秩父もみじツーリング

今週末は久しぶりの秩父!実は今までの秩父ツーリングで一回目二回目ともに目的地の秩父にはたどり着いてない(汗)。今回は何があっても目的地の秩父まで絶対行く。

この日のメンバーはフロリアンとなっちゃん。なっちゃんは以前会食のときに隣になって話してたらなんと大型二輪免許を持っていて社内のバイクサークルにも所属してるライダーというのが分かったので今回のツーリングに誘ってみた。

実はパイセンもご一緒のはずだったが、朝エンジンがかからなくて無念のリタイア…

DSC02177.jpg

8時半にファミリーマート練馬高野台店で待ち合わせ。朝のこの時間帯に環八を走るのは苦痛だけど秩父に行くためには仕方ない。それでも頑張って8時10分くらいにファミマに着いたらフロリアンがもう着いていた!これが若さか。

今回フロリアンが借りたのはHusqvarna VITPILEN!この近未来的なデザイン、やっぱりカッコいいね。なっちゃんはHONDA CBR400R。大型二輪免許に合格はしたもののまだ免許証を書き換えてなくてこれにしたらしいけど走りを重視してCBRにしたらしい!

DSC02180.jpg

若い美男美女が朝日を浴びてて40超えのおっさんには眩しすぎる!パイセンがいたら少しバランス(?)が合わされたのかもしれないけどここままだと爽やかなオシャレツーリングになりそうな予感(笑)。

DSC02194.jpg

練馬から関越道に乗って三好PA辺りまでは渋滞もなく快適だったけどこの跡渋滞の情報があったのでとりあえず三好PAで一休み。バイクが多すぎて二輪駐車場には停められなくて車用の駐車スペースにお邪魔。最高のツーリング日和だもんな。

三好PAを出た直後から渋滞が始まって圏央道に入る前まで渋滞してたけどやっぱり事故渋滞だった。狭山日高ICから降りて国道299号を走って道の駅果樹公園あしがくぼまで。国道299号も普通に交通量が多くて普通に渋滞してた…

DSC02196.jpg

道の駅果樹公園あしがくぼは山の中にぽつんと現れる感じでホッとする。青い空と所々紅葉が素敵な山、温かみがある民家がすごくいい雰囲気で癒やされる。

DSC02198.jpg

やっぱりここも車やバイクがいっぱいで停めるところがなくて通路の隅に邪魔にならないように停める。

DSC02200.jpg

道の駅では大根や白菜などの野菜とお土産をあまり商売っ気のない素朴な感じで売っていた。

DSC02207.jpg

この地方特産品の芋で作ったまんじゅう。渋滞で疲れたのでこれからの本格的なツーリングに備えて糖分をと。みんなで食べよう。

DSC02210.jpg

なっちゃんもかわいいけどフロリアンが一緒に映ると非日常感が増す!やっぱり世の中は不公平なものなんだと改めて実感する(笑)。

そのまま秩父での最初の目的地、滝沢ダムまで行きたかったけど時間が12時を過ぎていて有名なお店にはすでに行列ができてたので遅くなる前にお昼を食べに行く。

DSC02217.jpg

事前に調べといた「きのこの里鈴加園」へ。ジビエときのこ、石器焼きというパワーワードが並んでたの迷わず昼ごはんはここに決定。

DSC02227.jpg

店内に入ると窓側にずらりと食卓が並んでいて、窓からの光と山々の景色を楽しみながら食事が楽しめるなんとも素敵な空間が広がっていた。ただ、ブーツを脱ぐのが少し面倒だなと思ってたらスタッフのおねえさんが別室はテーブルがあると薦めてくれたので別室へ。

DSC02231.jpgDSC02237.jpg

別室に入ると目の前に凛々しいイケメンな鹿の頭の剥製が見下ろしてる!今から鹿を食べようとしてたのでなんか気まずい(笑)。奥には小上がりがあってまた窓からの光が気持ちいい。

DSC02235.jpg

これがこの店自慢の石器焼き!すでに分厚い石が熱を放してる。夏は少し厳しそうだけど冬や少し寒い日にはその温かみが体に染みるだろう。冬にもう一回行ってみたいね。

DSC02254.jpgDSC02250.jpg

猪と鹿、きのこのセットを頼んだ。迷ってたらスタッフのおねえさんが親切に色々教えてくれてちょうどいい感じに頼むことができた。

DSC02255.jpgDSC02260.jpgDSC02263.jpg

最初の焼き方も教えながら焼いてくれたけどもう見ただけでもヤバい!この石器焼きというのが不思議なもので焼いてるのにも関わらずお肉が固くならず柔らかくてまるで蒸してるかのような食感がたまらない。鹿は前日さばいたもので新鮮なのでレアで食べても全くクセがなくて美味しい。こういうジビエ料理って血抜きが命らしい。しっかり行わないと臭くなるとか。

DSC02282.jpg

他に単品で鹿ときのこのガーリック焼きを頼んだ。これは火がしっかり通ってにんにくの風味が絶妙に合う。あ、これは酒を呼ぶ味だね。う、う。

DSC02287.jpg

〆はきのこご飯。

DSC02301.jpg

ご飯もしっかり食べたので後は秩父の道を楽しむだけ。バイクに跨ってるだけで絵にになるね!

