SYGN HOUSE MOUNT SYSTEM M8

今年の北海道ツーリングに向けてスマホが雨に濡れても大丈夫ように防水ケースを買ったけど付けるとスマホホルダーに入らない問題が発生。他のスマホホルダーを探してみたけどなかなか気に入るやつがなくてiPhone XSの基本防水機能を信じてそのまま北海道に行ってしまった。案の定、初日にガッツリ濡れてしまって去年と同じくiPhone XSのカメラに水が入ってしまった…

もう少しフレキシブルでしっかりしてるスマホホルダーを探してたらSYGN HOUSEの「アルミ削り出し」のスマホマウントシステムを見つけた。その形や質感、機能性に一目惚れして北海道から戻ってきて翌週に世田谷のSYGN HOUSEのショールームに行ったけど在庫切れで手に入れることができなかった。

Amazonの商品ページをちょこちょこ見に行ってたら今月頭に入荷されてたので売り切れる前にすぐ注文した。

DSC05786DSC05787

品質は見ての通り申し分なく、パーツがビッタリ合う完成度とアルミの質感は最高!高密度アルミ「A6061ブロック材」を削り出して形成したらしくて、その素材のことなどよくわからないけど「アルミ削り出し」には萌えてしまう。

DSC05861.jpg

ただ、保護ゴムが切られてなくて切って貼るのが結構面倒だった。後、あの丸いコムのパーツはボルト式になっていて、しっかりネジロック剤を塗ってから10mmスパナで締めてくださいと説明書に書いてあったので急いでホームセンターに行ってLOCTITEのねじロック243とスパナを買ってきて塗ってから組み立て。

DSC05791

こちらはBパーツの80mmアーム。そんなに長いのは要らないと思って60mmアームがほしかったけどもう生産をしてないのか在庫が入らないので仕方なく80mmで購入した。

DSC05795

AパーツとBパーツをつなげてみたら思ったより長くなく許容範囲かな。

DSC05798

最後にCパーツのφ15.8サイズのステムマウントベース。スラクストンのステムホールのサイズが分からなくて色々迷ったけどネットのどこかでφ15.8でいいよというのを見たのでこちらを購入。

DSC05800

A+B+Cを全部つなぐとこんな感じ。なんかターミネーターにでも入りそうな感じでワクワクが止まらない!このクオリティーはヤバい!

DSC05862

実際バイクに付けてみるとあのφ15.8サイズのステムマウントベースはビッタリサイズで何の問題もなかった。

DSC05865DSC05863

スマホを付けてみると、おお!いい感じ!可動性が高いのにほしい位置にちゃんと固定されるのが素晴らしい。後、後ろのメーターと素材感が似ていて元から付いてた純正のパーツのようで全く違和感がない。

素敵すぎるいい買い物をした。

無念

最近あまりバイクも乗れてなくてキャンプも行けてないのでストレスが溜まった頃にBlackbirdさんがキャンプツーリングに誘ってくれた!久しぶりのキャンプツーリングにテンションが上がってしまって目が覚めたのは夜中の3時…この小学生遠足症候群はなかなか治らないね(汗)。3時から寝たり起きたり…6時に起きてシャワーを浴びてから出発。

朝早い時間なのに川崎市内はすでに渋滞してたけど久しぶりのツーリングはそれでも楽しい。キャンプ用の荷物を積んでるのに身も軽くてバイクも軽くて気持ちいいと思ったら色々荷物を入れたリュックサックを持ってきてないのに気づいた!川崎ICの手前からまた20分かけて家に帰る。合計1時間のロス…でも大丈夫!まだ時間には余裕がある。

DSC05869.jpg

三連休ということもあって川崎ICから海老名SAまで長く渋滞してたけどバイクを特性をいかして難なく海老名SAに到着。やっぱりこの日は遠出のバイクも多かった。

DSC05880.jpg

海老名SAはまだ工事が終わってなくてあまり選択の幅がなくて最近のお気に入りの「そば処信濃」へ。そばよりほかのメニューが多くてそれがまたなかなかのクオリティーで美味しい。徳島風ラーメンが気になったので頼んだ。食べてみたら濃い味がしっかり徳島ラーメンだった。なのにあえて徳島「風」と控えめなところが素敵。ライスがほしいところだが、朝だし軽めにラーメンだけに。

