鮨 はしもと

新富町駅から徒歩5分。8席を6席に減らして営業中。あの名店「すぎた」出身の橋本大将が切り盛りしてる。大将や女将、弟子の皆さんも物腰が柔らかく居心地がいい。

一品一品そのクオリティーが非常に高くて手間を惜しまない丁寧さがある。

酢飯には赤酢がかかってるけどそれほど味や酸味が強くなくネタとよく馴染む。どのネタもクオリティが高くてバランスがよく美味しい。

IMG_2534IMG_2535IMG_2536IMG_2537IMG_2538IMG_2539IMG_2540IMG_2542IMG_2543IMG_2544IMG_2545IMG_2546IMG_2547IMG_2548IMG_2549IMG_2550IMG_2551IMG_2552IMG_2553IMG_2554IMG_2555IMG_2556IMG_2557IMG_2558IMG_2559IMG_2560IMG_2561IMG_2562IMG_2563IMG_2564IMG_2565IMG_2566IMG_2567IMG_2568IMG_2569IMG_2570IMG_2571IMG_2572

鮨 なんば 日比谷

今日本で一番熱い鮨屋の一つ、鮨 なんば 日比谷。難波大将の鮨アーティストとしての哲学に基づいた徹底した温度管理は人を驚かさせる。

ちょうどいい硬さの赤酢が効いたシャリ、握りはエアサスと言っていいくらいの柔らかさで握って皿に鮨を置くと沈んでいくのが目に見えるくらい。ネタとシャリのバランスの良さは言わずともわかる。つまみも握りも究極まで突き進めた感じで感動すら覚えてしまう。

この時は2回目の訪問だったが、ずっと通いたい。ずっと難波大将の鮨が食べたい。

IMG_1745IMG_1747IMG_1748IMG_1750IMG_1752IMG_1753IMG_1755IMG_1756IMG_1758IMG_1760IMG_1760_1IMG_1761IMG_1763IMG_1765IMG_1766IMG_1767IMG_1768IMG_1769IMG_1770IMG_1771IMG_1772IMG_1774IMG_1775IMG_1776IMG_1779IMG_1780IMG_1781IMG_1783IMG_1784IMG_1785IMG_1786IMG_1787IMG_1789IMG_1791IMG_1793IMG_1794IMG_1795IMG_1796IMG_1797IMG_1799IMG_1800IMG_1802IMG_1804IMG_1806IMG_1808IMG_1810IMG_1811IMG_1812IMG_1813IMG_1814IMG_1816IMG_1817IMG_1819IMG_1820IMG_1821IMG_1822IMG_1823IMG_1825IMG_1826IMG_1827IMG_1829IMG_1831IMG_1832IMG_1833IMG_1834IMG_1835IMG_1836IMG_1838

白烏賊 36℃ / 19℃
鳥貝 36℃ / 16℃
平目 36℃ / 20℃
黒むつ 38℃ / 22℃
鰹 37℃ / 21℃
真梶木 36℃ / 19℃
北寄貝 36℃ / 15℃
春子 38℃ / 21℃
間八 38℃ / 22℃
鯖 37℃ / 20℃
雲丹 37℃ / 20℃
赤身 37℃ / 21℃
トロ 40℃ / 24℃
小鰭 37℃ / 20℃
虎河豚白子

松川

六本木一丁目駅から徒歩7分。和食・懐石の名店、予約困難店。滋賀の招福樓出身で広尾の青草窠で料理長を務めた松川忠由大将のお店。店内は清潔で高級感溢れる和の空間。カウンター6席、個室が3つ。今回は7人での個室利用。現金のみ。

いつもお世話になっている方の予約に便乗する形での念願の初訪問!もう3月なので松葉蟹は厳しいと思ったけど間人蟹、松葉蟹、筍、蛤、フグ、すっぽん、伊勢海老、もろこ、ぐじ(甘鯛)、鴨などこの季節で食べられる最上級の食材をふんだんに使った最高クオリティの料理をいただいた。ずっと美味しくてずっと幸せな気分を味わった。最高クラスの和食のおまかせコース。

お酒もオススメの日本酒で頼んだら而今や黒龍のしずく、火いら寿など貴重で好きなお酒をいただけた。お酒も最高レベル。

お腹いっぱいになったところでのデザートも最高で別腹ところか腹がなくても食べれるレベル。水羊羹はどうやって形を維持してるのか不思議になるくらい柔らかくて苺あまおうのゼリーはもう言葉が要らない。

