Lewis Leathers No.191 Motorway Boots

はい、皆さんが予想した通りにルイスレザーにてNo.191 Motorway Bootsを買ってしまったんです。このジャストフィット感、カッコよさ、憧れなど色々作用して気がついたらクレジットカードがスタッフさんに渡っていた(汗)。

去年購入したBelstaff Endurance Bootsもその抜群の機能性で四国・九州ツーリング北海道ツーリングの雨の中でも大活躍したけどそのデザインの野暮ったさが気になってずっと細身のブーツが欲しかったのでこのNo.191 Motorway Bootsがいいソリューションになってくれてる。

箱が大きすぎて昨日は持ち帰りできなくて郵送で送ってもらったけど箱からブーツを取り出したら昨日の感動が、それより大きい感動が押し寄せる。いい買い物したな。早く履いてツーリングに行きたい。

DSC07148DSC07149DSC07152DSC07154DSC07161

Cafe Racerごっこ

先週金曜日は少し深酒してしまって土曜日の午前中は死亡、天気予報では三連休ずっと雨と言われたので安心して寝てたら曇ってはいるけど雨は全く降らなかった。また日曜日も一日中雨と言われてたのに朝確認すると午前中はなんとか降らずに持つと出てたので遠出は無理でも近場なら大丈夫そうだったので久しぶりに都内へ、Cafe Racerごっこに出かけた。

30℃を下回ってそんなに暑くないと思ったけどやっぱり昼間はまだ暑い。また都内を走ってるということで熱が籠もるね。やっぱり都内は冬じゃないときついかも。でもバイクは楽しい!

DSC07025.jpg

あっという間に目的地のDeus Ex Machina Harajukuに到着。ここに来るのは1年8ヶ月ぶり!なんかすごく晴れてきて気持ちいい秋晴れでカフェもドアを大きく開けて天気を満喫してる。

DSC07028.jpg

店内だけじゃなくて外にもたくさんの人が日向ぼっこをしながらコーヒーを飲んでた。やっぱり季節は秋に向かってるんだね。気持ちよさそう。

DSC07030.jpg

店内もお客さんで大人気。

DSC07031.jpg

Deus Ex Machina Harajukuではイベントやパーティーも多く行われてるらしい。文化的に日本よりは西洋よりな感じ、やっぱりオーストラリア発祥なだけあるね。

DSC07037.jpg

コワモテのスタッフさんは見た目と全然違って人当たりよくて優しそうでちょっとびっくり(すみません。汗)。カプチーノとエッグトーストを頼んだ。

DSC07040.jpg

私が入ったときに大きいテーブルに座ってた3人組が出ていったので運よく席を確保。

DSC07043.jpg

カフェに訪れてる客の皆さんはみんな優雅でオシャレでカッコいい。これがHARAJUKUか!

DSC07047.jpg

置いてある雑誌や雑貨もいちいちオシャレ。

DSC07055.jpg

カプチーノが先にきてインスタ映えを意識して真上のアングルからワンショット。素敵。

DSC07056.jpg

この空気感の中にあるとケチャップやマスタードのボトルも映えるね。

DSC07060.jpg

エッグトーストも最高!玉子が2つ乗ってるのが少し贅沢な感じ。ハムも厚めで美味しい。

DSC07072.jpg

店内にはデウスエクスマキナさんカスタムのバイクが置いてあった。カッコいい!

DSC07075.jpg

リビングのようなスペースもあって大人数ならこっちのほうで寛げる。オシャレなのにアットホームな感じが堪らない。

DSC07077.jpg

リテールショップは11時半オープンなので入れなかった。東京限定Tシャツの色合いがかわいい。

DSC07079.jpg

デウスエクスマキナでコーヒーと簡単な食事を楽しんだ後は近くのルイスレザーへ。

DSC07084.jpgDSC07085.jpg

やっぱりルイスレザーのライダースジャケットはカッコいい。気になってるサイクロンを試着してみたけど袖が少し短い。オーダーをすると袖の長さは調整できるらしいけど3ヶ月くらいかかるらしい。

まぁ、ジャケットは結構あるので今回は見送ることにした。でもずっと気になってるのでいつかはオーダーしちゃうかもしれないね。

DSC07081.jpg

もうひとつ気になったのがこのブーツ、No.191 Motorway Boots。サイズがあまりないと聞いたので軽くスタッフさんにサイズを尋ねてみたらありますと!せっかくなのでサイズ9を試着してみたらなんとジャストサイズ!