また楽しみの一つの道志みちだったが、やっぱり混んでる。満足のいく走りはできなかったけど楽しいね。

DSC05899.jpg

いつもの休憩ポイントにバイクに停めて一休み。

DSC05890.jpg

ここで飲む瓶のコーラは特別な美味しさがある。

DSC05893.jpg

まだ鮎のシーズンが続いてるらしくて道志川で釣りを楽しむ方が結構いた。いつかは釣りにも挑戦してみたいな。その前にもう少し魚を触れるようにならないとね(汗)。

DSC05902.jpg

順調に進んで11時半にはいつものマックスバリュ富士河口町店に到着。やっぱりここも激混み。

DSC05905.jpg

刺し身とアジのたたき、静岡おでん、ステーキ用のヒレ肉、氷と水など昼から夜まで飲む気満々の献立(笑)。

買い物も終わったし、目的地の本栖湖キャンプ場へ!

あら、なんかバイクの動きが重い。もう少し進んだら真っ直ぐに走れない、カーブを曲がれない…これはただ事ではない。バイクを止めてみると…

DSC05911.jpg

うわっ!パンクしてた!マジか!キャンプ場まで後30分のところでパンクなんて。

一旦近くにバイクの修理が可能なお店をネットで探してみたらレッドバロンさんくらいしかなくてダメ元で電話してみたけどやっぱり自社で購入したバイクしか修理はできないと。

仕方なくまずトライアンフ横浜港北さんに連絡してからZuttoRideさんにレッカーを頼んだ。

DSC05914.jpg

その後、この悲報をBlackbirdさんに伝えて買い出しの食料を他の皆さんで食べてほしいと伝えて現場まできてもらった。申し訳ない。

DSC05923.jpg

その後、らうさんも来てくれた。

DSC05934.jpg

3人で少し談笑してたけどZuttoRideさんから折り返しの電話がかかってこなくてもう一度電話してみたらこの日は出動の要請が多くてかなり時間がかかるとのこと。

二人とキャンプ場で待ってるざたまんさんに悪いので一旦食材を持ってキャンプ場に行ってもらった。皆さんには感謝と申し訳ない気持ちでいっぱい。

DSC05913.jpg

仕方ないのでもう飲んじゃう。やっぱりどんな状態でもビールはうまいね(笑)。

DSC05940.jpg

のんびりしてたらやっとZuttoRideさんから折り返しの電話がかかってきてレッカーの手配は5時から6時の間になると。まだ1時だったので何もないところで4、5時間待つのも地獄なので鍵だけ隠してバイクはそのまま置いて先に帰ることにした。

DSC05944.jpg

タクシー会社に電話したらやっぱり混んでるらしくて30分待ってやっと乗車。最寄りの富士河口湖駅まで送ってもらった。

DSC05947.jpg

富士河口湖駅から家まで直接帰る手段がなくてとりあえず新宿へ。チケット売り場も観光客で結構混んでたけど新宿までは結構配車されてるらしくて10分後に出発するバスのチケットを買うことができた。あ、この既視感

DSC05951.jpg

バスはそれほど混んでなくて快適だった。新宿までは約2時間半、また新宿から家までは約1時間…家に着いたらもう外は暗くて晩ごはんの時間だった。

キャンプはできなかったけど濃い、長い一日だったな。Blackbirdさんたちとまたリベンジキャンプツーリングやらないとね!

名古屋・京都出張

最近週末に仕事の割合が多くて先週も仕事で名古屋と京都への出張の予定が入ってしまった。割と最近やってる仕事は楽しくて週末や夜遅く働くのもそれほど苦ではない、むしろ好きなんだけどバイクに乗れないのがちょっと辛いね。

まずこの日の最初のミッションは11時までに名古屋駅に行くこと。いつもの出社時間に出れば間に合いそうだったので平日のルーチンでジムで運動してから品川駅に向かう。

新幹線のチケットは予約してなかったけど余裕で取れる。出張であっても新幹線に乗るとその非日常の旅の感覚でワクワクする。

品川から名古屋までは約1時間半、その時間を存分に楽しまないとね。仕事に影響がない範囲でビールを一杯(少し大きいやつでね)。フェリーで飲むビールもうまいけど新幹線で飲むビールもうまい!

