名古屋・京都出張

最近週末に仕事の割合が多くて先週も仕事で名古屋と京都への出張の予定が入ってしまった。割と最近やってる仕事は楽しくて週末や夜遅く働くのもそれほど苦ではない、むしろ好きなんだけどバイクに乗れないのがちょっと辛いね。

まずこの日の最初のミッションは11時までに名古屋駅に行くこと。いつもの出社時間に出れば間に合いそうだったので平日のルーチンでジムで運動してから品川駅に向かう。

新幹線のチケットは予約してなかったけど余裕で取れる。出張であっても新幹線に乗るとその非日常の旅の感覚でワクワクする。

品川から名古屋までは約1時間半、その時間を存分に楽しまないとね。仕事に影響がない範囲でビールを一杯(少し大きいやつでね)。フェリーで飲むビールもうまいけど新幹線で飲むビールもうまい!

DSC05209.jpg

ビール飲み終わってメール確認してたらもう名古屋!早いね。雲が多いけど晴れていて気持ちいい。少し暑かったけどね。

この日、最初の仕事はシャレオツな「THE GATEHOUSE」で。15階にあるレストランの眺めはすごくて名古屋市内がひと目に入ってくる。店内も広々して優雅な感じで、女性のお客さんが多かった。

仕事は無事終わったが、口内炎のせいでスパイシーの効いた料理を食べるのが辛くて半分くらい残してしまった…

DSC05323.jpg

地元の方に教えてもらった名古屋モーニングの老舗「BUCYO Coffee KAKO」へ。本場のモーニングはどんなもんだろう?と期待を膨らませて店内に入ったら

DSC05300.jpg

ちょうど昼時でモーニングをやってないモーニング空白のランチタイムだった(14時半以降はまた午後のモーニング?というのを頼めるらしい)。仕方なくサンスパプレートというのを頼んだけどまたこれの量が半端なかった!またも残してしまって申し訳ない。

大人しくこの店のシグニチャーメニューの小倉トーストを頼めばよかった。

その後この日の最終目的地の京都へ。

DSC05327.jpg

まずホテルへ行ってチェックイン。今回は泊まったのは「京都グランベルホテル」。最近京都にこういう和モダンなホテルが増えてて楽しい。サービスも申し分ないし、設備もしっかりしていて何よりカッコいい。

夕方の日程まで少し時間があったのでシャワーを浴びてから午後撮った写真を現像してプロジェクトメンバーへ共有したらもう出かける時間!

夕方は京都市役所前駅の近くにある「一之船入」へ。河原町の和の風情溢れる町家をそのままお店にして味わいの深い中華料理屋だった。雰囲気としては和食が出てきそうだけどそこに中華料理が出てくるのが面白い。

DSC05365.jpg

シェフの魏 禧之(ぎ・よしゆき)さんが手掛ける料理は一品一品レベルが高くて繊細な感じが中華料理でも京都の中華料理は一味違う感じ。

食事の間、ずっとプレゼンしてたけど先方にちゃんと伝わったか不安だけど手応えはあったので良しとする。自分がやれることはすべてやったので。

二日目の朝はフリーだったので地元の方が教えてくれたお店に朝ごはんを食べに行く。台風が関東のほうに近付いてるのに京都はキレイに晴れてきて蒸し暑い!

時間が少し早かったので八坂神社の境内を回っていく。もうすぐ祭りがあるのかな?なんか色々準備でみんな忙しそう。あまり分からないけど八坂神社の祭りはすごそうだね。

朝9時で予約した「」に10分前くらいに着いたら一番乗りだった。朝ごはんは8時と9時スタートの2部制で一回にだいたい8人から9人くらいがマックスかな?この日は両方とも満席だった。

大きいテーブルを囲んで用意されてる大皿料理から食べたい量を自分の皿に分けて食べるスタイル。

京野菜をふんだんに使った品のある料理も美味しかったけどこの土鍋炊きたてご飯が美味しすぎて約2年ぶりにお代わりをしてしまった。

1階での食事が済んだら2階に上がって白川を見ながらデザートタイム。この余裕、いいね。時間がゆっくり流れていて落ち着くし、この空気感が大好き。来る度に感じるけど京都にはそこだけの特別な何かがある。だからみんなそこに惹かれて集まってくるのかもね。