国道140号を走って滝沢ダムまで。この辺りを奥秩父というのかな?川の流れに沿って作られた道で走っててすごく楽しくて気持ちいい。どこか四国の仁淀川沿いを走る国道33号に近い感じがした。

DSC02310.jpgDSC02315.jpgDSC02321.jpg

滝沢ダム下流広場に着いてダムと芸術的な高架道路を背景に記念撮影。広場というので何か休憩所やお店などがあるのかなと思ったけど駐車場以外何もなかった。でもキレイな楓の木があって素敵だった。

次の目的地、天空の楽校へ行こうと県道37号を走る。

どんどん道が険しくなっていってこれもまた四国の国道438号を思い出す。まぁそれに比べたら可愛いものだけどね。

DSC02333.jpg

登っても登っても天空の楽校が現れなくて道を間違ったのではないかと心配になったころに表示が見えてきた。バイク専用駐車場にバイクを停めると眼の前に広がる絶景!昔はここに学校があったというのがまた不思議。子どもたちはどこからどうやってこの学校に通ったのかな。

DSC02350.jpgDSC02346.jpg

山奥でオシャレなワッフル。また結構冷えてきたのではちみつ柚子茶を一緒に頼んだ。

DSC02337.jpg

秩父の山々の絶景と一緒に味わうスイーツには特別な甘さがある。ここまで行くのは結構エネルギーが要るけど行ってみる価値はあると思う。ただ、山奥というのもあって日が落ちるのも早いので少し早めに行ったほうがいいかもね。

計画ではこの後長瀞岩畳へも行ってみたかった時間切れで帰宅を急ぐ。みんなレンタルだったので返却時間に間に合わせるために頑張ったけどアチラコチラで大渋滞。土曜日の午後の上りなのに事故渋滞が多かった。頑張った甲斐があってみんな無事返却できたらしい。

この日は素敵な秋日で最高のメンバーとのツーリングが楽しかった。やっぱりバイクはいいね。

恒例の下田ツーリング、2日目

目が覚めたらまだ外は暗かった。水を飲んでも解消されない乾き、これは二日酔いだな。7時くらいまで起きられなくてゴロゴロ。しかし、下田まで来てこんな感じに時間を潰すのはもったいない。散歩に出かけよう。

DSC01649.jpg

ホテルを出たらバイク屋のように各種バイクがずらりと停まってあった。やっぱりこの季節、下田はツーリングに人気なんだね。

DSC01680.jpg

パイセンと私のバイクは一番贅沢な場所に空間もゆとりを持って駐車。これは早い者勝ち。

約1時間くらい下田の街をぶらりと歩いてきた。来る度に下田がますます魅力的に感じる。いつかは住んでみたい街でもある。

ホテルに戻って9時にはチェックアウト。

DSC01681.jpg

まずみんなでおにぎり屋「みち草」に向かった。

DSC01682

ここのおにぎりが美味しい。何にするか悩むね。そういうときは盛り合わせ的なおにぎり弁当だな。

DSC01686.jpg

最後まで悩む山本(仮)。

DSC01688.jpg

この日は天気が良すぎた。

DSC01693.jpg

いつもの「ひもの万宝」。去年までは「万宝商店」という看板が全部揃ってたのに今年は「店」の字がなくなってる!台風のせいなのかな?

DSC01703.jpg

いつもはおやじさんが焼いてくれるけど最近腱鞘炎でできなくなったらしく代わりにお兄さんが奥のほうで焼いてくれた。おやじさんのお喋りと一緒に目の前でやいてくれる姿を見ることができないのはすごく残念。

DSC01705.jpg

おにぎりとお茶をセッティングして魚が焼かれるのを待つ。この時間が一番楽しい。

DSC01711.jpgDSC01714.jpgDSC01730.jpgDSC01732.jpgDSC01738.jpg

この日頼んだのは太刀魚と金華サバ、カマス、メヒカリの4種。焼きたての魚はどれもホッカホカで脂が乗って美味しい。お兄さんが焼いてくれる魚もいつもの万宝の味で少し安心した。

また来年も行きます!