DSC05209.jpg

ビール飲み終わってメール確認してたらもう名古屋!早いね。雲が多いけど晴れていて気持ちいい。少し暑かったけどね。

この日、最初の仕事はシャレオツな「THE GATEHOUSE」で。15階にあるレストランの眺めはすごくて名古屋市内がひと目に入ってくる。店内も広々して優雅な感じで、女性のお客さんが多かった。

仕事は無事終わったが、口内炎のせいでスパイシーの効いた料理を食べるのが辛くて半分くらい残してしまった…

DSC05323.jpg

地元の方に教えてもらった名古屋モーニングの老舗「BUCYO Coffee KAKO」へ。本場のモーニングはどんなもんだろう?と期待を膨らませて店内に入ったら

DSC05300.jpg

ちょうど昼時でモーニングをやってないモーニング空白のランチタイムだった(14時半以降はまた午後のモーニング?というのを頼めるらしい)。仕方なくサンスパプレートというのを頼んだけどまたこれの量が半端なかった!またも残してしまって申し訳ない。

大人しくこの店のシグニチャーメニューの小倉トーストを頼めばよかった。

その後この日の最終目的地の京都へ。

DSC05327.jpg

まずホテルへ行ってチェックイン。今回は泊まったのは「京都グランベルホテル」。最近京都にこういう和モダンなホテルが増えてて楽しい。サービスも申し分ないし、設備もしっかりしていて何よりカッコいい。

夕方の日程まで少し時間があったのでシャワーを浴びてから午後撮った写真を現像してプロジェクトメンバーへ共有したらもう出かける時間!

夕方は京都市役所前駅の近くにある「一之船入」へ。河原町の和の風情溢れる町家をそのままお店にして味わいの深い中華料理屋だった。雰囲気としては和食が出てきそうだけどそこに中華料理が出てくるのが面白い。

DSC05365.jpg

シェフの魏 禧之(ぎ・よしゆき)さんが手掛ける料理は一品一品レベルが高くて繊細な感じが中華料理でも京都の中華料理は一味違う感じ。

食事の間、ずっとプレゼンしてたけど先方にちゃんと伝わったか不安だけど手応えはあったので良しとする。自分がやれることはすべてやったので。

二日目の朝はフリーだったので地元の方が教えてくれたお店に朝ごはんを食べに行く。台風が関東のほうに近付いてるのに京都はキレイに晴れてきて蒸し暑い!

時間が少し早かったので八坂神社の境内を回っていく。もうすぐ祭りがあるのかな?なんか色々準備でみんな忙しそう。あまり分からないけど八坂神社の祭りはすごそうだね。

朝9時で予約した「」に10分前くらいに着いたら一番乗りだった。朝ごはんは8時と9時スタートの2部制で一回にだいたい8人から9人くらいがマックスかな?この日は両方とも満席だった。

大きいテーブルを囲んで用意されてる大皿料理から食べたい量を自分の皿に分けて食べるスタイル。

京野菜をふんだんに使った品のある料理も美味しかったけどこの土鍋炊きたてご飯が美味しすぎて約2年ぶりにお代わりをしてしまった。

1階での食事が済んだら2階に上がって白川を見ながらデザートタイム。この余裕、いいね。時間がゆっくり流れていて落ち着くし、この空気感が大好き。来る度に感じるけど京都にはそこだけの特別な何かがある。だからみんなそこに惹かれて集まってくるのかもね。

ご飯の後、ホテルに戻ってチェックアウトをして今回の出張の最終目的地へ移動。

この日は真夏日ですごく暑かった。京都が盆地なのもあって東京とその暑さの性質がちょっと違うような気もする。しかし、その暑さなんかお構わなしにキレイで魅力的。いつかは京都の町家で一回住んでみたい。

気温が上がるのにつれて空もどんどん青くなってくる。空と木造の壁とのコントラストが面白くてシャッターを切った。やっぱり京都はフォトジェニックな町だな。

再び八坂神社の前を通るのになんだか風景が嘘みたいにキレイで青すぎる空を合成したかのような感じだった。編集のときにより自然な感じにしようとしたけどこの辺が限界だった。面白いくらい晴れてきたな。

その分、暑い。

今回出張の最後は京都のイタリアン名店「リストランテ キメラ」へ。

DSC05627.jpg

祇園の町家をリノベーションして外は和風の佇まいをそのまま守って中は現代的にモダンに仕上げてるいかにも京都らしいスタイルのお店。

鮎のコンフィから始まるコースは京都やヨーロッパ各地の素材を適材適所に使ってシナジーを生み出してる感じ。イタリアンはそこまで詳しくないので大きくは言えないけど控えめに言ってすごく美味しかった!