さってどうする?

RESISTANT ULTIMATE

今回の北海道ツーリングではあまり天気に恵まれなかったけどしっかり対策して行ったのでそれほど苦労はしなかった。ただ、面倒なだけ。戻ってきてからその面倒をどうにか減らすことができないか工夫してる。やっぱり自分が追求するカッコよさと機能性の間での葛藤がある。

もう割り切るしかない。ロングツーリングは機能性中心にギアを再構成する。その第一弾として防水のバッグパックを買うことにした。今まではTANNER GOODSのWilderness RucksackFILSON DUFFLE BAG MEDIUMを使っていたけどちゃんとした防水性能は期待できなかった。しっかりした防水性能と容量、機能性を中心にリサーチを開始。

調べてる最中にPinterestを開いたらTactical bagのジャンルをオススメしてくれるのではないか!ちょうど自分がイメージしてたものに近い感じでその中で自転車関連バッグを中心に開発・販売してるRESISTANTという会社のULTIMATE

DSC02083.jpg

タフな作りで沢山の荷物もガンガン積めて、尚且つ防水である事

商品説明が自分が探してるものと完全一致!値段は少し張るけどその分しっかりした品質を揃ってるように見えたので早速注文して翌日に届いた。それが在庫として最後に残ってたものらしくて今は受注生産でオーダーしてから納期まで60〜80日くらいかかるらしい。

サイズはH50×W30×D15㎝だけどMOOLE SYSTEMが適用されてるので必要に応じてパーツを追加して容量を増やすことは容易そう。

DSC02085.jpgDSC02090.jpg

機能性溢れてるショルダーベルトや分離式の背中のパッドなど利便性が高くてそのギミックには感動すら覚える

DSC02087.jpg

また中にはインナーボードが入っていて鞄の形が崩れるのを防止してくれて荷物も入れやすくしてくれる。久しぶりにいい買い物をした気がする。早く実戦(?)で使ってみたい!

もう来年の北海道に向けての準備が始まってる。

FILSON DUFFLE BAG MEDIUM(70325)

いよいよ来週から四国九州山陰ツーリング!今回のツーリングはキャンプはやらないで基本ホテル泊なので荷物も衣類とアクセサリー類くらいでかなり少ない。普段キャンプやロングツーリングでよく使ってるFILSON DUFFLE BAG LARGE(70223)だと大きすぎて使い勝手が悪くてちょうどいい鞄を探すことにした。

DSC05315

いろいろダッフルバッグを探してみたもののFILSONを超えるものは見つからなくてやっぱりFILSONのDUFFLE BAG MEDIUM(70325)に決めた。基本作りは70223と同じでサイズだけ70325がW51cm×H32cm×D27cmで、70223がW72.5cm×H34cm×D27cmに比べて約20cm短くてかなりコンパクト。

DSC05316DSC05317DSC05318DSC05319DSC05320

このしっかりした作り!Heavy duty、その言葉通りのものでどのシーンでも信頼できる。実は同じサイズでレザーで防水のダッフルバッグも良さそうだったけど日本国内では販売してなかったのでこちらに決めた。後、革のほうが1.5倍くらい重かったしね。

昨日はトライアンフ横浜港北へ行って大澤さんにチェーンのたるみやタイヤの空気圧、バッテリーの充電などしてもらったのでバイクの調子はすこぶるいい!4月25日木曜日出発するのみ!