ご飯の後、ホテルに戻ってチェックアウトをして今回の出張の最終目的地へ移動。

この日は真夏日ですごく暑かった。京都が盆地なのもあって東京とその暑さの性質がちょっと違うような気もする。しかし、その暑さなんかお構わなしにキレイで魅力的。いつかは京都の町家で一回住んでみたい。

気温が上がるのにつれて空もどんどん青くなってくる。空と木造の壁とのコントラストが面白くてシャッターを切った。やっぱり京都はフォトジェニックな町だな。

再び八坂神社の前を通るのになんだか風景が嘘みたいにキレイで青すぎる空を合成したかのような感じだった。編集のときにより自然な感じにしようとしたけどこの辺が限界だった。面白いくらい晴れてきたな。

その分、暑い。

今回出張の最後は京都のイタリアン名店「リストランテ キメラ」へ。

DSC05627.jpg

祇園の町家をリノベーションして外は和風の佇まいをそのまま守って中は現代的にモダンに仕上げてるいかにも京都らしいスタイルのお店。

鮎のコンフィから始まるコースは京都やヨーロッパ各地の素材を適材適所に使ってシナジーを生み出してる感じ。イタリアンはそこまで詳しくないので大きくは言えないけど控えめに言ってすごく美味しかった!

ミーティングも最初は少し噛み合わない感じがしたけど料理が運ばれてきてその美味しさに感動するうちに打ち解けて自然に盛り上がっていった。やっぱり料理の力はすごい。

これで週末の3回のミーティングも無事終了して後は結果を待つのみ。うまくいきますように。

RIMOWA、修理完了

先月末に成田空港で修理を頼んだRIMOWAのスーツケースが戻ってきた。思ったよりも全然早かったね。修理は無料で、かかったのは送料のみ。

DSC09881

段ボールを開けたらプチプチでしっかり守らていた。このプチプチはRIMOWA専用で作られてるっぽくてTOPAS63Lのサイズにピッタリ!ここまでやってくれて修理代が無料というのは神サービスだね。購入してから5年以上過ぎてるのにね。

DSC09883

修理はしっかりされていてこれで後5年くらいは問題なく使えそう。

RIMOWAエアポートサービスカウンター

DSC09220

実は韓国に飛ぶときにスーツケースの異変に気がついた。片方のキャスターのほうがカタカタしていて高さが他のキャスターと合ってない。よく見るとネジが一個なくなっていたのが原因だった。

急いでたのでそのまま韓国に行って戻ってきたときに成田空港第2ターミナルの1階にある「RIMOWAエアポートサービスカウンター」で見てもらうことにした。

RIMOWAは5年間保証をしてくれるらしいけど自分が使ってるスーツケースはもう何年前に買ったのかも覚えてない(今確認したら購入したのは6年前…)し、5年保証の条件がオンラインでの製品登録が必要らしいんだけど自分が買ったときはそういうのはなかったな。たぶんLVMHグループ参加になってからのルールかもね。保証してくれなくてもネジ一本なのでそれほどしないだろうと持っていった。

DSC09222

スタッフさんが親切に対応してくれたけど空港では音を立てる修理ができないので表参道か銀座のストアへ行くことを勧めてきた。しかしまたそこまで持って行くのも面倒なので預けて修理してから郵送でもらうことにした。期間は最大で1ヶ月くらいかかるらしいけど早い場合は1週から2週間で送られてくる場合もあるらしい。

やっぱりこういうしっかりした顧客サービスがあると次スーツケースを買うときもRIMOWAの優先順位が高くなるよね。

KE704

週末急用で韓国へ行ってきた。本当に急だったのでフライトチケットがなかなか手配できず、結局的に成田空港から韓国の仁川空港へ行く大韓航空KE704便を予約した。家から成田空港までは約2時間の道のりでもはやそれだけでもプチ旅。やっぱりできれば羽田から飛びたいね。

