2021北海道ツーリング1日目:一気に宗谷岬まで

目を閉じると時々北海道の道が浮かぶ。その道端の木々のことや空、匂い、路面の音。それは千歳の道道16号だったり、オロロンラインだったり、知床峠だったり、道道123号別海厚岸線だったり今まで走ってた色んな道を思い出すが、時間とともにどんどん現実味を失っていく。そのふわっとしたイメージに変わってくる記憶をアップデートしなきゃ。

目が覚めたのは3時半くらいだったのかな?起きると同時に予定時刻通りに4時半に小樽港に入港するとアナウンスが流れた。急いで支度をする。そんなに散らかした覚えはないけどなんだかんだ時間もかかる。9月後半の北海道なので防寒対策をしっかりしてインナーにはユニクロのヒートテックまで着て重ね着過ぎて動くのもまだ慣れない。車両甲板に移動するだけでも大変。またトラックが先でバイクはその後なので待ってる間にどんどん汗が流れる。

やっと順番が来ていよいよ北海道上陸!透き通った冷たい空気が気持ちいい。やっと北海道に戻ってこれた。もうこれからの旅への期待で胸が膨らむ。

初日の計画はとにかくオロロンラインを走ってそのまま稚内まで行く。何よりまず北海道の道を堪能したい!

ストイックに北へと走っていたらそういう思いをしているのは自分だけではなかった。同じ船に乗ってた方々と一緒に走ったり、セコマで遭遇したりしながら一緒に北へ向かった。ただ同じ船に乗って同じくバイクに乗ってるだけなのにこの連帯感はなんだろう?

オロロンラインを走ったのは3年前だったのに走ってると小さいことまで全部思い出す。多分自分にとってはかなり強いインパクトのできことだったかもしれない。もう楽しくて仕方ない。

2年前は天塩で国道232号をそのまま直進してしまって本当のオロロンラインを楽しめなかった。後からそれを知ってどれほど後悔したものか…やっと雪辱の時がきた!今回は細心の注意を払って天塩で左折して道道106号へ。

そこには自分が北海道で期待してたすべてがあった。走っても止まっても見渡す限りすべてが美しい。ずっとこの道を走っていたい。

もう少し進んだら北緯45度のモニュメントが出てきた。これネットでよく見るやつ。記念写真を撮ってたら同じ船に乗ってきたオフローダー乗りのお兄様がいらっしゃったので写真を撮ってあげたり撮ってもらったり。

順調に進んでノシャップ岬まで。ノシャップ寒流水族館前の広場にエゾ鹿が悠々自適に草を食べていた。いかにも北海道らしい風景が心が和む。

せっかくなので例のイルカの写真も撮ったり。

お昼は念願の樺太食堂!少し早い時間だったけどライダーの先客がいた。よく見たら皆さん同じ船で来られた方々だった。行く方向によって初日は大体同じルートになりがちだね。

せっかくなので欲張って生うに三色丼を頼んだ。味はもちろんのことまたこのビジュアルがたまらない!

ノシャップと稚内はすぐ隣なのでご飯食べてのんびりしても13時には稚内に着いてしまった。この日は稚内で泊まる予定で旅館山一を予約したけどチェックインが16時からで早く着きすぎた。仕方ないのでとりあえず旅館に向かって女将さんに荷物だけ預かってもらうようにお願いした。

荷物がないだけで全く違うバイクのように感じる!身軽になってまず向かったのは稚内港北防波堤ドーム。前から行ってみたいと思いながらなぜか行ってない。昔はその下でよくキャンプなどをしてたらしいけど今は工事をやってるのかキャンプできないようにしてるのか中がフェンスで囲まれてる。

その後向かったのは白い道!稚内からここまで行く道も気持ちいいけどこの白い道もなんとも言えない不思議な魅力がある。北の国なのに南国のような情趣もある。

以前来た時は白い道を少し楽しんですぐ引き返したのでこの日は宗谷丘陵まで行ってみることにした。牧草が広がってる傾斜地と白い道、遠くに勢いよく回ってる風車たち。非日常的風景がたまらない。

白い道をそのまま走ったら宗谷丘陵が広がっていた。これは阿蘇とも似てるこの風景が心を癒やしてくれる。

宗谷丘陵から降りていくと日本最北端の地宗谷岬が出てくる。あまり人がいなかったので独り占めして思う存分セルフタイマーで自撮りを楽しんだ。普段あまりこういうことしないけど北海道ではたまにやりたくなるんだよね。何かしら自分がここにきたことを記念に残したい。

宗谷を楽しんでたらチェックイン時間になったので旅館へ。初日の宿をこの旅館に決めたのは翌日朝一で離島に行きたいので稚内フェリーターミナルに近いところに泊まりたかったのが大きいかな。

もちろん美味しい晩ごはんも欠かせない!

