ターンパイクと伊豆スカイライン

朝の5時くらいだったのかな?雨音で目が覚めた。またか…。前日の天気予報では晴れと言ったのにね。スマートフォンを手にとって最新の天気予報を確認すると朝6時くらいまでは雨だけどそれ以降は晴れるらしい。

どうしようか?元の計画は朝一に家を出てターンパイクと伊豆スカイラインを走るつもりだったけど朝の雨で路面が濡れているので色々悩んじゃう。乾くのを待って千葉でも行ってこようかな?うむ。でもやっぱり伊豆に行きたい。しばらく行ってないしね。

DSC09231.jpg

支度をして外に出てみるとしっかり濡れてるけどこのくらいだったらすぐ乾きそう。バイクが汚れるのは仕方ないけど走った後にキレイに拭いてあげよう。

家にガレージがなくて庭に停めてカバーを掛けてるだけなので長い梅雨で雨漏りしてるんじゃないか心配してたけどバイクカバーにちゃんと守られていた。バッテリーも問題なし。

色々迷いがあって家を出たのは7時過ぎ。土曜日だし川崎市内が渋滞してるのではないか心配したけど思ったよりは混んでなかった。川崎ICから東名に乗って西に向かう。いつものように横浜町田ICから大和トンネルまで渋滞してたけどそれ以外はスムーズ。

走ってるうちにどんどん晴れてきて路面も速いスピードで乾いてくる。楽しくなってきた!

DSC09233

いつものように海老名SAで休憩。朝ごはん食べないとね。こめらくさんの営業中止期間も終わってるはず!

中に入ったらこめらくさんだけじゃなくて海老名SAのリニューアル工事が終わって他のお店も営業を再開していた。これは嬉しい。

DSC09244.jpg

でもやっぱり気分はこめらくさんのお茶漬け!いつもの北海道ごはんもいいけどリニューアル記念にちょっと贅沢な「しらすたっぷり海鮮ぶっかけごはん」を頼んでみた。前はテイクアウトが基本で紙の器だったのに今はフードコート内にあるので店内前提で木の器に入れてくれる!これで1.5倍くらい美味しそうに見える。

鮭やマグロなどのぶつ切り海鮮はそのまま海鮮丼のように食べていくらとしらすは米と一緒に茶碗に移してお茶漬けで食べる。二度美味しい!

腹ごしらえもしたし小田原厚木道路を走ってターンパイクに向かう。小田原厚木道路はいつも覆面に誰か捕まってるので特に気をつけないとね。

DSC09263

ターンパイクはたくさんの車、バイクで賑わっていた。まだ雲はあるけど青い空が気持ちいい。

DSC09260.jpg

料金所が少し渋滞してたので間を開けるために待ってたのに次から次へと車とバイクが来るのでそのまま待っていても間が開かなそうだったので諦めて列に並んだ。

車やバイクが多かったけどみんな長雨で色々溜まってたらしくあっという間にいなくなっちゃった。

自分のペースでターンパイクのワインディングを楽しむ。気持ちいい!

DSC09272

大観山展望台のほうは例の霧で真っ白。だけど明るくてそれほど酷くない。霧ももうすぐなくなるだろう。これもこれで美しいけど富士山が見れないのが少し残念。

DSC09274.jpg

霧を背景にワンショット。実はこの右後ろに富士山を写したかった。

DSC09279

伊豆スカイラインに入って少し走っていくと霧もなくなり雲はあるものの完璧な夏空が現れる。

久しぶりの伊豆スカイラインはすごく気持ちよくていつまでも走りたい。海老名SAではたくさんのバイクで混んでたのになぜか伊豆スカイラインは空いていた。ラッキー。

DSC09281.jpg

気持ちよく走っていたらいつの間にか終点の天城高原IC。

DSC09284

ちょうど昼時だったので国道135号を走って徳造丸 魚庵さんへ。

DSC09301.jpg

頼んだのは2020海のうんめぇもん祭りの期間限定メニュー「あわびと姿煮の豊漁お祭り膳」!この豪華な感じと期間限定ということで頼んじゃった。ボリュームたっぷりで一人で食べるにはちょっと多いかな。満腹感が半端ない。

DSC09331

ご飯を食べ終わってお店の前で相模湾を眺めながら缶コーヒーを一杯。

やっぱりバイクはいいね。

EarPeace Earplug

DSC08822.jpg

最近いろんなところからバイクに乗るときに耳を守るために耳栓をしたほうがいいのと耳栓をすると長距離のツーリングの疲れが全く違うという話をよく聞いて(たぶん前からもこのような情報はたくさんあったけど最近自分が気にしてるだけかもね)、試しにAMAZONからEarPeaceというブランドのモータースポーツ用の耳栓を買ってみた。