ミーティングも最初は少し噛み合わない感じがしたけど料理が運ばれてきてその美味しさに感動するうちに打ち解けて自然に盛り上がっていった。やっぱり料理の力はすごい。

これで週末の3回のミーティングも無事終了して後は結果を待つのみ。うまくいきますように。

Blade Runner 2019

あの伝説の名作「Blade Rumner 2019」のファイナルカットバージョンを映画の舞台設定と同じ2019年にちなんでIMAXで上映するというニュースを聞いてから興奮が収まらなかった。

この映画が大好きで十何回くらい見ててファイナルカットのブルーレイディスクも持ってるけど未だに映画館では見たことがない。それがIMAXで見れるなんて!

公開日の9月6日の3日前に予約をしようとしたけど一番近いTOHO CINEMAS新宿は午後からしかなくてTOHO CINEMAS日比谷は朝一のがあったので日比谷に。

売り切れたらどうしようと心配してたけどかなり空いてて一番いい席が取れた。

いよいよ公開日、この日は半休を使って張り切って映画館へ。9時前に着いたらそんなに人もいなくてガラガラ。でもこういう雰囲気悪くないね。むしろこっちのほうが好き。

今回の公開を記念した数量限定のオリジナルポスターがあるという話を聞いたような気がして売店に行ってみたけどポスターはなく、公開当時(1982年!)のスクリーンの復刻版があったので記念に購入!

ビニールに包まれていたのそのまま大事にしといた。今度ちゃんと読んでみよう。しかし、皆さん若くてみずみずしい!

いよいよ上映開始!マニアが集まる上映会なのですごく神聖な雰囲気でポップコンとコーラを買って持ち込んだのは私一人だけで気まずいけどこれも自分なりのフェスティバルなので皆さんに迷惑のかからないように気をつけて食べた。実はそこまでポップコンが好きではないけどなぜか大好きな映画を見る時はポップコンと一緒。

映画はもう言うまでもなく、ストーリーやセリフもほぼ覚えてるくらいなので申し分ないけどやっぱり大画面と映画館のあのサウンドは素敵すぎる!

二週間限定の上映会なので次行ける時間があるかどうかは分からないけどもしチャンスがあったらまた見に行きたい!

静岡県道17号&西伊豆スカイラン

先週末は猛暑過ぎたのでバイク乗らずに家に隠居してたら身体中のバイク成分が足りない。今週は何があってもバイクに乗ると思ってたら天気予報では最高気温が32℃くらいでこれなら全然乗れそう。先週よりは気温が低いけどそれでも夏日なので朝5時半に起きてツーリングの支度をする。

シャワーを浴びて浴室から出たら不吉な音がしてきた!窓を開けて外を見るとなんと雨が降ってる!どうしようか迷ったけどそれほど強く降ってなかったのでそのまま出発。そのうち止むでしょう。東名を走ってるときも少し降ってたけどすぐ止んだので走ってるうちに乾いたので問題なし。

土曜日の東名下りは朝6時でも渋滞する。横浜町田から大和トンネルまでの渋滞をすり抜けてとりあえずいつもの海老名SAで一休み。

DSC03500.jpg

さっきも雨が降ってたので屋根の下に停めたかったけど二輪駐車場はバイクでいっぱい。屋根の下は諦めてとりあえず開いてるところに停める。まぁ、晴れてきたので雨の心配はなさそう。

DSC03493.jpg

腹が減ってきたのでまず朝ごはんだ。しかし、海老名SAが改修工事中でいつものいろどり家こめらくもやってない!仕方なくそば処信濃でそばでも食べようと思ったらメニューにしらす丼の写真が大きくかけられていてそのまま引っかかってしらす丼を頼んでしまった。

DSC03496.jpg

湘南の海で取れたしらす。海老名と湘南は近いのでしらすも新鮮な状態で運ばれてごま油と梅干しがいいアクセントになっていてすごく美味しい。これはクセになりそう!