美味しいお酒も!男山の稚内限定最北航路!

もう初日にして最高すぎる。

2021北海道ツーリング0日目:15の夜

2年ぶりの北海道ツーリング。ずっと夢に見てて計画を立てたり諦めたり…この2年間で何回もそれを繰り返したけどある程度自分の中で判断と決心ができた。出発は15の夜!

2年前は興奮してあまり寝れなかったけどもういい大人なんで全然普通に寝れると思ったけど11時にベッドに入って目が覚めたのが12時(汗)。なんとかまた眠りについた。そのまま寝て予定通りの3時てシャワー浴びて支度して出発!

3時半くらいに出発するつもりだったけどなんだかんだで時間かかっちゃう。最近あまりバイク乗ってなかったのもあるし、荷物が重すぎてすぐ慣れなかったのもあって環八を走ってるときはなんか色々大変。でも練馬から高速に乗ってからなんとなく感覚が蘇ってスムーズに進んだ。

三芳PAを過ぎたら急にトイレが行きたくなって今年もまた高坂PAで休憩。朝5時くらいだけどまだ全然暗い。もう夏は終わったんだね。

それほどお腹は空いてなかったけど新潟まで走らないといけないのでとりあえずここで朝ごはんを食べることに。一番シンプルなきつねうどんを頼んだ。朝ごはんにはこんくらいがちょうどいい。食べたら元気が出た。

新潟に向かって進んだら赤城辺りから雨が降ってきた。こんなこともあろうとトライアンフのGore-texウェアを2年前から用意してバッグにはドライバッグで二重にしてるのでもう濡れる心配はない。

関越トンネルを過ぎたら雨は止んだけど逆にもうちょっと降ってほしかったな。でも本番は試される大地!

順調に進んで8時半には最初の目的地の新潟中央卸売市場に到着。やっぱり目当ては、

中央食堂!店構えは以前と全然変わらない。

しかし、中に入ってみるとお客さんが全然いない。2年前は相席でもすぐ行列ができてしまうお店だったのに今は好きな所に座っていいらしい。早く昔のように活気あふれる店に戻ってほしいね。

せっかくなのでノドグロ焼き定食を頼もうとしたけど時間が20分以上かかるということでカニウニイクラ丼という欲張りメニューのを頼んでしまった。この辺りは北海道で思う存分食べるつもりだったが、少しフライングしてもまぁいいか。

ごちそうさまでした。

中央食堂の後はそのまま新日本フェリーターミナルへ向かった。出発時刻の2時間前で二番目だった。一昨年はもっと早く着いてももっとたくさんバイクがあったけどね。ちょっと寂しい。

出発時間に近づくとやっぱりたくさんの方がいらっしゃった。あのBMW hp2エンデューロの方は関越道からずっと一緒に走ってて大体同じPAで休憩してた方だけどやっぱり同じく北海道を目指してる方だった!こうやって偶然でも同じ道を少しでも一緒に走ると仲間意識ができるのがバイク乗りの面白いところだと思う。

すべてが予定どおりでそんなに待たずに乗船できた。乗ったらまずサッポロクラシック!もう気分は北海道でテンションが上がりまくる。そのまま勢いよく3本くらい飲んでしまった。ははは。

フェリーには人をワクワクさせる魔力がある。船は北へ、北へと進む!

