2022四国九州ツーリング2日目:土砂降りと鮨いの

前日は盛り上がりすぎて12時くらいまで飲んでしまったような気がする。お酒も、ビールとワインに日本酒…何本飲んだのか覚えてないくらい。またnovetelさんの素敵な古民家で一晩世話になってしまった。

あれだけ飲んだのに翌日割と普通に起きられてあまり残ってない。多分いい人たちと楽しく飲んだからかもしれない。奥様が入れてくれた美味しい自家焙煎のコーヒーを飲んでnovotelさん夫婦に挨拶をして二日目の旅程を始める。

朝からずっと雨だったけど服やバッグ、靴など全部防水対応がされてるのでそれほど心配はなかった。ただ出発するとメガネが曇ってくる!近くのコンビニに寄って曇り止めメガネクリーナを買って拭いたが、その効果は限定的でやっぱりあまり視野がよくない。困ったな。北海道のときはどうしてたっけ?

とりあえず高速に乗る前に最後のコンビニで少し休憩。高速に乗ったら言葉通りにもう後戻りできなくて前に進むしかないからね。色々試してみたらシールドをカッチリ閉めずに雨が入ってこないレベルでほんの少し隙間が開くように閉めると外から空気が入ってきて曇らないのを発見した。北海道のときも絶対こうしてたハズなのにこういうのも忘れてしまうね。歳のせい?

和気ICから山陽自動車道に乗ると雨あしが強くなってきた。走ってるスピードもあるのでより強く感じる。こんな雨の中でもしまなみ海道を走ってみたくてナビのルートをそのように設定してたのにグーグル先生がルートを変えるようにしつこく促してくる。一回はアラートからこのまま行くとボタンを押したけど二回目アラートが出てきたときは放置してたら勝手にルートをしまなみ海道ではなくて瀬戸大橋を経由するように変えてしまった。

結局土砂降りの中で瀬戸大橋を渡るのだが、なかなかハードな経験だった。雨も怖いけど何より海風が怖すぎる!風に押されて隣の車線ギリギリまで流されてしまう。また雨に濡れてる橋の床版の金属つなぎ目はめっちゃ滑る!これは恐怖でしかない。とりあえずハザードランプを入れて4~50km/hくらいで風に逆らいながらゆっくり走る。約10km、橋を渡り切るまで生きた気がしなかった。

松山に向かってひたすら高速を走る。約3時間休憩なしに土砂降りの中を走ったら袖などの隙間から雨が少しずつ流れてくる。それに残念ながら2回の北海道ツーリングと1回の四国九州ツーリングで活躍してくれたBelstaff Endurance Bootsの防水神話が幕を下ろしてしまった。もうブーツの中がびしょびしょで気持ち悪い。雨から逃れたい一心で走りすぎてしまったのかもしれない。反省。

疲れきった所で現れた豊浜SAに吸い込まれるかのように入った。ちょうど雨も弱まったので濡れた所を拭いて少し休むつもりだったけどうどん専門店を発見してそのまま入ってうどんを注文した。そう、豊浜は香川だった!今回の旅で香川うどんは諦めてたのにこれはラッキー。休まずここまで走った甲斐があった。

本場の讃岐うどんはしっかりコシがあって弾力があって美味しい。さすがうどん県の讃岐うどん!

また2時間を走ってやっとこの日の宿、ANAクラウンプラザホテル松山に到着。こういう悪天候の中だとちゃんと泊まれる宿が決まってるだけでも元気が出るね。

とりあえずチェックインしてシャワーを浴びたら生き返った。岡山の日生から松山までの約240km、そんなに長い距離ではないけど土砂降りの中だとなかなか堪える。

旅に出て二日目なのにもう洗濯物が結構溜まってる。また荷物を減らすためにそれほど服を持ってこなかったのでこまめに洗濯をする必要があった。ホテルにコインランドリーがなかったので散歩がてらに大街道へ。高知にもレトロな可愛い路面電車があったが、松山の路面電車は色んなバリエーションで観光訴求のために使われているらしい。街もキレイに整理されていてその中を歩くだけでも楽しかった。

夜はまた二番町の鮨いのさんへ。知らなかったけど松山の二番町って新宿の歌舞伎町のような所でかなり賑わっていた。そのど真ん中にある鮨いのさんは東京でも名前が知られていていつか行ってみたい鮨屋だったので今回のツーリングの旅程に入れてしまった。予約は約1ヶ月前に。

つまみから始まって握りにつながるオーソドックスなスタイルだけどそのつまみの内容がクリエイティビティ溢れてクオリティーもかなり高い。後、その量も!猪野大将の心遣いが伝わってくる。

コース開始から1時間10分が過ぎてやっと握りがスタート!