DSC03503.jpgDSC03506.jpg

沼津ICから高速を降りて沼津市内を通り抜けて静岡県道17号へ。海沿いの道が気持ちよくて港の風景がキレイ。いつも伊豆スカイランの山の上の展望台で見てた景色の中を走ってると思うと不思議な感じ。

DSC03510.jpg

海の向こうの富士山を見ながら海の風を切りながら走るワインディングがすごく気持ちいい。ただキレイな景色が多すぎてなかなか前へ進められない。朝雨も降ったし雲も多かったので富士山は見れないと諦めてただけにより嬉しい。

DSC03523.jpg

駿河湾の海が思ったよりキレイ。知らなかった。県道17号沿いに旅館やホテルも多かったし、富士山が見える温泉旅館があったら今度泊まってみよう。

DSC03525-2.jpg

富士山が見えるスポットがたくさんあったけど富士山だけが見えるスポットはなかなかなかったけどちょうどよさそうな無料駐車場を見つけたのでバイクを止めて記念撮影。隣にバーベキューの準備をしてる人たちがいたので邪魔にならないように写真を撮ってすぐ出発したけどなかなかいいスポットでもう少し富士山を見てたかったな。

県道17号を楽しんでから西伊豆スカイラインへ!

DSC03533.jpg

西伊豆スカイラインは思ったより荒れてて交通量もすくなかった。あの土化した腐った落ち葉の塊が道中に散らばってて危ない。ハンドル取られないように気をつけないとね。

DSC03534.jpg

また山の上のほうは曇ってて霧が奪ってくる。

DSC03553.jpg

走ってるとどんどん霧が濃くなって視野に見えるのは真っ白な霧だけ。でも霧は北海道でさんざん経験してるのでこのくらいの霧はヘッチャラ。知床摩周湖に比べるとかわいいものだ。

西伊豆スカイラインは次回再チャレンジだね。

西伊豆スカイラインは22℃くらいでちょっと寒いくらいだったけど山から降りると夏日が戻ってきた。下界は32℃くらいで死んでしまいそうな暑さではないけどやっぱり暑い。

DSC03581

いつもなら海老名SAで休憩を取るけど少し早めに足柄SAで休憩。

DSC03564.jpg

12時半でちょうど昼時だったので足柄SAのレストラン時之栖でお昼を食べる。

DSC03562.jpg

この静岡おでんが美味しそうだったのでしぞ〜かおでん定食を頼んだ。

DSC03565.jpg

食券を買うと皿をくれるのでそこに好きな具を5点まで自由に選ぶ。

DSC03568.jpg

静岡おでん、いいね!おでんは夏に食べても普通に美味しい。この濃い味がたまらないね。定食もいいけどキャンプで日本酒を飲みながら食べたい。あ、キャンプしたい!

DSC03586.jpg

ご飯の後、外に出たらこれはもう真夏日!高速は走れるからまだいいけど下道のほうは厳しい。やっぱり夏は早め早めに動いてお昼は家で食べるくらいがいいかもね。

これから秋になるのが楽しみ!

ビーナスライン

今年の夏はバイク乗りに厳しい気がするね。6月から週末はずっと雨で梅雨は長かったし、終わったら猛暑続きでバイクところか外を歩くだけでも熱中症にかかりそう。先週は暑さがあまりにも厳しそうだったのでツーリングを諦めてたけどバイクに乗れなかった禁断症状が強かったので(笑)今週はどうしてもバイクに乗りたい!

そんなん中フロリアンからツーリングに行きたいとお誘いがあったのでバイクパイセンも誘って3人でツーリングに行くことにした。目的地は下界と違って涼しそうなビーナスライン

朝9時に談合坂SAで待ち合わせ。うちから行こうとすると普通は東名→圏央道→中央道の道順でナビが案内してくれるけどこの日はやけに下道を勧めてくる。おかしいと思いながらも無視して東名に乗ったら港北PAを過ぎてから秦野中井ICまで30Kmも渋滞してるらしい!3連休とお盆休みが始まる日なので混むのは仕方ないけど予想を軽く超えてる。