しばらくバイクに乗る機会がなく日曜日にやっと乗れたので早速試してみた。午後は熱くなりそうだったのでジェットヘルメットのJ・Oをかぶっていった。高速を走ってると耳栓をしても風切音やエンジン音は全然入ってくるし、それほど耳栓の効果が実感できなくて「まぁ、そんなもんか」と使うのを止めてバイクに乗ってみたらありえないくらいの轟音が聞こえてくるのではないか!ひえー、今まで慣れてしまったせいでそれほど意識できなかったけど今までどれほど自分が耳を酷使したのか改めて実感した。それ以降は耳栓をしてからライティングを楽しんだ。

するのとしないのを比較すると風切音がかなり軽減されて比較的によりエンジンの音が聞こえてきて逆にライティングの鼓動感は高まったような気がする。疲れに関しては正直まだそれほど実感してないけどそれはよりロングツーリングのときに試してみよう。

銀座 大石

2019年銀座に新たにオープンしたフレンチの「銀座 大石」。その時から気になってたが、すぐさま予約困難の人気店になってしまった。そんな中ありがたく知人から予約が取れたとお誘いをいただいたので先日行ってきた。

銀座一丁目駅のすぐ近くにあるお店は外からはその位置がよく分からず、雑居ビルのテナント案内の看板のみなのでよく見ないと見つけることができない。実際私もGoogle Mapsを見ながらお店の前を2、3往復してやっと見つけられた。お店は2階にあるけどアクセスはエレベーターのみ。

コロナ対策のため、体温のチェックとアルコールによる手の消毒を済ませてからの入店。何台ものの空気清浄機を稼働してドアは開けっ放しで換気に気を付けてる。シェフやスタッフさん全員マスクを付けての接待。マスクを付けてるとキッチンでは火を使ってるので熱中症にかかるくらい暑いとのことだった。

オーナーシェフの大石義一さんは北九州のホテルで3年間勤務した後、四ツ谷のフレンチの名店「北島亭」で修業し、16年間に渡りスーシェフとして働いてからの独立したらしい。

店内は14席のカウンターのみだけど思ったより大きくてゆったりしてた。全体的にカウンターの木の印象が強くキッチンは少し控えめだけどそれがまた大石シェフの存在感を高めてくれる。

着席するとすぐさま大石シェフのトークが始まり、まるでディナーショーに来てるかのような感じ。いわゆる大石劇場のスタートだ。料理の腕前だけではなくて場の雰囲気を盛り上げてみんな楽しませてくれる真のエンタテイナーな感じ。何となく「銀座しのはら」の篠原大将とも似てると思ったら深いつながりがあるらしい。詳しくは聞いてないが…

コースは全部の14品。7品までは基本構成としてそのままいただいて、それ以降の7品は量の調整ができるけど折角なので全部そのままいただいた。そのまま食べるとかなりのボリュームだけど新鮮な高級材料を最高の腕前のシェフが渾身の力で作った料理を食べないわけにはいかない!どれも上品な感じで美味しくてクオリティが高い。

定期訪問確定だね。

DSC08263DSC08266DSC08267DSC08281DSC08287DSC08289DSC08299DSC08307DSC08311DSC08318DSC08322DSC08327DSC08332DSC08336DSC08339DSC08342DSC08347DSC08344DSC08363DSC08370DSC08373DSC08383DSC08390DSC08399DSC08409DSC08416DSC08423DSC08425DSC08428DSC08445DSC08461DSC08467DSC08470DSC08473DSC08476DSC08482DSC08490DSC08505DSC08513DSC08517DSC08542DSC08544DSC08552DSC08554DSC08568DSC08573DSC08578DSC08583DSC08591DSC08594DSC08598DSC08600DSC08609DSC08610DSC08635DSC08648DSC08654DSC08656DSC08658DSC08680DSC08690DSC08692DSC08695DSC08704DSC08709DSC08712DSC08716DSC08728DSC08740DSC08746DSC08758DSC08763DSC08765

道志みち

今年の梅雨はやけに長い。日曜日も午前中は雨らしい。この時期なので仕方ない。いつもなら朝6時に目が覚めるけどなぜかこの日は6時半に。日曜日だし、まぁいいか。

起きたらまずスマートフォンに手が伸びる。メールやLINEをチェックしてインスタを見てからツイッターを一通り。うん?雨の予報が変わった?窓から外を覗くと雨の気配なし!これは走らないとね。

