Moderna

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

いよいよ我が会社も職域接種を開始して今日モデルナワクチン1回目を接種してきた。少し緊張はしたが、いつものインフルエンザワクチンとそれほど変わらない感じかな。若干腕が痺れるけどまだ大丈夫そう。多分これから副作用の症状が出るかもしれないが、それよりコロナ渦から逃れることへの嬉しさが大きい。4週間後に2次接種が終わってから2週間が経てば自由の身(?)になれるはず!

もしかすると9月頃には2年ぶりの北海道ツーリングに行けるかもしれない。もうドキドキしてきた。

小春日和

天気予報のすべての数字がこの週末は出かけるしかないと圧力をかけてきた。先日バッテリーも交換したし心配することはなにもない。朝起きてシャワーを浴びてすぐバイクに乗る支度をする。暖かそうだけど季節はまだ冬、油断すると痛い目に遭うのでここはしっかり着込む。暑かったら脱げばいいしね。

家から東名川崎ICまでいつもより空いていて快適だったし、東名高速道路もそれほど混んでなくてスムーズに海老名SAまで。

とにかく天気が良すぎ!雲ひとつなく遠くに見える富士山もその綺麗な姿を100%そのまま見せてくれてる。あ、どうしようか?元々伊豆スカイラインに向かう予定だったのに心が揺れる。道志みちから山中湖へ行こうか?でもやっぱり雪や気温が心配だったので予定どおりに伊豆に行こう。

海老名SAで軽く朝食を済ませてから出発。小田原厚木道路も快適だったけど入ってすぐの所で覆面パトカーに捕まった車がいた!小田原厚木道路は意外と覆面パトカーが多くて行きと帰りで捕まった車を見る確率が高い。速度の出しすぎには気をつけないとね。

このルートで箱根ターンパイクは欠かせないので気持ちよく上っていったら目の前にまた富士山の素敵な姿が現れた!多分これは優勝と言ってもいいかも。

なんとかいい位置にバイクを停めたけどとなりに車が多くていいアングルで写真が撮れない。諦めてスカイラウンジに行ってコーヒーを飲んでゆっくりしてから戻ったら車が全部なくなって回りは全部バイクでいっぱい。カワサキZ1100Rのお兄さんが一所懸命写真を撮ってたのでその横で私もカメラを取り出して負けずとも写真を撮った。

箱根大観山はバイクで走ると寒さを感じる気温だったのに南に行けば行くほど暖かくなってもはや春のような暖かさだった。と思ったら道沿いに花が見えてきた!これは河津桜か?もうその季節だったのか。今年は祭りもないし、あまりニュースにも出ないから完全忘れてた。

やっぱりキレイ。

バイクと一緒に広角で撮ってみるとやっぱりまだ満開ではなくて枝のほうが目立つけどもう時間の問題。今年は特に冬が長く感じられたけどちゃんと季節は変わってくる。偶然その横を走って行ったカワサキW?ボンネ?バイクがいい感じ。

お昼は国道135号の海沿いを走って東伊豆の磯辺さんへ。ここは鯵丼が有名でいつもそれを食べてたので今回はより豪華な海鮮丼を頼んでみた。鯵が旬じゃないのもあったしね。いつもより調理に少し時間がかかってたので期待が膨らむ。

いよいよ着丼!これはこれはゴージャスな盛り付け!テンションが上がるね!

イクラにウニ、マグロ、アワビ、タイ、鯵などなど。これでもかってくらいオールスターな面々!少し量が多かったけど美味しすぎてあっという間に完食!うん、好き。

帰りは国道135号線で海を見ながらのんびり走るつもりだったけど思ったより車が多くてまた伊豆スカイラインへ。道が空いてたので少しワインディングを楽しんでみたが、久しぶりだったのもあって感覚がいつもと違う。少しリハビリが要るね。でもやっぱり楽しい。バイクは楽しい!

春が待ち遠しい。

SONY REON POCKET

もうそろそろ梅雨も終わり、この季節になるとバイクを乗りたい気持ちと暑さへの恐怖が混在する。上からは真夏の強烈な太陽に照らされて、下からはエンジンの熱とアスファルトからの地熱に吹いてくるのは熱風。それでも天気がいい日はバイクに乗りたい。

毎年少しでも暑さを和らげてくれるアイテムを探してるけど「これ!」というのはまだ見つかってない。今年に入って富士通から“身に着けるエアコン”というコンセプトで「Cómodo gear™」というのが発売されてすごく気になってたけど残念ながら企業向けのレンタルビジネスのみを展開するらしい。プレスリリースではあまり詳しく書かれてないけど本体とは別に水冷式のラジエーターを利用して冷却(?)してるので一定の効果は得られると思う。

そんなん中SONYから“着るクーラー”をコンセプトに「REON POCKET」という商品を一般販売するというニュースを見てすぐAmazonから注文した。

ソニーがモバイル機器の開発を通じて培ってきた独自の熱設計技術を利用し、本商品のために専用設計されたサーモモジュール(ペルチェ素子)に通電することで、急速な冷却・温熱が可能です。夏の30℃の環境下を想定し、REON POCKETあり・なしで比較した実験では、「REON POCKETあり」の方が、本体接触部分の体表面温度が約13℃下がりました。

なるほど。富士通のものに比べるとややカジュアルな感じはあるけど“体感”の面では期待できそう。ただ、専用インナーウェアが必要なんだけどこれがなかなかオールドスタイルでそこもう少し力を入れてくれてもよかったかもね。アパレルブランドとのコラボも面白そうだしね。今後に期待!

DSC07322-2.jpg
DSC07327DSC07329

7月1日に注文して7月4日に届いた「SONY REON POCKET」。パッケージはプロトタイプというか、味気ない工業規格のようなものでまだそこまでは手が回ってない感じだったけど実際のプロダクトはソニーらしいクオリティーの高いデザインで機能的で無駄がない。

とりあえず充電(USB-Cタイプ)をして専用アプリをインストールしてデバイスとペアリングしといた。今週末は雨なので来週末のツーリングで使ってみよう。

※今日(7月5日)この記事を書きながらAmazonのSONY REON POCKET販売ページを見てみたらなんと値段が17,600円まで跳ね上がっていた。転売屋の仕業だね…

Deus Ex Machina Asakusa

千葉ツーリングのついで(?)に原宿から浅草に移転したDeus Ex Machinaさんへ。

千葉からでも首都高に乗るとあっという間で1時間もかからなかった。ただ、近くまで行ってどうやってお店まで行けばいいのか分からなくてその近くをグルグルしてたけど歩行者専用となってる道をエンジンを切って手押しで行けばいいだけのことだった。原森橋を渡って三ツ目通りからアプローチしたほうが近い。

原宿の時もオシャレでステキだったけど浅草さらに洗練された感じでより落ち着く。

DSC06845.jpgDSC06849DSC06850DSC06853DSC06856DSC06857DSC06859DSC06861DSC06863DSC06864DSC06868DSC06875DSC06877DSC06880DSC06889DSC06893DSC06899DSC06914

今ネオクラ界(?)では一番ホットなお店だからか偶然すらくすさんともお会いできた。そのままお店にずっといたら他の方にもお会いできたかもしれない。

そういえばサイズが合うTシャツがあったら買うつもりだったのにご飯食べてお腹いっぱいになったら満足してそのまま帰ってしまった(汗)。今度また行こう!