猪野大将が握る鮨はその大きい体とは裏腹にすごく繊細できめ細かい。またその真面目な人の良さが伝わってくる。多分東京ではこの値段でこのクオリティーを実現するのはかなり難しいと思う。土砂降りの中を5時間走った甲斐があった。こんな素敵な料理が食べられて幸せ。

2022四国九州ツーリング1日目:瀬戸大橋と海とピッツァ

旅への興奮のせいなのか、寝てるのか起きてるのか分からないような感じで朝を迎えた。それでも眠かったり疲れたりしてないのできっとよく寝れたと思う。

デッキに出てみると船は三重県沖を通過していた。海も穏やかで順調に進んでいるみたい。徳島には予定時刻通りに着きそう。

朝ごはんは軽めに蕎麦をいただいた。四国での最初の食事、最初は香川でうどんが食べたくて色々調べてみたが、みんな営業時間が結構早くて間に合わなそうだったので徳島ラーメンを食べることにした。徳島ラーメンは結構濃くてライスと一緒に食べないといけないので体をそれに合わせて調整しておきたかった。

朝風呂から出てきたらちょうどリラクゼーションスペースのテレビから大谷選手の先発試合が流れてた。到着まではまだ時間がたっぷりあったので大谷選手の活躍ぶりを堪能する。投手では5回を投げ5安打2失点、打者では5打数3安打1打点。すごすぎる!

11時半に下船の支度をしてオーシャンプラザで待機してたら予定通りに13:20に徳島港に到着した。アナウンスを待って車両デッキへ。

やっぱりこの瞬間が一番胸が高鳴る!

船から降りて真っ先に向かったのは徳島ラーメンNo.1の人気店「支那そば 王王軒 本店 」。以前元住吉の「徳島NOODLEぱどる」で初めて徳島ラーメンを食べて結構美味しかったので本場の徳島ラーメンを味わいたいとずっと思っていた。時間ももうすぐ2時なので迷わず高速に乗ってE32を走って王王軒へ。

がーーん。遠くにお店が見えたときから人気店なのに全然混んでなくてイヤな予感がしたが、着いてみたらやっぱり定休日だった。これ何回もやってるのに未だに同じミスをする。次からはお店を調べたら定休日もちゃんと確認しよう!

朝もあまり食べず我慢してたので大変!急いで他のお店を調べてみたが、近くにあまりお店がない。

範囲を広げてやっと見つけたのが「MIKUNIEN」。徳島のほうに5kmくらい戻ってしまうけどしょうがない。MIKUNIENはアットホームな町中華でみんな親切で暖かい感じが印象的だった。

頼んだのはランチの麻婆豆腐定食。甘口の麻婆豆腐と餃子が付いて900円。徳島ならではの感じは足りなかったが、ご飯を食べれるだけでも感謝しなきゃ。生き返った。

お腹も満たしたし気を取り直してまた北へ向かう。王王軒を通り過ぎて高松自動車道に乗る。

ひたすら高速道路を走り抜け憧れの瀬戸大橋へ。以前から瀬戸大橋としまなみ海道を走ってみたかった。海からの風が結構強くて横に押されて気を抜くと右に流れてしまうのでちょっと怖かった。しかし、橋からの見える瀬戸内海の景色は美しすぎてこれだけでもこの旅の意義がありそう!

せっかくなので与島PAにも寄って少し休憩。朝は少し曇ってたのに午後はすごく晴れて瀬戸内海がよりきれいに見える。いつかこの瀬戸内海の島々を回る旅をしてみたい。

少し暑かったのでソフトクリームを食べてのんびり。というのも今日の目的地は一つしかないから。

ちゃんと休んだし、糖分も摂取したのでまた出発!