DSC01746.jpg

次の目的地はDHC赤沢温泉。ここももう定番化してるね。赤沢温泉から見える伊豆の海岸の風景が綺麗。やっぱりこの日の光は特別な綺麗さがあった。

DSC01751.jpgDSC01755.jpg

相模湾の海と伊豆の海岸線を目で楽しみながらインフィニティ露天風呂に浸かるのはかなり贅沢な経験。

十分温泉を楽しんだ後、山本(仮)夫婦と別れてバイク組は先に東京に向かう。道はかなり渋滞してたけどなんとか回避して順調に進んだ。

DSC01759.jpg

が、真鶴町の海にかかってる高架道路で渋滞にハマってしまった。道幅も狭いのですり抜けもできない。ただ、空も海も綺麗で風も気持ちいい。バイクの上から眺める相模湾は最高に綺麗だった。長くなる影から冬が近いのがわかる。

DSC01764.jpg

真鶴町を抜けるとその後は順調に進んで一気に海老名SAまで。土曜日の朝もそうだったけど日曜日の午後もツーリングから帰るバイクですごく混んでいた。

DSC01766.jpg

パイセンはこの後、海老名SAでKAWASAKI系のバイククラブのミーティングがあるそうだったので日もくれそうだしここで別れて家への道を急いだ。しかし、パイセン元気だね!

一泊二日の下田ツーリング、今年も変わらず楽しくて会いたかった方々も会えて嬉しかったし元気もいっぱいもらった。

恒例の下田ツーリング、1日目

いつからかこの時期になると自然と1泊2日の下田ツーリングが決まる。一昨年は3人、去年は4人、今年は5人とメンバーを入れ替えながら1年ことに一人ずつ増えてるね。今年の参加者はパイセンと山本(仮)夫婦、ニューカマーのKamachiさん。

バイクで行くのはパイセンと私、山本(仮)夫婦は車、Kamachiさんは特急「スーパービュー踊り子」号で。もはや下田での飲み会に参加するような感じだね。

とりあえずパイセンとは海老名SA下りで朝9時の待ち合わせ。8時くらいに家を出るつもりだったのに朝6時に目が覚めてしまった。もう少し寝ようとしてもなかなか眠れずそのまま起きて支度をして出発。のんびりゆっくり行くつもりだったが、バイクに跨るとテンションが上がってしまって思うようにならず、結局気持ちよく走ってしまう。

海老名SAに着いたのは8時。約束よりも1時間も早い。天気は曇りで気温も10℃を少し超えるくらいなのでバイクで走ると少し寒い。が、海老名SAはバイクでごった返し。まぁ1年中数少ない気持ちよくバイクに乗れる季節だもんな。

奥のほうまで行ってみてもガソリンスタンドまでバイクがぎっしり停まっていた。仕方ないので照明灯の周りのデッドスペースに無理やりバイクを停める。

時間もたっぷりあるし、とりあえず朝飯だ。海老名SA下りの工事はまだ続いていてご飯を食べれる選択地があまり多くない。いつものこめらく贅沢で鮭といくらの親子茶漬けを頼む。鮭もいくらも新鮮でわさびがいいアクセントになって美味しいけど少し量が多いんだよね。

ご飯の後は時間を持て余してSA内をぶらぶら。海老名SAの屋台スポットはいつも賑やかで祭りな感じが好き。

一人で遊んでたらようやくパイセンが到着して一緒に下田に向かってレッツゴー!

ターンパイクと伊豆スカイラインをつなぐ県道20号が通行止めなので国道135号へ。海岸沿いは所々渋滞してたけどバイクの特性を生かして難なく進む。しかし、Goproで動画も撮ったけど交通量が多くて天気も曇りだったせいであまり気持ちいい動画が撮れてないので割愛。

お昼はリサーチ済みの伊豆高原駅の近くにある「本家鮪屋」。人気店なのは知ってたので開店時間の11時半までに行こうと思ったが、着いたのは11時40分。すでに人集りができたので急いでバイクを停めて店内に行ったらギリセーフで待たずに案内された。私たち以降は並んだのですごくラッキー!

私が頼んだのは「鮪炙づくし丼定食」。中トロいくら丼にしようか迷ったけど折角の「鮪屋」なのでマグロ尽くしに決定!鮪屋というだけあってさすがのお味。脂が半端なくて口に入れると溶けてしまうレベル。

パイセンは定番の「鮪屋定食」。マグロをしゃぶしゃぶして食べるのが印象深い。刺し身も美味しそう。わんぱくなパイセンは大盛りにおかわりまで!ワイルドすぎる(笑)。

ちなみに「金目鯛あら煮」が安かったので一緒に頼んだ。さすが伊豆の食事処、抜かりないね。

もし本家鮪屋へ行かれる方がいたら開店時間の11時半に合わせて行ったほうがいい。あっという間に行列ができてしまってお店を出るころには店の外まで行列ができてた。

バイクもお腹が空いたらしいのでガソリンを入れてから出発。パイセンのKAWASAKI KZ650は40才近いバイク(超えてる?)なのでガソリンをよく食うわんぱくバイクなんだ。パイセンと同じく。

