Cimarron Light – Stove Bundle

なぜか冬のキャンプと薪ストーブには以前から憧れがあってファミリーキャンプ用にNordisk AlfheimというティピーテントとTentipi eldfell proという薪ストーブを使ってるけどかなり重くて設営が大変なのと家族が寒いのが嫌いで薪ストーブは室内が乾燥するのであまり好きじゃないので冬だとなかなか出番がない。一人であんなでかいものでキャンプをするのも気が引くし、設営も撤収も大変なので最低でも二泊三日くらいキャンプしないと元が取れない(?)。

また最近はバイクで気軽に行けるソロキャンプのほうが気に入ってたの薪ストーブの冬キャンプは諦めてたけどひょんなところからアメリカのSEEK OUTSIDE社のCimarron liteというテントの存在を知ってしまった。

SeekOutSide_CavemanCollective--3.jpg

重さはカーボン製のポールを含めてなんと1.5kg!奥行293cm✕幅288cm✕高さ183cmと2、3人は余裕で使える大きさに薪ストーブ用のストーブジャックまで付いてる。それにチタン製の薪ストーブ(Mサイズ)が1.3Kgでコンパクト(奥行26cm✕幅26cm✕高さ7cm)に収納できるのでバイクでのキャンプ最適。

まさに欲しかった逸品なんだけどすでにテントは2つ持ってるし、果たして冬キャンプをどのくらい行くのか、値段が高いなど色々悩んでて購入までは至ってなかった。しかし、ゴールデンウィークに自分と家族が別々にキャンプに行くことになってしまってもう一個手軽に使えるテントが必要になったので喜んで心に留めといたCimarron Light – Stove Bundleを購入した。ゴールデンウィークだけのためならテントだけで十分だけどなぜ薪ストーブも一緒に購入したのかは突っ込まない(笑)。

日本でも購入できるけど納期が1〜2ヶ月なのとSEEK OUTSIDE社のサイトで購入するより値段がかなり高かったのでSEEK OUTSIDE社のサイトに注文を入れた。値段を送料まで全部入れて1,010ドル(約11万円)に関税が約6,000円で日本のサイトで購入するより3万円以上安く購入できた。配送期間も3月11日に注文して17日に配送を開始(SEEK OUTSIDE社の製品は注文が入ってから手作業で制作を始めるらしい)して24日には家に届いたので約2週間しかかからなかった。

再来週のネオクラシックキャンプでシェイクダウンの予定で待ち遠しい!

2020九州ツーリング計画

いよいよ2020年のゴールデンウィークまで後一ヶ月!去年の四国九州ツーリングのリベンジを果たすために長い間計画を練ってきた。いままでのツーリング計画は最初から全日程の詳細まで全部決めてほぼそれをなぞっていくスタイルだったけど今年からはそれを大きく変える予定だ。

とりあえず大まかな枠と絶対押さえたいスポットだけ決めてそれ以外は気が向くまま回る、要するにnovotelパイセンスタイルで(笑)。一昨年と去年の旅で経験値が上がったのとちゃんと計画してもトラブルは着いてくるものだから全てをそのままに楽しもうと。

で、今回のポイントはまず月曜日の夕方に東京からバイクだけをオーシャン東九フェリー(今朝電話で予約済み!)に乗せて北九州の新門司港まで送る。私は火曜日の夕方にJAL便で北九州に移動、Hotel AZ 北九州新門司港店で一泊して翌朝新門司港でバイクを引き取って九州ツーリングをスタートする。そのまま別府のとよ常本店まで行って天丼を食べてからやまなみハイウェイを走って阿蘇まで。その辺のキャンプ場で一泊。

次の日は阿蘇を走り回って楽しんだ後宮崎市に移動してホテルにチェックインしてからその夜は鳥雅で宮崎刀根鶏の焼き鳥を楽しむ。

ここまでが大まかなプランでそれ以降は行きあたりばったりで鹿児島、長崎、熊本、福岡を回る。その後、家までの帰りは自走を考えてるけどもし条件が許すのであれば金沢に寄って帰りたい。まぁその時の状況を見て計画を決める。

もう楽しみで仕方ない。

西伊豆、春のスラクストンまつり

前日夕方から降ってきた雨が夜中も続いて心配してたけど朝はちゃんと晴れて気温があがったおかげなのか路面もしっかり乾いてもうツーリング日和。

ナツさんと海老名SAで9時に待ち合わせだったので7時半くらいに家を出たけどこの日は三連休の初日ということもあって渋滞がひどかった。東名も川崎ICから乗ったらもうすでに渋滞中。いつもなら港北PAから渋滞して横浜町田IC辺りか大和トンネル辺りまで行くと渋滞が解消されるのにこの日は海老名SAまでずっと渋滞だった。ほんとバイクでよかった。

DSC03672.jpg

待ち合わせは奥のガソリンスタンド周辺。入ってすぐのところはいつもゴチャゴチャしてるので待ち合わせのときは奥の方がいい。この日はとにかく天気がよかったのでたくさんバイクで賑わっていた。バイクを止めて富士山の方を見ると完璧なくらいキレイに見えてテンションが上がる。これは最高のツーリング日和!