そう!この日の目的地はnovotelさんの「海とピッツァ」!

novotelさんが50歳(正確には48歳)で脱サラして東京から縁もゆかりもない岡山に移住してピザ屋を開くという話を聞いたときは正直に驚いたけど着々準備を進めているのを見てさすがnovotelさんだと感心した。

物件探しから設計、内装工事もぜんぶ自分の手で一つ一つ作っていって極め付きはあのバイクの空冷エンジンからインスピレーションを得て作った巨大な窯!その全貌を早く見てみたかった。

お店は日生駅のすぐ近くにあってファサードがすごく印象的なのですぐ分かった。

入ってすぐキッチンの真ん中に鎮座してるオリジナル窯の存在感に驚く!これはもはやアートの領域。店内のインテリアや家具、照明まで全てnovotelさん夫婦のチョイス、プロデュースでインダストリアル風味も加わってクールでモダンそのもの。

もし家から近かったら毎日仕事帰りに寄ってこのバーカウンターで一杯飲みながらピザを頬張りたい。

到着前から窯に火を入れてあってこれだけ大きくてしっかりしている窯だから温まるまで結構時間がかかるらしい。やっぱりカッコいい!窯を見てカッコいいと思ったのはこれが初めてかもしれない。

お店の一角にはnovotelさん夫婦の相棒たちが陣取っていてこの店のアイデンティティをアピールしている。海の側に佇むお店は岡山県内の有数のツーリングコース上にあるらしくて店の前をたくさんのバイクが行き来するらしい。間違いなくもうすぐ「海とピッツァ」が重要ツーリングスポットに加わると思う。

novotelさんがピザを準備しながら先にサラダを作ってくれてハートランドビールを片手にサラダを楽しむ。野菜もハムも新鮮で美味しい。さすがnovotelさん!抜かりがない。しばらくしたら奥様がいらっしゃったので一緒にワインを開けた。実は奥様とはこれが初対面だったけどすぐ打ち解けて盛り上がってしまった。

その間もnovotelさんは手を休まずピザ作りを始めていた。このドゥは北海道産の小麦粉「はるゆたか」をベースに季節によって独自の配合でブレンド(全て国産小麦粉使用)を行い、発酵にはオーガニックレズンの自家製の天然酵母を利用しているらしい。塩はイタリア産の海塩を3週類使っているが、生地にはサルデニア州の粗挽き塩「リサル・フィーノ」を使用する徹底ぶり。生地の熟成期間はそれぞれの天気や湿度、温度などで調整を行ってるとのこと。これほど心を込めて生地を作ってるのでそのピザが美味しくないはずがない!

このピザを作る一連の流れを見ているとどれほどnovotelさんが頑張ってきたのかが伝わってくる。もはや熟練のピザ職人の手付きそのものだった。焼き時間も窯の中のピザを状況を見ながら順次判断して最高の焼き加減を実現する。

こちらはアトロフォルマッジ​。飛騨産モッツァレラ・ゴルゴンゾーラ・グラナパダーノ・ゴーダ・バジルブラックペッパー・ナッツ(アーモンドと胡桃)・蜂蜜を使ったピザでモチモチした食感の生地の上に4種類のチーズのアンサンブルが濃厚で香ばしくて美味い。また蜂蜜の甘味がいいアクセントになっていてさっぱりさせてくれる。美味しすぎる!

こちらはハワイアンだけど正式メニューではなくパイナップルが好きと言ったら即興で作ってくれたピザ。今まで食べたどのハワイアン、トロピカルピザより美味い。ピザに置いて生地がどれほど重要なのかよく分かった気がする。

ピザを楽しんだ後は瀬戸内海の新鮮な魚の刺し身と

地酒で盛り上がる!実はこの日、ビールやワイン、日本酒などなど…お酒を何本飲んだのか正確に覚えてない。いい人たちと美味しい料理にお酒、めちゃくちゃ楽しくて旅の初日から盛り上がり過ぎてしまった。バイクの話、旅の話、料理やお酒、お店のことなどたくさんのことを語り合ったが、正確に覚えているのは楽しすぎたことだけ。