BDD-006 11month 1st time washing

11ヶ月くらい履き込んだBDD-006デニムを先週初めて洗濯した。実は1年目に洗濯したかったのだが、先日Momotaro 0105SPデニムが届いてしまったのでそっちを育てるのを優先するために惜しいけど11ヶ月目の洗濯を決意した。16ozもあるので真夏は厳しくて実際履いたのは約6ヶ月くらい。でも北海道ツーリング時はずっとこのデニもを履いてた。想い出深い!

DSC02721.jpg

ポケットやボタンフライのところのあたりがいい味を出してきた。またヒゲもくっきり現れてる。思ったよりは色落ちが激しくはないけどそれはよりたくさん履くしかないね。

DSC02722.jpg

膝のほうもいいグラデーションを見せながらマイルドに色が落ちてる。セルビッチデニムの独特な素材感が深く出てきてくれたので満足。右膝の少し明るく見える部分は去年網走の能取湖辺りで写真を撮ろうとしてたらバランスを崩して転んだ跡。たぶん16ozのデニムじゃなかったら穴が空いたかもしれない。

DSC02725.jpg

ヒップもいい感じに色が落ちてる。海外ではよく後ろポケットにわざと何かを入れてその形を残しながら色落ちさせるのが流行ってるけどやっぱり自然な形が一番いいね。

DSC02725-2.jpg

ハチノスもいい形をしてる。

DSC02720.jpg

全体的にはこんな感じでたぶん後1年くらい履き込んだら完成(?)しそう。

ちなみにスウェットは2017年1月にLoopwheelerで買ったもの。これも着れば着るほどビンテージ感が出てきてすごく気に入ってる。

最近はこういう育てる楽しみがある服のほうが好きだね。

Barbour X Engineered Garments

いつもこの時期になるとアウターに困ってしまう。なにか羽織るものがほしかったりするけどなかなか気に入るものが探せなくて適当にカーディガンやパーカーなどで凌いでたりしてた。

いいものないかなと悩んでたらタイムリーに奥様からLINEがきて原宿のBarbourのショップの窓側にディスプレイされてるミリタリー風のジャケットの写真が送られてきた。私に似合いそうだから送ってくれたらしい。

これはどストライク!インターネットで調べてみたら「鈴木大器氏が手がけるニューヨーク発のブランド、Engineered Garments」とのコラボらしいけどもうネットでは売り切れ寸前でもう残ってるサイズがなかった。奥様にもしショップにサイズがあったら買ってきてくれと頼んだらちょうどラスト1枚在庫があったらしくてそれを買ってきてくれた。

DSC02714-Edit

朝二日酔いに苦しみながら前日奥様が買ってきてくれたジャケットを着てみたらジャストサイズで100%イメージ通りで嬉しすぎて二日酔いから解放された!

DSC02718

この後ろのポケットのいいアクセントになってて素敵。

すごく気に入るいいものを手に入れたのでこれから10年くらいは春秋のアウターに困らなさそう!

Momotaro 0105SP

去年買ったBENZAK DENIM DEVELOPERSのデニムがいい感じに育ったので新しい生デニムが欲しかった。アイアンハートのごっつい21ozのデニムを買おうと思ったけどほしいデザインは品切れだったので桃太郎JEANSのデニムを狙ってたら奥様が誕生日プレゼントで買ってくれた!

ヌメ革のベルトと一緒に後ろポケットのペインティングもオーダーしたら一ヶ月くらいで完成して送られてきた。

DSC02176.jpg

配送用のボックスからもうかわいい。これは客が感動するポイント。イラストが桃太郎と金太郎が合体したかのような感じ。

DSC02180.jpg

中にマニュアル(!)と10年保証書が入っていた。ここまでするってすごいね。

DSC02181.jpg

今回のオーダーしたのは左ポケットに家紋、

DSC02182

右側には出陣桃を入れてみた。来年はオリンピックなのでより和風で海外からの観光客の心を掴む狙いを込めて(笑)。

DSC02188.jpg

ヌメ革のベルトは栃木レザーが制作したものだった。両方ともこれからの成長が期待できる!楽しみがまた増えたね。