DSC03676.jpg

ナツさんがバッテリー系のトラブルにあって少し時間がかかりそうなので先に朝ごはんを食べることに。海老名SA(下り)のリニューアル工事が半分終わってオープン、今まで営業してた半分は交代して工事に入っていた。

結構お店が入れ替わってたのでどういうお店があるのかぐるっと回ってたら右奥に一面真っ赤で気になるお店が!

DSC03678.jpg

とにかく圧がすごい(笑)。

なんつッ亭、初めて知ったけど神奈川秦野市に本店があって川崎や東京、それにシンガポールまで展開してるらしい。焦がしニンニク油から作られた黒マー油が入った豚骨スープ。真っ黒なスープなのに意外とあっさり系とも評されるらしい。

調べると色々興味深いラーメン屋だが、とにかく大将の古谷さんのクセがすごい(笑)。

DSC03684.jpg

黒マー油豚骨が有名だけどそこをあえて赤マー油ラーメンを頼んだ。少し迷ったけどやっぱり赤が食欲を唆るね。鶏白湯をベースに赤マー油と山椒がいいアクセントになってるけどマイルドで食べやすかった。個人的にはもう少しパンチを効かせてもよかったかなと。

DSC03690.jpg

とにかく天気がよかったのでなんの変哲もないSAを背景に写真を撮っても映える。たぶん後ろのBMW R100RSのおかげかな。素敵にお兄様が乗ってらっしゃって、渋くてカッコよかった!

少しのんびりしてたらナツさんが到着していよいよ本格的な西伊豆ツーリングがスタート!一旦すのまま東名を走って沼津ICまで。この日を渋滞は凄まじくて海老名から沼津ICまで断続的に渋滞が続いた。

沼津ICから降りて最初の目的地、の一食堂へ。実は前回の西伊豆ツーリングの時に行ってみたかったけど時間が早すぎて食べれなかった。今回はちょうど昼時に着きそう。

沼津市内を抜けて静岡県道17号を走る。右側に海が広がってその向こうに富士山がどーんとキレイな姿を見せてくれていて走るのがめちゃくちゃ楽しい。ただ、ここも交通量が多い!海沿いからアップダウンが激しい山道に入ったら抜けてきた!適度なワインディングが楽しい。

DSC03707.jpg

富士山を背景に写真を撮りたかったけど見晴らしがいいところは時間関係なく一回止まるだけでも駐車料金を取っていたのパスして、ナツさんが事前に調べてくれた「富士山ビュースポット西浦江梨」で撮影休憩。写真にはあまりちゃんと写ってないけど崖の上から大瀬崎がキレイに見渡せて駿河湾の向こうに雪化粧の富士山が完璧な姿を見せてくれていた。もうテンションが上がりまくり!

DSC03710.jpg

その後は順調に進んで12時半くらいにの一食堂に到着。ちょうどお昼時というのもあって駐車場もほぼ満車で一区域しか空いてなかったので縦に2台を停めてバイクならその横に停められるように駐車。

DSC03713.jpgDSC03715.jpg

の一食堂は戸田漁港のすぐ近くにあって戸田漁港から上がった海鮮を中心に料理を提供してくれていて特に高足ガニが名物らしい。水槽の中に自慢の高足ガニがその巨体を披露していた。近くで見るとその迫力がすごい!

DSC03724.jpg

高足ガニが名物なので蟹料理の中で一番手軽に食べられるカニ海鮮丼を頼んだ。高足ガニだけではなくてマグロやタコ、エビなど新鮮な海鮮がたくさん乗っていてうまい!思ったよりボリュームもあって満足度が高い。

ナツさんは底引き定食。9月から5月までの限定メニューで戸田の底引き漁船が取ってきた駿河湾の深海魚をメインに使った定食でそのボリュームが半端ない!たぶん2人前くらいじゃないかな?ナツさんにちょうどいいボリューム(笑)。

DSC03743.jpg

ご飯の後は戸田港を散策しながら缶コーヒータイム。戸田港はこぢんまりしたキレイな漁港だった。のどかな漁村の風景に癒やされる。

腹も満たされてベストのコンディションで山道に臨む!ナツさんのリズミカルなリードに付いていくとますますワインディングが楽しくなる。

DSC03748.jpg

次の目的地は黄金岬。ここもナツさんのおかげで初めて知ったけどキレイな駿河湾の眺めとこの馬ロックという名前の岩が有名なスポット。ほんとに馬の頭の形をしていて見ればみるほど不思議な形だった。しかし風がすごくて崖の上まで飛沫が飛んでくる。

いよいよこの日のハイライト、西伊豆スカイラインへ!前回は霧であまり西伊豆スカイラインの全貌が分からなかったけど今回はこの晴天のおかげで西伊豆スカイラインを思う存分楽しむことができた。何この抜け!最高すぎる!