最高の夜だ。

2022四国九州ツーリング0日目:東九フェリー

やっと2019年マシントラブルによって矯正終了してしまった九州ツーリングのリベンジの時がきた!すぐ終わると思ってたコロナも3年を超えて未だに完全には収束してないが、自由に旅行に行けるようにはなってきた。

予定をはっきり決めず行けたら行くスタンスで準備を進めてきたが、1ヶ月前から四国九州ツーリングがかなり現実味を帯びてきたので車検を目処に本格的に準備を進めた。

その中でラジエーターからのクーラント漏れを見つけてホースやキャップの交換などを行ったが、完治せず高速などを走ってエンジンに負荷がかかるとラジエーターから細く吹き出すようにクーラントが漏れるのを確認したのでトライアンフ横浜港北の大澤さんと相談してラジエーターそのものを交換することにした。時間的に余裕があまりなくて一番完全な策を選んだが、イギリスから送られてきたラジエーターがなんと成田空港で何日も止まってしまって結局トライアンフ横浜港北に届いたのが出発日の朝!

朝一トライアンフ横浜港北に行って大澤さんに対応してもらってラジエーター交換が完了したのが12時半。フェリーが19:30出発なので余裕が出てきた。この旅を可能にしてくれた大澤さんに感謝感激雨あられ!

家に戻って荷物をチェックして最終的に荷造りを終えて少し余裕を持って東京港フェリーターミナルへ向かった。前回の北海道ツーリングの時より荷物を減らしたつもりだったが、まだまだ重い。まずこの荷物に慣れるまでゆっくり、ゆっくりと中原街道を走り出す。平日の午後で道が空いていてよかった。首都高に乗ってから完全に感覚を取り戻せた。相棒のコンディションも絶好調でエンジンが気持ちよく吹き上がる。

東京港フェリーターミナルに着いたのが17時。この時間にすでに5、6台バイクの先客がいた。実はGW前日の28日のチケットを買いたかったが、負けてしまってあっけなくまたその前日の27日のを買った。有休をもう一日使うことになってしまったが、仕方ない。多分この日出発する方の中では同じ状況の方も多いはず。

天気のせいなのか待合スペースが少し沈んで見える。やっぱり天気って大事だな。ちなみに東京港フェリーターミナルは自販機以外に何もないので軽食や医薬品、消耗品など必要なものは最寄りのコンビニとかで買ってきたほうがいい。ここまで来る間に結構汗かいてしまったのでフェリーターミナルにコンビニがあったらファブリーズ買おうと思ったらコンビニそのものがなかった。

1時間前くらいに乗船だと思ったらこの日は結構早くて17時40分を過ぎたらバイクの乗船のアナウンスが流れた。乗るのはバイクが一番先で降りるときはその逆だった。できれば反対がいいけどね。真横から見ると少しはダイエットできたような気もする。

部屋は相部屋で階段式の2段ベッドになっているが、普通の乗船客はそれほど多くなかったので2段ベッドに一人ずつ入る感じだった。それで思ったより広くスペースを使えたので楽だった。とりあえず荷物を打ち込んでお風呂へ。

お風呂は時間の制約がなく24時間使えた。これはいいね。バイクが一番先だったのでお風呂に人もあまりいなくてゆっくり浸かることができた。さっぱり!

風呂のあとはご飯かな。残念ながらオーシャン東九フェリーには食堂がなくて自動販売機で冷凍食品を買ってレンジでチンするスタイルだった。新日本海フェリーのビュッフェスタイルの食堂が恋しい。商船三井フェリーの食堂もいいけど個人的には新日本海フェリーの食堂が一番好き。

あ、これ書いてたら色々思い出して新日本海フェリー乗って北海道行きたくなっちゃった…

悩んだ末にガパオライスを選んだが、まぁまぁだった。まぁ明日からが本番だし、ここで盛り上がって飲みすぎてもあれなのでこのくらいがちょうどいいかもね。

思ったより船の進みが遅くて21時くらいにやっと富津岬辺りを通過した。窓の外の風景を見るのも飽きたのでビールを2本くらい飲んでから眠りについた。

菊次郎の春

春の気配が感じられる土曜の朝、なぜか海が見たくなって久しぶりにブロンプトンに跨って小さい旅に出た。

在宅勤務になってから昼ごはんを食べてから鶴見川を散歩するのが一つのルーティンになっていたが、昼休みの時間は限りがあるのであまり遠くまでは行けなかった。流れていく川を見ながらいつかは川沿いを走って東京湾まで行ってみたいと思っていた。

