈川と静岡、山梨をぐるっと廻る壮大なコースにその日の夜は別のスケジュールがあった私の都合まで配慮してくれてタイムスケジュールまでバッチリの計画を立ててくれた。参加メンバーはスラトン夫婦とげるさん、私の4人。

この日は朝7時に平塚PAでの集合だったので5時に起きて支度しようと思ったけど何故か3時くらいに目が覚めてしまった。遠足症候群か…一回起きてしまったらなかなか眠れずnovotelさんの最新の北海道ツーリング記事を楽しんだり…4時にまた少し眠りについて5時に起床。

シャワーを浴びてすぐ支度して新しいブーツを履き込む。履くのに結構時間がかかるけど足にフィットする感じがいいね。バイクに跨ってとりあえず平塚PAへ向かって出発。やっぱり朝早いと道が空いていて市内での走りも気持ちいい。東名も空いていてあっという間に平塚PAに付いてしまった。

DSC08064.jpg

結構早く着いたしまったと思ったらげるさんが先に着いていた。げるさんのT120、締まっていてレザーのブラウンがいいアクセントになっている。カッコいい!げるさんとは初対面だったけど見てすぐわかった。挨拶を済ませて一緒に朝ごはん食べようとしたらスラトン夫婦も到着!みんな早い!

DSC08070.jpg

今回のツーリングの4台が集合。スラトン2号さんのスクランブラー1200XC、私のスラクストン1200、げるさんのT120、スラトン1号さんのスラクストン1200。みんなそれぞれ個性があってカッコいい。

DSC08076.jpg

最初の目的地は箱根芦ノ湖遊覧船乗り場。ここに来たのは遊覧船を乗るためではなくてここの駐車場が無料なのと芦ノ湖に浮ぶ箱根神社の鳥居を撮るため。写真好きな私のためにスラトン1号さんが気を使ってくれた。ありがたい!ただ、写真の実力があまりなくて…あまりいい写真が撮れず。

DSC08081.jpg

気を取り直して鳥居の真正面から!まだ全然早い時間なのに海外からの観光客がもう集まり始めてた!

DSC08082.jpg

逆光だったので後ろ姿で雰囲気を中心に。この写真を撮ってたらもう後ろに行列ができてたので撮影は早めに切り上げる。

DSC08087.jpg

箱根神社での参拝も済ませてさっさと次の目的地へ出発。

DSC08097.jpg

仙石原のすすきの原はまだ早いかと思ったけど結構秋の感じになっていたのでちょっとだけバイクを止めて入り口でちょこっと秋を楽しんだ。これからもっと混んでくるんだろうな。

DSC08105.jpg

次の目的地は乙女森林公園第1キャンプ場駐車場。富士山を背景に写真が取れる名所でバッチリいい写真が撮れた!実は走っていくときは奇跡的に富士山が雲一点かかってない完璧な姿を見せてくれてたが、私が目的地を第2キャンプ場の駐車場に間違って設定して少し道に迷ったせいで頂上が少し雲に隠れてしまった。惜しい!

DSC08154.jpg

いよいよこの日のメインの目的地、「御食事処 魚啓」。着いたのが10時半でオープンは11時なので少し早すぎたのかと思ったけどすでに先客がいた。オープンするとあっという間に満席になったので週末は少し早めに行ったほうがよさそう。

DSC08131.jpg

この店には普通のメニュー以外に大食いチャレンジのデカ盛りかき揚げがあったけど実際それを頼んだ方がいたので思わずワンカット!思ったより大きくて見てるだけで胸焼けしそう…

DSC08141.jpgDSC08148.jpgDSC08150.jpg

結局4人が頼んだのはこの店の看板メニュー、極上海鮮丼!これも思ったより大きくて、マグロの赤身、中トロ、イカ、海老、アジ、赤貝、とびっこ、生しらす、うに、ガリなど盛りたくさん。沼津の魚市場から仕入れてる海鮮はどれも新鮮で美味しい。

ご飯の後はとらや工房に行く予定だったけど午後の御殿場市内はアウトレットに行く車&帰る車で大変そうだったので諦めて道志みちへ。

スラトン夫婦は道志みちが初めてだったのでできるだけ楽しんでもらいたくて心懸けたけどどうだったのかな?また行きたいと思われるといいけどね。

DSC08157.jpg

道の駅どうしで一休み。午後になって結構曇ってきたけど道志みちは構いなしでライダーでごった返し!なんか祭りでもやってるような賑わい。少し蒸し暑かったのでみんなでソフトクリームを楽しむ。普段はあまりソフトクリームなど食べないのにツーリングの時だけは異様に食べたくなる。不思議。

DSC08168.jpg

恒例の道志川の水温チェックをみんなでやりながら道志川のマイナスイオンを浴びる。いつ来ても道志川は気持ちいいな。大好き。

DSC08173.jpg

どなたかのロック・バランシング作品を発見!すごい!ほんとにこんなことが可能なんだね。この目で見ても信じられない。次回道志みち行ったらまだあるのか見てみよう。

道の駅どうしからセブンイレブン相模原津久井青野原店までみんなで一緒に走ったけどこれはもう何十台のバイクのマスツーリングになってしまった。一体感もあって楽しさもあるけどもう少し台数少なくてもいいかな(汗)。セブンイレブンでいっぷくしてから解散。

スラントン1号さん、2号さん、げるさん、楽しい時間をありがとうございました。また走りに行きましょう!

