魚見茶寮

以前会社が渋谷にあった時に宮益坂の上にある魚まみれ眞吉という居酒屋によく行っていて、予約なしで行っても少人数だったら店長さんがなんとか席を作ってくれたのをよく覚えてる。ひょんなことからその店長が独立して去年恵比寿に「魚見茶寮」というお店をオープンしたという話を聞いた。このコロナ渦で大丈夫か心配になったけどお店のコンセプトや料理、お酒を見るとこの店は絶対大丈夫そう。っていうか行きたい!

ということで先週後輩たちを連れて魚見茶寮に行ってきた。店内はカウンターのみの13席でコンクリート?モルタル?を基調したモダンな雰囲気は東京カレンダーの表紙でも飾れそう。金曜日ということもあって満席でかなり賑わっていたけど消毒や換気対策なもしっかりしてた。

料理は基本アラカルトだけどおまかせでも頼めてスタッフさんと相談しながらコースを決めた。その料理のレベルも磨きがかかって居酒屋よりはもはや割烹と言ってもいいレベルだった。お酒は日本酒と日本のナチュラルワインに力を入れていてユニークな銘柄が多くて楽しい。

最近このようなような高品質の割烹居酒屋(?)が一つの新しいトレンドになってるような気がする。その中でも魚見茶寮はその先端を行っているお店で一回は行ってみる価値があると思う。

代官山 李南河

久しぶりに代官山の李南河さんへ。自分が思うには日本で一番オシャレに韓国料理を作るお店で、まだコロナの影響が残ってるのに店内は満席でさすがの人気店だった。

いつもはアラカルトで頼んでるけどこの日は初めてコースで頼んでみた。コースにはこの店で一番好きなポッサムキムチが入ってなかったので量を見て別途頼もうと思ったけど結構お腹いっぱいになってしまったので頼まなかったが、ずっと心に残る。次行ったら絶対ポッサムキムチを頼もう!

後、韓国料理には赤ワインがよく合う。特にピノ・ノワールとの相性は抜群!

みんなでソロキャンプ

会社の後輩たちと飲んでる時にさくっち夫婦がキャンプをはじめようとギアを揃えてるという話を聞いたのでここはちょっと先輩風を吹かせてやろう(笑)と思って、初キャンプに誘ってみた。またファミリーキャンプにハマってるように装ってソロキャンプ用のギアを次から次へと買い漁ってるりょう君も一緒に誘って4人でソロキャンプ(?)に。

最初が肝心なので自分の中では関東No.1の道志の森キャンプ場に決めてキャンプ場のゲートが開く朝の7時に合わせてキャンプ場に到着したのに14番目…。前日の夜から雨が降ってたのに14番目だった。また途中で合流する道があってそこからも車が入ってきたので結果的には20番目くらいだったのかな。最近のキャンプブームもそうだけど道志の森キャンプ場の人気の高さにはビックリ。

設営は以前novotelさんと一緒に行ったときのサイトがすごくよかったのでゲートが空いたらそのまま他のところには目もくれずまっしぐらに右奥のほうへ。しかし、以前泊まったサイトは空いてなくてしその上にある、キャンプ場で一番高いところにあるサイトが空いてたのでそこをキャンプ地とした。

実は金曜日から連泊してる方が多くて土曜日の朝一に行っても空いてるところが少なかった。これからはもっと混んでくるかもね。道志の森キャンプ場へ行かれる方はご参考ください。

道志川は相変わらずの絶景で心までキレイに流してくれるような気がした。マイナスイオンも半端ない。やっぱりずっとこの爽快感を求めてたかもしれない。

とりあえず持ってきたお酒を道志川のちょうどいい冷たさの中で冷やす。こうすることでお酒の味まで変わってより美味しくなるような気までしてくる!まぁ実際の味は変わらないけどね(笑)。

