Vosne-Romanee 1er Les Chaumes Meo Camuzet 2010

Les Chaumes

レ・ショームは一部が特級畑(グラン・クリュ)ラ・ターシュに面してる一級畑(プルミエ)でヴォーヌ・ロマネ最南端に位置する。土壌は粘土石灰質。メオ・カミュゼはこちらの畑を約1.6ha所有。ブドウ樹は、1950年代後半と1970年代に植樹している。

Meo Camuzet

ヴォーヌ・ロマネ村に本拠地を置くドメーヌの1つ、メオ・カミュゼ。

1900年代初頭、ヴォーヌ・ロマネの生産者でありコート・ドール県議会議員でもあった、エチエンヌ・カミュゼ氏から始まった。 このドメーヌの特徴は特級畑の質と量。ヴージョ村とヴォーヌ・ロマネ村を中心にクロ・ド・ヴージョ、リシュブール、エシェゾー、コルトンという4つのグラン・クリュ、6つのプルミエ・クリュを所有する名門ファミリー。

1989年から醸造を担当するジャン=ニコラ・メオ氏はアンリ・ジャイエ氏に直接指導を受けた数少ない人物のひとりで、その指導のおかげで、風味の深さや果実味のインパクト等、メオ・カミュゼの酒質は向上。収穫は全て手摘み。樽の使用については、グラン・クリュとプルミエ・クリュは100%、その他のワインは約50%にて18ヵ月熟成。その後、ノンフィルターで瓶詰される。

味わい

ベリー系のフルーティーな香り。この時点でもうすでに美味しさを感じる。最初は柔らかいタンニンの渋味から上品な酸味が続く。非常にエレガンスで飲みやすく風味も豊かでその余韻も長い。

これはグラン・クリュにもそう簡単には負けを取らないんじゃないかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中