SEL2470GMのズームリングラバー交換

ちょうど1年前に購入して毎日持ち歩いて近場のツーリングや九州や北海道などロングツーリングにもいつも一緒の大好きなSEL2470GMレンズ。

DSC05779.jpg

ある日レンズを持つ感覚がおかしいと思ってよく見てみたら

DSC05779.jpg

ズームを調整するリングのゴムが伸びてるのではないか!色々やってみたけど伸びてしまったので元には戻れず。ネットで調べてみたらSONYレンズあるあるらしい。なんでZEISSレンズのように金属でやらないのかが疑問だけど部品だけ注文してかんたんに交換できるらしいのでSONY Supportへ連絡してみた。

担当者とチャットでのやり取りができて、最初はサービスセンターへ預けて修理する必要があって期間は2〜3週間かかると言われた。リングのゴムだけを交換するのにそんなんやらないといけないのはあまりにも効率が悪い話だ。

仕事でも毎日使うので困る、部品の交換は自己責任でやると伝えたら担当者の方が色々調べてくれてゴムの部品だけ注文ができるらしいのでこちらのリンクで注文してくださいとリンクを教えてくれて早速部品をオーダーしたらすぐ返事がきた。

お問合せいただきました「SEL2470GMのレンズのズームリング部分のラバー(ゴム)」につきましては、 部品設定がございません。 せっかくお問い合わせをいただきましたのにお役に立てず、誠に申し訳ございません。 お手数ではございますが、本体と一緒に最寄りのソニー製品修理品の 受付店舗に直接お持込みをお願いいたします。

なにこのマニュアル返しは…。経緯を説明して返事をしたらまた違う担当者からマニュアル返しでできないと返事がきた(このメール対応は中国で行ってるらしい)。もう…。

チャットサポート対応時間が過ぎたので次の日の朝にまたチャットサポートのほうに連絡をした。経緯を話したら部品の担当から直接折り返しの電話をすると言われたので電話を待ってたら昼過ぎくらいに電話がかかってきて注文を受け入れてくれた。

DSC06002.jpg

紆余曲折はあったけど無事ズームゴムリングを手に入れることができた。注文部品コード&管理部品コードは456818001、部品の価格が600円で代金引換手数料が600円(!)、税金などを含めると約1,300円かかった。

部品の交換は極めてかんたんで、ゴムなので弾力もあって普通に既存のゴムを剥がして新しいゴムを付けるだけの作業だった。これで2~3週間預けるって…。

とりあえずこれで解決できてよかった。

SEL24F14GM

DSC06263.jpg

いよいよ本命のSony Store 銀座へ。実は先日Sonyから一通のメールが届いて、24mmのf1.4超明るいレンズを10月26日に販売されるけどその前に今日からSony Store 銀座で先行展示を行うという内容だった。すごく気になってしまったので見に行くことにした。(どんどんレンズ沼に…)

DSC06282.jpg

Sony Storeがある4階へエスカレーターで登って行く。それなりのカメラを持ってる方がたくさんいた。

DSC06285.jpg

なにか他にも色々イベントをしてるらしくてSEL24F14GMのところは空いてたので思う存分触ってみることができた。まずサイズと重さは性能に比べるとビックリするくらい軽くて小さい!75.4mm X 92.4mm、445g。後、AFがむちゃくちゃ早い!SEL2470GMもかなり早いけどそれを上回る早さ!よくわからないけどDDSSMというのが新しい開発されて適用されたらしい。それとやっぱりF1.4だけあってファインダー越しでもその明るさがよく分かる。

DSC06287.jpg

こちらがSEL2470GMで撮影したサンプル。慣れてるいつもの感じ。

DSC06295.jpgDSC06297.jpg

こちらがSEL24F14GMの撮影サンプル。やっぱりボケが美しい。明るさはファインダーで見た感じよりはニュートラルで緩やかだね。実際使用する際にはこのくらいがちょうどいいかもね。