部屋でゴロゴロしてたら夕食のアナウンスが流れた。あ、今回も部屋はツーリストS。新日本海フェリーはリーズナブルで設備もよくリラックスできてご飯も美味しいので好き。

ビュッフェスタイルで食べたいものを選ぶのだが美味しそうなのが多くてついつい頼み過ぎちゃう。

牛すじ煮込みを中心に色々頼んだけどトレーに全部乗り切れないくらい頼んでしまった(汗)。

ご一緒するのは吟醸八海山。男山と悩んだが、男山は北海道でたくさん飲むと思ったのでとりあえずここは八海山に。美味しすぎる。

夕食を楽しんだ後は部屋でテレビを見ながらゴロゴロ。前回より電波がよくちゃんと映るようになったような気がするけど船の受信装置が変わったのかな?船が北上するのに連れて放送局が新潟から山形、秋田に変わって行くけどそれぞれ地方色が出てきて面白い。

テレビを見ながらあんなことやこんなことやと考えてたらいつの間にか寝落ちしてしまった。朝早かったし、それなりに走ってたので結構疲れたのかも。テンションが上がりすぎて全く疲れを感じなかったけどね。

明日からはいよいよ北海道本番!

東麻布 天本

以前から行ってみたかった「東麻布 天本」さん。実は他の予約困難なお店よりは全然ハードルが低くて(他の有名店は既存の常連さん以外は予約取れない場合が多い)OMAKASEで頑張れば四半期に一回は行けるけど今まで何回か挑戦したが、尽く予約に失敗してまだ行ったことがなかった。今回は運よくグルメ会の友人からお誘いを受けてやっと行くことができた。実は予約を持ってるのはその友人の友人だった。

東麻布、それも赤羽橋のほうは普段あまり行ったことがなかったけどその地に降りた瞬間から感じられる東京タワーの圧がすごかった。ド迫力!お店は開始時間までしまっていて予約時間になったら中からスタッフさんが迎えにきてくれた。待ってる間に友人と友人の友人のHさん夫婦とご挨拶を済ませた。

お店に入って飲み物を頼んだら天本大将自慢の食材の撮影会が始まった(笑)。天本大将はインスタや他のメディアで見るときは少し強面で怖いイメージがあったけど直接お会いしてみたら明るくて愉快で人当たりのいい方だった。とにかく場の雰囲気がすごく暖かくて溢れるホスピタリティを見ると言わんともトップクラスのお店なのがすぐわかる。

コースはつまみから握りに流れるオーソドックスな構成だけどその深さとレベルの高さには感心してしまう。つまみは鮨屋のレベルではなく高級和食屋の懐石料理のような感じ。握りはネタが分厚くて素材の味と食感を十分楽しめる。そのくらい分厚くてもシャリとのバランスが完璧で重たい感じは全くない。

またこの日いただいたワインはすべてお店のワインだったけど天本大将も最近赤ワインにハマってるらしくてその品揃えがかなり渋かった。あまり知らないドメーヌのものも多かったけどどれもちゃんと管理され熟成されてて美味しく楽しめることができた。

すべてが最高すぎる会だった。次の予約はOMAKASEでもう少し頑張ってみよう!

2次接種完了

やっとコロナワクチンの2次接種か完了。検診を担当した医者からは2回目のほうが副反応が強く出るらしいから解熱剤など用意したほうがいいと言われたけど1回目と同じく腕の筋肉痛みたいな痛み以外は熱などなかったので運がいいほうかもね。

これで2週間経てばちゃんと免疫もできてコロナからある程度自由になれるはずだけどまた最近の流れを見ると安心するのはまだ時期尚早かもしれない。

とりあえず9月中旬に北海道行きのフェリーは予約してあるので世の中がいい方向に流れていくのを祈るしかない。今年は行けますように。

ADDICT BOOTS X ROLLING DUB TRIO

ADDICT CLOTHESの靴専門のサブブランドADDICT BOOTSROLLING DUB TRIOがコラボしてCASPERをベースにADDICT要素を加味したブーツを発売するというニュースを去年の12月に見てからもう心を奪われてしまった。

今年の2月の発売日に心して購入を挑んだが、呆気なく瞬殺…。

用意された数が少なかったのか購入希望者が多かったのか…諦め切れず毎日ADDICT BOOTSのサイトを徘徊してたら、なんと追加生産のためのプレオーダーを受け取るとのニュースを拝見して再び予約開始日に挑んでオーダーに無事成功!

それが昨日やっとブーツが納品された。半年待った甲斐があってイメージ通りの美しいデザインに感動的なクオリティ、素敵すぎる!

これは一生モノだな。