急いで支度をする。千葉方面は雨予報が変わってないので道志か伊豆かだね。とりあえず海老名まで行ってみよう。

DSC08786.jpg

川崎市内も7時が過ぎてるのにありえないくらい空いてる。こんなに走りやすし尻手黒川道路は初めてかも。東名も空いていてあっという間に海老名SAに到着。二輪駐車場がありえないくらい空いてる!止まってるのは私のスラクストンと赤いレブルが一台の2台のみ。

DSC08794

スラクストンがますますイケメンになってる。今日はタンクバッグの代わりにバックパック。写真や動画を撮るよりできるかぎりツーリングをそのまま楽しみたい気持ち。

DSC08807

道志みちも週末ではありえないくらい空いていて思う存分ワインディングを楽しんだ。道志みちでこんなに楽しく走れたのはいつぶりだろう?最高すぎる。

DSC08809

道志みちからそのまま山中湖まで。いつもの山中湖の駐車場に行くときに初めて「みさきキャンプ場」が目に入ってきたけど湖と芝生、テント、またそれを照らす太陽の組み合わせが優雅ですごく素敵に見えた。今度行ってみよう。

DSC08813

道志みちを走ってるときは富士山の頂上のほうが少し見えてたのでもしかするとその姿を見せてくれるのではないか期待したけどやっぱりだめだった。山中湖の駐車場に着いたらその姿を完全に隠してしまった。これだけ素敵な空の下でツーリングができたことに感謝しないとね。

帰りはノンストップで家まで。

鮨 石橋正和

久しぶりの「鮨 石橋正和」。大好きな石橋さんのお鮨が食べたくて先週予約を入れてからの訪問だったけど早く行きたくて予約日が待ち遠しかった。緊急事態宣言解除後は応援も含めて気に入ったお店を中心に回ってる。

DSC08083.jpg

新橋駅から歩いて5分くらいの距離にある銀座8丁目のかわばたビル、夜の街のど真ん中にあって他のテナントは接待を伴うお店がずらりと並んでるけど以前のような活気はなかった。

いつもこのビルのエレベーターの前に立つとこの昭和ノスタルジックな風貌から妻夫木聡が出演してるビールCMの大人エレベーターを思い出す。いい味してるね。

DSC08087DSC08100DSC08091DSC08093

相変わらず元気な姿の石橋さんを見るとホッとする。バイクのマフラに足を火傷したらしいけどもう大丈夫らしい。

今は二輪中型免許を持ってるけど大型を取ってハーレーに乗りたいと。連れが時間を間違って30分くらい遅れてたので石橋さんとバイク話に花を咲かせる。

普通の新品よりは90年代くらいのハーレーを買って自分好みにカスタムしたいとか。私のブログもよく見ていてやっぱりnovotelさんのバイクが気になるらしい。今度novotelさんを招待して一緒にお店に行くのでとりあえず大型免許を取っといてと言っといた。novotelさんが絶対いいアドバイスをしてくれるはず。

ハーレーを手に入れたらみんなでツーリングに行きましょう!

DSC08097

先ずはビール。この薄いグラスはお気に入りでこのグラスで冷えたビールを飲むと格段美味しく感じる。

DSC08110DSC08115DSC08118

この季節限定のひと夏の恋、いつもはハートがグッついてるけど今年だけ離れてるらしい。ソーシャルディスタンス。

DSC08122DSC08124DSC08126DSC08131DSC08133DSC08146DSC08150DSC08154DSC08157

相変わらず高いクオリティーのおつまみ。ひとつひとつ手を込んだ料理に心が躍る。お酒だって何杯でもいける。

DSC08161DSC08164DSC08168DSC08171DSC08173DSC08175DSC08179DSC08181DSC08182DSC08187DSC08190DSC08195DSC08197DSC08199DSC08203DSC08210DSC08211DSC08214DSC08217DSC08223DSC08227DSC08229

お鮨はユニークでクリエイティビティ溢れる高いクオリティーのものばかりだったけどその中でものどぐろの巻き鮨と鮎の塩焼きの鮨には度肝を抜かれた。美味しすぎる。鮎の塩焼きは大好物なので特に嬉しかった。来るたびに進化を感じる石橋さんのお鮨は感動そのもの。

あ、女将さんチョイスの日本酒も絶妙でまたユニークでありながら料理との相性も抜群でこれこそ真のペアリング。

ずっと通いたいお鮨屋。