DSC02813DSC02819DSC02824DSC02835DSC02843DSC02855DSC02861DSC02864DSC02865DSC02873DSC02885DSC02889DSC02895DSC02898DSC02901DSC02904DSC02916DSC02922DSC02929DSC02935DSC02939DSC02947DSC02951DSC02958DSC02959DSC02962DSC02968DSC02973DSC02977DSC02983DSC02992DSC03001DSC03005DSC03012DSC03019DSC03026DSC03030DSC03039DSC03046DSC03050DSC03057DSC03075DSC03082DSC03088

Furuta

東銀座駅から徒歩5分。カウンターのみの8席。岐阜の名店「開化亭」の古田等シェフが2014年銀座に新たに開いた中華料理屋。3年後まで予約が埋まってるほどの人気で運良く訪れることができた。

最高の食材を凄腕のシェフが心を込めて作ってくれる料理はどれも感動的な味。お酒はワインをベースにしたペアリングでいただいた。

IMG_0163IMG_0164IMG_0165IMG_0166IMG_0167IMG_0168IMG_0169IMG_0170IMG_0171IMG_0172IMG_0173IMG_0174IMG_0176IMG_0177IMG_0178IMG_0180IMG_0181IMG_0182IMG_0184IMG_0186IMG_0187IMG_0188IMG_0189IMG_0190IMG_0191IMG_0193IMG_0194IMG_0197IMG_0198IMG_0199IMG_0200IMG_0201IMG_0203IMG_0204IMG_0206IMG_0207IMG_0208IMG_0209IMG_0211IMG_0212IMG_0214IMG_0215IMG_0216IMG_0217IMG_0219IMG_0220IMG_0221IMG_0222IMG_0223IMG_0224IMG_0225IMG_0226IMG_0227IMG_0228

・本伊勢海老 春雨の煮込み
・豊後水道天然トラフグ白子 ペリゴール産トリュフ添え
・佛跳牆(ぶっちょうしょう)
・ベルーガキャビア 又は 静岡産キャビアの冷製ビーフン
・二十四頭 乾燥鮑の煮込み
・さつま芋の春巻き 又は ホワイトアスパラの春巻き 又は 海老の春巻き 又は 毛蟹の春巻き 又は松葉蟹の春巻き
・ハンマーヘッドシャークの金ビレ 上湯煮込み
・豊後水道天然トラフグ 揚げ物
・ビュルゴー家シャラン鴨 北京ダック仕立て ペリゴール産黒トリュフ添え
・お食事
・デザート

Cafe Superracer

前日の雪と雨が嘘のように晴れてきたのでバイクに跨って都内へ向かった。山奥とかはまだ雪など残ってそうなので軽めに走ってこようと思って約一年ぶりにCafe Superracerへ。

天気のいい週末だからお店の前にはたくさんのバイクと車が停まってる。この写真の左側にSuper Sports系のバイクがずらり並んでいてオフ会をやっている様子。

Superracerのロゴはいつ見ても渋くてカッコいい。どこか懐かしい感じが特に好き。

オフ会は一番奥でまとまって静かにやっていたので席は余裕があった。正面(たぶん)の窓から注いでくる光が気持ちいい。「優雅な日曜日」をイメージで具現化するとこんな感じになるのかな。

ライダーズカフェではあるけど普通にモダンな居心地のいいカフェなのでライダー以外の普通の女性のグループだったり子連れのファミリーもいたりしてそのコントラストが面白い。

コーラを頼んだら瓶のコカ・コーラが運ばれてきた。久しぶり!少し暖かくなったら道志みちへ行こう。

頼んだのはToday’s Specialのビーフストロガノフ。最初なんなのか分からなくてスタッフさんに聞いてみたらハヤシライスと似てる感じでバターがたくさん入っていてまろやかで美味しいと説明してくれたので気になって頼んでみた。

まろやかで甘くて美味しかった。後から調べたらバターで玉ねぎと牛肉を炒めて赤ワインとケチャップで味付けをして最後にサワークリームを入れて完成。初めて食べるのに懐かしくてどこかボルシチと近い感じがしたのはサワークリームのせいだったかもね。今度は自分で作ってみよう!

あまり走れてなくて少し物足りない感はあるけどバイクに跨ることができて来週も頑張れる力をいただいたような気がする。