朝7時なのにすでに気温は30℃を超えていて徐行してる車からの熱気とアスファルトからのムワッとする空気が暑いのにお股の間に熱の塊からの熱気がもうしんどい…

DSC02420.jpg

これはちゃんと休みながら進まないとね。とりあえず海老名SAで休憩。すごく晴れてて空や白い雲が夏を感じさせる。けど、やっぱり暑すぎる(汗)。車は停めるスペースがないくらいいっぱいあったけどバイクはそれほどなかった。

DSC02427.jpg

朝ごはんはいつもの麺房いろどり家で朝雑炊。鶏ガラベースのスープがさっぱりして美味しい。朝に軽く食べるのにちょうどいい。暑い日はこのくらいでちょうどいいね。

海老名SAを出て圏央道に入ったら道が空いてて快適だったけど相模原愛川ICから混みだしてきた。なぜかナビが相模原ICで降りろと指示してきたので何かいいソリューションがあるのかなと思って素直に従ったけど…下道も激混みで抜け道がない。県道などは渋滞の情報などがなくて空いてると勘違いしてるのかもしれない。

やっと中央道相模湖ICまで進んで中央道に乗る。下道で時間をロスしてしまって約束の9時に間に合わない。急いで走ってるのにまたナビが高速から降りろと指示してくる…中央道の談合坂SAに行くのに中央道から降りてどうする?そこは無視して先に進んだ。連休&お盆で交通量が多くてナビがバグってるのかもしれないね。いつもと動きが全然違う。

DSC02440.jpg

ひゅー、やっとの思いで談合坂SAに着いたら暑くてもうバテそう!と思ったらトイレの前にミストが設置されていて涼しそう。そう、涼しそう…だけど暑い…

DSC02450.jpg

とりあえずこの日最初のソフトクリームを食す。あ、生き返った!汗をたくさんかくと水分だけじゃなくてエネルギーも消耗しちゃうのかもね。体が糖分を欲しがってる。

DSC02456.jpg

フロリアンは30分前に着いて涼しい顔しながらスターバックスのアイスコーヒーとパンを食べていた。これだけでも絵になるな。なんかずるい(笑)。

DSC02463.jpg

少し遅れてバイクパイセンが合流、ガソリンを入れてから出発!

パイセンの赤いシャツはケンタッキーオリジナルのやつらしいけど…そこまでしなくても十分目立ってるから(笑)。なんかクリスマスっぽくて縁起よさそう!

DSC02475.jpg

所々休憩を挟みながら北西へ。熱中症には気を付けないとね。なるべく無理せず自分のペースで。

フロリアンがこの日借りたのは、CBR400R。軽くて乗りやすくてすごく楽しいバイクらしい。次はアメリカンタイプを借りて乗るらしい。レンタルで色々乗ってみて自分に一番合うやつを買うらしい。こいつ、賢いな。

ちなみにこの日、前日買ったRESISTANT ULTIMATEバックパックをテストで使ったみた。さすが自転車乗りのために作られたバッグなだけあって背中に密着される感じが素敵。背負ってるのにそんなに負荷がなくてロングツーリングでも邪魔にならない。防水は試してないけどなかなかクオリティが高くて大満足。来年の北海道はこのバッグで行こう!

諏訪南ICから降りてメルヘン街道を走っていく。キレイでいい道。また最高の夏日で暑いけど青い空と真っ白な雲が気持ちいい。

DSC02480.jpg

メルヘン街道沿いになかなかコンビニがなくてセブンイレブンが見えたので急いで停車。こまめに休憩いれないとね。水を飲みながら休んでたら地元の方に声をかけていただいたので少し談笑。色々美味しいお店を教えていただいてお昼をどこで取るかを話し合う。

DSC02483.jpg

暑いけどこの空と蜘蛛がたまらないね。何もしなくても絵になる。

DSC02491.jpg

お昼は結局セブンイレブンの近くにある「飯屋こふく」へ。地元の方から長野来たからそば食べるのはベタすぎないかと言われてこの辺の定食屋やジビエ料理屋を紹介してもらったけどお昼なので少し軽めに定食屋に。

DSC02493.jpg

先付としてナスとインゲンの和え物。丁寧なお仕事。ナスはみずみずしくインゲンは弾力があって新鮮な感じ。美味しい。

DSC02501.jpg

パイセンが頼んだのは今週のランチの野菜のチキンカツカレー。わんぱくなパイセンは大盛りを頼んだ。実は大盛りの設定はないらしいが、できないこともないと言って量を多めにしてくれた。

DSC02503.jpg

少し味見させてもらったけどカレーにもナスがたくさん入ってみずみずしくて甘くて美味しい。

DSC02506.jpg

自分とフロリアンが頼んだのはおさかなフライ定食。アジフライが2枚、エビフライが1個。衣がしっかりしてサクサクと食べごたえがある。結構なボリューム!

