活かに 北斗

いつも可愛がってくれてるお兄さんたちと一緒に赤坂の「活かに 北斗」でかに料理をいただいた。赤坂のクラブ街のど真ん中にあるビルの2階に位置してて大丈夫かなと少し心配したけどすごくいいお店だった。最近テレビなどによく紹介されるようになって予約が取りづらくなってるらしいね。ちなみに今回は2週間前に予約してからの訪問。

DSC05478

まず先付け。アピタイザーとしてちょうどいいボリュームで基本さっぱりして感じ。一つ一つのレベルが高くて次のメインコースへの期待が高まる!

DSC05479

続けていくら茶碗蒸し。これはいいアクセントになってるね!いくらだけでも新鮮で美味しかったけど卵とのバランスもいいね。同じ卵系だから?

DSC05482

お兄さんが辛口が欲しいと頼んだ八甲田おろし 特別純米酒 華吹雪55 超辛口。最近純米大吟醸系の甘口ばっかり飲んでたのでこういう辛口が刺激があっていいね。

DSC05484

かに用の醤油3種類と梅肉。実はかにが新鮮過ぎて何も付けずにそのまま食べても甘くて美味しい。

DSC05485

本日のメインの毛ガニと花咲蟹!毛ガニは1キロを超える大物でこんな大きいのは初めて!仕入れのために大将が北海道の紋別まで直接行ってるらしい。大将は少し強面だが、優しくて面白い方だった。

DSC05492

まだ活きてるかにをハサミで捌く。これがまた見応えがある。さすがプロの仕事!

DSC05494

捌いたかには各部位ことに違う食べ方で、刺し身からレア、ミディアム、焼き、ボイルなどそれぞれ違う感覚を楽しむことができる。

DSC05495DSC05499

まずは刺し身から。冷水でかにの身を締めると

DSC05503

こんな感じに見がぷりぷり。まずは毛ガニから。甘くて美味しい!

DSC05501

次は花咲蟹!優劣なんて付けられないね。最高!

DSC05505

レア。

DSC05506

ミディアム。

DSC05508

焼き。と少しずつ変化する味を楽しむ。正直どれも美しい。写真見てたらまたよだれが…。

DSC05510

お兄さんが福島出身なので福島のお酒を頼んだ。大七純米生もと。こちらもやや辛口。

DSC05512

写真撮ってるのに美味しすぎて手が伸びちゃう。写真なんか撮ってる場合じゃないよと。

DSC05513DSC05520
DSC05527

ボイルした甲羅を食べやすいように捌いてくれる。

DSC05525
DSC05531

大きい皿に身だけをきれいに盛りつけしてくれる。後は美味しくいただくだけ!

DSC05529

辛口ばかり飲んだので最後は甘い獺祭で締める。獺祭三割九分遠心分離!遠心分離は初めて飲んだけど普通のものより更にまろやかで上品な感じ。美味しいね。

DSC05532

最後の締めはなんと鮨!これがまた美味しくて我慢できず全部食べちゃったね。ちょっと食べ過ぎちゃったかも。

いい人たちと美味しい料理とお酒、すごく楽しい時間だった。活かに 北斗も人を幸せにさせてくれるいい料理屋だった。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中