TESLA Powerwall2

ちょうど10年前の2012年11月に我が家にシャープの太陽光発電システムを導入して今年でFIT(Feed-in Tariff、固定価格買取制度)の適用が終了するので太陽光発電システムによる電気をより有効したいのがベースにあった。後、災害に弱い国の電力インフラの脆さから我が家を守りたかったのもその理由の一つ。

その検討を何ヶ月もかけてやってコスパと性能の良さからTESLAのPowerwall2に決めた。調べれば調べるほどTESLA以外の選択肢はなかった。

Powerwall2の価格は1,089,000円(税込)と固定されてるけど業者による設置工事の費用がそれぞれ違うのでいくつかの会社に問い合わせをしてみた。N社とY社の対応と回答がよかったので直接家にきて精査してもらって正確な見積もりをいただいた。両社とも大きな差はなかったが、N社の担当のレスポンスが非常に早かったのでN社に選定した。

工事費を含めた総費用は約170万円。

発注から工事までは約1ヶ月くらいかかった。工事は朝9時から始まって全て終わったのが18時。工事も大変そうだったけど最後の設定がうまくいかなくてより時間がかかったらしい。設置方式には床置きと壁掛けがあるけど日本は床置きを推奨するらしい。たぶん木造の家が多いからかも。

工事が終わるとTESLAからメールが来るのでそれに従ってアカウントを作成してTESLAアプリをインストールした。バックアップのための蓄電率は20%がおすすめらしいのでとりあえずそのまま。運転モードは自家消費モードと時間帯別制御モードがあって色々細かく設定が可能な時間帯別制御モードにした。よりスマートな感じだしね。

我が家の電気料金プランは東京電力の電化上手。時間帯ことに変わる料金も東京電力のサイトを参照して正確に入力した。

設定が終わるとAIが状況に応じてリアルタイムで電力を捌き始める。基本スタンバイ、充電、放電の3つのモードを順次適用する。ちなみに我が家の太陽光発電出力は4.5kW。

記念すべき初日。黄色が太陽光発電、緑がPowerwall2、グレーが電力会社からの供給分。約1週間かけてAIがこの家に最適な電力マネージメントを学習するらしい。18時の試運転以外はまだ特別な動きはなかった。

2日目。バッテリーは電力会社からの電気で100%充電されてるのにそれほど活発な動きはない。またこの日は曇りだったので太陽光の発電量もそれほど多くない。

3日目。いきなり本気を出してこの日のエネルギー自給率はなんと90%!夜中の2時から6時くらいまではエコキュートが安い深夜電力を利用してお湯を沸かすのにそれもPowerwall2がカバー。ちょっと頑張りすぎじゃないか?

4日目。3日目頑張りすぎた反動が翌日来てしまった。またこの日は雨で太陽光発電効率もあまりよくなかったのでバッテリーの蓄電率は20%で止まってた。自給率は32%。

5日目。この日は効率よく動いて蓄電もほぼ100%太陽光発電から。夕方の電力消費が一番大きい時間帯もほぼPowerwall2が賄った。自給率は69%。

6日目。この日からより賢くなってエコキュートの稼働時間は電力会社の深夜電力に任せて自分は太陽光発電が始まるタイミングから動くようになった。自給率は60%。

7日目。この日も6日目と同じような動き。自給率は66%。我が家の電力消費パターンにはこのくらいのバランスがちょうどいいのかも。今のところ蓄電はほぼ100%太陽光発電から。

とりあえず直近の一週間はこのようにTESLAのAIが学習をしたようだが、これからの梅雨の時期はどう対処するのかも興味深い。

TESLA Powerwall2の核心はやっっぱりこのAIによるスマートなHEMS(Home Energy Management System)だと思う。またこの電力エコシステムがTESLAの電気自動車で完結される気がした。これからどんどん拡張されていくだろう。