さくっち夫婦はキャンプがこれが初めてで…初めてだよね?!いきなり小川張りでキメてる!揃えてるものもテントはNEMO、タープはTCタープ、椅子はHelinoxなどなど初心者のチョイスラインを遥かに超えてる!さすが検索の達人。先輩風ところか逆に勉強させていただいた…。

りょう君はどうみてもファミキャン用のギアではないものなのにファミキャン用に買ったと主張してるけどこの小ぢんまりした感じはソロキャンプそのもの!まとまってるね。

これはいつもの私のソロキャンプスタイル。実はCimarronも持って行ったけど朝からずっと雨だったのでCimarronの設営は諦めて慣れてるStaikaでさくっと設営完了。

朝から雨の中で濡れながら設営をしてたら芯まで冷えてきたので道志の森キャンプ場近くのおばぁの台所へ朝ごはんを食べに行った。9時半から営業してるのでちょうどいい。頼んだのはコーヒーとかけうどん。この2つでお値段なんと500円!安すぎませんか?

朝ごはんの後は山中湖のOGINOさんへ買い出しに。基本コンセプトはソロキャンプなのでそれぞれ自分が食べたいものを買ってくる。やっぱりこっちのほうが気楽でいい。

キャンプ場に戻ってきたら早速乾杯!もうやることは終わったので適当に飲みながら焚き火しながら遊ぶだけ。最高の週末。

この日のために用意したお酒は「八海醸造 純米大吟醸 浩和蔵仕込み No. 6号 精米25% 使用酵母K-1801」の今は手に入らないレアな逸品。あ、甘くて旨くてフルーティーでたまらない。

後、久しぶりのキャンプなので大好きなステーキを食べようと下拵えをしてたら…

さくっち夫婦はローストビーフを作り始めた!この人たちほんとにキャンプが初めてなんだろうか…

ここからはもう飲んで料理して食べて焚き火してまた飲んでが夜まで続いた。久しぶりに二日酔いになる寸前まで飲んだかも。なので確認したらあまりいい写真がなかった(汗)。

やっぱり気心の知れたいい仲間とのキャンプは楽しすぎる。

次の日は久しぶりにキレイに晴れてきて、多分今年初めての秋晴れ。天気がいいと撤収が捗るね。

またみんなでキャンプ行こう!

秩父へ行こう

4連休はずっと雨予報で最後の火曜日だけ晴れそうだったのでいつものゆるツーメンバーとツーリングの計画を立てた。4連休ということもあって少し背伸びして秩父に。

川崎に住んでると東京の北側や東側に行くには都心を通らないといけないのである程度の決心が必要。秩父へは環八を走るしかないので少しでも渋滞してない時間帯に行きたくて集合時間を少し早めの朝7時に練馬IC手前のファミマにしてもらった。ゆるツーメンバーの皆さんはいつも全力で答えてくれるのでありがたい!

当日少し余裕を持って家から出たけどやっぱり環八。朝6時でも普通に渋滞してる!でも頑張ってなんとか7時ちょうどにファミマに到着したらすでにナツさんが待っていた。15分前に着いたらしい。novotelさんの到着を待ちながら軽めの朝ごはん。秩父に行って美味しいものをたくさん食べたいからね。

おにぎりを食べ終わるころにnovotelさんも着いていよいよ本格的なツーリングをスタート!最初の目的地は「道の駅 果樹公園あしがくぼに」。国道299号を走りたいので関越道鶴ヶ島JCTから圏央道へ入って鶴ヶ島ICから降りる。まぁまぁ混んでたけど4連休の割にはそれほどでもないのかな。ただ交通量が多いので思うようには走れない。

順調に進んで最初の目的地の「道の駅 果樹公園あしがくぼに」に到着。道の駅も4連休の最終日を迎えて絶賛混み合い中!コロナ以前の週末のような活気でなんか嬉しい。

道の駅に「ちちぶ餅」があったので買ってみた。それもきりのいい3つ入り。

仲良く一個ずついただく。ふわふわもちもち、餅は柔らかくて潰しあんが甘くて美味しい。少し休憩の後に次の目的地の滝沢ダムに向かって出発!

