2019北海道ツーリング3日目:知床五湖

知床五湖に行くのは、計画では翌日行く予定だったが、やること全部やって時間も結構残ってたので知床に向かって出発!

知床峠に行く道も最高に気持ちよくて天気も北海道に来てから一番よかった。もうますます好きになっちゃうね。

国道334号から道道93号へ。この道道93号がまた最高に気持ちいい道で山から降りていく高低差に適度なワインディングに心が躍る。また行ってみたかった知床五湖がその前にあるのでワクワクが止まらない。

DSC00539.jpg

知床五湖フィールドハウスに着いのが14時半。急いでガイドツアーを確認したら少ループ(全周1.6km)は16時のしかなくて大ループ(全周3km)だと14時45分からのツアーに一人空きがあるけど値段がなんと5,000円!それに3時間もかかるらしい。天気があんなによかったのでもう少し知床を走ってみたい気持ちもあったけどこのチャンスを逃したらいつ知床五湖を回れるか分からないので後は全部諦めてこの3時間の大ループツアーに投じた。

申込用紙に個人情報などを記入して今回ツアーのガイドの鈴木さん渡したら35分までトイレなどを済ませてロビーに集まってくださいと言われたけどもう30分を過ぎてたので急いでトイレ行ってから売店でお水を買ってロビーに戻った。3時間のツアー中にトイレはなくて保護区域内なので変(?)なことはできない。

DSC00546.jpg

鈴木さんに名前を呼ばれてまず教室で10分くらいレクチャーを受けるけど主にヒグマと遭遇したらどう対象するのかの内容だった。まぁ実際できることはあまりなくてもし見つけたらガイドさんに教えて対応してもらうことくらいかな。

DSC00550.jpg

いよいよここから知床五湖のツアーが始まる!今回の参加者は台湾の方が4人、香港の方が3人、日本の方が2人でまず英語で説明してその後に日本語の順だった。

DSC00557.jpg

天気がよくてもう知床五湖を回るのには最高!この間の雨は全部この日のためのものだったかもしれない。試練を乗り越えてからこそ味わえるものってあるよね。

DSC00563.jpg

こういう森の中を歩いて行くけど…気づきました?あの一番後ろの二人の方は実はウトロ漁協婦人部食堂でお会いした方だった!このときは全然気づかなくて後で写真を編集するときに気付いた。まぁ知床エリアで行くところってあまり多くないからこういう偶然も全然ありそうだけどこういうのなんかいいね。

ちなみにこの植物は熊笹だけど実はクマはこの草を食べないらしい。他に美味しいものがいっぱいあるので。

DSC00565.jpg

これがヒグマの大好物の水芭蕉。これの根の部分がイモみたいな感じで栄養素をたくさん蓄えてるのでヒグマが転んで食べるらしい。ヒグマは肉や魚(鮭!)よりナッツや果物、初蜜、アリなどを好んで食べるらしい。なんかイメージと全然違う。

DSC00566.jpg

鈴木さんがiPadの写真も一緒に見せながら説明してくれてる。さすがたくさんの知識を持っていらっしゃって知床のことならなんでも知ってる!いろいろ勉強になりました。

DSC00568.jpg

こんな感じに決められてるところだけを歩いていく。3kmあるけどゆっくり歩いて止まって説明を聞いたりするので小さいお子さんでも普通に参加できるレベルだった。

DSC00571.jpg

これは春一番で倒れた木。知床の春一番は半端ないらしくてほとんどの倒木はそれが原因らしい。南からの風で倒れてるので遭難しても倒木の方向で歩いて行けば海まで行けるとか(笑)。

DSC00574.jpg

また森の中では苔が大事な役割をしていて水をたくさん含んでるので他の植物がこの苔の上から発芽するらしい。

DSC00576.jpg

これはヒグマの爪痕。サルナシを食べるために木に登るんだって。

DSC00592.jpg

これが知床五湖。一番小さくて水深が1mくらいと浅くて冬は全部凍ってしまうので知床五湖の中で唯一魚がいないらしい。

DSC00595.jpg

これはアカゲラの巣。今住んでるかどうかは分からないけどこのような巣をたくさん作ってその巣に他の動物が住んだりするらしい。森の住宅供給者。

DSC00599.jpg

こちらは知床四湖。水面に映る知床連山が美しい。

DSC00609.jpg

中が空洞化した木だけどこれでも生きていてそとには葉っぱや枝が伸びてた。その生命力もすごいものだけど皮が重要らしい。

DSC00610.jpgDSC00619.jpgDSC00623.jpgDSC00625.jpg

こちらは知床三湖。大きさは二胡が一番大きいらしいけど遊歩道が一番長く接してるのが三湖で湖のいろんな表情が見えて素敵だった。

DSC00633.jpg

小さいクワバタさんと出会った。本当に小さくてよく見ないとクワバタが分からないくらいだった。

DSC00636.jpgDSC00639.jpgDSC00642.jpg

こちらが知床二湖。どの湖もキレイだけどここから少し雲が多くなってきた。

DSC00644.jpg

これはヒグマの足跡。遊歩道のすぐ近くで、こんなに人がたくさん通ってるところまで寄ってくるのは子育てをしてる母クマの場合が多いらしい。人がいることで敵(オスのヒグマ?)からも身を守られて好物の植物も多いらしい。

DSC00646.jpg

これが知床一湖。一湖は高架木道からも見えるのでたぶん一番多くの人がお目にする湖かも。キレイだけどより雲や霧が増えてきた。

DSC00652.jpg

高架木道まで行ったらツアーは終了。この高架木道には電気柵が張られてるのでヒグマが接近できないのでガイドさんなしでも普通に歩くことができる。鈴木さんがここまで完全一周できたのは5日ぶりらしい。ヒグマの目撃情報で中止になるのがしばしば。この日はほんとにいろんな幸運に恵められてる!

鈴木さん、お疲れ様でした!いろいろ勉強になったし、おかげさまで知床のことがより好きになりました。

DSC00658.jpgDSC00659.jpg

高架木道だけでもキレイな知床を見ることができるし、無料だし、季節関係なく歩けるのでぜひ寄ってみてください。できればガイドさんのツアーで一緒に回ったほうが面白い話もたくさん聞けて、よりたくさんのことを知って見ることができるのでツアーもオススメします。

これで今回の北海道旅の一番大きい目的も達成!

“2019北海道ツーリング3日目:知床五湖” への 3 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中