DSC02511.jpg

食後はデザートまで出してもらった。杏仁豆腐が美味しい。

ご飯もしっかり食べたし、いよいよビーナスラインに向かって出発。県道40号を走って山の上へ進んだ。登って行くのにつれ空気も澄んできて風が気持ちいい。気温が下がってくるのが肌で感じられる。快適そのもの。

DSC02531.jpg

白樺湖を横目に山のほうに走っていく。白樺湖はあまり知らなかったけどすごくキレイで日本よりスイスの湖畔都市に近い感じの風景だった。キレイだな。今度は白樺湖に泊まりたい。

DSC02534.jpg

初めてのビーナスラインはすごくキレイで太陽と雲によって光が変わって山の表情が変わるのが素敵すぎる!知床峠から降りて行く道阿蘇の大観峰へ行く道を混ぜて半分にしたような感じで最高すぎる!

DSC02539.jpg

山の上のほうだと気温がガクンと下がってちょうどいい感じ。後から確認すると24℃くらいだった。下界が35℃くらいだったので10℃以上も低い!また青空と夏の雲が完璧な夏日で適当に撮っても写真が映える!

こんなに綺麗な風景の中を走り出すとテンションもぐんぐん上がる。ただ、連休なので車や人が多いのは仕方ない。バイクもたくさん走っていてみんな気持ちよさそう。

DSC02545.jpgDSC02543.jpg

少し走って霧ヶ峰富士見台でひと休み。富士山は見えなかったけど八ヶ岳連峰が綺麗に見えて美しい。山の草原も気持ちよさそうだったけど体力を温存したかったので駐車場から見るだけ。

DSC02555.jpg

「この生ソフトただ者でない!こ」のキャッチコピーに惹かれてまんまと本日2個目のソフトクリームを頼んだ。ソフトクリームを入れてくれるお兄さんの顔が真剣そのもの。

DSC02563.jpg

お!ほんとに普通のソフトクリームと全然違う!この触感、なんというかジェラートに近い感じかな。すごく美味しい!と二口目を食べようとしたら…

DSC02565.jpg

落ちてしまった!傾けると落ちやすいと書いてあったけど少し傾いただけでこんなあっさり落ちるとは…仕方ないのでパイセンのソフトクリームを一口いただく(笑)。

DSC02571.jpg

パイセンと二人でソフトクリームを食べてたらフロリアンが見えなくてどこ行ったのか探してみたらあの草原を歩き回っていた。若さっていいね!

DSC02575.jpg

次の目的地は三峰展望台

DSC02577.jpgDSC02581.jpgDSC02582.jpg

夏休みって感じだね。どこをどう撮っても絵になる。ますますビーナスラインが好きになる。

もう少し奥のほうまで走りたかったけどパイセンのバイクのガソリンがリザーブモードに入ったのでまずガソリンスタンドに行かないと。途中ENEOSがあったのでとりあえずそこまで戻ることにした。

なんか嫌な予感があったけど行ってみたらお休みで営業をやってなかった。ビーナスラインはこの時期は交通量が多くても冬になると通行止めになるのであまりガソリンスタンドがない。検索してみると一番近いガソリンスタンドは7Km先にある姫木平SS。パイセンのバイクがそこまで持つのかどうか心配ではあったが、最悪の場合二人でガソリン買いに行けばいいので心配よりはビーナスラインをできるだけ楽しむことにした。ほんとに楽しい道だね。

DSC02591.jpg

無事姫木平SSに到着!このガソリンスタンドは大人気で私達が着いた後も続々車とバイクが入ってくる。様子を見ると皆さんガソリンスタンド探しに苦労したようだ。もしビーナスラインへ行くのであれば山に入る前にちゃんとガソリンを入れて走りに行ったほうがいいと思う。