ダムへ行く道は秩父市内は少し交通量が多かったけど離れると減ってきてかなり快適。また秋晴れな天気にも恵まれて最高に気持ちいい。

秩父ツーリングをこの日に決めたのはナツさんの読みによるものだったが、それが大正解だった。秩父の自然の中、木漏れ日も気持ちよくて走る楽しさががある。

滝沢ダム下流広場にバイクを停めてダムと秩父が誇るループ橋の雷電廿六木橋を背景に記念撮影。

シルバーのスラクストンRとホワイトのスラクストン。先週観たTENETでイギリスの町並みの中にシルバーのスラクストンRが2秒くらい映ったけどその存在感が圧倒的だった。いつ使われるんだろうとドキドキしながら待ってたけど映画の中で映ったのはそれのみで、たぶんイギリスというのを強調したかったのかもね。

この2種類のバイクもも最早生産中止でその希少価値(?)がどんどん上がっていく!かも(笑)。

novotelさんのFXDWGワイドグライド。いつ見てもキレイにまとまっていてセクシーなバイク。どのワイドグライドとも違うオンリーワンなバイクで持ち主の愛情がたっぷり注がれてるのがよく分かる。

次の目的地の三峯神社までは来た道を戻ったほうが一番近いけど折角なのでそのまま進んで雷電廿六木橋を登ってくるっと回って行く。

雷電廿六木橋は下田の河津七滝ループ橋と違って大きくくるっと回って登っていくので高速道路のジャンクションに近い感じかな。テーマパークのアトラクションにも近い感じで青空に向かっていく感覚が気持ちいい。

いくつかトンネルを通り過ぎて道に迷ったらナツさんがその気配を感じて先頭に出てリードしてくれた。さすがナツさん!グニョグニョと山に登っていく道に四国の山道を思い出す。いつかは四国にまた行きたい。

三峯神社は思ったより山奥の高いところにあるのにも関わらずかなり混んでいた。バイクはすぐ駐車場に入れたけど車は入場待ち。さすが人気スポット!

関東屈指のパワースポットで有名な三峯神社、境内を歩くだけでもパワーをいただいてるような気がしてきた。森から湧き出るマイナスイオンの力なのかな?

境内には東京や他の地域の神社や施設から奉納されてるものが多くて如何にこの三峯神社がすごいのかがよく分かる。本殿の前のこの石像も江戸四ツ谷から送られたものらしい。もしかして荒木町 金丸稲荷神社からだったりして。狼?狐?

折角なのでこの列に加わって並んで参拝してきた。真ん中を空けてるのはソーシャルディスタンスのため。

こちらは樹齢800年の御神木。以前ナツさんやnovotelさんが来た時は直接手で触って御利益をいただいたようだが、コロナのせいなのか触れないようになっていた。触ってみたかったなぁ。

三峯神社は「社伝によれば、景行天皇の時、日本武尊が東征中、碓氷峠に向かう途中に現在の三峯神社のある山に登って伊弉諾尊・伊弉册尊の国造りを偲んで創建した」とされてるので境内に日本武尊の銅像があった。手を上げてるポーズに親しみを感じる。

こちらは境内の見晴台の遥拝殿。他の所も涼しくてちょうどいい感じだったけどここは特に涼しくてたぶん真夏に来るとよりいいかもしれない。

遠くまで外界がよく見える。天気がよくてほんとよかった。

いい感じにお腹が空いてきたので昼ごはんを食べに「きのこの里鈴加園」へ。

店内はかなり広くて普通に入れるだろうと思ったけど連休のこともあったのか「予約者のみ」と書いてあって一瞬唖然としたが、ここは旅慣れしてるnovotelさんがダメ元でお店の方にお願いしてなんとか席を作ってもらった。さすが!