パイセンはスマホのナビを付けない派なので他のところでは私のほうが先頭するけどこの伊豆辺りだと敵なしお庭のようなものなのでいつも先陣を切ってくれる。後ろから付いていって映画「イージーライダー」を思い出す。汚いおっさん二人がバイクに跨りグネグネ海岸沿いを走っていくのも楽しいもんだ。

次の目的地は千人風呂で有名な金谷旅館。このレトロな佇まいがたまらない。

中の設備も古いものと新しいものが共存していて味わい深い。特に窓の木枠が好き。ガラスも年代物が混じっていてそのさり気なさがいいね。

お風呂は千人風呂というだけあって大きくて広々してるけど千人は無理だな。せいぜい百人くらいかな。でも快適でいい風呂だし、いいお湯。長時間のライディングの疲れも取れてすっきりした。これからの飲み会に備えての体力作りはバッチリ!

この旅館の休憩所もまた味があっていい。何気なく花瓶が置かれていてよく道端で見る野花が刺さってあるけどそれがまたいい。木枠の窓から入ってくる光もどこか柔らかくて癒やされる。昼寝でもしてから行きたいところだが、折角の下田、早く飲みたい(笑)。

ホテルの前にいつものQUALITY & TASTY FOODSのスーパーAOKIに寄って買い物。まといの予約は7時半でまだ3時過ぎなので4時間を凌げるくらいのお酒とつまみを買うつもりだったが…

ちょっと買いすぎちゃったらしい。いつも静岡に行くと単純なのでだいたい静岡麦酒を頼むけど初めてちゃんと表記を読んでみたらなんと東京で製造されたものだった!今年一番のショック。地元の酒蔵、富士高砂酒造の日本酒を買ってきたけどこれも山口産山田錦100%のやつ(汗)。まぁ、美味しいからいいか。

パイセンと部屋で飲んで少し休んでたらこの日の勇者たちが全員集まって夜の下田の街を歩いてまといへ。去年も同じようなことを言っていたようだが、初めて参加するKamachiさんに浅い街案内をする。ここが下田のメインストリートね。

またまといのおやじさんに会えて嬉しい。変わらず元気そうで何より!この日は5人ということで個室へ案内された。おやじさんとも話ながら飲みたかったのに残念。

料理もお酒も美味しくて話も弾む下田の夜。やっぱり楽しい。

〆のラーメンは残念なことにいつものさきちさんが店を畳んでしまったのでパイセンが新しく開拓した「下田中華南京亭」へ。下田で夜遅くまでやってるラーメン屋はこの店しかないらしい。パイセンは以前行ったときに「自分より柄の悪いやつがいっぱいいた!」というがよくも人のことが言えるね。

紹興酒に土用干し(?)の梅干しを入れる独特な飲み方。この飲み方も気になるけどあのかわいい狸の徳利も気になるね。梅干し、すっぱいものが苦手なので一杯で十分(汗)。

ホルモン焼きにレバニラ炒め、ラーメンに炒飯まで!ダイエットのことは忘れて体が欲しがるまま炭水化物を食ってしまった。実は後半は何を食べて何を飲んだのか…ホテルにどうやって帰ったのかも覚えてないまま下田の夜が終わってしまった。

みんなで楽しく飲んで美味しく食べたのも残ってるのは満足感だけ!やっぱり下田の夜は楽しいね。

Bikers Paradise

目覚ましもセッティングしてないのに目が覚めたのは朝5時半。ツーリングに行くのまだ早いと思ったのでもう少し寝ようとしたけどなかなか寝られない。仕方ないので6時くらいにベッドから出てシャワーを浴びてから支度をする。どのくらい服を着るか悩んだけどもう11月だし少し厚着にした。

朝の気温は約15℃くらいだったけどバイクに跨り走り出すと風が冷たい。上は全然大丈夫だったけど下はデニムが風をそのまま通して結構冷えるね。ヒートテックでも履いたほうがよかったかも。

三連休の初日ということもあって東名は川崎ICから海老名JCTまで渋滞。こういうときはバイクのメリットを活かしてあまり苦なく海老名SAまで一気に進んだ。

DSC01079.jpg

三連休に秋、いい天気だったのもあって高速道路だけじゃなくて海老名SAも車やバイク、人でいっぱい。バイクも二輪駐車場が満車で停められなくて車の駐車スペースや少し空いてるスペースにバイクを停めてる人も多かった。

DSC01078.jpg

やっと奥の二輪駐車場の空きを見つけてバイクを停めた。

海老名SAはまだ工事が終わってなかった。結構かかるなと思って調べてみたら工事は来年の2月まで。

DSC01089.jpg

工事が終わるまではそば処信濃(またはらーめん ゑびな軒)に頼るしかない。この日の朝ごはんは湘南しらす丼で決まり。SAのフードコートだと侮っちゃいけない。しらすも新鮮だし味付けもいい感じで梅肉がいいアクセントになってる。海鮮丼のような派手さはないけどやっぱり美味しい。