DSC09195

時間どおりに順調に進んで出発予定時刻に飛行機に乗ったけど今日の成田空港は激混みだった。離陸まで約20分以上の待機。やっと飛ぶ順番が来て滑走路に入ろうとしたときに後ろのほうをみたら飛行機の大渋滞。

それ以降は少し揺れたものの概ね順調なフライト。

DSC09196.jpg

機内エンターテイメントプログラムはあまり面白そうな映画がなくてその中では一番よさそうだったリーアム・ニーソン主演の「スノー・ロワイヤル」を見たけど人殺しすぎ(笑)。

DSC09198.jpg

映画を見てたら機内食が運ばれてきた。日韓便はフライト時間があまり短いのでなんだかんだ忙しい。正直機内食なくても全然いける距離だと思うけどね。東京から沖縄行くより時間かからないからね。

DSC09199.jpg

この日のメニューは鶏肉のシチューみたいなものだったけどしっかりめの味付けがいい感じで美味しかった。やっぱり大韓航空はレベルが高い。

DSC09203.jpg

ご飯の後に少しのんびりしてるともう着陸の時間。短いけど快適な空の旅だった。

暇な土曜日

天気のいい土曜日!素晴らしい5月らしい天気でまさにツーリング日和だけど阿蘇で生別れた相棒はまだトライアンフ横浜港北に届いてない。ZuttoRideさんに電話で問い合わせたら来週の水曜もしくは日曜に届くらしい。距離が距離なだけに船便で送ってるらしいね。個人でその手配を全部やることを考えると気が遠くなるね。まぁお金もお金だけどね。

奥様は仕事、娘は塾、いつもなら私はツーリングのはずだけど相棒がいないのでやることがない。以前は土曜日に何してたんだろう?思い出せないね。とりあえず久しぶりに洗車しに車に乗って家を出た。

DSC06593.jpg

あ、いいなぁ。こんないい天気にバイク乗れたらいいなぁ。隣をすり抜けて行くバイクを見るとますます羨ましくなってしまう。

DSC06612.jpg

外の気温が20.5℃。暑くもなく寒くもなくちょうどいい。

DSC06587.jpg

家から近い出光さんに手洗い洗車を頼んだけど天気がいい土曜日だからか行列ができていてとりあえず順番待ち。が、手際のいいスタッフさんのおかげですごく回転がよくて30分くらいで洗車終了。

帰ってもやることないのでそのまま元住吉へ。

DSC06603.jpg

お昼は横浜家系のてっぺん家へ。

DSC06594.jpg

この店は初めてだったけど店内もラーメン屋としてはゆったりとして余裕があって店員さんも気さくで落ち着く雰囲気で入りやすい。

DSC06598DSC06600DSC06602DSC06597.jpg

初めてなのでとりあえずお店オススメのてっぺんラーメンを頼んだ。海苔、チャーシュー、味玉、ネギなど全部乗せでマイルドなとんこつに味噌がいいアクセントになっていて美味しい。後、自家製の中太麺も弾力があってのど越しがよく美味しい。これは当りだね。また行こう!

DSC06606.jpg

帰ろうとしたところで元住吉駅前の青柳さんでいちご大福を売ってるのを発見!実はいちご大福が大好きなんだけどもうシーズンが終わったのか最近売ってるところをあまり見つけられなくて諦めてたところだったので嬉しい。

DSC06607.jpgDSC06615.jpg

いちご大福とわらび餅をテイクアウト。家で寛ぎながらいちご大福を食べる土曜日も悪くないね。でも早く相棒が戻ってきて一緒に出かけたい。

初島

10日間のゴールデンウィーク、元々の計画では5月2日に四国九州ツーリングから戻ってくる予定だったが、計画よりずいぶん早い4月28日に戻ってきてしまったので予定もなくやることもなくずっと家でゴロゴロするゴールデンウィークを満喫していた。しかし、いい加減家でゴロゴロするのも飽きてしまった頃に初島に遊びに行ってきた。