DSC02590.jpg

フロリアンはどんなバイクに乗ってもよく似合うね。

ガソリンも入れたし、家に向かって出発!ナビが来た道と違う道を教えてくれてこれもまた楽しい。県道152号に乗って山の中のワインディング・ロードを心から楽しんだけどなんか様子がおかしい。

DSC02602.jpg

やっと停められるスペースを見つけて停車。ナビを確認するとなんと北のほうに進んでいて上信越道で帰るルートで案内していた!この時点で残り200Km、中央道のほうに戻ると220Km…仕方なくそのまま進んで上信越道を走ることにした。

DSC02608.jpg

たぶん上信越道と中央道であんまり距離の差はないと思うけど慣れてる分、残ってる距離などを正確に分かってしまうのでより遠く感じたのかもしれない。とりあえず横川SAで休憩。あ、軽井沢でキャンプしたいな。

DSC02613.jpg

フロリアンのバイクの返却の時間もあるのでとりあえず高坂SAまでノンストップで走った。ここでパイセンはまたガソリンを入れるので別れてフロリアンと二人で練馬ICまで走った。そこから環八に入ったけどそれがこの日の最後の難関だった。夕方の環八はやっぱり混むよね。また気温も湿度も高いままだったので大変。

DSC02618.jpg

やっとの思いで家に着いてトリップメーターを見たらなんと501.1Km!日帰りでは少しきつい距離かな。でもすごく楽しかった。今度はキャンプも入れて一泊二日で行きたい。

家庭料理 おこげ

先日は友人と赤坂で飲み会。友人が渋いお店を見つけて予約までしてくれたので気が楽だった。たまにはこういうのもいいね。19時に現地集合だったので18時半に会社を出たらまだ外は明るくて変な感じ。古い人間だからなのか明るいうちに会社を出ると心のとこかで罪悪感のような感じがするね。

この日のお店は「家庭料理 おこげ」。なかなか渋くていい感じ。暗くなる直前の路地裏の少し寂れた感じとお店の看板の光、後ろの高層ビルの影が混ぜ合わせて素敵な雰囲気だった。

友人がさっきに来ていたので急いで生ビールを頼んで乾杯!こんなに暑い日はビールがより美味しくなるね。

カウンターにも棚にも焼酎がいっぱい置いてあって名前が書いてあるボトルもたくさんあった。みんなに愛されてる感が伝わってくる。きっといい店なんだな。

あっさりしてるお通しが暑い夏日にちょうどいい感じ。

大将と女将さんの二人だけで切り盛りしてるお店でお客さんがいっぱい入ってきてたくさんの注文が飛んできても慌てずテキパキ捌いていく。

料理は大将一人で全部作るけど注文が混み合っても一品一品にそんなに時間がかからず出てくるのが不思議。感心しちゃうな。

まずは冷やしトマトと

刺身盛り合わせ。

焼酎はそんなに得意ではないけどこのお店オリジナルラベルの焼酎があったのでボトルで頼んでみた。基本3ヶ月はキープしてくれるらしい。名前も書いたので今度また飲みに行かないとね。その前に友人が行って全部飲んじゃうかもしれないけど(笑)。

出た!この店の看板メニュー、豚ロスの生姜焼き!厚さはもう生姜焼きのレベルじゃない。これはステーキと言ったほうが相応しいかもね。

一口食べてみると口の中に広がる生姜の風味、出てくる肉汁、柔らかい肉質がたまらないね。これは生姜焼きで間違いない。久しぶりに旨い生姜焼きを食べた。

鯨ベーコン。少しクセのある味で好き嫌い分かれそう。私もあまり得意ではないね。

日本酒が飲みたかったので新潟の底ぬけ飲みきりボトルを頼んだ。500mlなので二人で飲むにはちょうどいいかも。辛口でスッキリして美味しい。料理ともよく合うね。結局友人は味見だけしてずっと焼酎を飲んだので一人で飲みきってしまった(汗)。

ゴーヤチャンプルと

揚げ出し豆腐。

おしんこ。

カニクリームコロッケと

子持ちししゃも。

何一つ美味しくないものがなくて友人とも楽しく会話ができて素敵な飲み会だった。それにしてリーズナブルでお財布にも優しい。赤坂のど真ん中で素敵なお店と出会った。紹介してくれた友人にも感謝。

また行こう。