朝ごはんも食べたし、目的地の伊豆方面に向かう。その前にターンパイクを走りたかったのにナビが箱根新道のほうを案内してくれる。おかしいなと思いながらとっさの判断ができなくてままと騙されてしまった。箱根新道の途中で大観山スカイラウンジのほうに抜ける道を教えてくれる。箱根新道はやっぱりたくさんの車で渋滞してた。

DSC01101.jpg

ターンパイクは帰りに走ろうと思ってとりあえず大観山スカイラウンジでいっぷく。山の上から見える芦ノ湖はキレイで遊覧船も浮いていて優雅に見えるけど台風の被害。

DSC01103.jpg

山のほうだとやっぱり冷えるのでなにか温かい飲み物がないか自販機を見たらこのBISTRO BOSSを発見!初めて見たので新製品かと思ったら去年発売されたらしい。温かい飲み物はだいたい缶コーヒーくらいしかない場合が多くてコーヒー飲みすぎると夜眠れない体質としては結構辛かったけどこれならちょうどいい。他の自販機にもたくさん置いといて欲しい。

伊豆スカイラインに向かう前に8月に新しくできた「バイカーズパラダイス」に寄ってみた。

DSC01105.jpgDSC01106.jpgDSC01108.jpgDSC01113.jpgDSC01120.jpgDSC01117.jpgDSC01114.jpgDSC01115.jpgDSC01116.jpg

びっくり!力の入れ方が半端ない。室内には薪ストーブが3つくらい設置されてずっと薪を燃やしていてちょうどいい感じに暖かい。すごく快適でいいところだったけどこれで打算が合うのかちょっと心配。

一通り回って帰ろうとしたらトライアンフ2台が駐車場に入ってくる。見覚えがあるなと思ったらげるさんとらうさんだった。こんな偶然もあるのかと思ったけど台風の被害で関東圏でツーリングに行けるところが少なくなってるからね。挨拶を済ませて次の目的地へ…

DSC01123.jpg

行きたいところだが、伊豆スカイラインへ行く県道20号が台風被害で通行止め…。湯河原のほうに降りて国道135号で回れて行けるらしいけどなんか気持ちがもうあまり乗らない。

ターンパイクでポルシェと一緒に一走りしてから帰路へ。

DSC01126.jpg

実はこの日のお昼は「本家鮪屋」でマグロ丼を食べるつもりだったのでそれっぽいものが食べたくて海老名SA上りにあるがってん寿司へ。

DSC01132.jpg

しかし、お店がマグロ丼より海鮮丼押しだったのでそのまま押されて特選海鮮丼を頼んでしまった。このボリュームに1300円!コスパよくネタも新鮮で美味しかった。ただ、注文終わって空いてる席を探すときに見てみたらなんど皆さんアジフライ率がすごく高かった。またそれが美味しそうだったので今度はアジフライを頼んでみよう。

今回のツーリングは不完全燃焼で終わってしまったけど次回はしっかり調べてから行こう。

久しぶりの千葉

土曜日は雨だったけど日曜日の朝は雨が止んだのでバイクに跨り久しぶりに千葉へ向かった。千葉に行くのは約半年ぶり。台風15号の被害状況が心配だったが、道志みちや奥多摩などは台風19号で甚大な被害で通行止めの箇所が多くてあまり選択地がない。

DSC00001.jpg

川崎市内もアクアラインも日曜日の朝ということで結構空いてて快適に流れてあっという間に海ほたるに到着。前回訪れたときはリニュアル工事の真っ最中だったのが全部終わってすごくキレイになっていた。

海ほたるはたくさんの人で賑わっていたが、それよりバイクの台数にびっくり!みんな似たような理由で千葉へ向かってるのかも。

DSC00011.jpg

5階のフードコートもすごいキレイになって特にこのフードコート横の回廊が素敵。窓から注ぐ光が気持ちいい。

DSC00018.jpg

久しぶりにらーめん波市の「あさりとあおさの塩ラーメン」が食べようとしたけど着いた時間が中途半端で営業開始前だったので仕方なくすでに営業開始してるASARI CAFEで「あさりまん」を頼んだ。豚まんも売ってたけど折角なのでこちらを頼んだけど他のところであまり売ってないのには理由がある…。

DSC00030.jpgDSC00035.jpg

次の目的地へ向かうはずだったが、なんかナビの設定がおかしかったのか全然違うところに案内されてしまった。ナビの目的地を再設定してUターンしたら目の前にススキが広がっていた。ススキから秋が深くなったのを感じる。

DSC00038.jpg

次の目的地は「さすけ食堂」。金谷の黄金鯵のアジフライは「はまべ」さんしか知らなかったけどツーリングでこの辺をよく通っていてこの店にいつも人が並んでるのが気になって調べてみたらかなりの有名で評判のお店だった。実は何回か行こうとしたことがあるけど受付を終了していて食べることができなかった。