フレッツ光からAUひかり10Gへ

家では今まで10年以上NTT東日本のフレッツ光 1Gを使用してきたが、いよいよインターネット回線を10Gへアップグレードした。

コロナ渦になって家族揃って在宅の場合が増えてきてフレッツ光 1Gでは少し窮屈な感じがあったので以前から10Gにしたかったが、家のテレビをアンテナを建てずにフレッツ・テレビを利用してたのもあって他の通信会社への乗り換えがなかなか難しかった。フレッツ光でも10Gのサービスを提供しているが、東京23区といくつの都内の市が対象だったのでフレッツ光のままアップグレードすることもできなかった。

ずっとモヤモヤしてても仕方ないのでまず一番ネックになっていたテレビアンテナを設置することにした。ネットで調べるとたくさん業者が出てきたのでとりあえず家から一番近い業者に頼んだら一週間くらいで設置完了。なんだろう?フレッツ・テレビのときより信号の強度が強くてたまにノイズが入る現象もなくなった。これはもっと早く設置したほうがよかったと思う。

アンテナの障害がなくなったので次は川崎エリアに10Gのサービスを提供している会社を調べたらAUとNuroの二択だった。Twitterなどで調べるとAUひかり10Gのほうが安定的に速度が出るらしかったので少し高いけどAUひかりに決めた。それでも今のフレッツ光より安い!

申請して約3週間くらいで工事が完了してようやく我が家にも10Gインターネットが入ってきた。ひかり電話も使ってるので本体(ONUとホームゲートウェイ)の設置場所は1階のリビングにして家全体はTP-LinkのDeco X90を利用して2階までメッシュwifi環境を構築した。少しでもボトルネックを無くすためにそれぞれの機器の連結にはCAT8のLANケーブルを使用した。

その結果2階ではだいたい400Mbps前後の通信速度で今までの4〜80Mbpsだったフレッツ光と比べると約5〜10倍くらい早くなって快適。家族みんなで同じ時間帯にリモート会議をやってもこれならストレスなくやれそう。Thunderbolt 3 10G Ethernet Adapterを利用して直でつなげると1Gbps以上も十分出せそうだけどしばらくは今の無線ネットワーク環境だけでも十分な気がする。

やっぱりインターネット速度は大事!

金乃竹 塔ノ澤

今年の冬の家族旅行は箱根「金乃竹 塔ノ澤」。夏に予約したので時期や部屋などすべて希望通りの条件で取ることができた。金乃竹は塔之澤と仙石原の二箇所にあってその良さは前から聞いていたが、泊まるのは今回が初めてた。秋の北海道ツーリング以降はこの温泉旅行が一番の楽しみでもあった。

最近週末の高速道路の込み具合は知っていたので心の準備ができていたが、箱根湯本駅周辺の渋滞は予想を遥かに上回っていた。もうコロナ前の賑わいが戻りつつある。

箱根湯本駅を過ぎて国道1号線をそのまま約2kmくらい進むと右側に「金乃竹 塔ノ澤」の看板が見えてくる。周辺に他の施設がないので探しやすい。

旅館の敷地に入るには早川にかかってる橋を渡る必要がある。この橋がこの立地の利用を可能にしてくれているが、別世界へ渡っていくような演出にもなっているような気がする。

エントランスを入っていくと正面には石の壁にクリスマスのリースが飾られていて、左側にロビーにつながる巨大な自動ドアがあるが、それがドアなのかは動くまでは分からなかった。この演出もここが非日常的な空間ということを自覚させてくれる。

中へ入っていくとそこは3階ロビーであった。谷の地形をうまく利用して作られているのがよく分かる。チェックインはロビーでも部屋でも可能ということだったので部屋でのチェックインをお願いした。

今回泊まる部屋は4階クラブフロアの「空」という部屋。義母さんも含めて4人なので選択できる部屋が3つしかないのと久しぶりの家族旅行なので少し踏ん張ってクラブフロアを選んだ。

「空」は401号と405号の2つあって今回利用したのは405号室。ドアを開けて入っていくと玄関に花が飾られていて、そのセンスがいい。

こちらが寝室でハリウッドツインサイズ(幅240x長さ200cm)の巨大なベッドがあって後はBluetoothスピーカーがおいてあるだけ。贅沢な空間の使い方が素敵。