たぶんこのままずっと走れば海まで行けるだろうと。

実はブロンプトンを買ったのは8年前だけど今まであまり乗ってなかった。

購入して間もない時からタイヤの空気がすぐ抜けてしまうので、自転車屋に持っていったら「ブロンプトンってもともとそういうものだ」と返されて自分もそれを信じてしまって(フレームに空気入れも付いているし…)しょうちゅう空気を入れないといけないこと(出先とかでも)がダルくてだんだん乗らなくなった。長年オブジェのように廊下においてあったが、ある日ふっとタイヤとチューブを変えるともしかすると空気の抜け方が変わるかもと思い、ブロンプトンの専門店を探してタイヤとチューブの交換、ついでにキックスタンドまで付けてもらった。8年前はブロンプトン専用のキックスタンドがなかったのにもう何種類も専用スタンドがあってびっくり。

タイヤとチューブを交換してから空気が全く抜けない!もうちょっと早く試してみたらよかった。この8年間がもったいない。

絶好調のブロンプトンで川堤を走っていくとたまにこのように端の下を潜るような道があって楽しいが、夜はちょっと怖いかもしれない。

鶴見川沿いは思ったよりもレトロな感じで昭和で時間が止まっているかのような場所が多かった。特にパチンコ屋周辺はたそがれている年配のお兄さんたちが多くてそのような雰囲気を醸し出しているのかもしれない。

そのままずっと走れば海まで行けると思ったのに残念ながら鶴見川河口干潟で道は途切れていた。一般道で行けば大黒海釣り公園までは行けなくもないけどなんだか面白そうにないので国道1号経由で家に帰った。

短い中途半端な旅だったが、たくさんのことを感じて刺激の多い素敵な時間だった。

フレッツ光からAUひかり10Gへ

家では今まで10年以上NTT東日本のフレッツ光 1Gを使用してきたが、いよいよインターネット回線を10Gへアップグレードした。

コロナ渦になって家族揃って在宅の場合が増えてきてフレッツ光 1Gでは少し窮屈な感じがあったので以前から10Gにしたかったが、家のテレビをアンテナを建てずにフレッツ・テレビを利用してたのもあって他の通信会社への乗り換えがなかなか難しかった。フレッツ光でも10Gのサービスを提供しているが、東京23区といくつの都内の市が対象だったのでフレッツ光のままアップグレードすることもできなかった。

ずっとモヤモヤしてても仕方ないのでまず一番ネックになっていたテレビアンテナを設置することにした。ネットで調べるとたくさん業者が出てきたのでとりあえず家から一番近い業者に頼んだら一週間くらいで設置完了。なんだろう?フレッツ・テレビのときより信号の強度が強くてたまにノイズが入る現象もなくなった。これはもっと早く設置したほうがよかったと思う。

アンテナの障害がなくなったので次は川崎エリアに10Gのサービスを提供している会社を調べたらAUとNuroの二択だった。Twitterなどで調べるとAUひかり10Gのほうが安定的に速度が出るらしかったので少し高いけどAUひかりに決めた。それでも今のフレッツ光より安い!

申請して約3週間くらいで工事が完了してようやく我が家にも10Gインターネットが入ってきた。ひかり電話も使ってるので本体(ONUとホームゲートウェイ)の設置場所は1階のリビングにして家全体はTP-LinkのDeco X90を利用して2階までメッシュwifi環境を構築した。少しでもボトルネックを無くすためにそれぞれの機器の連結にはCAT8のLANケーブルを使用した。

その結果2階ではだいたい400Mbps前後の通信速度で今までの4〜80Mbpsだったフレッツ光と比べると約5〜10倍くらい早くなって快適。家族みんなで同じ時間帯にリモート会議をやってもこれならストレスなくやれそう。Thunderbolt 3 10G Ethernet Adapterを利用して直でつなげると1Gbps以上も十分出せそうだけどしばらくは今の無線ネットワーク環境だけでも十分な気がする。

やっぱりインターネット速度は大事!