すごくいいものを見せてもらった。

First Impression

昨日買ってきたSEL2470GMレンズを早速使ってみた。

第一印象は重い!デカい!今まで使ってたSEL24105Gの83.4mm X 113.3mm、663gに対してSEL2470GMが87.6mm X 136mm、886g!一回り大きくて223gも重い。まぁ慣れるとは思うけどずっしり重いのは否定できないね。後、隅のほうに行くとやっぱり歪みが出てくるね。Adobe Lightroomなどで補正はできるけど完璧にはならない。

その代わりやっぱり明るい。F2.8とF4では結構な差があって小さい写真では少しわかりにくいかもしれないが、拡大するとノイズがかなり減少してる。少し暗い室内での撮影でもある程度は耐えてくれる。後、ボケが美しいというかSEL24105Gに比べて分かりやすくボケてくれるのでより写真の奥行きが出てくる。

使い倒す(できるかな?)のはこれからだけど初印象としてはかなりいいレンズを手に入れた気がする。晴れた日や野外、室内など色んな状況下で試してみたいね。楽しみがまた増えた。

DSC05607-2.jpgDSC05621DSC05623.jpgDSC05633.jpgDSC05737-2.jpgDSC05745DSC05761

SEL2470GM

SEL2470GM.jpg

半年前にバイクとキャンプツーリングの写真をよりカッコよく撮るためにカメラを購入した。色々悩んだ末に決めたのがミラーレスカメラのSony α7RⅢとメインのズームレンズとしてSEL24105G、携帯性の高い単レンズSEL35F28Zだった。

α7RⅢとSEL24105Gは本当に申し分なく、どちらかというと自分の能力が追いついてない感じだったけどSEL35F28Zは小さくて携帯性は高いものの、撮った写真が奥行きがなくてのっぺりした感じであまり気に入らなくて(自分の実力がないのもあるけど)1〜2回くらい使用した後にお蔵入り。

α7RⅢとSEL24105Gとはふもとっぱらでのキャンプツーリング北海道ツーリング、たくさんの素敵なレストランなどで活躍してくれてすごく気に入ってたし、この組み合わせは最高だと思っていた。

ある日、マップカメラから一通のメールが届いてSEL35F28Zを48,000円で買い取りますよと。マップカメラのオンラインで購入した商品に対して定期的に中古買い取りの相場をメールで教えてくれるらしい。あまり使ってないし、売っちゃおうかなと思ったけど少し面倒だったので置いといたらまたメールが来て48,400円ですと。売っちゃおうか!マップカメラ新宿店は会社から近かったので昼休みに行ってみたらポイントだ10%が追加してくれるというので現金ではなくてポイントでもらっちゃった。

SEL24105Gは万能すぎてそれほど不満はなかったが、唯一弱点と思ったのがレンズの暗さ。F4という明るさが野外ではそんなに苦ではなかったけど最近仕事でちょっと薄くらい室内での撮影が多くなって明るいレンズがほしくなっていた。(実は仕事で使うのは結果物よりは参考レベルのものなのでそこまでクオリティが大事ではなかったが…)

最初は明るい単レンズを追加するつもりだったのが、巨大なレンズを2つを持ち歩くのは大変そうだし、ズームレンズの楽さを知った上で単レンズのみ使うのもあまり気が進まなかったのでまたまた色々悩んだ末にSEL24105Gを売ってSEL2470GMにアップグレードすることにした。

SEL2470GMはズーム能力が落ちる代わりにF2.8とかなり明るくてα7RⅢとの組み合わせであれば大体の場合に問題なく撮れると思った。足りないズーム分は足で稼ぐ。

意を決めてマップカメラへ行ってSEL24105Gを売りに出したらなんとほぼ購入時と同じ価格で買い取ってくれた!北海道のときに少し傷がついたところもあったけど発売時からかなりの品薄で中古もあまり出回ってないことから高値に買い取ってくれたらしい。またSonyのキャンペーンで2万円のキャッシュバック!

その2つのレンズを売ったポイントを合わせて結構リーズナブルな価格でSEL2470GMを手に入れることができた。もう手に負えないくらいの最高レベルの装備を手に入れたので今後は誘惑に負けず精進してまいります!