部屋の奥にはベランダでそこに露天風呂がある。

青森檜葉で作られた浴槽は少し小さめだが十分リラックスできる。

部屋の真ん中に洗面台がある珍しい作りでその洗面台が寝室とリビングを区切っている。区切られてはあるが、開放的で寝室とリビングが一つの空間に認識されるのでより広く感じる。

洗面台の上にはアメニティが人数分たっぷりおいてある。この旅館オリジナルのものらしいが、香りもよくて上品な感じがする。

洗面台の横にクロゼットのような空間があってその奥にシャワー室、またそこからベランダに出られて風呂に入れる。

リビングの奥は畳のスペースがあって和のテイストを演出している。素敵。

リビングは巨大なソファベッドと同じ形式のソファが一つ、テーブルが一つあるだけなので元々広い空間がより広く感じられる。部屋にテレビが置かれてないが、要請すれば設置してくれる。

冷蔵庫には飲料水とビールやワインなどお酒類が入っていてクラブフロアではこれがすべて無料。後、部屋へのお酒の持ち込みは無料だが、食事の時にダイニング(食堂)への持ち込みは3,500円と有料だった。

引き出しの中にはコーヒーカプセルやワイングラス、オプナーなどが用意されていてそのまとめ方が綺麗だった。こういう所から高級感が演出されると思う。

チェックインの手続きを済ませるとウェルカムドリンクとお菓子、おしぼりを持ってきてくれた。小さい皿やスプーン一つも品がいい。

まずは部屋の露天風呂に浸かりながら家から持っていったワインを楽しむ。これは贅沢そのもの。

部屋の風呂を楽しんだ後は1階にある大浴場へ。すべての部屋には露天風呂が付いているので大浴場には人がいなくてほぼ貸し切り。

晩ごはんの前に3階のロビーで少しくつろぐ。ロビーにはバーがあってウィスキーやワインなどがあって有名ワインもグラスで飲める。お値段は少し高い。

この日の晩酌は家から持ち込んだ最近のお気に入りのデュジャックのヴォーヌ・ロマネ オー・マルコンソール。後は日本酒を少々。

晩ごはんは会席料理でそのレベルがかなり高い。食材も箱根やその周辺の特産物をたくさん使っていてそれがまた嬉しい。

美味しすぎて酒も進んでしまって少し早めに寝てしまった。ベッドの寝心地も良すぎ。

朝ごはんは和食か洋食かが選べられて和食はまたご飯かお粥かが選べられる。朝にちょうどいいバランスの構成で特に鯵の焼き魚が美味しかった。

チェックアウトはクラブフロアは11時半でかなりゆとりがあって最後までお風呂を楽しんでリラックスできた。チェックアウトも部屋でできるのがまたいい。

入る瞬間から帰るまで最上級の特別な経験ができる素晴らしい旅館だった。機会があったらまた行きたい。

2次接種完了

やっとコロナワクチンの2次接種か完了。検診を担当した医者からは2回目のほうが副反応が強く出るらしいから解熱剤など用意したほうがいいと言われたけど1回目と同じく腕の筋肉痛みたいな痛み以外は熱などなかったので運がいいほうかもね。

これで2週間経てばちゃんと免疫もできてコロナからある程度自由になれるはずだけどまた最近の流れを見ると安心するのはまだ時期尚早かもしれない。

とりあえず9月中旬に北海道行きのフェリーは予約してあるので世の中がいい方向に流れていくのを祈るしかない。今年は行けますように。

Moderna

Photographer: David Paul Morris/Bloomberg

いよいよ我が会社も職域接種を開始して今日モデルナワクチン1回目を接種してきた。少し緊張はしたが、いつものインフルエンザワクチンとそれほど変わらない感じかな。若干腕が痺れるけどまだ大丈夫そう。多分これから副作用の症状が出るかもしれないが、それよりコロナ渦から逃れることへの嬉しさが大きい。4週間後に2次接種が終わってから2週間が経てば自由の身(?)になれるはず!

もしかすると9月頃には2年ぶりの北海道ツーリングに行けるかもしれない。もうドキドキしてきた。