Lewis Leathers No.191 Motorway Boots

はい、皆さんが予想した通りにルイスレザーにてNo.191 Motorway Bootsを買ってしまったんです。このジャストフィット感、カッコよさ、憧れなど色々作用して気がついたらクレジットカードがスタッフさんに渡っていた(汗)。

去年購入したBelstaff Endurance Bootsもその抜群の機能性で四国・九州ツーリング北海道ツーリングの雨の中でも大活躍したけどそのデザインの野暮ったさが気になってずっと細身のブーツが欲しかったのでこのNo.191 Motorway Bootsがいいソリューションになってくれてる。

箱が大きすぎて昨日は持ち帰りできなくて郵送で送ってもらったけど箱からブーツを取り出したら昨日の感動が、それより大きい感動が押し寄せる。いい買い物したな。早く履いてツーリングに行きたい。

DSC07148DSC07149DSC07152DSC07154DSC07161

Cafe Racerごっこ

先週金曜日は少し深酒してしまって土曜日の午前中は死亡、天気予報では三連休ずっと雨と言われたので安心して寝てたら曇ってはいるけど雨は全く降らなかった。また日曜日も一日中雨と言われてたのに朝確認すると午前中はなんとか降らずに持つと出てたので遠出は無理でも近場なら大丈夫そうだったので久しぶりに都内へ、Cafe Racerごっこに出かけた。

30℃を下回ってそんなに暑くないと思ったけどやっぱり昼間はまだ暑い。また都内を走ってるということで熱が籠もるね。やっぱり都内は冬じゃないときついかも。でもバイクは楽しい!

DSC07025.jpg

あっという間に目的地のDeus Ex Machina Harajukuに到着。ここに来るのは1年8ヶ月ぶり!なんかすごく晴れてきて気持ちいい秋晴れでカフェもドアを大きく開けて天気を満喫してる。

DSC07028.jpg

店内だけじゃなくて外にもたくさんの人が日向ぼっこをしながらコーヒーを飲んでた。やっぱり季節は秋に向かってるんだね。気持ちよさそう。

DSC07030.jpg

店内もお客さんで大人気。

DSC07031.jpg

Deus Ex Machina Harajukuではイベントやパーティーも多く行われてるらしい。文化的に日本よりは西洋よりな感じ、やっぱりオーストラリア発祥なだけあるね。

DSC07037.jpg

コワモテのスタッフさんは見た目と全然違って人当たりよくて優しそうでちょっとびっくり(すみません。汗)。カプチーノとエッグトーストを頼んだ。

DSC07040.jpg

私が入ったときに大きいテーブルに座ってた3人組が出ていったので運よく席を確保。

DSC07043.jpg

カフェに訪れてる客の皆さんはみんな優雅でオシャレでカッコいい。これがHARAJUKUか!

DSC07047.jpg

置いてある雑誌や雑貨もいちいちオシャレ。

DSC07055.jpg

カプチーノが先にきてインスタ映えを意識して真上のアングルからワンショット。素敵。

DSC07056.jpg

この空気感の中にあるとケチャップやマスタードのボトルも映えるね。

DSC07060.jpg

エッグトーストも最高!玉子が2つ乗ってるのが少し贅沢な感じ。ハムも厚めで美味しい。

DSC07072.jpg

店内にはデウスエクスマキナさんカスタムのバイクが置いてあった。カッコいい!

DSC07075.jpg

リビングのようなスペースもあって大人数ならこっちのほうで寛げる。オシャレなのにアットホームな感じが堪らない。

DSC07077.jpg

リテールショップは11時半オープンなので入れなかった。東京限定Tシャツの色合いがかわいい。

DSC07079.jpg

デウスエクスマキナでコーヒーと簡単な食事を楽しんだ後は近くのルイスレザーへ。

DSC07084.jpgDSC07085.jpg

やっぱりルイスレザーのライダースジャケットはカッコいい。気になってるサイクロンを試着してみたけど袖が少し短い。オーダーをすると袖の長さは調整できるらしいけど3ヶ月くらいかかるらしい。

まぁ、ジャケットは結構あるので今回は見送ることにした。でもずっと気になってるのでいつかはオーダーしちゃうかもしれないね。

DSC07081.jpg

もうひとつ気になったのがこのブーツ、No.191 Motorway Boots。サイズがあまりないと聞いたので軽くスタッフさんにサイズを尋ねてみたらありますと!せっかくなのでサイズ9を試着してみたらなんとジャストサイズ!

さってどうする?

Esbit ステンレスストーブ CS75S

キャンプでいつも御飯炊に失敗して心が折れそうなときに「メスティン 自動炊飯」というキーワードを発見した。要するに25gの固体燃料1個でちょうどいい感じにご飯が炊けるらしい。少し早まって個体燃料は購入したものの一緒に使ってと言われたポケットストーブは厚さが気になって購入を見送った。色々調べてみたらより薄くて機能的でカッコいい「Esbit ステンレスストーブ CS75S」というのを発見して早速ポチった。10cm×12cm×1cmのサイズにわずか93g。

携帯しやすくて組み立ても楽だし、防風効果もありそうで素敵!来月のリベンジキャンプで使おう!

DSC06462DSC06467DSC06463