スカイラインという名前に相応しい見晴らし、ほんとにこの日に西伊豆スカイラインへ行ってよかった。走ってる途中向こうからまた富士山の素敵な姿が見えてきたときはもうテンションマックス!素敵すぎる!

DSC03750.jpg

富士山が見えるスポットで停まりたかったけどどこも人でいっぱい。やっと達磨山北側登山口の駐車場に少し空きがあったのでなんとか停めさせてもらった。最高の見晴らし!

DSC03752.jpgDSC03754.jpg

ただ傾斜が急だったので思うようにバイクを動かせず、とりあえず停まったところで別々に記念写真を残す。もうこれは言葉にできないくらい圧巻の眺めだった。

走るのが楽しすぎたのかガソリンが減ってるのも気付かなかった(汗)。修善寺のほうに降りてとりあえずガソリンスタンドへ。しかし、修善寺で渋滞にハマってしまってちょっと疲れてしまって後半に予定していたコースはキャンセルしてそのまま帰路へ。

この日のツーリングはこれ以上求められるものはないくらい充実したツーリングでもう一度スラクストンの魅力を再確認できたかな。全部ナツさんのおかげで色々勉強させてもらった。

千葉散歩

先週の週末は雨、今週土曜日も土砂降り+雪でバイクに乗れなかったのでフラストレーションが溜まりまくってたので日曜日の晴天にはじっとしていられなかった。しかし、前日の雪で箱根や道志方面は行けそうになかったので大人しくふらっと千葉へ行くことにした。

この時期の千葉は川﨑住まいの自分に取ってはいろんな意味でちょうどよくて感謝しかない。アクアラインにも感謝。

いつもと比べると少し遅い時間に家を出てとりあえず海ほたるへ向かった。道はいつものような混雑ぶりで同じく千葉へ向かう横浜ナンバーのバイクが数いて一緒に海ほたるまで走っていく。軽快な動きから皆さんのテンションの高さが窺える。

アクアラインは渋滞もなく順調に進んで海ほたるに着いたのだが、海ほたるは大混雑!特に車のほうは駐車場に入れなくて長い列を作っていた。バイクなのでその列の横を走って1階のバイク駐車場へ。

駐車場にはバイクも多くてなんだかの団体のオフ会もやっているようだった。ハーレーの団体様と旧車會の団体様が走っていく。

あえて朝ごはんを食べずに出かけたのは海ほたるの5階フードコートで朝ごはんを食べるためだった。この日は少し遅めだったので朝早い時間にやってないお店もすべて営業中!選び放題でテンションが上がる。

激辛の台湾混ぜそばもすごく気になったけどここは千葉の縄張り、その名も誇らしげな「ち〜ば丼」のご馳走漁師丼に決定!

雲丹とイクラを中心にたくさんの具材、魚だけではなくきゅうりやネギなどもちょうどいい感じ散らがっていて海鮮とのバランスが非常にいい。いつもならご飯を少し残したりするけどこれはもう気がついたら完食してた。

ご飯の後に向かったのはいつものもみじロード。アクアラインから館山自動車道を走り抜けて富津中央ICで降りる。このコースはもはやルーティン化してるね。

晴れた日のもみじロード、バイクと一体となって適度なワインディングを走しるのは最高に気持ちがよくていつもの休憩エリアもそのまま通過。休んでる場合じゃない!

気持ちよく走ってたらもみじロードがあっという間に終わってしまった。もう一往復したかったけど時間がもう12時が近かったので断念。次の目的地へ。

保田駅前の交差点を左に曲がって国道127号を走って館山に入ったら道の両側にヤシの木が並んでいてこれはもはや西海岸(笑)。冬の間はこの道を走ってもそれほどテンションが高まらなかったけど春に近い晴天下だと西海岸感が急に増す!