店内からの借景に見える秩父の山々が素晴らしい。

こちらがお店自慢の石焼プレート。料理が出る前から加熱を始めてポカポカな遠赤外線の陽気が気持ちいい。真冬とかにくるともっといいかもね。

普段はそこまでビールを求めてないけどこの日はなぜか無性にビールが飲みたくて3人ともノンアルコールビールを頼んだ。まぁ気分だけでも一杯飲みたかったので。

まず栗やきのこ、茗荷など秩父で取れた食材の前菜が運ばれてきた。素朴な田舎な味だけどヘルシーで美味しい。

その後、野菜ときのこの大盛りと

猪肉と鹿肉、鶏肉が運ばれてきた。手前が猪肉だけど普通の豚肉との脂の乗り方や赤みの色が全然違う。これが食べたかった!

お店のお姉さまが焼き方の手本を見せてくれる。まず脂を載せてお肉がくっつかないようにちゃんと焼き面に脂を塗る。

その上にお肉を載せるとジュワッと一瞬で焼き上がる!

あ、もうたまらない!

こうなったらもうワイルドに全部乗せ!焼けたらすぐ食べる!猪も鹿も野生というか生命力を感じるワイルドな味だけど全然くさみもなく美味しい。

きのこご飯も絶品。やっぱりここのきのこって格別に美味しい。この味の差は自然環境の差から生まれるのかな。

食べ終わったらメニューにはなかった梅肉のシロップが乗ってるアイスがサービスで出てきた。絶妙に酸っぱさと甘さが混ぜ合って美味しい。

ご飯食べた後はやっぱりコーヒーが飲みたいよね。鈴鹿園を出てまた一走りして再び山奥へ登っていく。目的地は天空の楽校。迷いやすい道だけど前回行った経験があったのでここは迷わず着いた。

お店のバイク駐車場にバイクを停める。ちゃんとしたバイク専用駐車場があって嬉しい。

実はここもコロナ以前よりもお客さんが多かった。やっぱり皆さん眺めがいいテーブルが好きらしい。

廃校された分校をカフェに改造したのでまだ昔の資料や建物の構造が残ってるのでその見学も楽しい。

天空の楽校の看板メニューのちまき!いつも食べてみたいと思ってるけどお腹いっぱいで食べれてない。いつかは必ず!

やっぱりここからの眺めは気持ちいい。

なぜか疲れ果ててるように映ってるnovotelさん。あまり疲れてるようには感じなかったけど実はみんな疲れてたかもね。朝6時くらいからずっと走りっぱなしなので疲れても全然おかしくない。

なので糖分吸収のためにいちご&ブルベリー乗せワッフルをおっさん3人で名水コーヒーと一緒にいただく。これで少し元気が出たのかな?

帰り道は4連休の最終日なのである程度覚悟を決めて臨んだけど思ったよりは酷くなく(もちろん渋滞はしてたけど…)東京まではそれほどでもなかった。問題は東京から家までの道。週末の夜の環八は逃げ道がなくてあまり通りたくない。なので少し遠回りだけど山手通りと第二京浜で帰ったけどこれがなかなか快適で走る楽しさもあったので次からは環八の代わりに都心ルートで行こう。

今回の秩父ツーリング、いい仲間と一緒に天気にも恵まれて秩父の魅力を満喫できて最高のツーリングだった。

また行きましょう!

鮨 しゅんじ

鮨 さいとうの二番手橋場俊治さんが独立して開いた鮨屋「鮨 しゅんじ」。鮨 さいとうと同じく会員制でなかなか行く機会がなかったけどいつもお世話になってる方が貸切会を開いてくれてやっと行くことができた。

入り口は鮨さいとうさんと同じでお店の中で鮨 さいとうと鮨 しゅんじに別れてる。店内はカウンターのみで14席。キレイに木でまとめられた空間は高級鮨屋そのもの。

おまかせの基本構成はつまみから握りへとオーソドックスなスタイル。一つ一つそのレベルが極めて高くて何一つ文句のつけようがない。最高の材料を丁寧に下拵えして最後に橋場大将が仕上げる。美しい見た目に繊細なお味、ずっと余韻が残る。これは間違いなく最高レベルのお鮨。