DSC00046.jpg

営業開始は朝の10時だけどこの日は30分早い9時半から開始したらしい。10時40分くらいに着いたら先客が11組、その前に案内されたのが30組!思ったより回転が早そうなのでゆっくり待つ。座って待ってるように椅子もたくさん用意されてるので待つのもそれほど苦ではない。

待機システムはまず紙に名前を書いてからメニューを選んで名前が呼ばれたらメニュー名を伝える。その後に本呼びがあったら店内へ入。

DSC00047.jpg

椅子だけではなく雨と風を防いでくれる囲い(?)待機室(?)があって快適。暑いときはあのオレンジ色のファンを回してくれそうだけど真夏だとあまり意味はないかもね。

DSC00041.jpg

30分くらい待って店内へ案内された。座る席も指定されているので案内された席に座って料理が運ばれるまで約10分。カウンターが10席ほどで小上がりがあってそこも10人くらい座れるのかな?厨房にはかなりの年配のおばあちゃんたちが働いていて実家にでも帰ったかのようで落ち着く。またそのおばあちゃんが味見しながら味噌汁をその都度作っていてもう絶対美味しい!

DSC00051.jpgDSC00054.jpgDSC00056.jpgDSC00049.jpg

着席から10分くらいで料理が運ばれてくる。この日頼んだのは欲張りのさすけ定食!アジフライが食べたいけど刺し身も諦められない。種類が多くてバラバラ出てくるのかなと思ったら手際よく同じタイミングで運ばれてきた。

DSC00060

先ず、アジフライ。ソースは少なめというか気持ち程度で鯵本来の味を楽しむ。ちょうどいい大きさで肉厚。一口噛むと鯵の脂が滲んでくる。ご飯が進むね。

DSC00058.jpg

アジフライを一口食べたらまた刺し身を一口。脂もしっかり乗っていて新鮮で旨い!あ、この刺し身と一緒にお酒を一杯飲んだら最高なのにね。

あ、美味しかった。

DSC00063.jpg

ご飯の後は以前から気になってる「音楽と珈琲の店 岬」へ。国道127号の脇にお店があって少し崖のほうに登ってい感じ。

以前飛行機で偶然見た「ふしぎな岬の物語」の舞台になったカフェで映画のセットだと思ったら実際するカフェというのを知って以前から行ってみたかったのに何故か今まで行けてない。

この日は天気がよかったのもあってテラス席は満席だったので店内へ。

DSC00067.jpgDSC00070.jpg

お店は素敵なおばあさま二人で切り盛りしていて店内は有名人の写真がたくさん飾ってあった。ふしぎな岬の物語以外の映画やドラマなどの撮影にも使われたらしい。たしかにこのロケーションは映えそう。

DSC00079.jpg

店内の窓側のカウンターでカプチーノをいただく。窓から注いでくる光が気持ちいい。少し風が冷たかったのでホットを頼んだが、ちょっと暑い。もう秋だと思ってもまだ夏の影が残ってるね。今年の夏はしつこい。

DSC00084.jpg

カフェの営業時間は日没まで。このゆるい感じも悪くないね。

DSC00088.jpg

ここから見る夕日がすごくキレイらしいので次回は日が暮れる前に行ってみよう。

DSC00091.jpg

この日の締めはいつものもみじロード。気持ちよく一往復していつもの休憩ポイントに行ってお茶でも飲もうとしたけど自動販売機と休憩所がなくなってる!台風の影響なのかな?

DSC00092.jpg

お茶は飲めなかったけど天気に恵まれてよかった。

道志みちから奥多摩へ

いつもなら土曜日がツーリングの日なんだが、今週は家族行事で日曜日にバイクに跨る。前日12Km以上歩いたおかげなのか夜中一回も起きずに朝6時半までぐっすり眠れてスッキリ。支度を終えて7時くらいに家を出たら思ったより道が空いてて快適だった。日曜日だからか?曇ってるからか?

走ってたら雨がポツポツと降ってきた。でもそれほど強くはなく普通に歩いたら傘も要らないレベル。東名川崎から高速に乗ってスピードを出したら雨も強く当たってくる。西の方は比較的に空が明るかったので雨はそれほど強くならなそう。

DSC08741.jpg

東名も空いていて順調に進んで一気に海老名SAまで。いつもの所に停めようとしたら屋根下はバイクがいっぱいで停められず反対側の二輪駐車場へ。そこもいっぱいだったが、しばらく待ってたら空きができてやっとバイクを停められた。

DSC08753.jpg

今日の朝ごはんは「こめらく」。海老名SA下りの工事はまだ終わってなくて「こめらく」も仮設のお店で営業を続けていた。頼んだのは、しらすと桜えびのかつおだし茶漬け。この辺に来ると東海の恵みを楽しみたい。やっぱり美味しい。