実はこどもの日に子ども達に楽しい経験をさせてあげるために10年以上の付き合いの4家族で計画したものだったのに久しぶりのお出かけで子どもより自分のほうがはしゃいでしまった(汗)。

DSC06374.jpg

朝一の初島行のフェリーに乗ったけど人がすごい!こどもの日というのもあったけど久しぶりに天気がいい日だったのもあったかもしれない。

DSC06391.jpg

初島は今回が初めてだったけど思ったより全然近かった。船が出発して防波堤をすぎるとすぐ初島が見えてきた。

DSC06398.jpg

天気がよくて船にぶら下げてる鯉のぼりが映えるね。そうだ、今日はこどもの日!

DSC06408.jpg

船から降りると島全体から歓迎されてる感じがいいね。この日はところてん祭りもあって港でところてんを楽しんだ。

DSC06450.jpg

島からも富士山がキレイに見えてきてテンションが上がる!

早速子ども達が楽しみにしてた「SARUTOBI」に挑戦。最初は付き添いな感じだったのにやってみると思ったより面白くて娘と第2ステージまで挑戦してしまった。娘も怖がらながらも最後まで頑張ってなんとかクリア。面白かった。

DSC06432.jpg

初島は東京からそんなに遠くないのに南国感が半端ない。5月だと気温はそこまで高くなく快適そのもの。知らなかったなぁ。今回は日帰りだったけど次回はグランピングをやってもいいかもね。気に入った。

DSC06469.jpg

SARUTOBIの後は「アジアンガーデンR-Asia」で昼ごはん。ここも最高の南国風!

DSC06483.jpg

このカフェではシンハやビンタンなど東南アジアのビールを中心に売っていて南国風情をより強く演出してくれる!朝早かったし、結構動いたし、少し疲れた体にビールが入ると眠気がしてくるね。子ども達を宝探しに送って大人たちは庭園においてあるハンモックで少し昼寝を楽しむ。気持ちいいね。あ、帰りたくない。

DSC06496.jpg

雲がもう夏の雲。もう少し春のままにいてほしいね。

DSC06508.jpg

晩ごはんは熱海駅から近い「龍華庭 ふくろう別館」で。3階まで座敷があって結構広いので大人数でもOKだった。

DSC06518.jpg

乾杯はやっぱり静岡麦酒で!

DSC06522.jpg

後は料理に合わせて日本酒を楽しんだ。特に万大臥龍梅などの地酒を頼んだ。やっぱり地元の食材で作った料理には地酒だね。

休むのもいいけどたまにはこうやって人と触れ合うのも大事だね。

FILSON DUFFLE BAG MEDIUM(70325)

いよいよ来週から四国九州山陰ツーリング!今回のツーリングはキャンプはやらないで基本ホテル泊なので荷物も衣類とアクセサリー類くらいでかなり少ない。普段キャンプやロングツーリングでよく使ってるFILSON DUFFLE BAG LARGE(70223)だと大きすぎて使い勝手が悪くてちょうどいい鞄を探すことにした。

DSC05315

いろいろダッフルバッグを探してみたもののFILSONを超えるものは見つからなくてやっぱりFILSONのDUFFLE BAG MEDIUM(70325)に決めた。基本作りは70223と同じでサイズだけ70325がW51cm×H32cm×D27cmで、70223がW72.5cm×H34cm×D27cmに比べて約20cm短くてかなりコンパクト。

DSC05316DSC05317DSC05318DSC05319DSC05320

このしっかりした作り!Heavy duty、その言葉通りのものでどのシーンでも信頼できる。実は同じサイズでレザーで防水のダッフルバッグも良さそうだったけど日本国内では販売してなかったのでこちらに決めた。後、革のほうが1.5倍くらい重かったしね。

昨日はトライアンフ横浜港北へ行って大澤さんにチェーンのたるみやタイヤの空気圧、バッテリーの充電などしてもらったのでバイクの調子はすこぶるいい!4月25日木曜日出発するのみ!