次の目的地はおさかな倶楽部。朝ごはんが魚だったのにお昼も魚ってちょっとくどい感じもしたけど美味しければなんの問題もない!思ったより奥まったところにあって少し道に迷ったけどちゃんと目的地んい着いたのはよかったけどなんか人が多い!そもそも人気店なのは知ってたけどコロナの影響でそこまで人がいないだろうと油断してた。12時半くらいに待機者は30組超えでもう人気の魚がなくなってると看板に書いてあったのでこれは待っても食べれない可能性が髙いな…

残念だが、仕方ない。気を引き締めてプランB、房州らーめんへ!前回食べれなかった伊勢えびらーめんへ再チャレンジだ。朝ごはんもしっかり食べたし、天気もいいし、房州らーめんまでの約30分の道のりも苦ではない。むしろ楽しい。

前回、novotelさんと一緒に伺った房州らーめんはあまりお客さんもいなくてのほほんとしていわゆる田舎食堂な感じがあったけどこの日は打って変わってお客さんでごった返しでお店のオペレーションがついていけない(汗)。しかし、誰一人怒る人いなくて皆さんのんびり待ってくれて、ついでに片付けを手伝ったりしててむしろホッとする。

人がこんなに多かったら伊勢えびらーめんは無理かな?ドキドキしながらまだあるか聞いてみたらラス二で運良く食べることができた。ラッキー!

店長のおばさまが「でっかいカメラ持ってるからサービスよ」と伊勢海老をテーブルの上においてくれたのがよかったけど威勢がよくて暴れまわっててちょっと怖い(汗)。

ようやく着丼。赤い伊勢海老が丸ごと一尾載っている光景は圧巻そのもの!伊勢海老はサイズこそ小さかったが、味はしっかり伊勢海老で味も濃く身もぷりぷりして美味しかった。

ラーメン全体でのバランスを見たら正直にいうと伊勢えびらーめんは味が濃すぎて全体のバランスがよく取れてるはまぐりらーめんのほうが私に合ってる感じだった。

満足満足。お腹もいっぱいになったし、キレイな南房総の海沿いを走って帰る!

ここまではすごくよかったけど館山自動車道の富浦ICまで大渋滞!高速に乗っても渋滞が続いてなんと川﨑までずっと渋滞してた。みんなコロナのせいで溜まりに溜まったものがこの日に爆発したんじゃないかくらいたくさんの車が道をうめていた。ほんとバイクでよかった。

最後は少しきつかったけどやっぱりバイクはいいね。一瞬でこの2週間のストレスがぶっ飛んだ。

次の週末はどこに行こうかな?

Repair

先月UNION WORKSさんに依頼したTricker’sのCountry BootsとChurch’sの靴がちょうど約束した日(2週間後)に家に届いた。すごく丁寧な梱包で靴に傷が付かないように細心の注意を払ったのがわかる。

完璧な仕上がりで全く違和感がなくてきれいに甦って大満足。これは職人技だね。後、3年くらいは履けそう。あえて光沢は出さずにCountry Bootsらしさを強調してもらった。

後、こちらはヴィンテージスティールとハーフラバーソールでのソールの補強と鏡面仕上げを頼んだChurch’sの靴。これもまた惚れてしまいそうな仕上がり!完璧でございますね。

アイボンAL

昨今コロナウイルスが猛威を振るっているけどそれより私の死活問題は花粉症である。週末ツーリングの後などは目が痒くて痒くて…最近は痒いのを通り越して痛い。病院から処方してもらった目薬(抗アレルギー点眼剤、パタノール点眼液0.1%)もあまり効かなくなってしまったのでもう一度病院に行って相談したら既存のビラノアなどの薬に追加でフルメトロン点眼液0.02%という目薬を処方してもらった。

このフルメトロン点眼液0.02%は抗炎症ステロイドの薬で我慢できないくらい辛い時のみ1日1〜2回内で使うようにと言われたのでなかなか気軽には使えない。目が痛くて開けられないくらいの時に一回のみ使ったけど不思議とすぐ痛みと痒みがなくなった!すごいけどそのくらい強い薬なのでやっぱりちょっと怖い。

DSC01971.jpg

そんなん中テレビのCMでアイボンALという目の洗浄液?というのを見つけてAMAZONで即注文した。花粉で目の痒みがひどい時とかは目玉を取り出して洗いたいくらいだったが、それを現実的に実現してくれた商品!

早速使ってみたらCMのように液体の中で目を開けるのは用意ではなかったけど洗った後の爽快感はすごくいい。後、痒みをサッと鎮めてくれるので目薬を使わなくても室内では半日くらいもってくれるスグレモノだった。会社にも一個置いといたので目が痒くなったらまずアイボンALで洗顔だな。

BDD-006 2years 2nd time washing

去年はMomotaro 0105SPをメインに履いてたのでBENZAKのBDD-006はそれほど履いてなかったけど1年も経ったら汚れが目だてきたのでMomotaroのデニムを洗うときに一緒に洗ってみた。

洗ってみたらそれほど履いてないのに以前より結構深みが出てきて順調に成長していい味が出てきた。しかし、写真で見ると1年前とそれほど変わってないように見えるのが残念。

いいベースができてきてるのでまたこれからの成長が楽しみ。

DSC01218.jpgDSC01219.jpgDSC01219-2.jpgDSC01220.jpgDSC01222.jpgDSC01224.jpgDSC01223.jpgDSC01217.jpg