DSC08760.jpg

ご飯も食べたし出発しようか。相変わらず空模様が怪しい。

DSC08763.jpg

東名から圏央道に入って相模原ICから降りて宮ヶ瀬鳥居原駐車場まで。

実は伊豆辺りを走りたかったけど午後新宿での予定が入ってきたので予定を変更して道志みちから奥多摩へ行って中央道で新宿までのコースに変更した。このコースは慣れていてナビにもコースが登録されてるのでそれを呼び出して走ったら鳥居原駐車場まで行ってしまった。

せっかくなので宮ヶ瀬湖を写真に残す。雲と霧が不穏に見える。

県道64号から国道413号、道志みちへ。気温は20℃を下回って雨まで降ってるのでより下に感じる。やっとエンジンの熱が気にならない季節がやってきた。

この天気なので山梨方向に走ってるバイクはあまりなくて東京方向に走ってるバイクは多かった。みんな荷物をいっぱい積んでいてキャンプからの帰りのよう。道は空いていても路面の状況があまりよくないのでゆっくり走ってるけど道の鉄のつなぎ面に斜めに過ぎてしまってグリップを失って2回くらいヒヤッとする場雨があった。危ない!気をつけないと。

DSC08764.jpg

道志村役場を過ぎていつもの休憩ポイントで一服。

DSC08766.jpg

道志川から癒やしをいただく。道志川には他の川にはない特別な力があるようにみえる。

DSC08774.jpg

少し寒くてコーラを飲むかどうか迷ったけどコーラはここに来たときだけのご褒美なので少し無理して飲んだけど飲みきれず。もうすぐホットコーヒーが恋しくなる季節がきそう。空きがどんどん短くなってるような気がする。

DSC08779.jpg

道の駅どうしの手前で県道24号に入って山のほうに向かっていくとどんどん霧が濃くなる。霧の中にあのワインディング・ロードを走るのはちょっときついね。慣れてる道じゃなかったらもっとしんどかったかも。

都留に近づくと少し晴れてきて雲の間に青空が見えてきて嬉しくなる。バイクを停めて空の写真を撮りたくなるくらい嬉しい。

国道139号に入ったら偶然に松本からいらっしゃったKAWASAKI御一行の後ろについてしまった。KAWASAKI御一行は全部で10台くらいで私がその後ろについてまた私の後ろに2台がついて全部で13台のマスツーになってそのまま奥多摩まで。

DSC08783.jpg

奥多摩はまだ秋が訪れてなくて紅葉まではもう少し時間がかかりそう。一ヶ月後にまた行ってみよう。

DSC08791.jpg

お昼は昨日調べといた「Beer Cafe VERTERE」。奥多摩駅のすぐ近くにあるけど駐車場ところか人が二人通るのもやっとの路地裏なのでバイクは奥多摩街役場の前に停めといた。役場の方が停めてもいいよと言ってくださったのでお言葉に甘えて。

DSC08807.jpg

自家製ビールの専門店でたくさんの種類の美味しそうなビールがあったのだが、バイクなので我慢。まず席を決めてカウンターで注文をするPUBのような感じ。

DSC08817.jpg

古民家の風情をそのまま残して必要最低だけ直していて居心地がいい。京都の和モダンなリニュアルとも一味違うね。少し手抜きな感じがむしろ心に余裕を持たしてくれてるのかも。

DSC08822.jpg

頼んだのはスパイシーホットドッグとホットコーヒー。

DSC08829.jpg

実はキューバンピカディージョというカレーのようなものが食べたかったけどメニューになかったのでスパイシーホットドッグを頼んだけどこれが大正解だった!久しぶりにこのクオリティーのホットドッグを食べたような気がする。もしかすると今まで食べたホットドッグの中で一番美味しいのかもしれない。

DSC08835.jpg

非常に満足度の高いお店で今度はビールを飲みに行ってみたいけど家から奥多摩まで電車で移動するのは色々ハードルが高いね。いつかは!

その後は中央道を走って新宿まで。

雨や霧、曇の中のツーリングだったけど走ってると気持ちよくなっちゃうんだよね。頭の中がスッキリしてまた一週間頑張れる気がする。

箱根、御殿場、道志みちツーリング

珍しくスラトン2号さんからのLINEでツーリングのお誘いをいただいたので即参加すると返事したら、スラトン1号さんが神奈川と静岡、山梨をぐるっと廻る壮大なコースにその日の夜は別のスケジュールがあった私の都合まで配慮してくれてタイムスケジュールまでバッチリの計画を立ててくれた。参加メンバーはスラトン夫婦とげるさん、私の4人。

この日は朝7時に平塚PAでの集合だったので5時に起きて支度しようと思ったけど何故か3時くらいに目が覚めてしまった。遠足症候群か…一回起きてしまったらなかなか眠れずnovotelさんの最新の北海道ツーリング記事を楽しんだり…4時にまた少し眠りについて5時に起床。

シャワーを浴びてすぐ支度して新しいブーツを履き込む。履くのに結構時間がかかるけど足にフィットする感じがいいね。バイクに跨ってとりあえず平塚PAへ向かって出発。やっぱり朝早いと道が空いていて市内での走りも気持ちいい。東名も空いていてあっという間に平塚PAに付いてしまった。

DSC08064.jpg

結構早く着いたしまったと思ったらげるさんが先に着いていた。げるさんのT120、締まっていてレザーのブラウンがいいアクセントになっている。カッコいい!げるさんとは初対面だったけど見てすぐわかった。挨拶を済ませて一緒に朝ごはん食べようとしたらスラトン夫婦も到着!みんな早い!

DSC08070.jpg

今回のツーリングの4台が集合。スラトン2号さんのスクランブラー1200XC、私のスラクストン1200、げるさんのT120、スラトン1号さんのスラクストン1200。みんなそれぞれ個性があってカッコいい。

DSC08076.jpg

最初の目的地は箱根芦ノ湖遊覧船乗り場。ここに来たのは遊覧船を乗るためではなくてここの駐車場が無料なのと芦ノ湖に浮ぶ箱根神社の鳥居を撮るため。写真好きな私のためにスラトン1号さんが気を使ってくれた。ありがたい!ただ、写真の実力があまりなくて…あまりいい写真が撮れず。

DSC08081.jpg

気を取り直して鳥居の真正面から!まだ全然早い時間なのに海外からの観光客がもう集まり始めてた!

DSC08082.jpg

逆光だったので後ろ姿で雰囲気を中心に。この写真を撮ってたらもう後ろに行列ができてたので撮影は早めに切り上げる。

DSC08087.jpg

箱根神社での参拝も済ませてさっさと次の目的地へ出発。

DSC08097.jpg

仙石原のすすきの原はまだ早いかと思ったけど結構秋の感じになっていたのでちょっとだけバイクを止めて入り口でちょこっと秋を楽しんだ。これからもっと混んでくるんだろうな。

DSC08105.jpg

次の目的地は乙女森林公園第1キャンプ場駐車場。富士山を背景に写真が取れる名所でバッチリいい写真が撮れた!実は走っていくときは奇跡的に富士山が雲一点かかってない完璧な姿を見せてくれてたが、私が目的地を第2キャンプ場の駐車場に間違って設定して少し道に迷ったせいで頂上が少し雲に隠れてしまった。惜しい!

DSC08154.jpg

いよいよこの日のメインの目的地、「御食事処 魚啓」。着いたのが10時半でオープンは11時なので少し早すぎたのかと思ったけどすでに先客がいた。オープンするとあっという間に満席になったので週末は少し早めに行ったほうがよさそう。

DSC08131.jpg

この店には普通のメニュー以外に大食いチャレンジのデカ盛りかき揚げがあったけど実際それを頼んだ方がいたので思わずワンカット!思ったより大きくて見てるだけで胸焼けしそう…

DSC08141.jpgDSC08148.jpgDSC08150.jpg

結局4人が頼んだのはこの店の看板メニュー、極上海鮮丼!これも思ったより大きくて、マグロの赤身、中トロ、イカ、海老、アジ、赤貝、とびっこ、生しらす、うに、ガリなど盛りたくさん。沼津の魚市場から仕入れてる海鮮はどれも新鮮で美味しい。

ご飯の後はとらや工房に行く予定だったけど午後の御殿場市内はアウトレットに行く車&帰る車で大変そうだったので諦めて道志みちへ。

スラトン夫婦は道志みちが初めてだったのでできるだけ楽しんでもらいたくて心懸けたけどどうだったのかな?また行きたいと思われるといいけどね。

DSC08157.jpg

道の駅どうしで一休み。午後になって結構曇ってきたけど道志みちは構いなしでライダーでごった返し!なんか祭りでもやってるような賑わい。少し蒸し暑かったのでみんなでソフトクリームを楽しむ。普段はあまりソフトクリームなど食べないのにツーリングの時だけは異様に食べたくなる。不思議。

DSC08168.jpg

恒例の道志川の水温チェックをみんなでやりながら道志川のマイナスイオンを浴びる。いつ来ても道志川は気持ちいいな。大好き。

DSC08173.jpg

どなたかのロック・バランシング作品を発見!すごい!ほんとにこんなことが可能なんだね。この目で見ても信じられない。次回道志みち行ったらまだあるのか見てみよう。

道の駅どうしからセブンイレブン相模原津久井青野原店までみんなで一緒に走ったけどこれはもう何十台のバイクのマスツーリングになってしまった。一体感もあって楽しさもあるけどもう少し台数少なくてもいいかな(汗)。セブンイレブンでいっぷくしてから解散。

スラントン1号さん、2号さん、げるさん、楽しい時間をありがとうございました。また走りに行きましょう!